2011年01月10日

メンバー紹介、更新しました!

新メンバー 3rd トロンボーン 更新しました。
Bass トロンボーンも変わっているので、
是非、見て下さいね

four_possibility at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月27日

Matt NiessのCapitol Bones/近況

4管の譜面って、
なかなかカッコ良いのが市販されてなく、
演りたいと思っても、諦める事が多いのです。

でも・・・
どうしてもM.ニースのアレンジの曲を演りたくて、
ご本人にメールを出したのですが、
待てども待てども返事は無し。

という事で、がんばって採譜しました。
Joe Hendersonの「Inner urge」
さすがにコードまで撮るのは難しく、
メンバーに頼んで一段譜を入手。

ただし、キャピタル・ボーンは
テナー×3 Btb×2 なので、
低音の迫力がスゴイのです!
Btb2声を採るのも大変なので、
テナー×3 Btb×1 
低音はbassにがんばってもらいます!

Liveでお披露目できる日はいつになるか、
来年初めから練習を始めます。

メンバーチェンジもあったので、
サウンドが少し変わったかもしれませんが、
選ぶ曲は相変わらず挑戦系で行きたいと思います!

来年もどうぞ宜しくお願いします!

2010年07月27日

7月11日のLive

梅雨明け間近の7/11に行われた先日のLive、
開演直前に大雨に見舞われ、
予定されていた方が数人キャンセルされるなど、
聴きにいらした方は、前回より少なかったのですが---
楽器の大好きな駆けつけてくれました。
途中、リーダーのマウスピース講座が始まり、
MCが延々と続きそうな状況に陥りました

次回の課題は、
難しい曲を「頑張り感を出さずに演奏する」デス。
12月に予定していますので、今後も
4Possibilityを宜しくお願いします

4pos_20100711
7/11の文字通りバックステージです!


four_possibility at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月19日

Michael Dease 「Grace」

本日第2弾目!!
m_d

Michael Dease 「Grace」
詳細はコチラ
マイケル・デイビスだと思ったら、
マイケル・ディースでした。
2010年6/8 リリース Jazz Legacy Prod

グラミー賞受賞など、話題になっていたそうです。
知りませんでした

Steve Davis 「Images」

新譜情報!
「Images」 2010年 6/1リリース Positone
s_d

スティーブ・デイビスの新譜です。
詳細はコチラ Amazon


2010年07月12日

無事終了しました★7/11のライブ

嵐のような雨の中、足をお運びいただき、
ありがとうございました。
いろいろな方と知り合う機会となり、
とても楽しいひと時でした。

…で、liveの様子は---
難しい楽曲を良くがんばった!っと言う感じです。
ガンバッタ感が出ない演奏を目指し、
次回は12月に計画を立てています。
これに懲りずに、
今後も4 Possibiliyを宜しくお願いします!
----
新メンバーによる初ライブです!
是非聴きにいらしてください☆

日 時:7月11日(日)18:30 Open 19:00 Start
場 所:藤沢 インタープレイ Web
チャージ:1500円(1ドリンク付き) 

お待ちしていま〜す☆  

2010年05月11日

ご無沙汰しています・・・

すっかりご無沙汰してしまいました。
メンバーが目まぐるしく入れ替わっていましたが、
やっと落ち着きました!
なかなか決まらなかったドラムスにも、
期待のニューフェースY君が加入
アンサンブルを固め、リズム隊の結束を高め、
精力的に活動したい---!
熱い思いは衰えていません!

新メンバーにての初ライブを行います。
詳細はコチラ

宜しくお願いします★

four_possibility at 22:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ご案内 

2009年09月07日

Warren Wolf

今日は、Vibe奏者のWarren Wolfについて

先日、クリスチャン・マクブライドのLiveを聴きに行きました〜!もちろんリーダーのC.マクブライドを目当てに行ったのですが、名前もよく憶えていなかったメンバーの一人、Warren Wolfの素晴らしいパフォーマンスに、ファンになりました。

計算されているんでしょうが、熱い思いがズンズンと伝わる演奏。

リフを上手に使い、ポリリズムを多用して、反復したり、転調したり、音域を上げたりしながら、盛り上げていきます。

また根本にある音楽性がしっかりしていて、柔軟にいろいろな曲をこなしながらも、その中で自分が大切にしたいものが聞こえてきます。

他のメンバーもNYでは人気実力共に一流クラス。その一流の中でも、ダントツに光り輝くって、技術ではなく、音楽観に関わるような気がした...

それにしてもやっぱりパレットは1本持ちですね。






2009年08月25日

ドラムス募集中!!

6月に無事ライブが終わり、
これからの活動に期待をかけていた矢先!
またもやメンバーの欠員。
今度はドラムです。

このバンド、人気が無いんですかね...
女性ボーカルがいないからなのでしょうか?
カッコいい曲、演ってるんですが---

硬派なバンド---その辺の
良さが分かる人にメンバーになってもらいたい。

じっくり固まる時が来るのでしょうか…
ちょっと自信が無くなってきました。



four_possibility at 01:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!探しもの 

2009年06月07日

無事、終了しました

お恥ずかしい事に--
メンバーも揃わぬまま・・・
Liveを無事終了させる事ができました。

Ryuさんはじめ、
トラの方には、本当に感謝です。
短い期間に、
チョー難しい曲をお願いしました

たくさんの方が聴きに来てくれて、
とても楽しいLiveでした。
無理してでもやって良かったなぁ...
と思っています。

マイケル・デイビスの曲は、
コード進行もリズムも本当に難しいのです。
でも、とにかくカッコいい!
少しでもこの世界に近づきたい!!
そんな強い思いが頑張りの元になりました。

今後も、M.デイビスの曲は、
取り入れていきたいと思っています。

それより、
まずはオリジナルメンバーの確保ですね!

何があっても--
続けていきますよ〜!
今後も応援を宜しくお願いします!

*聴きに来て頂いた方々、ハードコアらさん、
本当にありがとうございました

four_possibility at 15:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ご案内 
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード