2010年04月01日

高島本ゴウトウ(回顧)潮表の不運

実は一度だけアタリを感知した。それは未だ潮が立つ前の時間帯で、正面の遠くへウキが流れていたときだった。

本ゴウトウで釣った経験則から測ると、その潮なら『必ず釣れるに違いない』と確信が持てるほど良好な潮の動きだ。

確信に近い感覚で釣っているときの集中力は凄まじいもので、手返しや誘いに隙は無い。道糸の位置を常に見遣り、タナの仕掛けを具体的なイメージ像で捉え、ウキの些細な動き方を見切る。

そんな時、遠くに霞むウキがスルリと消し込み、張り気味に持っていた道糸がパラパラと出始めた。活性が高いときのヒラマサのような強く速いアタリではなく、どちらかというと真鯛やクロが仕掛けを持って走ったようなタッチだった。

しかし、ベールを戻して竿を立てたときには既に手応えは無く、虚しく空鈎を回収するだけの一手だった。もしかしたらハゲの口へ鈎が引っ掛かって、アワセと同時に外れたのかも知れない。

アタリは、その一度だけ。それからボッコウがひっついていたのみ。長い本ゴウトウの一日にあっては、取るに足りない出来事である。

当日のゴウトウには2名。地のゴウトウにも2名。マツザキに2名。上げ潮の高島の潮表へ、都合8人のカゴ師が立ったことになる。ゴウトウで釣られたのは一尾は良型の真鯛だったが、地のゴウトウではやや小振りの真鯛が二尾。8人の釣果の、それが全てだから悲しくなる。

11時を過ぎたころ、隣の磯で曲がった竿を見て、俄然と遣る気を奮い立たせたのだけれども、それがヒダリマキ(タカノハダイ)だと知って、昂揚した気分は途端に萎えた。もはや目の前の潮は激流となって真横へ大きな一本潮となっていた。

まったく冴えない──見所の無い一日だった。

それでも、ゴウトウ沖、推定1キロほどの距離へかかっていた恵翔丸と島義丸は、決して悪くない一日だったという。まさか、あの距離で撒かれたコマセに魚を持って行かれたとは思えないので、やはり潮か。

そういえば潮が行き始めた直後、本ゴウトウの沖で珍しい現象を見た。

ゴウトウから右へ突っ走る潮と、地ゴウトウから左へ引っ張られていた潮が、本ゴウトウの真正面で激しくぶつかり合う。ゴウトウ寄りへ投入した仕掛けはグングンと沖へ流され、その揉み合う潮の渦に突入すると止まり、僅かに逆方向へ動き出す。

それが潮流のせいなのか、突風のせいなのか、二枚潮のせいなのか、磯から眺めるだけでは理解できなかったが、大概そういう潮には餌や小魚が集まり、青物が寄せてくる。

だが、この日は執拗に仕掛けを投じても、餌盗りさえ顔を見せぬ惨憺たる結果。


チャリコ一枚でも坊主を回避してきた高島だったけれども、遂に撃沈。やらかしてしまった。もやは失うものは無く、もう一度最初から立て直すしか無い。

foujitas at 11:33コメント(6)TB(0)高島回顧録 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みやちゃん   2010年04月01日 17:35
ふじたさん、こんにちは。昨日は大変、お疲れ様でした。
たまにはそんな時もありますよ!
私も連敗が12でようやく止まり、結果が出ました。
ところで山陰の釣り って釣り雑誌はご存知ですか?
4月発売の記事にこの前の釣行が掲載される事になりました。
もしよろしければ是非ご高覧下さい。
2. Posted by ふじた   2010年04月01日 18:24
みやちゃん^^
お〜、あの「山陰の釣り」誌にご出演ですか!
凄いですね〜、記事になるのは、かなりの難関とか。やはりあの伍八にあって、記者の目から見てもキラリと光るものがあったのでしょうね。
私など、釣り画報が高島ナベに取材に来られたとき、撮影背景になったホトケで釣っている姿が映った程度。(笑)
昨日は、まあ、こればかりは仕方在りません。およそ理想が敵った条件下での完全燃焼。釣果は酷く無念ですが、人事を尽くした挙げ句の天命。さほどの悔いはありませんです。
次回、また頑張ってみます。^^
3. Posted by S・JOE   2010年04月01日 20:23
 お疲れ様でした。わたしは連敗中でやることなすこと裏目に出る感じです。昨年の今頃も大連敗で、あたってもバラシで最悪でした。が今は釣れなくて当たり前の時期だと開き直っています。今週わたしが、敵を取ってきます。(笑)
4. Posted by かっちん   2010年04月01日 20:40
お疲れ様でしたね。
万全を期しての高島釣行・・・・
潮加減も良さそう、とのブログスタートでしたからワクワクしながら呼んでおりましたが、残念賞でしたか!! 汗
ふじたさんでも、この様な事があるんですねぇ。。。
マァ、気分を切替えて次回に期待しておりますから。   笑

さてさて・・・・
ワタクシも今週末は、山陰浜田バトル最終12Rの戦いに挑む事となりました。。
ワカナ王の玉師匠と・・・・・
自信ないですけどね。    笑
5. Posted by ふじた   2010年04月02日 07:03
S・JOEさん^^
毎度ありがとうございます。
一年を通すと今時期は、なかなか厳しいシーズンですよねえ。遂に高島で坊主を喰らってしまい、凹んでいます。(泣)
本ゴウトウのヒラマサには充分な餌付けをしておきましたから、たぶん今度は手を叩くと寄ってきます。(笑)
ぜひ仇討ちをお願いしますね!
6. Posted by ふじた   2010年04月02日 07:08
かっちんさん^^
あうう・・・毎度ありがとうございます。
潮も磯も理想的。しかし魚に愛想を尽かされたような一日でした。見るべきところの無い高島の一日は堪えますわ。(;´Д`)
良い面構えでヒラマサを持っていらした玉ちゃんの雄姿、拝見しましたよ!
最終ラウンドは、一撃必殺のクロスカウンターパンチでKO勝ち間違いなし。頑張ってくださいね〜!!^^v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