20190612-1




1: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:04:04 ID:5sC
先生「今日からこのクラスに転校生がくる」

彡(゚)(゚)「誰やろ、やきうの話が出来るやつならええな」

(´・ω・`)「こんにちは」




2: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:05:52 ID:5sC
彡(゚)(゚)(はえ~…ってなんやあいつ)

(´・ω・`)「今日からお世話になります」

彡(゚)(゚)(なんであんなに)

(´・ω・`)「よろしくお願いします」

彡(゚)(゚)(右腕が長いんや?)




3: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:08:06 ID:5sC
彡(゚)(゚)(普通の体やのに右腕だけだらんと長く垂れとる)

彡(゚)(゚)(床に届きそうなくらい長いやんけ)

クラスメイト「ヒソヒソ…」

(´・ω・`)「……」

彡(゚)(゚)(アイツ……)

彡(^)(^)「おもろそうなやつやな!」




5: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:10:58 ID:5sC
彡(゚)(゚)「ワイはやきう言うもんや、お前の右腕なんやそれ。凄いやんけ」

(´・ω・`)「…え? うん、そうだね、長いよね…」

彡(゚)(゚)「せやな、めっちゃ長いな。バット握れへんやろうな」

(´・ω・`)「うん…野球出来ないね…」

彡(゚)(゚)「でも」

彡(^)(^)「めっちゃ便利そうやんけ!」




6: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:12:45 ID:5sC
(´・ω・`)(肛門は緩そうだけどいい人そうだな…)

彡(゚)(゚)「遠くのものとかも取れそうやしな、リモコンとかすぐ取れるやろ」

彡(゚)(゚)「特技とかないんか?」

(´・ω・`)「特技?」




7: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:13:48 ID:131
顔を見ただけで肛門を見抜くプロ




8: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:15:15 ID:5sC
(´・ω・`)「一応…あるよ」

彡(゚)(゚)「ちょっと見せてくれや」

(´・ω・`)「……えい!」

彡(゚)(゚)「ぎゃああああああああ!!」

彡(゚)(゚)「わいの胸に右腕突っ込んで貫通してもうたやんけ!普通に死ぬやろ!」

(´・ω・`)「大丈夫だよ、痛くないでしょ?」




9: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:19:37 ID:5sC
彡(゚)(゚)「……ほんまや、痛くもないし血もでとらん…」(ブリブリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチブリリイリブブブゥゥゥッッッ!!!!!!!

(´・ω・`)「やっぱり緩かった」(ね?大丈夫でしょ?)

彡(゚)(゚)「せ…せやな…ん、なんやそれ、何持っとるんや?」

(´・ω・`)「うん、君から取り出したんだよ、このバット」




10: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:21:28 ID:5sC
彡(゚)(゚)「見覚えのあるバットやな…」

(´・ω・`)「これ、キミにあげるよ」

彡(゚)(゚)「これ…わいが昔使ってたヤツや…」

彡(゚)(゚)「パッパが買ってくれたバットや…」

(´・ω・`)「……」




11: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:23:29 ID:5sC
彡(゚)(゚)「やきう選手になりたかったわいにパッパが買ってくれたんや」

彡(゚)(゚)「けど、パッパがわいを少年野球に送ってくれてる時に事故にあって…」

彡(゚)(゚)「その時に折れて…」

(´・ω・`)「うん」

彡(゚)(゚)「……」




12: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:25:23 ID:5sC
彡(゚)(゚)「…なにもんや、お前」

(´・ω・`)「……」

彡(゚)(゚)「まぁ……細かいとこはええか。久しぶりにパッパの事思い出したで。ありがとうやで」

(´・ω・`)「それは良かった」

彡(゚)(゚)「今のおもろいな、誰にでも出来るんか?」




13: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:28:07 ID:5sC
(´・ω・`)「できるよ」

彡(゚)(゚)「わいはさっき嬉しかったやで。それ使ったらみんなの人気者になれるんちゃうか?」

(´・ω・`)「……そうかな?」

彡(^)(^)「わいが保証するで!」

(´・ω・`)「それなら、やってみよう…かな…」




14: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:31:01 ID:5sC
(´・ω・`)「えい!」

「これ…昔なくした筆箱…ありがとう」
「昔書いた友達の絵だ…もう一度見たかったの!」
「転校した友達から貰ったマグカップだ…割ちゃったから捨てたのに…ありがとう!」

彡(^)(^)「ほらな!」
(´・ω・`)「…うん!」




19: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:36:14 ID:5sC
彡(^)(^)「人気者になれたみたいやな!」

(´・ω・`)「……」

彡(゚)(゚)「どうしたんや? 浮かない顔して」

(´・ω・`)「ううん…なんでもないよ、僕に良くしてくれてありがとう」

彡(^)(^)「全然や!明日からも楽しく遊ぼうやで!」




22: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:38:17 ID:5sC
しばらくして

クラスメイト「ヒソヒソ…」

彡(゚)(゚)「どうしたんや?」

「あ、あの転校生の事なんだけど最近ちょっと調子乗ってない?って噂してたとこだよ」

彡(゚)(゚)「調子?アイツが? どういう事や?」




25: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:39:13 ID:O2B
かなしいなあ




26: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:40:12 ID:5sC
「だって、この前、昔なくしたゲーム出してくれよって頼んでも出してくれなかったし」
「私も頼んだけど断られた事ある」
「俺もあったな、やっぱ調子乗ってるよな」
「そうだよな、あの右腕キモイし」

