20190213-29




1: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:24:46.23 ID:cU4klvjt0
文豪が自殺するブームを作った大戦犯
太宰も三島も川端も元を辿ればこいつのせいやろ



2: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:25:32.26 ID:41N7nGia0
そんな流行とかに流される人達じゃ無いやろ



7: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:29:19.65 ID:cU4klvjt0
>>2
せやろか
太宰治は芥川のこと尊敬してたしその自殺にもかなりのショックを受けてる
三島は太宰のことを強く意識してた作家だし死ぬ前に自分と太宰を重ねることも言ってる
川端はよくわからんけど三島の自殺にショックを受けたのは間違い



13: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:32:52.24 ID:cU4klvjt0
>>7
最後途中で送信してもうた

間違いない



4: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:27:05.95 ID:QcNFSGi/0
学者とかミュージシャンとかもよく自殺するやろ
ブームじゃなくて考えすぎると結論として死を選ぶやつもいるってだけだと思うで



6: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:28:48.91 ID:7wEgCe8J0
関係ないがこんな死屍累々な芸術家たちの文章芸術を「発売された当時は娯楽だった」っていう風潮嫌い



11: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:31:50.17 ID:xSEFtnoop
>>6
近代小説の誕生したきっかけというか、当時の作家たちの動機は国家規模の思想に端を発するもので、今の娯楽作家とは一線を画すものだったのは間違いにしても
それを受け入れた一般大衆のレベルは今とそう変わらんと思うわ



17: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:33:54.14 ID:cU4klvjt0
>>11
こっちもや
一線を画すのは間違いない



20: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:35:16.81 ID:cU4klvjt0
あ、>>11はワイのレスやで



28: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:37:27.29 ID:7wEgCe8J0
>>11
総娯楽論はサブカルチャーの流れで出た考え方やと思うわ
メインカルチャーとしてとらえた昔は文豪の作品は芸術の域にあると考えたんやないかな
上下で考えるレベル差はないかもしれんが、受け止めるベクトルは違うと思う
藤村操で感動する社会やで



12: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:32:31.76 ID:qicqRE5z0
はしりは藤村操ちゃう?



10: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:30:52.41 ID:7wEgCe8J0
影響受けて逆に死んだるかボケってなった安部公房がいるからセーフ



15: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:33:05.32 ID:0XtL+Vln0
>>10
天才やと思うわ



14: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:32:59.71 ID:wj76Zgvtd
芥川とか太宰って今でいう発達障害かなにかだったんかな?



111: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:53:40.82 ID:OKRYf4e50
>>14
芥川は母が糖質で自分も遺伝しているかもしれないと怯えていた

太宰川端三島と違って実生活で兄の借金返済で疲れた上での自殺やし一番共感出来るわ
太宰は論外



121: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:55:11.15 ID:E+c7gY200
>>111
三島はかわいそうやな
戦争で生き残ってしまったばかりに
かといってああ言う性格でも無ければ三島の作品は生まれなかったであろうという



124: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:56:24.31 ID:C0qv3ZHh0
>>111
太宰とかいう自伝読めば読むほどイラつくガ●ジ



131: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:57:26.09 ID:E+c7gY200
>>124
なんJ民の対極にいるような人間やからな



135: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:58:53.56 ID:YRKFjgoM0
>>124
太宰の小説ってうるさいよな
なんだか自分勝手な言い訳を聞かされてるような



184: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:10:10.07 ID:QBzbmkzPr
>>14
自分が慣れてる言葉に置き換えたって何も理解進まんのでは?
しかも発達障害ではないやろ



189: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:10:56.14 ID:E+c7gY200
>>184
アダルトチルドレンとは言われてるね



23: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:36:39.65 ID:m7Yu+Jcd0
その点天寿を全うした谷崎って神だわ
自殺する敗北者とは格が違う😤



29: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:37:37.16 ID:xLXYz1qFM
>>23
谷崎はイメージと違って大坂の気のいいおっちゃんやからな



27: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:37:04.72 ID:Vx6j0LdH0
確かに文豪って自殺するやつ多いよな



30: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:37:40.08 ID:m7Yu+Jcd0
明治大正の文豪どもって自殺して初めて作家として完成するとか思ってそうやわ…



