202039-2




1: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:39:47.26 ID:GAMNt3vma
19:1
そのころ、イスラエルに王がなかった時、エフライムの山地の奥にひとりのレビびとが寄留していた。彼はユダのベツレヘムからひとりの女を迎えて、めかけとしていたが、




2: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:40:02.73 ID:GAMNt3vma
19:2
そのめかけは怒って、彼のところを去り、ユダのベツレヘムの父の家に帰って、そこに四か月ばかり過ごした。




3: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:40:36.17 ID:GAMNt3vma
19:3
そこで夫は彼女をなだめて連れ帰ろうと、しもべと二頭のろばを従え、立って彼女のあとを追って行った。彼が女の父の家に着いた時、娘の父は彼を見て、喜んで迎えた。




4: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:41:09.23 ID:GAMNt3vma
19:4
娘の父であるしゅうとが引き留めたので、彼は三日共におり、みな飲み食いしてそこに宿った。




5: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:41:24.34 ID:GAMNt3vma
19:5
四日目に彼らは朝はやく起き、彼が立ち去ろうとしたので、娘の父は婿に言った、「少し食事をして元気をつけ、それから出かけなさい」。




6: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:41:51.68 ID:GAMNt3vma
19:6
そこでふたりは座して共に飲み食いしたが、娘の父はその人に言った、「どうぞもう一晩泊まって楽しく過ごしなさい」。




7: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:42:11.05 ID:GAMNt3vma
19:7
その人は立って去ろうとしたが、しゅうとがしいたので、ついにまたそこに宿った。




8: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:42:28.37 ID:GAMNt3vma
19:8
五日目になって、朝はやく起きて去ろうとしたが、娘の父は言った、「どうぞ、元気をつけて、日が傾くまでとどまりなさい」。そこで彼らふたりは食事をした。




9: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:42:51.98 ID:GAMNt3vma
19:9
その人がついにめかけおよびしもべと共に去ろうとして立ちあがったとき、娘の父であるしゅうとは彼に言った、「日も暮れようとしている。どうぞもう一晩泊まりなさい。日は傾いた。ここに宿って楽しく過ごしなさい。そしてあしたの朝はやく起きて出立し、家に帰りなさい」。




10: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:43:07.74 ID:GAMNt3vma
19:10
しかし、その人は泊まることを好まないので、立って去り、エブスすなわちエルサレムの向かいに着いた。くらをおいた二頭のろばと彼のめかけも一緒であった。




11: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:43:25.04 ID:GAMNt3vma
19:11
彼らがエブスに近づいたとき、日はすでに没したので、しもべは主人に言った、「さあ、われわれは道を転じてエブスびとのこの町にはいって、そこに宿りましょう」。




12: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:43:42.38 ID:GAMNt3vma
19:12
主人は彼に言った、「われわれは道を転じて、イスラエルの人々の町でない外国人の町に、はいってはならない。ギベアまで行こう」。




13: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:43:57.47 ID:GAMNt3vma
19:13
彼はまたしもべに言った、「さあ、われわれはギベアかラマか、そのうちの一つに着いてそこに宿ろう」




14: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:44:16.51 ID:GAMNt3vma
19:14
彼らは進んで行ったが、ベニヤミンに属するギベアの近くで日が暮れたので、




15: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:44:35.00 ID:GAMNt3vma
19:15
ギベアへ行って宿ろうと、そこに道を転じ、町にはいって、その広場に座した。だれも彼らを家に迎えて泊めてくれる者がなかったからである。




16: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:44:52.45 ID:GAMNt3vma
19:16
時にひとりの老人が夕暮に畑の仕事から帰ってきた。この人はエフライムの山地の者で、ギベアに寄留していたのである。ただしこの所の人々はベニヤミンびとであった。




17: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:45:11.63 ID:GAMNt3vma
19:17
彼は目をあげて、町の広場に旅人のおるのを見た。老人は言った、「あなたはどこへ行かれるのですか。どこからおいでになりましたか」。




