2010年06月25日

高島ナベ(回顧)他に手は無かったか


朝の一番から始まったムロアジの猛攻は、ほぼ為す術を失ってナベの一日を過ごした。

いくら餌盗りが多いときでも、潮の動きや時間の経過が進む中では短時間でも餌盗りの群が居なくなるもの。その間合いを逃さず、ささやかでも狙った魚を釣り上げられる事が多い。だから餌盗りの様子は細かく観察し、手を休めることなく打ち返すカゴ釣りだ。

だがナベでは総攻撃の手は緩められる事は無かった。

段々鈎を入れてみたSS師の竿は大きく弓なりに曲がり、連れて釣り上げられた仕掛けには、鈎の数だけムロアジが掛かって上がった。

ダミーに備えた筈のカブラ鈎は水中で目立つせいか、着水と同時に一撃を銜えられて撃沈。ウキが馴染むより早くサシ餌が落とされるシーンは数限りなく続いていた。

コマセを入れず、サシ餌だけの仕掛けを投げ入れても、その着水音を聞きつけ、海面付近の浮遊物を片っ端から口にする。

一昨年、浜田シャクリ堤防でカンパチを釣るとき、K先生に教わった「20秒で打ち返せ」も歯が立たず。サシ餌はタナ2本でウキが立つ10秒以内に撃墜されているようだった。

ところでナベは、底物の名礁でもある。船着き辺りの切り立った磯には立派な石鯛が居るという。

ムロアジの包囲網が突破できないと思い知ったとき、足下で石鯛を釣ることも考えたのだが、先述の通りで、もしかすると瞬間的に餌盗りが姿を消す時間帯があるのではないか──と頭をもたげ、ついに仕掛けを変える事をしなかった。

潮は良い雰囲気で動いていた。ヒラマサや真鯛のシーズンなら、確実にアタリが拾えるような下げ潮だ。この魅力的な潮の様子を見ていると、それこそヒラマサや大鯛が回遊してきてムロアジが蹴散らされる有様を想像してしまう。

潮が緩んだ直後は、なおさらに期待感が高まり、結果的に仕掛けを変える勇気とチャンスを見いだせぬまま6時間を過ごした。

今回ばかりはいくら回顧してみても、どうにも成す術は無かった。

また次回、次こそは──。



foujitas at 08:18コメント(0)TB(0)高島回顧録 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