2010年08月05日

高島カメ(回顧)打つ手は無いか

アーカイブ版の高島回顧録を放置して久しいのだが、そう云えば昨年の夏もカメに乗ってサメに翻弄された事を先日、思い出していた。あのときの感触が蘇り、最初に掛かった下品な走り方をする獲物をサメだと想像したのである。

昨年のそれは──実はそのずっと前に火電沖波止で体験していた筈なのだけれども──サメとは思えず、何か巨大なヒラマサが喰ったかと思い、酷く興奮した。乱暴に振り回され、悉くハリスを引き千切られ、仕舞いには鈎を伸されたあの引きだ。

途中で10号ハリスに交換して対処したが、10号ではその現象は起こらない。7号に戻した途端、また引きずり回される。

そんな思い出話しをしていたところ、聞いていた兄ちゃんは「10号じゃあ餌のイサキが釣れんでしょう」と冷静に考察を述べ、奇妙に磯で納得したのだった。

その昨年の騒動も、サメらしきヒットは連発。鈎を結び変え、投じた直後の仕掛けに同じ事が同じ場所で起こるのだ。頭に血は上り、姿が見えぬ獲物に興奮し、また仕掛けを投じる四半時。

だが、先日の格闘で相手はほぼサメである事を確信した。

高島にはアオザメが泳いでいるという。かつてシュモクザメも目撃したことがある。いずれのサメも最大4メートルにも成長する種族であり、事実、かつて本ゴウトウから見たアオザメの体長は、少なく見積もっても2メートルは下らない。

一本の磯竿と6号ほどのテグスで、一体何が出来よう。精々、仕掛けを丸ごと持って行かれぬよう祈って、さっさとハリスを切るが利口というものだ。

しかし数年前、とあるショットバーで隣り合わせたアンチャンが云った「サメが居っても、その下にヒラマサは居るよ」。聞けばアンチャンは高島で底物に親しんで長いという。

果たして、あのサメの大群に何か打つ手はあるのだろうか。

イサキと思われる魚がウキを引き込んだら、口切れしない事を祈りつつ、可能な限り素早く巻き取る。そうすると何尾かに一尾(昨日は8尾に1尾)、運良くサメに横取りされないで取り込むことが出来る。

しかし、いくら素早く巻くと云ったって、リールを巻いて寄せる速度と、サメが水中を泳ぐ速度など比べるまでもない。たまたまサメが気付かなかったに過ぎない、それは単なる幸運だ。

その他に何が有効だろうか。

手応えから察するに、ヒットした後にリールのハンドルを5回転程度は素直に巻き取れる。一巻きが70センチと換算したら、水中で鈎に掛かったイサキが3.5メートルほど移動した時点でアウト。

サメの頭脳作戦は、泳いで逃げ回るイサキを追いかけるより、鈎に掛かってもがくイサキを捕まえたほうが安全で早い。奴らは、それを待っているのではないかとさえ思える連発である。

釣り場を変えるしかないか。

恵翔丸で希望する磯の話しをしていたおり、とあるカゴ師が「ジョーズの居らん所なら何処でもええ」と仰っていたのは、すなわちこういう事だろう。

10分にわたって引きずり回して遣ったあのサメは、ちくしょう、少しは懲りやがれ!(´Д`;)



foujitas at 18:19コメント(8)TB(0)高島回顧録 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by shige   2010年08月05日 19:43
お疲れ様ですm(_ _ )m

前作の記事!申し訳ありませんが大爆笑しながら読ませていただきました。
いくらなんでも。。サメ退治はねぇ〜〜  ヤツは強すぎです。
小生も昨年「イガラ」で当日唯一の獲物のババイサキを頭だけにされて・・・
激怒して退治!とヤリトリしましたがタモ入れどうするん?って思い(爆)

ほんとサメ畜生に考えるだけ無駄ですって(笑)
諦めて楽しくやりましょう^^
2. Posted by クロ兵衛   2010年08月05日 22:35
こんばんは!

サメとの格闘・・・聞くだけだと楽しそうなのですが
そればかりと言うのは困りますね(汗)
しかし、強烈なんでしょうね^^

サメが何処かへ・・・早期退散する事をお祈りしております!(^^ゞ

3. Posted by あ2   2010年08月05日 23:03
サメがうろうろしているというのは高島近辺の生物層が非常に充実していることを意味していますね。高島の素晴しさが証明された一日でしたね・・・。

違いますね・・・、やはりイサキのほうが良いですね。私の通う磯でもサメはかかってきます。もっとも遊泳性のサメではなくて底性のドチザメやネコザメが多いですが。

ちなみにそこそこ大型のサメは種類によっては結構美味です。コツは血抜きだけでなく内臓を如何に早く抜く点です。アオザメは経験がありませんが美味らしいですし、丁寧に血・内臓抜きしたホシザメ、ネコザメ、ドチザメも湯引きやから揚げでなかなかいけます。

もっとも1mを超える個体がほとんどでかつ太っているのが多いものですから持って帰るのが一番大変かもしれません。まあ丁度良い(ヒラ狙いの仕掛けで獲れるくらい)のサメがゲットできたら試してください。・・・やっぱり本命がよいですね。
4. Posted by シュシュ   2010年08月05日 23:12
2mのサメですか!沖のほうではもっと大きいのがいるんでしょうね。恐ろしや〜
先日火電にて釣ったサンバソウを追いかけてくるシュモクザメを見ましたが所詮1m程度。でもその後も投げたウキの周りを必要にウロチョロされ迷惑千番でした。
5. Posted by ふじた   2010年08月06日 04:25
shigeさん^^
いつもありがとうございます。
私の如き腕と道具では、どうしようもありませんでした。
それにしても、獲物を横取りされる事より、いちいち真新しい鈎を結んでは飛ばされ、ハリスを引きちぎられる事のほうが悔しい。あれ、安くないっすよ。(泣)
次週は場所を考えます。(^^;
6. Posted by ふじた   2010年08月06日 04:28
クロ兵衛さん^^
ご無沙汰しています。毎度ありがとうございます。
サメだと気付かなかった当時は、本当に興奮していました。(笑)
10分間の攻防も大物を釣る練習・・・とは申せ、どうしたって揚げられませんが。
しかし、姿見ずというのは悔しい!
7. Posted by ふじた   2010年08月06日 04:38
あ2さん^^
いつもありがとうございます〜。
仰る通りです。サメが居るという事は、奴らの餌が沢山泳いでいるという証左なのですが、いかんせん水の中。ほとんどこちらに分はありませんでした。
80cm程度のネコザメなら何度か釣り揚げた事もあるのですが、どうやらあのパワーはメーター級を楽に上回るのでしょうねえ。走り出したら100m一気。(笑)

サメの料理は中国地方の山間部で「ワニ料理」と呼び、保存できる海のタンパク源として珍重されたと聞いています。
なるほど、内蔵を出して湯引きですか。今度釣ったら試して・・・うむー。(^^;
以前、K先生という方は本当に1mほどのサメを担いで渡船に戻ったと云いますから、何時の日か。(笑)
8. Posted by ふじた   2010年08月06日 04:41
シュシュさん^^
いつもありがとうございます。
火電沖波止でシュモクザメは堪りませんよねえ。実は私も7番の辺りで一度、目撃しました。
最初は大きなゴミが流れているのかと思ったら・・・。
サメに豆ヒラが恐れを成したか、その日は(も?(^^;)坊主街道まっしぐらでした。(泣)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