2010年09月15日

[火電1番](釣行記)ミニチュア五目で撃沈

いや、甘かった。まったく甘かった。フカセ釣りなど緑に真似た経験さえ少ないのに、あのアジの大群をして、何の打つ手があろうや。よしみ丸へ乗り込む早々、船長に「フカセね。うん、手強いでぇ」と云わせしめ、波返しに立ちオキアミを撒いてみたならば、それはもう・・・わはは!orz....

午前5時。古湊の二隻の船がけたたましいエンジン音を立てて港を出た。この日は小潮の中日、終日が下げ潮となる潮回りゆえ、迷わず沖堤防1番を選択。辰丸が運んだ3名と合わせ、都合6人の釣り人が1番へ並んだ。

ケミホタルが必要な時間帯は、ほとんど潮が動かない。半時間が経ち、何事もなく夜明けを迎え、ここからが今日のフカセ練習の始まりだ。

海面が肉眼で見えるようになり、オキアミを手で撒いてみると、最初は静かに沈んでいく。再び撒いてみると、今度は水面が盛り上がるほど無遠慮に豆アジが飛びつく。底カゴを遠投しては、足下へオキアミを撒き、豆アジが出てこないワンチャンスにフカセ仕掛けをそろりと入れる寸法だ。

だが杳として豆アジの乱舞は止みそうにない。そうこうしている間に沖の下げ潮が行き始めたので、早々にフカセ練習は中止。まあ、豆アジの乱舞が無くなったら──観察を続けるために、一定のリズムでオキアミを撒き続ける。

手撒き用のオキアミは価格が安い生オキアミを用意した。3kgが500円なら、たとえ無駄弾になっても口惜しい思いをしなくて済む。(笑)


さて、いまや本命路線のカゴ釣り。波返しの上に立って竿を構えると、お誂え向きの追い風が吹いている。それは寒いほどの涼しく強い風であり、幾らかの小雨も混じる。竿を大きく引き、振幅を大きくとれば、軽く振るだけでそこそこの距離が稼げる。

が、沖合い70メートルほどに仕掛けを落としても、ほぼサシ餌は秒殺。手前の海域は云うに及ばず。手も足も出せない釣況で釣りは始まった。『苦戦は承知の上』折れそうな心を奮い立たせて打ち返す。

左隣の竿が大きく曲がった。比較的軟らかい竿のようであるが、雑魚ではないようだ。やがて景気の良い話し声が聞こえる。

「イサキじゃ、大イサキじゃあ」

『おおっ、ほんまじゃ!』いまに時期にしては良型のイサキが確かに掛かっている。だが取り込む様子を見ていて奇妙な事に気付いた。イサキはカゴよりも上の枝鈎に吊されているのである。『ありゃりゃ、あれはサビキか?』左様、純然たるサビキ仕掛けとジアミだ。

続けて隣人にイサキ。同じくサビキ仕掛けにヒット。これはもう兜を脱ぐしか無い。

ところで、このお二方が立っていらした座は、1番のベストポイントとされる「1番階段の左段差」だ。西側のテトラポッドが複雑な潮を生み、かつ左右に瀬があるという絶好のポイント。後の船長の話によると、前日も同じポイントでイサキが揚げられたという。

階段正面の座とは僅か20mほどの距離だが、その意味は大きく異なる。

イサキを呼び寄せようにも、こちらはオキアミ。生オキアミを以てしても、ジアミの集魚力には敵わない。しかも潮は下げ。「こりゃナンボやっても餌撒き係ですねえ」と一緒に渡ったカゴ師の兄さんと苦笑い。

何事も起こらぬまま朝を過ごしてしまった。依然として釣況に大きな変化は無く、ときおり沖の仕掛けに豆アジが掛かる。テンションを下げては、再び投入。最初にウキを持って行ったのは、可愛らしいサンバソウだった。

続いてクロ。さらにチャリコ。いずれも30センチに満たない魚ばかりで、一応の食材確保のためにクーラーへ送り込むが、これではミニチュアの標本採取のようだ。(´Д`;)

ときおり仕掛けを強く引っ張るのは、バリ。またはダツ。海の様相は、いまだ真夏のまま何等変わっていない。

昼を前にした時間帯に一度だけ、沖のサシ餌が残る事があった。兄さんと懸命に仕掛けを投げるが、すぐに再び餌は落とされてしまう。何か青物が回っている筈──そんな中で兄さんの竿が曲がった。ネリゴだ。しかし惜しくも途中で鈎外れ。orz....