19: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:45:35.56 ID:GAMNt3vma
19:18
その人は言った、「われわれはユダのベツレヘムから、エフライムの山地の奥へ行くものです。わたしはあそこの者で、ユダのベツレヘムへ行き、今わたしの家に帰るところですが、だれもわたしを家に泊めてくれる者がありません。




21: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:46:03.43 ID:GAMNt3vma
19:19
われわれには、ろばのわらも飼葉もあり、またわたしと、はしためと、しもべと共にいる若者との食物も酒もあって、何も欠けているものはありません」。




23: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:46:22.74 ID:GAMNt3vma
19:20
老人は言った、「安心しなさい。あなたの必要なものはなんでも備えましょう。ただ広場で夜を過ごしてはなりません」。




24: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:46:41.76 ID:GAMNt3vma
19:21
そして彼を家に連れていって、ろばに飼葉を与えた。彼らは足を洗って飲み食いした。




26: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:46:56.57 ID:GAMNt3vma
19:22
彼らが楽しく過ごしていた時、町の人々の悪い者どもがその家を取り囲み、戸を打ちたたいて、家のあるじである老人に言った、「あなたの家にきた人を出しなさい。われわれはその者を知るであろう」。




30: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:48:51.57 ID:GAMNt3vma
19:23
しかし家のあるじは彼らのところに出ていって言った、「いいえ、兄弟たちよ、どうぞ、そんな悪いことをしないでください。この人はすでにわたしの家にはいったのだから、そんなつまらない事をしないでください。




34: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:49:13.57 ID:GAMNt3vma
19:24
ここに処女であるわたしの娘と、この人のめかけがいます。今それを出しますから、それをはずかしめ、あなたがたの好きなようにしなさい。しかしこの人にはそのようなつまらない事をしないでください」。




36: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:49:27.67 ID:8WXQiW9/0
つまり何




37: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:49:33.76 ID:GAMNt3vma
19:25
しかし人々が聞きいれなかったので、その人は自分のめかけをとって彼らのところに出した。彼らはその女を●して朝まで終夜はずかしめ、日ののぼるころになって放し帰らせた。




40: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:49:58.53 ID:GAMNt3vma
19:26
朝になって女は自分の主人を宿してくれた人の家の戸口にきて倒れ伏し、夜のあけるまでに及んだ。




41: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:50:19.72 ID:GAMNt3vma
19:27
彼女の主人は朝起きて家の戸を開き、出て旅立とうとすると、そのめかけである女が家の戸口に、手を敷居にかけて倒れていた。




42: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:50:40.67 ID:GAMNt3vma
19:28
彼は女に向かって、「起きよ、行こう」と言ったけれども、なんの答もなかった。そこでその人は女をろばに乗せ、立って自分の家におもむいたが、




43: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:51:00.18 ID:GAMNt3vma
19:29
その家に着いたとき、刀を執り、めかけを捕えて、そのからだを十二切れに断ち切り、それをイスラエルの全領域にあまねく送った。




45: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:51:09.83 ID:5VbkVc+00
エッッッッッッ




46: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:51:13.07 ID:GAMNt3vma
19:30
それを見たものはみな言った、「イスラエルの人々がエジプトの地から上ってきた日から今日まで、このような事は起ったこともなく、また見たこともない。この事をよく考え、協議して言うことを決めよ」。




52: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:52:41.32 ID:x7i+D6i6a
意味が分からん




57: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:54:21.14 ID:f1jjr8ar0
つまりどういうことや




58: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:54:23.03 ID:0OdQnCLea
わけわからん




59: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:54:42.09 ID:KjhW1xojd
嫁じゃなく内縁の妻だぞ




74: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 03:57:56.39 ID:N5BgetGa0
妻と喧嘩して妻が実家に帰る
→妻を迎えに来たらやたら義父に泊まらせられる
→妻を連れた帰り道にギベアという町に寄る
→唯一老人が家に泊まらせてくれた
→老人の家を人々が取り囲み、男を差し出すことを要求
→男の妻と老人の娘を差し出し、2人は●される
→翌朝男は●された妻と一緒に家に帰る
→男は妻をバラバラにしてバラ撒く

??????




