2020930-3




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 20:50:23.380 ID:dpd4TO2r0
男「へぇ~、いい家ですね」

社員「お値段は……これぐらいで」

男「え、こんな格安で買えるんですか!?」

社員「はい……」

男(いくらなんでも安すぎる……なにか秘密がありそうだな)

社員「ただし、この家は……事故物件です」

男「事故物件……!(やっぱり……!)」

男「つまり、それって……出るってことですよね?」

社員「ええ、出ます」




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 20:53:30.299 ID:dpd4TO2r0
男(うーん、たしかに幽霊が出るのは怖いけど……)

男(こんな格安で家を買うチャンスなんて多分二度とないぞ……ローン組む必要もない)

男「中に入ってもよろしいですか?」

社員「もちろんどうぞ」

男「お邪魔します」

ドッドッドッ…

男「ん?」




6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 20:56:16.592 ID:dpd4TO2r0
ドッドッドッドッドッ…

男「なんだこれ……エンジン音?」

社員「はい、エンジン音です」

男「バイクでも置いてあるんですか?」

社員「いえ、久々の来訪者を受け……家が走りたがっているのです」

男「は?」

社員「こちらへどうぞ」




8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 20:59:46.408 ID:dpd4TO2r0
社員「操縦席です」

男「操縦席!?」

社員「このキーを、その穴に差し込むと起動できます」

男「はぁ……」

ギュルルルッ

ドドドドド…

男「うおお、本格的に動き出した!」

社員「アクセルを踏むと発車します。いや、発家かな」

男「アクセル……? こう?」




10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:02:33.783 ID:dpd4TO2r0
ギュウウウウウンッ!

男「おわっ!?」

男「は、速――」

社員「ハンドル切って! ぶつかりますよ!」

男「制御できな――」

ドガシャァン!!!

シュゥゥゥゥゥ…

社員「また事故ったか……」

男(出るって……スピードのことだったのか……)




11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:03:24.458 ID:F7MekgVzM
維持費高くつきそう




12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:05:31.056 ID:dpd4TO2r0
社員「ううむ……またしても売れなかった」

社員(あの家を乗りこなすのは、やはり相当なテクの持ち主じゃないと無理だ……)

社員(だけど、そんな人いるわけが――)

ブオオオオオオンッ!

社員「!」

社員(今走っていったバイク……なかなかの腕前だった)

社員(ちょうどあそこにある駐車場に入った……追いかけてみよう!)




13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:08:11.017 ID:dpd4TO2r0
青年「ひとっ走りすると気持ちいいなー」

社員「すいませーん!」

青年「ん?」

社員「さっきの走り見てました。すごいバイクさばきでしたね」

青年「そりゃどうも」

社員「そんなあなたを見込んで、頼みがあるんですが――」

青年「頼み?」




15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:11:40.771 ID:dpd4TO2r0
青年「うーん、話を聞いた限り、俺じゃ乗りこなせそうにないな。家なんて運転したことないし」

社員「ダメですか……」

青年「だけど……あの人なら乗りこなせるかもしれない」

社員「あの人とは?」

青年「俺の先輩にあたる、“伝説の走り屋”さ」

社員「走り屋……! ぜひ連絡先を教えて下さい!」

青年「住んでる場所なら……」




16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:14:43.040 ID:dpd4TO2r0
社員「ここだ」

社員「すいませーん!」

社員「すいませーん!」

ガラッ…

走り屋「うるさいな……。なんだい、セールスならお断り……」

社員「あなたが……伝説の走り屋さんですか」

走り屋「フッ、懐かしい呼び名だな……」




18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:18:02.163 ID:dpd4TO2r0
走り屋「……俺はもう走りはやめたのさ」

社員「なぜです?」

走り屋「無茶をして、単車(あいぼう)がイカれちまってね……。それ以来、走りへの情熱を失っちまった」

社員「ですが、新しいバイクを買えば……」

走り屋「あいつ以外と走る気はねえ……」

走り屋「どんなすごいバイクや車見ても、カムバックしようって意欲が湧かなかった」

社員「……でしたら、家はどうです?」

走り屋「家?」




20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:21:44.348 ID:dpd4TO2r0
社員「この家です」

社員「今までに何度も事故を起こしており、“事故物件”として扱われています」

走り屋「……!」

走り屋「なんだこれ……。すげえ……すげえマシンだ!」

社員(さすがだ……一目で走る家だと見抜いたようだ!)

社員「乗ってみませんか」

走り屋「……」

走り屋(すまねえ……相棒。俺はどうしてもこいつに乗ってみてえんだ!)

走り屋「乗らせてくれ!」




21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:24:36.759 ID:dpd4TO2r0
社員「こちらが操縦席です」

走り屋「おお……!」キョロキョロ

社員「マニュアルは――」

走り屋「いや、大丈夫だ」

社員「え?」

走り屋「分かるんだよ……マニュアルなんか読まなくても。動かし方が。走り屋の本能ってヤツでな」

社員「そういうものですか……!」




22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:27:11.076 ID:dpd4TO2r0
走り屋「んじゃ……行くぜ」

ドッドッドッドッドッ…

ブオオオオオオオ…

社員「おおっ! あっさりと制御した!」

走り屋(すげえ……ハンドル、アクセル、ブレーキ……全てが手足に吸いつくようだ)

走り屋「んじゃ、発家するぜェ!」

社員「どうぞ」

ギュンッ!!!




