20190810-2




1: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:42:23 ID:2nS
意識は、個別的な意識がそれ自体としては絶対的な思想を把握する事で自分自身のうちへと立ち返っていく。
不幸な意識に対しては、自体的に存在するものは自分自身の彼岸である←!????www??!!wwWW????wwwwww




2: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:43:01 ID:6yn
むしろ何言っとるかわかる哲学者っておるんやろか




4: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:44:03 ID:2nS
>>2
政治系はまだわかったりするけど認識とかはくっそむずい

でもカントは五回くらい読んだら何と無くわかったけど、ヘーゲルは何回読んでもガチで分からん




6: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:44:40 ID:4g4
>>2
これ
わいもてんでわからん
特にドイツ人




7: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:44:41 ID:5jQ
ドイツ哲学者ってそんなん多い気がする




5: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:44:30 ID:061
哲学者の話って原典読んだら普通に読みやすいとかあるらしいで




8: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:45:01 ID:2nS
>>5
下手な解説書よりはきちんと説明してる気がするわ




44: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:56:08 ID:AJL
>>5
翻訳者の語学力と理解力が追いついてなくて適当に訳した文を
みんなであーだーこーだ議論する例は割と多いやね




9: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:45:27 ID:vVG
弁証法とかいう論理的思考に素づいたまっとうな議論ができないバカ共に100回読ませてやりたい論理




10: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:46:08 ID:2nS
>>9
百回読んでもわかる気せんわ
というか弁証法っていきなり出てきて当然のように使い出すからな




13: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:47:23 ID:12i
後世の学者達には大体批判されてるイメージあるけど研究価値あるん?




16: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:47:54 ID:n9E
>>13
近代の思想の原点なんですけど……




18: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:48:07 ID:2nS
>>13
むちゃくちゃ参照されてるから批判もされまくってるんやで




52: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:04:26 ID:QDW
>>13
哲学は批判的に継承されて発展していくから価値があるんやで
マルクスなんかその典型
ヘーゲルがよく批判されるってことはそれだけ重要ってこと




14: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:47:28 ID:0aH
意識「そのもの(ないし自身)」は本来個別的ではなく絶対的なんや
せやから絶対的なものにふれると自分自身の「そのもの」的な在り方をいわば思い出すんや

後者はもう前後の文脈抜くとわからんから忘れろ




23: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:49:47 ID:2nS
>>14
もうヘーゲルの言う絶対的、有限、無限の意味がわからん




28: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:51:40 ID:0aH
>>23
説明出来る自身がワイにはない
ヘーゲルを直接読んでくれ!(っていう哲学)




30: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:51:59 ID:2nS
>>28
いやーきついっす




17: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:48:01 ID:qzi
鬼のような抽象論やからなぁ

例を挙げたらわかりやすいわ




19: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:48:32 ID:2nS
>>17
わけわからん話延々としてから例えば、でまた抽象論が出てくるのほんとひで




29: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:51:58 ID:5jQ
哲学書はその文字以外にもそれ書かれた背景となるコンテクストも知らんとアカンとか言われてキツイなと思った




31: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:52:26 ID:2nS
>>29
時代すごく背景絡むな




50: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:02:43 ID:QDW
>>29
せやで
プラトンとか典型
ヘーゲルの歴史観もフランス革命が起きたという背景ないと理解し難い




33: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:53:08 ID:4g4
だいたい読みやすいと言われるデカルトの方法序説からしてわかりにくいねん
体液がどうたらとか




34: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:53:15 ID:0aH
アレ多分ヘーゲルうんうん読みながら会得するエクササイズなんよ
だから読まないとわからないという宗教の実践みたいなもん




35: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:53:44 ID:061
自由論のわかりやすさよ




39: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:54:27 ID:2nS
>>35
ミルとかベンサムは今日日の生活や政治に直接関わってるからかなり分かりやすい気がするわ




36: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:53:58 ID:qzi
こういうのってちゃんと読まんとあかんのか?

