2020214-1




1: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:43:32.32 ID:sUIUAFR40
日本の世界史教科書メチャクチャなるんやが?




2: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:44:18.81 ID:sUIUAFR40
チンギス=ハンはチンギス=ハーンじゃないという罠をどうにかせえや




14: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:48:34.28 ID:sUIUAFR40
>>2
ちなみに、ハーン=皇帝はもっと後でつくられたくらいやから、チンギスの時代にハーンはなかったらしい

でも実質ハーンやろみたいにハーン表記ある




4: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:44:25.18 ID:Ot6bR8WV0
どこの底辺出版社の教科書使ってんだよ




6: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:46:51.62 ID:sUIUAFR40
>>4
どの教科書も表記揺れしすぎやろ

ハンとカンが一緒に書いてるやつもあるやんけ




5: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:45:40.48 ID:sUIUAFR40
日本史も世界史も、ハンとハーンの区別が適当やからな

ハン国の指導者がハンなのかハーンなのかカガンなのかホンタイシなのか適当や




7: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:46:55.89 ID:yMM5ZcZTd
ほーん




10: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:47:48.18 ID:9Ndmh2CaM
区別して理解する必要ある?




12: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:48:12.48 ID:wlxQ+mEyr
文字が無い文化やから何が正しいのか解らんわ




15: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:49:21.76 ID:sUIUAFR40
>>12
パスパ文字やウイグル文字やあるやん




13: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:48:24.52 ID:uWS/MHWt0
どっちでもいいからね




16: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:50:08.55 ID:sUIUAFR40
>>13
天皇かヤマト王かの違いはあるぞ




19: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:51:05.75 ID:sUIUAFR40
トルコ系のベクもようわからん




22: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:51:49.99 ID:pU9QwZN3r
いつから使い分けたんや?
昔からあそこらへんの遊牧民に汗という呼称はあったろ




30: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:54:26.94 ID:sUIUAFR40
>>22
二代目のオゴデイハーンからや

ただ、そのときはカガンとどう違うのか良くわかってない




77: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:16:26.02 ID:BKgZ6HHna
>>30
オゴタイとかいう陰キャろくなことせん




32: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:55:18.66 ID:sF+BxUxTd
>>22
河汗→汗→ホンタイジ
汗もカンとハーンはちゃうで
カンが歴代君主でハーンはチンギス・ハーンただ大元成立までただ一人を指してたんや




35: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:57:06.41 ID:sUIUAFR40
>>32
チンギス時代にはハーン号なかったやろ
後世からハーンだったことにされただけで




41: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:59:56.48 ID:sF+BxUxTd
>>35
息子のオゴダイさん以下がその辺厳密に使い分けたせいで
実質個人の代名詞的称号は確定や
フビライがアカン




43: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:01:24.68 ID:iI93I0wS0
>>41
フビライアカーン




49: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:02:46.14 ID:/cQdziHUd
>>41
そのうちダライ・ラマにお願いしたらハーン貰える時代が来るしへーきへーき




54: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:06:50.72 ID:sUIUAFR40
>>49
ダライラマも、一代目と二代目は後付けダライだっけ




23: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:51:51.80 ID:dl4IXcPF0
ハァーン




26: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:53:16.27 ID:yCT3Xj0za
ハーンwwwwww




29: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:54:04.86 ID:Du5RySn/0
オゴタイ
オゴデイ

スブタイ
スプタイ




60: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:10:18.60 ID:TgdvFmqRa
>>29
スベエデイ(ゲス顔)




33: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:55:51.20 ID:sUIUAFR40
キプチャクハン国も教科書から消えかけで、今はジョチウルスとか大オルドやっけ?




36: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:57:52.31 ID:Ot6bR8WV0
>>33
なんで消えたん?




40: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:59:55.05 ID:sUIUAFR40
>>36
キプチャクハンの名称がロシアからみた勝手な名付けで実態とあってないとかなんとか




44: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:01:36.16 ID:yfzDe0and
>>40
ロシアって今だに中国のことを契丹とか呼んでるぐらい雑な国やからな




57: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:08:45.69 ID:sUIUAFR40
>>44
マジ?




64: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:11:22.01 ID:Eo8akKUTa
>>57
キタイ(契丹)だろ
キャセイパシフィックのキャセイも契丹由来




76: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:16:13.00 ID:sUIUAFR40
>>64
ほんまや
ダイチン国由来ちゃうねんな




58: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:09:16.28 ID:Ot6bR8WV0
>>44

いつの時代やねん




34: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:56:46.96 ID:As+bSqua0
フビライハン
チンギス・ハーン




38: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:58:43.84 ID:sUIUAFR40
>>34
なんかチンギスハンやクビライハーンがハンと会わせて称号だったみたいな話も多いな




37: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:58:02.07 ID:7EPYKwVR0
??「漢字?汗でええやろw」




39: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 15:59:27.20 ID:I+l+tn2hM
ハーーン




46: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:02:29.46 ID:hbacQhgRd
フビライはハーンじゃないの?




48: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:02:34.14 ID:j6x2CSTZa
( ;´Д`)ハーン




50: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:03:23.70 ID:BRCiCEAp0
単なる方言の違いや表記揺れを
後付で厳密に分けたんか?




