2010年06月03日

沖家室島「やれやれ」

沖家室島へ辿り着いたのは、もう午後3時近くだった。正午に終わる筈の会議は長引き、昼食の誘いを断る事もできず、岩国を発つのが遅すぎた。

クルマには釣り道具一式を積み込んで、スーツを着て会議へ赴き、その足で沖家室島を目ざす。途中で衣服を着替え、本来なら午後1時には釣り始めるつもりだったが。往路の途中で諦めて引き返そうと思うも、逡巡の果てに再びアクセルペダルを踏み込んだのだった。

到着した本浦では、直ちに造船所となりの座を確保するが、辺りを見回してみると人影はまばら。場所取りに慌てる必要は無かった。(笑)

静かな海だ。やおら3週間ぶりの剛弓を振り抜き、ウキを浮かべてみる。潮は行かない様子。打ち返してみるも餌が落ちる事は無い。

一応はオキアミをカゴへ入れてはみるが、釣りというより、ほとんどもうキャスティングの練習。今日はそれで良い。

約2時間ほど竿を振り、魚らしい気配を感じないまま午後5時のサイレンが鳴り響いた。これも想定内。

これで納竿と決めた最後の回収を始めたところ、なにか掛かっている重さを手に感じた。

『ややっ、何か居るんか?!』

走ったり、首を振ったりしないが、明らかにカゴの抵抗より重たい。『小物でも、もしかするとアイナメかカレイか』ハリスの先に目を凝らした。

軍手。(´Д`;)

これにて本日の沖家室島終了。

(はー、高島でイサキが釣りたかったわ〜)



foujitas at 07:13コメント(13)TB(0)沖家室島釣記 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みやちゃん   2010年06月03日 07:43
ふじたさん、おはようございます。昨日は災難でしたねm(__)m来週は高島、ぜひご一緒させて頂きます、宜しくお願いします
2. Posted by shimo   2010年06月03日 11:20
ふぃじたさん
おはよう御座います・・・昨日は残念でした。
私のほうは火曜pm3時〜水曜am7時 また例の国へマダイ狙いとしては今期最後(?)の釣行へメンバー6名で行ってきました・・・釣り人生初の1時間オーバーに及ぶやり取り(?)をしました・・・この先は笑わないように読んで下さいね!(長くなりますが詳しく書きます)、6名全員がバラバラの瀬上がりです 初めてのポイントでしたので明るいうちはぶらぶらと瀬の上を散歩し沈み瀬などを確認しながら狙い所を物色しますpm7時過ぎより夜釣り開始です・・・朝4時までにアラカブ2尾・・・当り潮ばかりで釣りにくい・・・今期最悪の状況です・・・あと1時間もすれば明るくなってTheEnd・・・その時ウキが消え合わせを入れると強烈な締め込み(これはまずまずのサイズ)・・・皆さんから聞いていた「走られたら必ずバラス」と言う沈み瀬へまっしぐら ラインが張った状態で瀬に当ると即切れる・・・ダメ元でベールを開け完全フリーで竿を立ててラインを送りました バアーツと40〜50mラインが出たので「しめしめ瀬をかわったな」と思い寄せにかかると変な感触・・・竿先のラインは沖側ではなく走り込んだ沈み瀬へと続いています・・・瀬に絡んだ感じで走ってました 引っ張るとビクともしません ・・・続く
3. Posted by shimo   2010年06月03日 11:21
続き。
切ろうとしてラインを緩めたらその分ズルズルと引っ張って行きます 外れたかな?と思い引っ張るとやはりビクともしません・・・よっぽど滑らかな瀬に絡んでいるのか切れません ここでラインを張ったまま友人に電話し状況を話すと「何とか外せ・・」と言いす・・・これから明るくなり潮も下がって来ますし 強引に切って仕掛けを作り直してもまず当りは無いだろうし誰も釣れていないようなので何とか獲りたい・・・明るくなったら何とかなるだろうと判断し1時間穂先を曲げた状態で待ち待ち・・・明るくなりました ウネリのタイミングを見計らい磯の先端へ一瞬出ますが絡んだ位置は穂先より遠い また一瞬前に出て竿を上下左右に振りました サッと竿が上を向く「外れた」寄せにかかると魚の感触 それと共に瀬ズレの感触・・・あれだけ送って放置してましたから沖でも何処かに掛かってました もうこうなったらダメ元の二乗です グイグイ引っ張りました すると「外れた」・・・ダイレクトな魚の感触です それからはジワジワとラインを労わりながら慎重に寄せました 取り込み成功です5.95kでしたが先日の9k以上に嬉しかったです。こんなやり取り(?)も初めて 普段なら諦めて即切っていたと思います・・・どうかすると簡単に切れるラインも切れない時は切れないものでね・・・爆笑ネタでした。
4. Posted by ふじた   2010年06月03日 18:23
みやちゃんさん^^
毎度ありがとうございます。
次週こそは何がなんでも高島を目指します。ことらこそどうぞ、よろしくお願いします。m(__)m
5. Posted by ふじた   2010年06月03日 18:26
shimoさん^^
これはこれは、流石の武勇伝をありがとうございます。
私など腕が無い上に油断をしていて、あっさり千切られるのですから、足下にも及ばぬお話です。持久戦の後に仕留めた魚は、しかも大物!
そういえば一緒に釣った仲間が、やはり瀬に入られ、ずいぶんと時間を費やしたのを横で見ていた事があります。あれは手強いものですねえ。
6. Posted by shimo   2010年06月03日 19:09
ふじたさん
ありがとう御座います。
あれはラッキー以外の何者でも有りません
ただ あの状況でじっと待った自分に
「えらく気が長くなったものだなー」と感心しました・・・。
替えてみた釣り針・・・しっかり地獄に掛かっていましたし1度のみの当りでしたから良し悪しの判定はまだまだ先になりそうです。

