2020323-1




1: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:27:56.00 ID:U+jedNuCM
めちゃくちゃカッコよくね??




2: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:29:01.28 ID:BhpbiNXO0
どういうところがええんや?
逆に語ってみてや




4: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:29:43.85 ID:U+jedNuCM
>>2
東大生相手に一人で乗り込んだところとか!




3: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:29:04.33 ID:02mNyObXa
本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)
1925(大正14)年1月14日 - 1970(昭和45)年11月25日
日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。
戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。
代表作は小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』など、
戯曲に『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。
晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。
1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。
バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。

辞世の句
〈益荒男が たばさむ太刀の 鞘鳴りに 幾とせ耐へて 今日の初霜〉
「益荒男」はおそらく自衛隊。
「たばさむ太刀の鞘鳴り」は、剣を抜きたくても抜けずに、鞘の音だけがしている様子。
自衛隊は戦後憲法の元で行動を抑えつけられ何年も耐えてきたが、初霜の降りた今日、ついに決起の日が来た。

〈散るをいとふ 世にも人にも 先駆けて 散るこそ花と 吹く小夜嵐〉
命をかけるというようなことが嫌がられる世の中だが、小夜嵐で潔く散る桜こそ美しいように、
そんな世の中や人に先駆け、行動することに価値がある。





9: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:30:46.31 ID:U+jedNuCM
太宰治女々しく大嫌い
でも嫌いなのは自分と似ているから
とか
カッコよくね?




13: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:31:26.09 ID:t874jM6s0
近代能楽集と金閣寺は傑作
後はまあ別に




16: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:31:56.45 ID:o2Ne6RIZ0
金閣寺すこ
潮騒嫌い




21: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:32:57.39 ID:VSP4fGp90
>>16
潮騒に嫌われる要素あったっけ




32: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:34:43.76 ID:o2Ne6RIZ0
>>21
順当すぎてあんまり面白く感じなかった
嫌いってよりつまらなかったってのが正しいか




18: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:32:24.59 ID:VSP4fGp90
めちゃめちゃ頭いい人が
変な方に捻じくれた結果
つまらない終わり方をした感じ




20: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:32:43.11 ID:U+jedNuCM
いやあの自衛隊の最後の映像見てキ●ガイだと思ってたんだよ
でも東大での座談会わ他の演説とか聞いて
めっちゃ頭のキレる人だとわかった




22: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:33:08.04 ID:VGm4oTKZa
こいつ文章うまいな




24: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:33:30.00 ID:UZe/LMG70
時代が悪かった




26: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:33:54.98 ID:sV7sOo1I0
金閣寺はすき




27: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:34:08.57 ID:hFEauQsO0
金閣寺読んですげーと思ってから潮騒読んだら割と普通だった




28: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:34:21.38 ID:U+jedNuCM
文章めっちゃカッコいいよな
哲学書みたいな文章やのに
読みやすいとか




35: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:35:09.66 ID:tH/XCs/+0
結局三島の言いたいことってなんだったん
どういう主義というか主張なん?




39: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:35:58.96 ID:U+jedNuCM
>>35
9条反対やろ
今の政府と似てるんちゃうか?




63: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:27.34 ID:Xfg3tAoUa
>>35
どう美しく生きるべきか
行動や言論はもちろんあらゆるものに美が伴わないものは本物やないと思ってた
主義主張はその延長線上に過ぎない

全共闘と対談したのはある種の破壊美に何か惹かれるものが少しあったからやろな




36: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:35:18.96 ID:U+jedNuCM
仮面の告白ってオモロイ?




38: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:35:46.55 ID:Pz8NjxShH
男なら葉隠入門は読んどけ




42: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:36:47.91 ID:UCkgnbnr0
金閣寺はすげー
なんか若い頃の女がピストル殺人する奴は文章くどすぎた




44: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:37:04.23 ID:lC7WKknu0
映画の撮影で週刊マガジンが買えなかったのでマガジンを売ってもらうために深夜の編集部を訪ねた話すき




46: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:37:16.13 ID:j/lFBNGf0
大義とはってやつ知ってる?