51: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:03:31.45 ID:Tp4SPISO0
ティームール「わりとどうでもええで」




53: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:05:53.18 ID:sUIUAFR40
ムガール帝国「ハン?将軍の階級やろ」




55: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:06:51.97 ID:V+u+GKiX0
王と皇の違いわかるか?そういうことやぞ




56: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:07:42.56 ID:sUIUAFR40
>>55
いまだに日韓で論争しとるやんけ




68: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:12:41.60 ID:6ZSFI9Ls0
>>55
周王朝は天子は王だったが、戦国時代に周王を無視して各国が王を名乗って価値が下がった
なので統一した秦の始皇帝が皇帝号を作った
次の漢王朝では王は天子である皇帝から封ぜられるものになって以後続く

日本ではそういう仕組を輸入したときには皇帝が天子で王はその下だった




59: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:10:01.14 ID:sUIUAFR40
まだイスラム圏の方がわかりやすいわ




61: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:10:40.41 ID:SzZjwP/2a
ローマ皇帝とモンゴル皇帝の後継者がロシア皇帝
中華皇帝とモンゴル皇帝の後継者が清の皇帝
ムガル帝国はズバリモンゴル帝国のこと

ハーンの権威ヤバない?




65: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:11:41.41 ID:Ot6bR8WV0
>>61
ムガルとか覚えてないけどインドのモンゴル帝国なんか?




71: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:13:21.36 ID:SzZjwP/2a
>>65
ペルシャ語でモンゴル=ムガルなんよ




74: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:14:38.93 ID:Ot6bR8WV0
>>71
それはわかるんやけどルーツとか実態がどんなんだったか全く覚えてないんや




75: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:15:44.15 ID:SzZjwP/2a
>>74
モンゴル帝国→ティムール→ムガル帝国の流れのはず




85: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:19:35.91 ID:SWorTXJK0
>>74
ティムールの後裔や
ティムール自体がチンギスの血筋を君主に掲げていたからそうなった




70: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:13:13.37 ID:sUIUAFR40
>>61
プーチンにはぜひ、ツァーリよりハーンを名乗って欲しい




69: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:12:45.21 ID:QJ30eHpi0
ほーん




82: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:18:11.79 ID:SzZjwP/2a
毛利元就やチンギス・ハーンみたいな真の有能は子供同士も仲良くして仲違いしないで結束するんだよな
孫世代まではさすがに無理だけどね




84: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 16:18:51.61 ID:TgdvFmqRa
>>82
??「メルキト野郎が」


ハーン(可汗、合罕、qaġan/qaγan、khaan)は、北アジア、中央アジア、西アジア、南アジアにおいて、主に遊牧民の君主や有力者が名乗る称号。古い時代の遊牧民の君主が名乗った称号カガン(古テュルク語: Old Turkic letter N1.svgOld Turkic letter G1.svgOld Turkic letter Q.svg - qaġan/qaγan)はその古形である。

カン(ハン)とカアン(ハーン)
12世紀のモンゴル高原では、「カン(Qan)」はモンゴル、ケレイト、ナイマンなど部族の長が名乗る称号(君主号)であり、モンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンも、彼の在世当時はチンギス・カン(Čingγis Qan/Činggiz Qan)と称していた。しかし、チンギス・カンを継いでモンゴル帝国第2代君主となったオゴデイは、恐らくモンゴル帝国の最高君主が他のカンたちとは格の異なった存在であることを示すために、古の「カガン」を復活させた「カアン(qa'an, qaγan)」という称号を採用し、のちにモンゴル帝国の最高君主が建てた元王朝も「カアン」の称号を受け継いだ。帝国西部に位置するテュルク系国家や西遼などの旧領では、最高指導者を「カーン(khaqan、qa'an)」と呼ぶ慣習があったため、貨幣発行などの事例により、1220年代頃から「カン」と「カーン」の使い分けが次第にみられ、帝国東部でも1254年と1257年に印された『少林寺蒙漢合璧聖旨碑』のウイグル文字モンゴル語文/漢文が、それぞれ「カン/罕」から「カーン/合罕」へ切り替わっている事から、正式に大モンゴル国の最高指導者の呼称を「カアン」と定めたのは1250年代と考えられている。

これに対して、モンゴル帝国西部のチャガタイ・ウルス(チャガタイ・ハン国)、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)、フレグ・ウルス(イルハン朝)系の地方君主では「カン(ハン)」号が使用された。やがてこうしたモンゴル帝国の諸王の「カン(ハン)」号がペルシア語では「ハーン خان khān」(ペルシア語では長母音となる)と表記・発音されたため、アラビア文字使用圏では「ハーン(khān)」と「ハン(χan)」という2通りの表記が生まれ、現代の書籍においてもモンゴル帝国中央の「ハーン」と他地方の「ハン/ハーン」の混同がみられることがある。

なお、ペルシア語では、モンゴル帝国皇帝の称号である「カアン」を、「カーアーン( قاآن qā'ān)」あるいは「カーン( قآن qān/qa'ān)」と表記しており、モンゴル語の「カン(qan)」に由来する「ハーン( خان khān)」の表記とははっきり区別されていた。ティムール朝の史料では例外として「ハーカーン」という名称をチャガタイ・ウルスなどのチンギス家の君主たち、あるいはティムール朝の君主の雅称として形容的に使われるが、オゴデイ以下のモンゴル皇帝たるカアンに対しては、もちろん「カーアーン」という語を使用している。例外を除き、ジョチ・ウルス系の君主を始め、西方のテュルク語・ペルシア語圏の君主に対しては「カーアーン」は使われていない。 [1][2]