2020919-3




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:15:08.693 ID:JwBKcDgB0
課長「今日から配属になった新人君だ」

新人「よろしくお願いしやす!」

先輩「よろしく」

課長「君は仕事もできるし、面倒見もいいから、彼の教育係を頼むよ」

先輩「分かりま……」

先輩「!?」

新人「どうしやした?」

先輩(袖から入れ墨が見えてるぅ~!)




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:18:12.734 ID:JwBKcDgB0
先輩「えぇと……新人君」

新人「へい!」

先輩「いきなりで申し訳ないんだけど、ご実家はなにを……?」

新人「あまり大きな声で話せる商売じゃございやせんが、“組”を少々」

先輩「組……!?」

新人「どうしやした? 汗がハンパなく出てますぜ」

先輩「いや、今日は暑いからね。アハハハ……」ダラダラダラ




5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:21:13.371 ID:JwBKcDgB0
先輩「じゃあ、さっそく出かける。君にも同行してもらうよ」

新人「カチコミですかい!?」

先輩「カチコ……いや、仕事だよ仕事」

新人「了解ッス!」

新人「なんか道具(エモノ)は持っていきやすか!?」

先輩「(エモノて)いや、僕はだいたい手ぶらだね。なにか持っていっても構わないけど」

新人「そッスか」ゴソ…

先輩「……」チラッ

先輩(懐にピストルあるぅ~!)




7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:22:07.040 ID:MpGY3nHsr
こんな後輩入ってきたら泣く




8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:24:22.259 ID:JwBKcDgB0
――

先輩「今日のところは、こんなものかな」

新人「いやー、先輩のお仕事ぶり、拝見させてもらいやした! すごかったッス! マジ尊敬ッス!」

先輩「いや、あれぐらいどうってことないよ」

先輩(さて、先輩として……初日に酒ぐらいご馳走した方がいいよな? 本当はあまり関わりたくないけど……)

先輩「えぇと、よかったらこの後飲みに行かない?」

新人「へい! 喜んでお供させてもらいやす!」




9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:27:07.987 ID:JwBKcDgB0
先輩「こんな居酒屋で悪いけど……」

新人「いえ、とんでもないッス!」

新人「ところで先輩……」

先輩「?」

新人「俺と……兄弟盃交わしてもらえねェですか」

先輩「さ、盃!?」

新人「お願いしやす!」

先輩(嫌だよぉ、こんなおっかないのと兄弟分になりたくないよぉ。僕はカタギだし……)




10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:30:28.047 ID:JwBKcDgB0
先輩「いきなり兄弟ってのもなんだし……先輩後輩の盃ってのはどう?」

新人「全然かまわねッス!」

先輩「じゃ、じゃあ……これからも先輩後輩として仲良くやっていこう」

新人「へい!」

先輩「……」グイッ

新人「……」グイッ

新人「改めてお願いしやす! 先輩!」

先輩「へ、へい……(うつっちゃった)」




11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:33:25.042 ID:JwBKcDgB0
――

先輩「えぇと……今日は君にも仕事を手伝ってもらうよ」

新人「マジッスか! あざっす! 気合入れやす!」

先輩「じゃあ、僕に同行してもらうからね」

新人「へい!」



課長(なかなかよくやってるじゃないか)




12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:37:04.764 ID:JwBKcDgB0
新人「す、すいやせん……足引っぱっちまって……!」

先輩「いや、いいんだよ。最初のうちはしょうがないさ」

新人「この上は、この上はァ、指を詰めて……!」ジャキン

先輩「ひっ!」

先輩「詰めんでいい! 詰めんでいい!」ガシッ

新人「先輩……なんって優しい……! あんた聖人だァ……! 仏様だァ……!」

先輩(これが普通なんだよ!)




14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:41:12.888 ID:JwBKcDgB0
先輩「今日は13時から、得意先と打ち合わせがある」

新人「へい!」

先輩「僕に同行して、しっかり話を聞いておいてね」

新人「バッチメモりやす!」

先輩「それと、社会人の基本は時間を守ることだ。絶対に遅刻しちゃいけないよ」

新人「分かりやした!」




15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:44:06.026 ID:JwBKcDgB0
先輩「どうも御無沙汰を」

得意先「こちらこそ」

得意先「いつも守って頂いてありがとうございます」

先輩「いえいえ、とんでもないです。仕事ですし、当然のことをしているだけです」

ペチャクチャ… ペチャクチャ…

新人「……」

新人(先輩……かっけえなァ……!)