これはこういうことってだいたい理解してたらええやろ?さすがに




42: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:55:42 ID:4g4
>>36
エッセンスがわかってればええんやけど
そのエッセンスが抽出した人によって微妙にかわるのがね
で原典にあたってわけわからんくなる




41: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:54:47 ID:yR8
高校生のセンター対策の倫理の参考書とか読んだらかなり分かりやすい事にはわかりやすいで
ただ分かりやすくするために本質とズレてたりすることはあるけど




43: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)22:55:59 ID:2nS
>>41
証明のしようもない怪しい結論よりむしろそこへ至る論理の構築の方が大事やと思うわ
物理的な考えとかもそこからきてると思う




49: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:00:32 ID:QDW
高校倫理なんてゴミ
要約にすらなってない




51: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:03:30 ID:qzi
>>49
ぶっちゃけ本質ついても理解できんやろ高校生




53: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:05:15 ID:QDW
>>51
まあな
けど用語暗記フレーズ暗記になるのは価値あるの?って思ってしまう
西洋哲学なんてほとんどが翻訳語だし




54: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:06:08 ID:2nS
>>53
大事なのは思考の過程やと思うけど結論だけ教えてる気がするわ
哲学の結論だけ教えたら電波入った宗教にしか見えんやろ




56: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:08:48 ID:QDW
>>54
その通り
ヘーゲルなんてその典型やね




57: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:09:29 ID:qzi
>>53
>>54
まぁ大学入るための手段やからしゃーない




59: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:10:13 ID:AJL
ヘーゲルのAufhebenなんてごく普通の動詞で英語ならpick upとかに訳しとるのに
止揚とか揚棄みたいな全く別のスゴイ言葉にしちゃって無事迷路入りを果たす日本人




61: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:11:30 ID:QDW
>>59
Aufもhebenも日常的に使う語だしな
カントのVerstandも「悟性」とかいう仏教用語使って訳してるけど英語のUnderstandingの方がはるかに分かりやすい




62: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:12:22 ID:4g4
なるほど英語勉強すればええんやな




65: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:12:52 ID:QDW
>>62
せやで
ラカンのエクリも日本語訳が酷すぎて英語で読んだ方がいいって言われてる




68: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:13:24 ID:4g4
>>65
ああエクリチュールがどうたらってやつか




71: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:16:08 ID:QDW
>>68
エクリは精神分析学者ラカンの講義とか発表をまとめたもの
ラカンは著作を全然書かなかったからラカン派精神分析を理解するにはこれを読むしかない




79: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:18:02 ID:4g4
>>71
フランス現代思想ってやつか
なんか人名だけは来たことあるわ
フーコーとかソシュールとかラカンとかデリダとか




81: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:22:05 ID:QDW
>>79
ソシュールは言語学者
言語学に転回をもたらして記号学(記号論)、構造主義の元になった
ラカンは精神分析学者
フロイトの無意識の理論を言語学的なモデルで説明した(当然ソシュールの影響)
フーコーは哲学者
構造主義の代表者
社会や権力について論じているけど正直めっちゃ色んな領域を論じてる
デリダも哲学者
ポストモダニズムの代表者
西洋近代思想を批判した




63: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:12:37 ID:vxS
そもそも哲学史の勉強と哲学って全く別物だよな
生物学と動物園くらい違う




69: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:14:21 ID:3OX
>>63
全くの別物なんか?
切り離せないような気もするんやが




70: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:15:43 ID:qzi
>>69
別に哲学したいだけなら、他からの知恵なくてもできるやん




72: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:16:22 ID:vxS
>>69
哲学者が考えたことを研究するのは哲学じゃないってこと
哲学した結果、哲学者と同じ思考を辿るのは哲学




76: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:17:19 ID:qzi
>>72
ほんまそうやで




78: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:17:53 ID:QDW
>>72
そんなことないよ
従来の哲学を読んでから批判していくことも立派な哲学やで




82: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:25:24 ID:Wlk
>>72
新しい思考を生み出すのも哲学だよな