51: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:38:21.75 ID:ftoOkiv80
なんjで話す話題ちゃうからな
大学行けば好きな人絶対おるで




53: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:38:37.65 ID:qu/ECvwQ0
なんjって三島由紀夫スレ伸びるよな




55: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:38:47.84 ID:lv7CfnxKa
自決する4年前のインタビュー

終戦の時、私は終戦の詔勅を親戚の家で聞きました。
と申しますのは、東京都内から離れたところの親戚の家に私共の家族が疎開をしていまして、
終戦の詔勅自体については、私は不思議な感動を通り越した様な空白感しかありませんでした。
それは必ずしも予期されたものではありませんでしたが、今までの自分の生きてきた世界が、
このままどこへ向かって変わっていくのか、それが不思議でたまらなかった。

そして戦争が済んだら、或いは戦争が負けたらこの世界は崩壊するはずであるのに、
まだ周りの木々が緑が濃い夏の光を浴びている。事にそれは普通の家庭の中で見たのでありますから、
周りに家族の顔もあり、周りに普通のちゃぶ台もあり、日常生活がある。
それが実に不思議でならなかったのであります。

しかし、法律学関係のアカデミズムの若い学者たちは、「これから自分たちの時代が来るんだ」、
「新しい知的な再建の時代が始まるんだ」と、言わば誇張して言えば欣喜雀躍という様子でありました。
私の今までの半生の中で、20歳までの20年は、軍部が色々な事をして、
軍部のおそらく一部の極端な勢力でありましょうが、それがあそこまで破滅的な敗北へ持って行ってしまった。

その後あと20年は一見、太平無事な時代が続いている様でありますが、結局これは日本の工業化のおかげでありまして、
精神的にはやはり何ら知的再建っていうものに値するものはなかったのではないか。

丁度昭和40年、41歳の私は丁度20歳の時に迎えた終戦を、自分の人生のめどとして、
そこから自分の人生がどういう展開をしたかということが、考える一つのめどになっております。
これからも何度も何度もあの8月15日の夏の木々を照らしていた激しい日光、
その時点を境に一つも変わらなかった日光は私の心のなかでずっと続いていくだろうと思います。

続く




70: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:56.39 ID:lv7CfnxKa
リルケが書いておりますが、現代人というのは、もうドラマティックな死ができなくなってしまった。
病室の一室で一つの細胞の中のはちが死ぬように死んでいく、というような事をどこかで書いていたことを記憶しますが、
現代の死は、病気にしろ、交通事故にしろ、なんらのドラマがない。
英雄的な死というものの無い時代に我々は生きています。

それにつけて、思い出しますのは、18世紀ごろに書かれた『葉隠れ』という本で、
「武士道とは死ぬことと見つけたり」というので有名な本なのですが、この時代もやはり今と似ていた。
もう戦国の夢は覚めて、武士は普段から武道の鍛練はいたしますが、なかなか生半なことでは、
戦場の華々しい死なんてものはなくなってしまった。

その中で、汚職もあれば、社用族もあり、今でいえばアイビー族なんてものも、侍のあいだで出てきた時代でした。
その中で葉隠れの著者は、いつでも一か八かの選択では死ぬ方を選ばなきゃいけないという事を、
口を酸っぱくして言うんでありますけど、著者自身は長生きして畳の上で死ぬんであります。
そういうふうに、武士であっても結局死ぬチャンスがつかめないで、死というものを心の中で描きながら生きていった。
 
それを考えると、今の青年には、それはスリルを求めることもありましょう。
あるいは、いつ死ぬか?という恐怖もないではないでしょうが、
死が生の前提となっているという緊張した状態にはない。
そういう事で、仕事をやっているという時に、なんというか生の倦怠といいますか、
ただ、人間が自分のためだけに生きようということに、卑しいものを感じるのは当然であります。

続く




74: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:40:20.41 ID:lv7CfnxKa
で、人間の生命というのは不思議なもので、自分のためだけに生きて、
自分のためだけに死ねるというほど、人間は強くはないんです。
というのも、人間は何かの理想なり、何かのためというのを考えているので、
生きるのも、自分のためだけに生きるのにはすぐに飽きてしまう。
すると、死ぬのも、何かのためというのが必ず出てくる。それが昔言われた「大義」というものです。
そして、大義のために死ぬということが、人間の最も華々しい、
あるいは英雄的な、あるいは立派な死に方だというふうに考えられている。