31: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:37:44.62 ID:Otb8llFW0
ワイは死んだ妻を愛しまくっとるんや!
いうてて、綺麗事ばっか書いてる白樺派で
子供残して愛人と心中の有島武郎が一番ヤバイ思う



52: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:42:08.54 ID:Otb8llFW0
川端なんて両親幼いときに亡くして
育ててくれてた最後の肉親の祖父の死んでく様観察して書き残しとるような思春期なんやから
芥川全く関係なく心に問題かかえてたやろ



55: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:42:49.21 ID:pNdlXuzFd
中也朔太郎宮沢賢治
詩人もたいがいやな



38: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:38:36.92 ID:qptOVGKFa
純文学作家より大衆小説作家の方がすこ



40: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:39:33.12 ID:7wEgCe8J0
大衆文学の文豪はなんか楽しく生きてるイメージやわ
筒井康隆のせいかな



43: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:39:54.98 ID:m7Yu+Jcd0
菊池寛とかいう麻雀ガ●ジwwwwwwwww



47: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:41:07.69 ID:U2bPRG3v0
三島由紀夫、谷崎潤一郎、安部公房が日本三大文豪ってことでええんか?



50: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:41:52.20 ID:X94485UXd
>>47
ノーベル文学賞取ってない雑魚はポイーで



57: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:43:30.37 ID:FRXRsZ2h0
>>50
言うて大江健三郎と三島由紀夫の二択なら
どっちか言うたら三島由紀夫を推したい気持ちはする
かといって三大文豪でこの二人が両方入るのもなんかちゃう



70: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:45:53.16 ID:baY2k0xr0
>>57
全盛期大江は確実に三島の上行ってたと思うしなあ



60: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:43:57.22 ID:cU4klvjt0
>>47
漱石、川端、大江でええんとちゃう?
ノーベル賞作家と千円札が無難やろ



80: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:40.55 ID:Otb8llFW0
>>60
大江抜いて森鴎外がだとうやろ
ノーベル賞とってないんだって、故人は対象外なだけなんだから



77: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:11.38 ID:baY2k0xr0
その大江もアル中で鬱になってもう小説書かれへんらしいけどな



84: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:48:50.06 ID:C0qv3ZHh0
>>77
というよりもう死にかけやろ



90: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:49:34.07 ID:baY2k0xr0
>>84
大江文学をテーマに対談してた筒井康隆と蓮實重彦がピンピンしてるという事実



78: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:14.26 ID:pNdlXuzFd
大江の全盛期っていつや?
万延元年のフットボールくらいか



86: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:48:53.10 ID:baY2k0xr0
>>78
万延元年~同時代ゲームまで



58: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:43:36.12 ID:SDF0/JTEr
ワイの中では日本の文豪言うたら鴎外漱石二葉亭やわ



69: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:45:52.59 ID:X94485UXd
>>58
二葉亭四迷って浮雲だけの一発屋なんちゃう?
言文一致ブームを持ち込んだのが評価ポイントか?



93: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:50:33.23 ID:SDF0/JTEr
>>69
その歴史的意義と無形の社会的影響をワイは評価してるんよ



63: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:44:51.75 ID:6xcxG+JNa
ていうか純文学マジで死に体やけど大丈夫なんか
30年後にはもうラノベしか残ってないような気がして怖いわ



75: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:06.32 ID:xoKrkiQva
>>63
ラノベだけ残るとは言わんが純文学という曖昧なジャンルは若者(ワイ含む)の文字離れで無くなりそうやな



101: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:51:41.21 ID:7wEgCe8J0
>>63
ぶっちゃけ経済としては残ってないからノーダメージ!ってレベルやろ既に
芸術に厳しすぎる国やで



64: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:45:05.37 ID:k9PyO0OVx
小説界ってその時代で流行ってる人間の心情を描写したら評価される風潮あるよな
面白ければええけど大抵は小馬鹿にして上から目線で描写するから嫌い



66: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:45:06.27 ID:baY2k0xr0
夏目漱石「君の英文学の考え方は間違ってる!」
藤村操「アカン先生に怒られてしもた……死ぬしかあらへん」
夏目漱石「えぇ……」