80: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:00:08.03 ID:A9dj49UH0
>>74
→老人の家を人々が取り囲み、男を差し出すことを要求

これはなんでや?




88: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:01:44.45 ID:K+HLcA/ud
妻が実家に帰ったから夫が実家まで行って呼び戻した
イスラエル人がいない町には泊まれないからギベアまで長旅
日が暮れて泊まる宿がなくなったが、優しい老人の家に泊まらせてもらう
何故か悪い男どもが老人の家を囲み夫を出せと脅す
老人は老人の処女の娘と夫の妻を好きにしていいから夫は許してくれと懇願
悪い男どもは妻をレ●プ
汚された妻を夫は八つ裂きにして殺す

これであっとるか?🤔
男尊女卑すげえなとしか思えんけど、どういう意図のある話なんや




94: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:08.91 ID:ZnHIcnFA0
>>88
そもそもその時代女は男の所有物だったんや




107: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:04:35.83 ID:br/v4ebR0
>>88
これギベアで主人公取り囲んでくる街の住人って人間なんか?
なんか夜になると出てくるらしいしバケモンちゃうんなんか今昔物語感あるわ

こういうのに神学っていろいろ薀蓄つけとるんやないの?




92: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:02:40.26 ID:JgJkjao40
この読みにくい文章は直したらアカンのかな
誰が翻訳したんか知らんけど




97: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:27.72 ID:K+HLcA/ud
>>92
聖書やから格式高そうな文章にしないと信者が寄り付かん




95: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:21.01 ID:Ov+KTtIra
処女見向きもされてなくて草




112: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:05:58.52 ID:br/v4ebR0
>>95
そこ不思議よな

最初のほうの妾のオッヤが理不尽に引き留めようとするのも何なんや




119: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:07:38.46 ID:Fz0ykbfk0
>>112
ああいう歓待はたまにある




132: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:09:28.44 ID:br/v4ebR0
>>119
なんか日本昔ばなし感あるやな




96: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:22.78 ID:ooxVnyo0a
なんでお父さん泊まらせようとするんや




106: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:04:25.42 ID:K+HLcA/ud
>>96
親愛の証やろ
確か3度目は断らんといけなかったはず




116: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:06:48.50 ID:KjhW1xojd
>>1061回で断ってええかぁ




100: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:49.81 ID:Fz0ykbfk0
この後死体を送りつけられた側がこいつら(ベニヤミンびと)大問題ですわ言うて戦争になってこの町はほぼ滅ぶ




118: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:07:32.31 ID:br/v4ebR0
>>100
ああ要するに街滅ぼした言い訳なのか
あそこガ●ジ街やから滅ぼしだったわ系か




103: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:03:56.35 ID:ZnHIcnFA0
罪を犯した時に女を差し出すとかは別になんの不都合もなくいんや




108: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:05:04.85 ID:KjhW1xojd
>>103お前の頭の中ではな




111: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:05:24.86 ID:ZnHIcnFA0
>>108
古バビロニアの法律でも見られるで




114: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:06:12.29 ID:N5BgetGa0
19章はエフライムに住むレビ人の側妻が、ベニヤミンのギブアで殺されるという経緯が記され、レビ人が死んだ側妻の肉体を12に切り分けて各部族に送り、事件に対する問題を提起したことが記されています。
20章では問題提起された事件の真相を確かめるために、ベニヤミン族を除く各部族の代表がミツパに結集し、そのままベニヤミンに対する制裁のための戦いがなされ、ベニヤミン部族が壊滅的な打撃を受けたことが記されています。

やって




140: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:10:59.66 ID:br/v4ebR0
>>114
あーこれ共謀して一部族滅ぼした言い訳や完璧に




145: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:12:26.53 ID:K+HLcA/ud
>>140
聖書ってこんな政治的謀略が混じった本なんやな
もっと奇想天外な事書いとるもんやと思ってたわ