24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:30:28.832 ID:dpd4TO2r0
ギュウウウウウウンッ!

走り屋「いい速度だ……家ごと風になったようだぜ」

社員「流石です」

走り屋「もっと飛ばしていいか!?」

社員「もちろんです!」

ギュウウウウウウウウウウウンッ!

走り屋「Fooooooo! あの頃の……クールでホットな気持ちがよみがえるぜ!」




25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:33:33.897 ID:dpd4TO2r0
ギャルルッ!

ギャルルルルッ!

走り屋「ほらほらほらぁ! ヒャホーッ!」

社員(なんという絶妙なハンドルさばき! 障害物を危なげなく紙一重で避けている!)

走り屋「愛車を失った時に俺は誓った……」

走り屋「もう二度と事故らねえってなァ!」

ギュゥゥゥゥゥゥンッ!!!




26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:36:37.671 ID:dpd4TO2r0
社員「いやはや……驚きですよ。いきなりここまで乗りこなすなんて」

走り屋「俺こそ驚きだよ。こんな家があるなんてな」

社員「光栄です」

走り屋「この家を作った奴は……いったい何者なんだ?」

社員「彼は元々……空に憧れる青年でした。いえ、空というよりは宇宙、でしょうか」

走り屋「ほう」

社員「毎晩、星を眺めては……空飛ぶ円盤のようなマシンを作りたいと夢を抱いていたんです」

走り屋「空飛ぶ円盤……未確認飛行物体ってヤツか」




27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:40:07.419 ID:dpd4TO2r0
社員「しかし、彼は親の意向で建築の方面に進むことになり、空や宇宙への夢は諦めました」

社員「ですが、心の奥底では夢を燃やし続けていました」

社員「やがて彼は……飛べぬのなら、せめて地上を、と“走る家”の建築を始めたのです」

走り屋「空飛びたかっただけあって、なかなかブッ飛んだ野郎だねえ。嫌いじゃないぜ」

走り屋「……で、今そいつはどうしてるんだ?」

社員「亡くなりました……。この家を作り……力尽きてしまったのです」

走り屋「そうかい……」




28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:43:13.438 ID:dpd4TO2r0
走り屋「なら飛んでみるか」

社員「え?」

走り屋「その建築家も、どうせならこの家で飛んで欲しいって思ってるだろ」

社員「無茶です! 飛べるようには出来て――」

走り屋「いや……飛べるさ。俺の手にかかればな」

走り屋「……」クイックイッ ガクンッガクンッ

社員(私ですら知らない操縦法……!? 早くも編み出していたのか!)

走り屋「行くぜェ!!!」




30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:46:11.385 ID:dpd4TO2r0
ギュオッ!!!

フワッ…

社員「!?」

走り屋「どうだい……飛べただろ」

社員「す、すごい……!」

走り屋「マシンの性能以上のもんを引き出す……それが真の走り屋ってもんさ」

社員「飛んでる……! 飛んでるぅ……!」ウルッ

ギュオオオオオオッ!

走り屋「そろそろ着陸させるか」

ギュオオオオオッ! ドスンッ…




33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:49:15.655 ID:dpd4TO2r0
社員「ありがとうございました……」

走り屋「この家、気に入ったよ。買わせてもらうぜ。いくらだ?」

社員「いえ……お代は結構です」

走り屋「は? なにいってんだ。それじゃあんた、大損じゃねえか」

社員「大損? いえいえ、私は十分儲けさせてもらいました。これ以上ないほどに」

社員「だって……夢が叶ったんですから」

走り屋「……え?」




35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:52:25.737 ID:dpd4TO2r0
社員「ありがとう……」

社員「おかげでやっと成仏できます……」

走り屋「あんた、まさか……!」

社員(さようなら……)

社員(どうか、この家を大切に……事故のないよう……)

シュゥゥゥゥ…

走り屋「……」

走り屋「飛んでいっちまったか……。まるで空飛ぶ円盤のように……」




36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:55:22.476 ID:dpd4TO2r0
……

……



ブロロロロロ…

青年「いやー、走り屋さんが復帰したと聞いた時は嬉しかったですよ!」

走り屋「新しい相棒が見つかったからな」

青年「それにしてもいい家ですね。自在に走らせることができるなんて!」

走り屋「ああ……いい家をもらえたよ」




37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 21:58:07.198 ID:dpd4TO2r0
青年「この家は事故物件扱いされてたらしいですけど、とんでもない! 優良物件じゃないですか!」

走り屋「優良物件とはちょっと違うな」

青年「え?」

走り屋「この家は……UFO物件さ」







―おわり―




38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 22:01:25.680 ID:+wOf4MMD0
いい落ちだな
面白かった乙




39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/30(水) 22:03:31.562 ID:oDUz9pF7r

良い話だった