67: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:45:11.54 ID:fe5Qa5LA0
でもなんか全盛期のうちに死ぬって英雄感あってかっこええよな



79: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:15.93 ID:ny4TxfBFM
>>67
一理ある



81: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:47:57.40 ID:SDF0/JTEr
海外のことはよう知らんけど
日本の文学者なんて人格に致命的な欠陥のある奴がガ●ジ道を極めた先になったのがほとんどやからな
人格もまともやったのは鴎外くらいやろ



102: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:52:24.02 ID:HUZUWa9P0
>>81
医者「麦ごはんにしたら脚気治るで」
森鴎外「白米を麦にしただけで治るわけないやろwwww死ねやwww」
軍人大勢が死亡
なお脚気は麦ごはんで治る



112: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:53:50.94 ID:E+c7gY200
>>81
まともな奴なんていないぞ



119: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:54:59.79 ID:SDF0/JTEr
脚気の件は人格的なアレやないから(震え声)



83: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:48:47.22 ID:k9PyO0OVx
この前三島初めて読んだけどあまりの面白さに感動したわ
あのナルシストな雰囲気からは想像もつかんほど綺麗な文章書くんやな



88: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:49:24.71 ID:jC1lWDIB0
人間である以上ぼんやりとした不安はあるんだよ
明石家さんまでもある
ぼんやりとした不安があるから自殺とかあまりに短絡的すぎる



91: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:49:49.08 ID:WM02Gdpt0
実際には鬱病やろ



92: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:50:15.53 ID:cU4klvjt0
昔の文豪のやべー逸話はふーんって感じやけど
中上健次とか井上ひさしの暴力は嫌悪感あるわ
つい最近まで生きてた作家だからかなぁ



105: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:52:35.48 ID:FK1fFIlZd
>>92
歴史になってるか同時代かで結構ちゃうわな



106: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:53:05.08 ID:Otb8llFW0
>>92
中上健次はかっこええわ
井上ひさしはなんかすげー陰湿そう



97: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:50:48.53 ID:m7Yu+Jcd0
でも芥川って東大次席とかそんなんやったろ
ワイらの想像もつかんような悩みがあったんや



103: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:52:28.07 ID:/Y126aZm0
考えすぎて頭おかしくなったんやろ



110: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:53:36.11 ID:pGVGMIdo0
海外でもそんな奴おるし天才ってちょっと考え方が違うんやろ



117: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:54:31.89 ID:jC1lWDIB0
芥川龍之介、藤村操は必死に勉強して東大合格すれば不安感を逃れることができると思ったんやろな
でも東大合格しても不安感がなくならないから自殺した
人間はどんなに勉強しようが金持ちになろうが不安感がなくなることはない
なぜなら人間は生老病死の四苦を逃れることはできないからだ



152: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:02:48.54 ID:eR+bvIIP0
>>117
若い頃(東大在学中から20代後半)の芥川の作品は生の緊張感に溢れてるやん。自撮モードに入ったんは河童とか或る阿呆の一生あたりやろ



159: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:04:54.38 ID:E+c7gY200
>>152
谷崎と討論交わしたのもその頃だっけ



122: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:55:31.78 ID:YRKFjgoM0
芥川の自殺原因ってプロレタリアトが世に出てきて、自分にはそういう類のものが書けない事じゃないの



125: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:56:47.22 ID:E+c7gY200
>>122
川端もぶっちゃけノーベル賞の重圧が効いてそうだよね



155: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:03:53.08 ID:v2eoilLh0
>>122
松本清張は女がらみ説を主張してたな



163: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:05:45.08 ID:YRKFjgoM0
>>155
昭和史発掘だっけ?
昔読んで内容忘れたけど、死人の女絡みそこまで書くかとちょっと引いたわ



171: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:07:17.10 ID:v2eoilLh0
>>163
あれは清張の純文学コンプが炸裂した結果やと思っとる



126: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:56:52.33 ID:pqA83OR60
そういう人らが考えて考えて考えた結果行き着くのが大抵自殺ってところになんか絶望感じるわ
ワイはアホでよかった