123: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:08:21.50 ID:x7i+D6i6a
調べたけどこういうことや
根底としてレヴィ人とペニヤミン族の争いがあるんや

レヴィ人の一行(男、妻、召使)がペニヤミン族の町であるギブアの町に泊まろうとするも
よそもの故に誰も泊めてくれない
優しいじい様が泊めてくれるもそれを聞き付けた町の若い衆が「よそ者を出せや!」と取り囲む
じい様の娘と妻を差し出さざるを得ず、妻は凌辱の果てに絶命
(声をかけて返事がない=死亡)
男は妻の亡骸を持ち帰り、復讐のために12の部族の妻の亡骸を切り分けて送り自分の怒りを示した

この後、これで一致団結したイスラエルがペニヤミン族をリンチする




136: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:10:00.72 ID:K+HLcA/ud
>>123
はえーそんな話やったんか




139: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:10:39.73 ID:A9dj49UH0
>>123
なるほどなあ




147: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:13:34.49 ID:6P5IP5LSa
ペニヤミン族を悪者にするための伝承ってことか




152: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:14:50.50 ID:KJzUwYwA0
そもそもこの頃のユダヤ人って、モーセとヨシュアみたいなカリスマを亡くした後やからな。そんでサウル、ダビデが王様になってイスラエルが統一される。日本で言えば戦国時代みたいなもんか?




154: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:15:06.86 ID:fqPouxvg0
読む気ならん
頭おかしなるでこんなん




156: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:15:26.51 ID:Fz0ykbfk0
ちなみにベニヤミンびとをほぼ滅ぼしたけど女を皆殺しにしたあと部族ひとつ消えるのはアカンなつって
戦争に参加してなかった町を一つ襲って女以外を皆殺しにして、女をベニヤミン族にやったってとんでもないオチがついてる

これが載ってる士師記はむちゃくちゃな話が多い
サムソンとデリラで有名な怪力サムソンの話も出てくるで




166: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:18:21.81 ID:+NvDaA7a0
>>156

なんや男残党おっても女腹がベンヤミンやなければ次の世代は非ベンヤミンやってことか




170: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:19:56.15 ID:Fz0ykbfk0
>>166
ユダヤ人の定義はユダヤ人の女から生まれたことやしな




169: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:19:31.25 ID:O2pAFWT60
>>156
ナディアのサンソンの元ネタやな




162: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:17:46.58 ID:x7i+D6i6a
まぁ昔の価値観を今の価値観で評価してもしょうがないわな
しかしこれを聖典とするのは…と思ったけど日本神話も大概やしな




178: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:21:57.81 ID:WaA2g7YLp
>>162
この前のヨシュア関連、原住民を聖絶(=男は皆殺し)して侵略してくのを英雄譚的に描写しとるし
聖典というより民族の歴史書という側面も強い




164: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:17:55.75 ID:WBLEg7hL0
歴史小説と思えば割と読めるよな旧約聖書
読みやすく訳されて注釈ついてればやが




168: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:19:22.64 ID:A9dj49UH0
それでこれは本当にあった歴史なんか?




177: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:21:39.91 ID:JHugqXmx0
>>168
言い伝えに尾ひれ背びれついたのが神話やから近しいことはあったんやろ
世界中に洪水伝説が残ってたりするし




175: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:21:12.59 ID:hkySz3qBM
金持ちが神の国に入るのは
ラクダが針の穴を通るより難しい
とかいうパワーワード




187: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:25:04.23 ID:MJ6GSS5N0
>>175
元々はロープが針の穴を~だったのに誤訳でラクダになったとかいう仮説もあるらしいけど
ラクダのほうが面白くてええわ




198: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:28:13.12 ID:uS7Q+OoA0
聖書全く知らんから普通に楽しいスレ




206: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 04:30:06.20 ID:c6OJgoZH0
日本の古事記もやけどぶっちゃけ冒険物ライトノベルや
読み物としてとんでも内容でおもろいで