思えば足下の豆アジが姿を消した最中にフカセ仕掛けを入れてみたが、潜行したサシ餌に喰らいついたのは、やはり豆アジだった。スズキでも掛からぬものか、とそのまま泳がせたが、1時間が過ぎても豆アジは泳いでいた。

単調な時間が続く。こうなったらダンゴ鈎で食材確保に走るしか無い。いつでもロングハリスに戻せるよう、ハリスにスナップサルカンを結び、サシ餌の様子を見ながら細かく手を変えてみる──が、これでもダメ。

タナを変え、距離を変えてみるも、沖の潮は行かず、手前の潮が速い状況は続く。

1本半で入れたウキが出たり入ったりしている。『またチャリコかアジか』高を括って寄せてみたなら、ボッコウのような魚が鈎に掛かっていた。

「んー、アコウ。キジハタですねえ」(・∀・)

これは儲け物。相変わらずサイズは小さいが、一人前の煮付けには出来る。外れぬよう掬っていただき、ほぼ火電沖波止は打ち止め。


時計の針が正午を回ると、空は晴れ渡り、潮は気持ちよく通し始めた。同時に魚の気配は感じられなくなってしまった。

「気配」というのは実に主観的な感覚である。もしも、この今の時間に堤防へ渡って来たら、たぶん『ええ潮じゃ〜(´∀`)』と思うだろう。しかし7時間の辛抱を続けた後では『もうダメじゃ』と感じる。

そこで気分を切り替え、もう一時間だけ粘ってみる事にした。

けれども──サプライズは起きぬまま撃沈。

さて、次週の高島に向けて、道糸でも巻き替えるかね。(´Д`;)



foujitas at 19:06コメント(5)TB(0)古湊釣房 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by シュシュ   2010年09月16日 10:44
お疲れ様でした。
まだまだ秋の気配には程遠いみたいですね〜
来週も同じでしょうね!?

2. Posted by あ2   2010年09月16日 10:48
ヒラには出会えなかったようですが、まるで高級料亭に卸す荷のようなクーラーの内容ですね。いささかイシダイとマダイは小型かもしれませんが・・・。

逆にキジハタは良形ですね。薄造りでお造りにした後、アラを汁物の出汁にするといずれも絶品です。山陰を代表する高級魚だけのことはあります。

関東の陸っぱりではキジハタはほとんど釣ることができません。何故か四国の波止でチヌを釣っていたらポツッと釣れたことがありますが・・・。

ところで豆アジは食べないですか?数をとにかく釣って頭と一緒に内臓を落とし、「即日」から揚げにするとこれも絶品です。1日置くだけで味が落ちますから釣り人の特権(残念賞)かと。
3. Posted by ふじた   2010年09月16日 17:19
シュシュさん^^
毎度ありがとうございます。
いやはや、想像以上に厳しい一日でした。
海の季節は陸に比べて1ヶ月遅れで巡ると云います。この分では9月一杯はなかなかどうも。(´Д`;)
しかし、何処で兆候が出るか判りませんから、メゲずに通ってみたいと思います。
4. Posted by ふじた   2010年09月16日 17:25
あ2さん^^
いつもありがとうございます。
いずれも倍ほどの大きさなら喜ばしいのですが、いかんせんミニサイズ。一尾が一人前という歩留まりの悪さが哀しいところです。
キジハタは辛うじて煮付けに出来そうな大きさで助かりました。刺身がとれるような魚を釣ってみたいものです。(笑)
実を云うとアジは、いつも釣り終えてから後悔しています。
なんというか大物狙いのプライドがありまして、あのアジを取り込む勇気が、その。(^^;
結局は食材確保に走る釣りなので、それなら釣っておけば良かったとか、帰る前に釣っても50尾程度なら、おそらく30分もあれば充分。
今度はこっそりアミエビを隠し持っておきたいと思います。(笑)
しかし美味しそうですねえ、アジの唐揚げ。やっぱり持って帰れば良かった。(泣)
5. Posted by かっちん   2010年09月16日 19:02
お疲れ様でした。
やはり、まだ小鯵の天国でしたすか。  汗
そんな中でアコウは嬉しい外道ですよね・・・・
明日あたりはアコウの美味しい記事がupされる事を楽しみにしております。

しかし・・・
ヒラは何時になったら帰ってくるのでしょうか?
私は、仕事で今週末の釣行は難しいです。
ストレスが溜りまっすわ。  笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