136: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:58:58.51 ID:Otb8llFW0
いっつも思うけど、ランボーって
あんだけ早熟で天才でこんだけ歴史残る作品書いて、さらに変態おじさんとおったのに
よくそれきっぱり捨てて商人なったな
自殺タイプとそこら辺の見切りが違いすぎてすごいわ



140: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:00:20.78 ID:G3YALW0k0
夏目漱石「死なないぞ」



151: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:02:47.78 ID:cU4klvjt0
>>140
漱石の図太さ好きやで
芥川はともかく太宰の初期作品からもそういう図太さは感じたんやけど、意外と脆かったなぁ



143: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:01:13.89 ID:fk3so1Nf0
でも正直言いたいことはわかる
死ぬほどのこともないけど生きるよりはましなんだよなぁ



158: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:04:53.68 ID:baY2k0xr0
最近は文学も結構面白いのになあ
はあちゅうとか紗倉まなとか古市憲寿とかタレントばっかりフィーチャーされてなんとも



164: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:05:47.15 ID:E+c7gY200
>>158
もう文学の時代ちゃうしなぁ😔



162: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:05:27.43 ID:p1QKD9xi0
羽田圭介も平野啓一郎もタレントや



173: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:07:31.37 ID:FK1fFIlZd
タレント枠で実力あるのは劇団ひとりと太田光かね
古市憲寿もタレント枠の中ではまあまあ意外と読める



180: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:08:34.58 ID:cU4klvjt0
中上健次の死と村上春樹の活躍できっぱり時代に区切りが付いたあの感じ好き



218: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:19:45.86 ID:Otb8llFW0
>>180
ワイは中上死んだのは村上春樹にとって逆に不幸やったと思うわ
日本の文学会に村上春樹に対抗できるやつおらんくなって
本来異端派の村上が逆にメインストリームなって、日本文学史に沿ってないって叩かれまくるようなった
むしろ意図的な異端やのにメインストリームなったことで、日本文学史の論法で攻められるんおかしいわ



221: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:21:24.81 ID:baY2k0xr0
>>218
いやでも村上春樹は大江の継承者ではあるだろうしメインストリームではあると思うよ
中上は死ぬ前から文学的にはそこまで評価されなくなってはいたやろうし



222: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:22:31.84 ID:v2eoilLh0
>>218
中上の晩年ばかり仕事荒れてたし
長生きしてたらどうなってたやろな



223: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:24:11.67 ID:cU4klvjt0
>>218
春樹の反抗が反抗にならなくなってしまったのはたしかに不幸やな
今のネットの春樹叩きとか見ると春樹の軽薄さの意図が全く理解されてないしなぁ



181: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:08:37.59 ID:HUZUWa9P0
確か太宰治のことが嫌いな奴ってのはめちゃくちゃプライドが高い高慢ちきが多いんじゃなかったかな



185: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:10:17.27 ID:pNTwp8Bd0
>>181
己の弱さみたいなもんをまじまじと写されたら誰だって嫌やろ
嫌いってことはそういうことやねん



196: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:12:30.11 ID:HUZUWa9P0
>>185
太宰治を嫌いっていう奴の多くが自己否定からくるあさましさが嫌いってのだからウジウジしてる他人の弱さが認められないし受け入れられないんだろう
又吉とかはそういう弱さが人間臭くて好きっていっててワイもそう思う



210: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:16:10.42 ID:pNTwp8Bd0
>>196
誤解させたかも知れん
太宰が書く己の弱さや言い訳を見て嫌悪する気持ちは半分自己投影にあると思ってる
要するに「ワイはこうならない」だとか「こうはなりたくない」という気持ち

深層で共感してるからこそ嫌いなんやと思っとる



216: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:18:43.30 ID:wX54Tzk6d
内容はともかく太宰の文章のポップさは異常やろ
文章そのものはこの時代でもまだ通用する



219: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:19:59.58 ID:ZbdQjKhN0
太宰の斜陽とかは難しくてようわからんけどパンドラの匣とか温泉に女が入ってたやつとか好き



220: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 06:20:43.45 ID:YRKFjgoM0
>>219
ワイはトカトントンがすき家