16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:46:12.406 ID:JwBKcDgB0
新人「完璧な打ち合わせでしたね!」

先輩「まあね。上手くいってよかった」

プルルル…

先輩「はい、株式会社カイタイ……あ、はい、分かりました。すぐ向かいます」

先輩「仕事が入った。一緒に行こう」

新人「忙しいッスね」

先輩「忙しい時はとことん忙しい、社会人ってのはそういうものさ」

新人「へいっ!」




17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:49:09.496 ID:JwBKcDgB0
新人「うへぇ~、立派なビルッスねぇ……」

先輩「今をときめくIT企業なんかの事務所がいっぱい入ってるからね」

先輩「もっとも……僕らの仕事相手はその隣だけど」

新人「そッスね」

先輩「じゃあ今日もはりきって行こう!」

新人「一発かましてやりやしょう!」

先輩「いや……二発かな」




18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:52:18.333 ID:JwBKcDgB0
――

新人「あの……先輩」

先輩「なんだい?」

新人「ウチの父親(オヤジ)が……ぜひ先輩に会いたいといってて……」

新人「一度、実家に来てくれませんかね?」

先輩「実家……!」

先輩(暴力団の本拠地なんか行きたくねえよ……怖いよ……)

新人「お願いしやす! どうかこの通りでござんす!」

先輩「……」




19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:55:14.043 ID:JwBKcDgB0
先輩(しかし……新人君もよくやってくれてるし……無下にするのも……)

先輩「分かった……行こう!」

新人「あざっす!」

新人「さっそく迎えを来させるんで!」

先輩「いや、そんなことしないで――」

ブロロロロロ…

新人「来たッス!」

先輩(黒塗りの高級車来たァァァ!)




20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 18:58:33.840 ID:JwBKcDgB0
黒服「若、同僚のお方。さ、お車へ」

先輩(“お車”が“送る魔”に聞こえるよ……。僕、帰ってこれるかな……)

新人「いいか、この方に粗相したら、指じゃ済まさねえからな! 腕ごといくぞ!」

黒服「へい」

先輩(余計なこというんじゃないよ!)

ブロロロロ…

先輩(神様~、助けて~!)




22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:03:40.507 ID:JwBKcDgB0
ブロロロロ… キキッ

黒服「到着しやした」

新人「ご苦労、オヤジを呼んできてくれ」

黒服「分かりやした」

先輩「大きなお屋敷だね……」

新人「大したことねッスよ」

先輩(こんなのどう見ても暴力団組長のお屋敷じゃん! 本当にありがとうございました)




23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:05:14.387 ID:JwBKcDgB0
黒服「あの……」

新人「なんだ?」

黒服「組長(オヤジ)がぜひ、先輩さんとサシで話したいと……」

先輩(え!?)

新人「是非そうしてくだせえ! 俺みたいな半端モンがいるとかえって邪魔でしょうし!」

先輩(嫌だよ~! 組長とサシなんて嫌だよぉ~! 帰りたいよぉ~!)




24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:08:23.569 ID:JwBKcDgB0
組長「……」

先輩「……」ゴクッ

先輩(結局サシになってしまった……)

組長「あんたが……息子の先輩かい」

先輩「は、は、はい……」

組長「い~いツラ構えしてらっしゃる。きっと仕事もお出来になるだろう」

先輩「いや、そんなことは……」

先輩「……」ガタガタ

組長「おや、武者震いですかい?」

先輩(怖くて震えてるだけだよ!)




26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:11:39.521 ID:JwBKcDgB0
組長「あのバカ息子が、一般(カタギ)の仕事してェって言い出した時にゃ」

組長「なに考えてんだ、お前にゃ無理だ、と激昂(キレ)たもんですが……」

組長「あんたになら、息子を任せられる。どうか、息子を一人前に育ててやって下せえ」

先輩「……!」

先輩「分かりました……必ず息子さんを立派な社員にしてみせます!」

組長「ありがてえ……! ありがてえ……!」

先輩(思ったより怖い人じゃなくてよかった……)ホッ




28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:14:31.417 ID:JwBKcDgB0
新人「どうでした、オヤジとの面談は?」

先輩「いやー、おっかなくて、緊張したよ」

新人「おっかない? なんでです?」

先輩「暴力団の組長さんなんておっかないに決まってるじゃないか!」

プルルルルル…

先輩「あ、もしもし……はい、すぐ向かいます!」

先輩「仕事だ、現場に向かおう!」

新人「へい!」




29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:16:34.200 ID:JwBKcDgB0
怪獣「ギャオオオオオオオン!!!」ズシン…

先輩「体長100メートルってとこか……ま、三発ぐらいかな」

先輩「怪獣退治専門会社……僕たち、株式会社カイタイの腕の見せ所だ! 君は援護を頼むよ」

新人「へい! サポートしやす!」

新人「……って、怪獣を素手で殴り殺せる先輩が、なんで今更暴力団なんぞにビビるんスか?」

先輩「しょうがないだろ! 怖いもんは怖いんだよ!」







― 完 ―




31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:20:36.317 ID:IFG2/yser

先輩つええええ




32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:22:22.911 ID:rjVJgzsv0
一般-カタギ-の仕事(怪獣退治)




33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:27:48.487 ID:e61SNuQr0
いいSS




34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:29:48.769 ID:M9Ur2L97a
暴力団はカイタイしないのか




35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:50:29.429 ID:01ZETqzW0
二発の意味がわからなかったがそういうことか




36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/19(土) 19:58:13.392 ID:0d230AcDd
ふーん…やるじゃん