2010年10月27日

沖家室島「爆風サビキ(;´Д`)」

昨日は岩国駅前の若手経営者が集う青年部の立ち上げが行われた。昨今は、このような活動が連発していて、ほとんど一週間、竿に触れる機会さえ無い。明日は山口で会議に出席する段取りとなり、11月には岩国市長と並んで街づくりシンポジウムのパネラーとしての任務が回ってきた。

街づくりは生業と関わり深い事柄。いまだけは仕方がない。

外部リンク:中国新聞「駅前活性化へ若手店主が会」

しかし、まあ、事業計画やその会合、根回し、資料作りなどで、もはやドタマはオーバーキャパシティ。この水曜日は一つ、静かに釣り糸を垂れて過ごす一日にしたいと思ったのである。

高島は大時化。頼みの綱だった小水無瀬も時化。いつもなら致し方なく向かう沖家室島だが、この日は意気揚々とクルマを走らせたのだった。一本の釣り糸に神経を研ぎ澄ますヒラマサ釣りは、今回ばかりは元よりお休み。

しかして自宅を出たのは午前8時半。実にゆるい。(笑)

国道188号が海沿いになると、大畠瀬戸の眺望が広がる。これが想像を超える波。沖の海には白波が立ち、消波ブロックで砕けた海水は道路にまで上がっている。『おいおい、時化るとは云いようったが・・・』一抹の不安を残したまま大島大橋を駆け抜けた。

午前10時前。ほぼ定刻で本浦港へ到着。一足早く着いたH氏の姿が見える。堤防へ歩み寄ると、その波飛沫たるや半端ではない。造船所がある堤防の先端1/3は満潮と重なって海水が上がり、背後の波返しからは頻繁に飛沫が降りそそぐ。

あわよくば真鯛。そう考えてオキアミボイルを持参し、カゴ釣りの支度をして来たのだけれども、この爆風ではムリ。試しに波返しの上へ登ってみたが、ほとんど立っている事さえ不能。ムリ、ムリ。

カゴ釣りはさっさと諦め、サビキ一本で豆アジを狙う。今日は南蛮漬けか唐揚げか。やはり水曜日には海の幸を持ち帰らねばならん。この頃、ようやくドタマは仕事モードから抜け出していた。

がまかつレセプターR-4号に、そのまんまサビキ仕掛け。とは云っても、市販の6本鈎は手返しが悪くなるので、これを半分にして使うが定石。仕掛けの絡みや、ときに付けるサシ餌の手間を考えたら、3本鈎で素早く釣ったほうが良い。

ところが、余りの強風にレセプターRが云うことを聞かない。竿を起こすと風に吹かれ、支えているだけで体力を消耗する。これは堪らぬ。

さっそくクルマへ軽い竿を取りに戻り、道具の交換。1.5号の磯上物竿なら扱いやすい。

6号のカゴ錘にチヌウキをつけ、繊細なアタリやコマセの残量を見ながら釣る。釣る予定だったけれども、この爆風。もう滅茶苦茶な波と風で、ウキがどっちを向いているのかさえ判らなくなる始末。

それでも小振りな豆アジはコンスタントに釣り続けられる。

うむー、文字通りしかしアジは実に小振り。orz....

まあ、南蛮漬けと唐揚げなら丁度良いサイズだ。コマセ代が300円なら、釣れるだけ釣っておこう。

午後2時になるまでの約4時間。40か、50か、どれほどのアジが掛かったか。半ばで木っ端クロが一枚、それに30センチほどのウマヅラハギが一枚。素敵なオマケまでついて、サビキ釣りなら充分な釣果ではないか。

これにてドタマもリセット完了。

まあ、3本の仕事電話が掛かってきた事は忘れてやろう。

本日、写真撮影する余裕無しでございました。 m(_ _)m



foujitas at 19:46コメント(4)TB(0)沖家室島釣記 | 潮待放談 
グーグルの広告です

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by シュシュ   2010年10月28日 13:38
昨日あたりから一気に寒くなりやっと冬物商戦スタートって感じです。これは商売にとっても釣りにとってもいいことですね〜。風(風邪)は両方いりませんが。。。
来月15日までは休みはありませんが、終わったら一週間ほど釣り三昧に興じてやろうかと思案しております。
2. Posted by あ2   2010年10月28日 18:39
風波に泣かされる季節になりましたね。
1.5号竿に6号錘は常に大物がかかったようなしなり方だったのでは?しかしまあ風の強い時には軽い竿でないと大変ですよね。
本業がお忙しい様子ですが、とりあえず竿を出せたことで手が震え始めるのは回避できたってことでしょうか?
アジは南蛮漬けでしょうか?何にしてもおいしい魚ですよね。
3. Posted by ふじた   2010年10月29日 08:41
シュシュさん^^
いつもありがとうございます。
お互い、いまが書き入れ時ですもんね。^^
今年もレディスはブーツが良いのですか?
私も来週こそ、釣りを本格化させたいと思っています。
頑張りましょう!
4. Posted by ふじた   2010年10月29日 08:43
あ2さん^^
いつもありがとうございます。
今回は最初からサビキで豆アジを釣るつもりで行きました。
どうもこうバタバタとしていては、集中力をもって磯に立つことが出来ず、勿体ない磯を過ごしてしまいそうで観念。見透かしたように大時化の一日でした。
まさしく禁断症状の緩和。(笑)
写真は南蛮漬けにした直後のアジ。衣に出汁が浸みて、まだアジは温かい状態でしたが、これは美味いですねえ。^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
BLOG foujitas
高島回顧録


ADMIN


必読オススメBLOG(^^)

いろいろ報告…錦帯橋

【プロフィール】
ふじたのぶお


最新のコメント
  • ライブドアブログ