しかし今は、大義が無い。
これは民主主義の政治形態というのは、大義なんてものはいらない政治形態ですから、当然なんですが、
それでも心の中に自分を超える価値を認められなければ、
生きていることすら無意味になるような心理状態が無いわけではない。

自分に返って考えてみますと、死がいつか来るんだ。
それもそう遠くない将来に来るんだと考えていた時の心理状態は、今に比べて幸福だったんです。
それは実に不思議な事ですが、記憶の中で美しく見えるだけでなく、人間はそういう時に妙に幸福になる。
そして、今我々が求めている幸福というのは、生きるための幸福であり、そして生きるということは、
あるいは家庭の幸福であり、あるいはレジャーの幸福であり、楽しみでしょうが、
しかし、自分が死ぬと決まっているいる人間の幸福というのは今ちょっとないんじゃないか。

そういう事を考えて、「じゃあ、お前は死というものを恐れないのか?」。
それは私は、病気になれば死を恐れますし、そりゃ癌になるのも一番嫌で、考えるのも恐ろしい。
それだけに、何かもっと名誉のある、何かもっと何かのためになる死に方をしたいなと思いながらも、
結局、葉隠れの著者のように生まれてきた時代が悪くて、
一生、そういうことを思い暮らしながら、畳の上で死ぬことになるだろうと思います。




85: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:41:27.97 ID:j/lFBNGf0
>>74
これこれ




89: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:41:39.23 ID:k1IRG3AM0
>>74
結論がなくねこれ




95: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:42:39.98 ID:j/lFBNGf0
>>89
これからのあれや
死ぬ場所探してたんや




57: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:38:54.02 ID:j/lFBNGf0
東大のやつは映像残ってておもしろいね




59: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:38:56.64 ID:VSP4fGp90
豊穣の海シリーズなんて最後の最後で全部ひっくり返されるからな
なかなか一筋縄ではいかん作家やで
屈折してそうな太宰のほうがずっとわかりやすい




60: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:00.12 ID:FyfmTgBda
大学の講演とかめっちゃおもろいぞ




72: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:40:06.20 ID:i0ANo+UUp
>>60
早稲田のやつ好き
文壇の狂人来たるで笑ったわ




62: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:17.64 ID:U+jedNuCM
美輪明宏とダンスして
肩パット入れまくってること茶化されて
ブチギレて帰った話スキ




67: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:43.51 ID:7p7DevSrM
わりと最近の人でびっくりした




69: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:39:52.63 ID:UvJRydJt0
自衛隊の演説で何話してたんや
てかマイク使えよ




81: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:40:58.38 ID:U+jedNuCM
>>69
憲法で兵隊否定されてるのになんでお前らはクーデター起こさないんだ?
俺と一緒にクーデター起こす奴いないか?
いないのか?
じゃあ死ぬわ!
やぞ




80: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:40:40.71 ID:/OnRM4fs0
自衛隊にクーデター呼びかけるとか完全にキ●ガイやけど最後まで信念を貫き通したところは評価できる




86: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:41:30.50 ID:i0ANo+UUp
がちで切腹しちゃうのはやばい
精神力どうなってんねん




90: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:41:52.96 ID:DhVsl78o0
三島「演説するから聞いてほしいンゴォォォォォォォォ」
自衛官「聞こえねンだわ」
自衛官「うるせぇ!」
自衛官「なんやあいつ...」
自衛官「引っ込めカス」
自衛官「馬鹿かな?」
三島「聞いてくれないからもういいンゴ...」

もうちょっと頑張れや




101: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:44:17.49 ID:WBBvqQMj0
>>90
拡声器忘れる無能




116: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:47:37.11 ID:UvJRydJt0
>>101
武士道だかの精神に近付くために敢えて肉声にこだわったらしい
頭おかしい




119: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:47:52.51 ID:rs1J2axCM
>>90
ドラマチックな死とは一体…




107: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:45:23.28 ID:LHg+Qu1va
その場にいた自衛官が話聞いてくれなかったのがちょうど昼飯時だったのを 
邪魔されたからとか言うのもあるとか聞いて草生えた