7. Posted by かっちん   2010年06月03日 23:19
お疲れ様でした。
ホントに沖家室へ行かれたのですね。
しかも15時から始めるとは・・・・  汗

最後の獲物が軍手と言うことは・・・・
次回の高島釣行で、大物を手繰り寄せてくれるのかもですよ。 
来週に期待しています。

わ・私も、懲りない奴ですから・・・・・汗
明日の晩は、またまたアオリ退治に出撃です。
8. Posted by ふじた   2010年06月04日 08:10
shimoさん^^
いえいえ、ラッキーを引き寄せるも腕の内。
魚との遣り取りは最大の醍醐味ですよね。
鈎の性能は、やはり長く使わないと解らないものなのでしょうね。私は鈎を云々する以前に、まず魚の口まで餌を運ぶ事のほうが先決ですわ。(笑)
9. Posted by ふじた   2010年06月04日 08:12
かっちんさん^^
毎度ありがとうございます。
ダメと解っていながら無理やりに竿を出してみました。結果は案の定というものでしたが、三流漫画のオチのように、何も最後の最後に軍手が掛からなくても。(;´Д`)
なんとか次週へ繋げたいところです。
絶好調アオリ、こんどはヤエンですね!
がんばってくださいね〜。^^
10. Posted by shige   2010年06月04日 15:29
こんにちは!
今日、調査してきました^^
小段で腹パンのイサキが4つ…
海へ向かって左のワンド側!竿4本との事でした。深すぎですw
他のカゴ師達は大苦戦と…  ピクリともしない! 場所もあったそうです(汗)
11. Posted by ふじた   2010年06月05日 08:56
shigeさん^^
最新情報をありがとうございます!
しっかり獲物を仕留めていらっしゃいましたね〜。しかし風邪の按配はいかがでしょうか。
高島のタナは依然として深いようですねえ。イサキはタルでも当たってくる魚ですから、shigeさんの仰る通りかなり深い印象がありますね。(メモメモ)
次回高島はフンドシを締め直してかかります。
12. Posted by 釣りきち YMD   2010年06月05日 20:09
5 ふじたさんへ
休みに限って仕事とは、羨ましい(ToT)
でも一週間の唯一の休みですから、結果はどうあれ朝からピシっとやりたいもんですね!
shigeさんの情報ではイサキ4枚と・・・
こりゃイサキ狙いに行くしかないでしょう。
爆釣祈願
13. Posted by ふじた   2010年06月06日 17:43
釣りきちYMDさん^^
お返事が遅くなりました。m(__)m
どうもこのところ、完全に忙殺されており、まとまった文章を書くチャンスを逸しております。(´Д`;)
高島のイサキはいよいよ幕開けですね。早い時期に大型が集中しますので、なんとか9日は渡りたいと思っています。
またご一緒いたしましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