2010年08月20日

高島コンクリ(料理)食べてみた夏魚

全く以て動かぬ潮と餌盗りにカモられたコンクリではあったが、辛うじて膳に乗せる魚を持ち帰った。丸坊主の大ボウズでなかっただけマシだったのかも知れない。

結局、クーラーで運んだのはネリゴ2枚とサンバソウ1枚、それにフエフキダイが1枚。一人で酒の肴にするなら、まあ事足りる。

さて竿を包丁に持ち替えて──

ネリゴ。アカハナとも呼ばれる。

普通はやや黄色がかった豆ヒラのような体を持ち、顔の正面から左右に伸びる模様は、まさに鉢巻きを巻いたように目の上へ回り込んでいる。しかし今の時期のネリゴはとりわけ黄色が強く、水面で見ると金色に輝く。磯へ釣り揚げて絞めると、黄色はますます鮮やかな異彩を放つ。

この時期のネリゴは刺身に限る。カンパチの幼魚だけあって、その身の旨味は充分だ。柔らかい歯応えは口の中で旨味を醸成するような錯覚を覚える。

もう少し大きければ豪快な刺身が楽しめるのだけれども、30センチ弱の魚のほうが身の軟らかさは上だろうから、一概に型不足を申すものでもない。やや赤身がかった刺身は、実に芳醇な味わいがある。

この上は数を釣る腕を磨くしかない。

サンバソウ。

云わずと知られた石鯛の幼魚。縞模様がはっきり残る、やはり30センチ弱の小型だったが、包丁を入れた途端に魚体は黒っぽく変色する。まるで成魚の石鯛と同じ風格を醸すのだから面白い。

サンバソウは焼いて良し、刺身で良し。煮付けにすると身が固くなり、中には磯臭さが気になる時もある。

今回はグラタン仕立てを試してみた。やはり火を通すと魚肉は少し硬くなるが、むしろグラタンの具材としては相応しい。仄かに磯の香りが漂う海鮮グラタンは、ちょっとぐらい冷めてもいける。


注目すべきはフエフキダイ。

高島5年のうちで初めて釣った魚であり、もちろん食べてみた事も無い。釣った直後は茶褐色の魚体で、模様は絣(カスリ)のような小さな斑が縦方向に描かれていた。ヒダリマキと別称されるタカノハダイは名前の通り斜め縞の模様が特徴的だが、フエフキダイは模様が不鮮明。何よりも、笛を吹いているように突き出た口はユーモアに溢れている。

しかし見た目にはヒダリマキと同種に思え、すなわち磯臭くて食べられそうもない。その食性を鑑みても、生息域を思っても、あまり良い印象が持てなかった。だから都合4枚が鈎に掛かったうちの1枚だけを持ち帰ってみた。

外道とは申せ、無駄な殺生は心が痛む。

磯の香りが鼻を突くようでは不味いので、塩や胡椒をしっかり降り、オリーブオイルなどで焼けば良いと考えていたところ、先のサンバソウと共にグラタンになって膳へ出てきた。

釣り上げた直後に見た魚の体型は、背ビレなどがチヌに似ていたので、おそらく白身の淡泊な食味だろうと想像していたのだが、是正しく予想の通り。グラタンのチーズをフォークで捲ってみると、皮の茶褐色が微かに残されていて、それがフエフキダイだということが判る。

パクリ。「おっ、こりゃあ美味い!」

半信半疑に口の中で咀嚼を続けるうち、適度な歯応えとスズキにも似た甘味が感じられ、思わずチーズに埋まった白身を探してしまうのだった。もちろん嫌らしい磯の匂いなど無い。

『しまった、こんな事ならアレを全部持って帰りゃあ良かった』(´Д`;)

しかしねえ、釣った魚を売りさばいては居ないけれど、魚が小さいと下ろす手間ばかり掛かってしまい、どうも歩留まりが宜しくない。(泣)



foujitas at 16:24コメント(6)TB(0)高島回顧録 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by テスト   2010年08月20日 17:25
テストテストテスト
2. Posted by shige   2010年08月20日 19:05
赤花が美味なのはともかく
フエフキ!はじめて聞きました。山陰でもつれるのですね
容姿からは焼いて美味そう!?ですが
イタリアンですか^^ 手の込んだ料理!ステキですね
グラタンやオリーブオイルを使用したことがあるのはスズキだけでした(汗)

なんか無性にグラタンが食べたくなりました。
3. Posted by テスト   2010年08月21日 00:28
テスト
4. Posted by シュシュ   2010年08月21日 11:33
自分で釣った魚を最後まで食してこそ釣りの醍醐味って言えるんでしょね。以前は近くの釣り人や隣近所にすべて上げてました。
でもいろんな食べ方がある中、グラタンとはまたまた恐れ入りました。
5. Posted by ふじた   2010年08月22日 07:08
shigeさん^^
毎度ありがとうございます〜。
調理人によると、スズキに似た食味の魚だそうです。しかしこのサイズでは、料理をするのも手間ばっかりかかり、なかなかどうも。(笑)
高島にはいろんな魚が居ますよねえ。食べてみれば美味しい魚も。
今週もがんばってみます!
(まだ暑いですが(^^;)
6. Posted by ふじた   2010年08月22日 07:13
シュシュさん^^
いつもありがとうございます〜。
カゴで掛かる魚のほとんどは、どなたでも喜ばれる獲物が多いですもんね。
私は釣った魚を持ち込むお店さんがありまして、大概は腹を出して引き渡し。するとシェフが魚を見て、あれこれと考えてくれるような次第です。
自分の手で最後まで料理にするのは、刺身や煮付けくらいでして。(^^;
だいたい大きなヒラマサをのせるマナ板がうちにはありませんです、はい。(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