彡(゚)(゚)(みんな、最初は持て囃してたやんけ……)

彡(゚)(゚)(頼み事断られたら調子乗ってる事になるんか?おかしいやろ)




27: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:41:40 ID:5sC
彡(゚)(゚)「あの転校生どこにおるんやろ…あ、あんな所で1人でおった」


彡(゚)(゚)「なぁ…」

(´・ω・`)「なに?」

彡(゚)(゚)「なんか…わいのせいで…すまんかったな…」

(´・ω・`)「ううん、大丈夫だよ」




28: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:43:28 ID:5sC
彡(゚)(゚)「それにしてもクラスのやつら、おかしいでほんま」

(´・ω・`)「そんなことないよ、僕から見たらキミの方がおかしいよ」

彡(゚)(゚)「わいが? なんでや?直ぐにクソ漏らすからか?」

(´・ω・`)「そこはおかしいよね」(そこじゃなくって)

(´・ω・`)「僕があの右手使うと、みんな最後はだいたいあんな感じになるんだよ」




30: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:45:13 ID:5sC
(´・ω・`)「僕転校してきたでしょ?」

(´・ω・`)「転校した理由もそれなんだ。最初はみんな喜んでくれたんだ」

彡(゚)(゚)「……」

(´・ω・`)「でも、最後にはあんな感じになって」

(´・ω・`)「それで、いじめられて。だから転校してきたんだ。でもここでも虐められちゃうっぽいね、あはは」




31: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:46:49 ID:5sC
彡(゚)(゚)「わいのせいやな」

(´・ω・`)「ううん、僕がやめとけば良かったんだ。でも、キミがいい人そうだったから」

(´・ω・`)「キミかいれば大丈夫かも、って思って……あ、ごめんね、キミを、責めてるわけじゃ――」

彡(゚)(゚)「……」




32: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:47:39 ID:dtp
悲しいなぁ




34: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:47:56 ID:5sC
(´・ω・`)「なんでこんな腕なのかな」

(´・ω・`)「なんでこんな力あるのかな」

(´・ω・`)「なんで僕はまたいじめられちゃうの事な」

(´・ω・`)「なんで」

(´・ω・`)「なんで僕はキミを」

彡(゚)(゚)「……った」




35: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:49:02 ID:5sC
(´・ω・`)「え?」

彡(゚)(゚)「分かった」

(´・ω・`)「なにが?」

彡(゚)(゚)「わいがなんとかしたる」

(´・ω・`)「……どうやって?」

彡(゚)(゚)「それは分からん」




36: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:49:16 ID:dtp
サンキューやきう民




37: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:49:50 ID:Btf
聖人やきう路線ええぞ




38: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:50:08 ID:gx7
屑じゃないやきうはなんかええな
やきう少年は応援したくなる




39: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:50:15 ID:f5I
どうするんですかねぇ




40: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:50:36 ID:5sC
(´・ω・`)「あはは、なんだよそれ」

彡(^)(^)「すまんな」

彡(゚)(゚)(でも、わいがなんとかしたる!)

(´・ω・`)「それじゃまた明日ね」

彡(゚)(゚)「ほなまた明日」




41: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:53:17 ID:5sC
彡(゚)(゚)(アイツは悪くないんや)

彡(゚)(゚)(でも、クラスのみんなの気持ちも分からんではない)

彡(゚)(゚)(便利な力があるのに使ってくれないんや)

彡(゚)(゚)(わいに、何が出来るんやろ……)


そして次の日




42: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:54:16 ID:5sC
彡(゚)(゚)「おはようやで」

「お、やきうおはよ……なんだそれ……」

彡(゚)(゚)「あぁ、これか?」

彡(゚)(゚)「これはバットや」




43: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:55:19 ID:8ej
あっ




45: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:55:38 ID:FwT
急に不穏なムードになるのやめろ




46: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:56:09 ID:5sC
「朝からそんなも持ってきてどうしたんだ?」

彡(^)(^)「これか?」

彡(^)(^)「これはこうするんや」
ガッシャーン!!!!

「ちょ!いきなり窓ガラス割り出してどうした!バットも折れちゃってるし」

彡(^)(^)「何か問題でもあるんか?」




48: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:56:36 ID:gzr
やっぱりガイの者やったか




49: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:56:44 ID:Q6w
青春やぞ




51: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:56:57 ID:Btf
ファッ?!