85: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:27:12 ID:QDW
>>82
その新しい思考が何によって新しいといえるのかは過去にあるかないかやろ
だとしたら過去を知らんと新しいものは作れないやろ




117: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:42:57 ID:Wlk
>>85
そうか




73: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:16:26 ID:QDW
ちなみにラカンはヘーゲルにかなり影響受けてる




74: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:16:59 ID:qzi
弁証法だって生きてく上でみんな無意識にやっとるし




75: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:17:08 ID:0aH
哲学史と哲学は切り離したらわけわからないことになるで
用語の意味がわからなくなる




80: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:18:50 ID:g9G
哲学を学んだ結果哲学はよくわからないとわかった




83: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:26:15 ID:qzi
哲学て多義語やな




86: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:27:32 ID:vxS
日本の哲学研究はだいたい文献学で、一から論理を組み立てて独自の哲学体系を構築する哲学者はほとんどいない




87: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:28:08 ID:6yn
>>86
殆どってことはわずかにはおるんやろか?




91: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:30:11 ID:vxS
>>87
西田幾多郎とか清沢満之は日本独自の哲学体系を作った真の哲学者やと思うで
西田哲学という研究の対象となりうるひとつの哲学体系




89: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:29:11 ID:3OX
1から全て組み立てた哲学者って歴史上におるんか...?




90: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:29:54 ID:qzi
>>89
梅原猛とかそういうタイプなんやろ
知らんけど




92: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:30:35 ID:12i
実存主義は構造主義に論破されてオワコンになったとか聞いたけどマジなん?




95: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:31:54 ID:QDW
>>92
実存主義ってのは一種のヒューマニズム(人間中心主義)を基点にしているんや
構造主義はそれを批判して脱中心化した




105: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:36:25 ID:0aH
>>92
サルトルがレヴィ=ストロースにレスバで負けた
なお実存主義はレヴィナスやヤスパースや『存在と時間』の現存在分析の部分のハイデガーのものなど
微妙に種類があるので実存主義とひとくくりにしてもかえって混乱する




120: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:45:59 ID:12i
>>105
ハイデガーはポストモダンにかなり影響与えたんやっけ




94: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:31:37 ID:9Gs
構造主義もオワコンやろ
知らんけど




97: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:32:50 ID:vxS
日本やと宗教に分類されるけど、仏教だって哲学だからな
親鸞とか道元はめちゃくちゃ緻密な論理構築してるで




100: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:33:49 ID:QDW
>>97
鎌倉仏教は一種の宗教改革みたいなものだよね




124: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:48:05 ID:qzi
結局、哲学とはなんや?

考え方、思考法の学習、発明か?
あり方を考えることか?




126: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:49:26 ID:531
哲学書で何が語られてるかわからなくても訳せるからな
それがあかんわ




127: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:50:21 ID:pJR
カントとハイデガーの翻訳が最悪やからな




129: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:52:54 ID:pJR
>>128
翻訳のせい
思想はさほど複雑ではない




131: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:57:59 ID:0aH
実存主義もすごい大雑把に言うと
「考えの型」を与えられているある人間が
どう生きているのか
どう思考するのか
どう判断するのか
どう感じているのかを研究する学問なんで
実は実存主義と構造主義の両方向からアプローチしたほうがいいっていう




134: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)00:03:32 ID:PN0
>>131
人間を前提にしきってる訳でもなくて割と客観的に見てるんやな




132: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:58:46 ID:5bz
弁当のおかずが実存で弁当箱が構造みたいなもん?




137: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)00:05:47 ID:RzW
>>132
誤解を恐れずに言うなら
主観を内側から分析すると実存主義(例えば或る生ける個人にとって「死」はどのようなものとして捉えられるか)
主観を外側から分析すると構造主義(そもそも「死」って文化とかによって捉え方ちゃうやん。その捉え方ってどんな種類あんの?とか研究する)










画像が表示されなかったり、レイアウトが壊れていたりしたらご一報下さい(T_T)