114: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:47:29.64 ID:Ss4HyL5p0
>>107 
ヤジって聞こえなくしろって命令出てたんちゃうかったかな




91: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:42:08.38 ID:P7/u4AiTa
澁澤龍彦に送った手紙すき
「いろいろ近作にお目とほしいただいてゐて恐縮ですが、その御感想によりますと、澁澤塾から破門された感あり、寂寥なきをえません。小生がこのごろ一心に『鋼鉄のやさしさ』とでもいふべき tenderness を追及してゐるのがわかつていただけないかなあ?」  




92: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:42:21.67 ID:U+jedNuCM
結局戦争に行かなかったことが最後までコンプレックスやったんやろな
水木しげるとかは心底アホやなと思ってたやろな
三島のこと




93: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:42:22.03 ID:V57GGf/h0
さては東大全共闘の動画を見たか




99: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:43:33.03 ID:ZWchcFCG0
日本人にしてはクッソ流暢な英語でインタビューに対して話しててビビるわ
コンプレックスをバネにしたから文才が生まれたんだろうけどそれだけに適当な死に場所を選んだのが悲しい




109: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:46:12.44 ID:U+jedNuCM
>>99
外人が三島の英語聞いて
クラシックでめっちゃカッコいい話し方してるって言ってたぞ
でも内容が難しすぎて何言ってるかわからないって




103: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:44:47.47 ID:ZdS6N2uv0
綺麗な文章




106: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:45:22.98 ID:QuW4uLx+M
日本語って美しいんやなあというのが三島由紀夫読んだ感想や




122: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:48:22.08 ID:sK4xDlTT0
命売りますとか夏子の冒険みたいな俗っぽい小説の方が面白い




123: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:48:36.92 ID:vnkqGc1Br
不道徳教育読本が面白すぎぃ!




124: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:48:55.99 ID:9s1Ir+eB0
ワイは無頼派が好き
太宰治と三島由紀夫のエピソードも好きや




129: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:49:55.11 ID:U+jedNuCM
>>124
太宰治って三島って絡みあるん?




145: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:52:11.32 ID:zvFl5yxw0
すきあらば太宰叩きおじさんやけど明らかに太宰のことが好きなおじさんでもある
太宰語る時のヤンホ●感満載なのすき




128: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:49:34.94 ID:U+jedNuCM
この頃の作家って自殺してなんぼって感じだよな
川端康成すら自殺してるしな




140: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:51:19.10 ID:0gTRPQPwp
勘違いしてる人多いけど全く捻くれてないぞ
まともだぞ




146: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:52:21.13 ID:U+jedNuCM
>>140
そうそう
自衛隊以外の動画見て
まともな人だったんだとわかった!




150: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:52:42.62 ID:0gTRPQPwp
米の犬でいいのか?!って問うてた人だよ
まともな人だよ
捻くれてないよ




151: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:52:51.21 ID:YX1pRpJBd
三島由紀夫は相当な理論思考の持ち主だから太宰治みたいなメンヘラタイプとはズレる




173: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:55:34.17 ID:9s1Ir+eB0
>>151
書いてることは似てるんやけどな




156: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:53:42.37 ID:U+jedNuCM
川端康成も相当な変態だったらしいな




163: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:54:27.00 ID:6aMaFoiHd
金閣寺読んでみたいわ




168: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:54:57.38 ID:U+jedNuCM
>>163
おもろいで
でも人間失格に似てる




171: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:55:28.04 ID:lfFv7yyw0
>>163
金閣寺で好きな一文がメモ帳に残ってた

吃りは、いうまでもなく、私と外界とのあいだに一つの障碍を置いた。最初の音がうまく出ない。その最初の音が、私の内界と外界との間の扉の鍵のようなものであるのに、鍵がうまくあいたためしがない。




167: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:54:56.87 ID:YWlq/L8q0
三島が死んでなかったら80年代とか90年代のテレビにゲスト出演してたりしてたかもな




177: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:55:44.73 ID:U+jedNuCM
>>167
石原慎太郎が今ほどイキってないと思うわ




188: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 18:56:38.83 ID:P7/u4AiTa
三島由紀夫って小説より戯曲とか評論の方が評価高いよな