52: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:57:10 ID:vx5
自己犠牲の精神か




53: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:57:35 ID:5sC
「お前、そのバット思い出のバットだったんじゃないのかよ」

彡(^)(^)「せやで」

「せっかくアイツに出してもらったのに勿体無い」

彡(^)(^)「せやな。せっかく出してもらったけど」

彡(^)(^)「このバット、わいはもう要らんのや」




54: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)15:59:05 ID:5sC
彡(^)(^)「だって、このバットは、本当ならパッパと一緒に無くなってしまったんや」

彡(^)(^)「ここにあったらいけないんや」

彡(^)(^)「だからこうや」
ガッシャーン!!!!

「やめろ!読んで来る!」

先生「おいやきう!何やってんだ!やめろ!」

彡(^)(^)「なんでや?」




55: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:00:38 ID:5sC
(´・ω・`)「停学1ヶ月か…」

彡(゚)(゚)「退学にならんかっただけええと思わなきゃならんな」

(´・ω・`)「…ねぇ、なんであんなことしたの?」

彡(゚)(゚)「なんでやろ、わいにも分からん」

(´・ω・`)「そっか…」

彡(゚)(゚)「そうや…」




56: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:02:34 ID:5sC
(´・ω・`)「あれからね…一応虐められなくなったよ」

彡(゚)(゚)「そうか」

(´・ω・`)「それで、みんな僕が出したヤツを返してきた」

彡(゚)(゚)「それはどうしたんや?」

(´・ω・`)「みんなの胸に戻しといたよ」

彡(゚)(゚)「それがええかもな」




57: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:05:54 ID:5sC
彡(゚)(゚)「なぁ、ひとつ頼みがあるんやけど」

(´・ω・`)「なに?」

彡(゚)(゚)「あの力、お前に使ってみたらどうや?何が出てくるか興味ないか?」

(´・ω・`)「僕に? やったことないけど…」




58: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:07:16 ID:5sC
彡(゚)(゚)「今までは、あの力を他人に使ったらお前が不幸になってきたんやろ?」

彡(゚)(゚)「せやったら、自分につこうたら幸せになるんちゃうか?」

(´・ω・`)「……どうなんだろ」

彡(゚)(゚)「何が出てくるかも興味ないか?」

(´・ω・`)「……」




59: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:08:35 ID:5sC
彡(゚)(゚)「わいは、なんや知らんけどお前が気に入ったんや」

彡(゚)(゚)「お前には楽しくしてて欲しいんや」

(´・ω・`)「分かった、やってみる」

彡(^)(^)「わいが見ててやるで!」

(´・ω・`)「それじゃ行くよ……? えい!」

ぐにゃぁ




60: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:09:41 ID:5sC
先生「今日からこのクラスに転校生がくる」

彡(゚)(゚)「誰やろ、やきうの話が出来るやつならええな」

(´・ω・`)「こ……こんにちは……?」(あれ?)


(´・ω・`)(既視感がある……これは、転校初日の……?)




61: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:10:47 ID:5sC
(´・ω・`)(僕の力は無くした大切なものが出てくる)

(´・ω・`)(僕にとって無くした大事なものは)

(´・ω・`)(この学校で過ごした虐められたくないっていう時間だったのか……)




62: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:12:18 ID:5sC
(´・ω・`)(このまま僕がやきうくんの言う通りにしなければ虐められることもないだろうな)

(´・ω・`)(そしたらみんなは、ちょっと右腕が気持ち悪いだけの普通の生徒として接してくれるんだろうな)

(´・ω・`)(でも)

(´・ω・`)(そうしたらやきうくんとは)

(´・ω・`)(やきうくんとは仲良くなれないのかもしれない)




63: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:13:59 ID:5sC
先生「ほら、どうした?自己紹介しなさい」

(´・ω・`)(右腕を僕の腕から引き抜け!いまなら多分!まだ間に合うはず!)

先生「どうした?」

(´・ω・`)(うわあああああああ!間に合えええええ!心の中であの日、やきうくんの前で胸に右うてを差し込んだイメージを逆再生するんだ!)

(´・ω・`)(間に合えええええええ!)




64: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:15:22 ID:5sC
(´・ω・`)「……!?」

彡(゚)(゚)「どうした?胸に腕突っ込んだまま途中で固まって。クソでも漏れたか?」

(´・ω・`)「やきうくん」

彡(゚)(゚)「なんや?」

(´・ω・`)「大事なもの、見つけたよ」

彡(゚)(゚)「?」




65: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:17:04 ID:5sC
彡(゚)(゚)「なんやそれ。何があったんや?」

(´・ω・`)「でも内緒」

彡(゚)(゚)「おかしなヤツやな、まぁええわ。飯でも食いに行こか、ええ残飯出すレストラン知ってんねん」

(´・ω・`)「あはは、残飯はやきうくんだけで食べてね」

(´・ω・`)(ありがとう)


終わり




66: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:19:26 ID:xxn
ほっこり




67: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:19:37 ID:5sC
児童文学が書きたかったんや
すまんな




68: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:25:49 ID:vx5
ええやん




69: 名無しさん@おーぷん 19/06/12(水)16:28:26 ID:5sC
>>68
サンガツやで
ええ息抜きになったわ










画像が表示されなかったり、レイアウトが壊れていたりしたらご一報下さい(T_T)