FOURFOURTWO BRAZIL株式会社です。第1回目は斉藤誠司選手の物語についてインタビューしていきたいと思います。
37
この記事はスポナビからの引用記事です(スポナビ記事終了の為)

プロフィール】埼玉県さいたま市出身である。日本時代は柏レイソルに所属でユース日本代表選手でもある。16歳で単身ブラジルに渡り18歳でプロ契約を結び海外にて10年以上プロサッカー選手として活躍されている。

【—なぜ、ブラジルへ行こうと思ったのですか?】

三浦知良選手が大好きだったからです。カズ選手も15歳でブラジルに行きプロ契約を結び、その後は色々な国でサッカーをしていましたしサッカー選手としても人間としても凄く憧れていた人でした。
61b5c3_202ec3faffd84649b096a2aabce5b3a3

【—16歳で単身ブラジルに1人で行き不安や周りからの反対はなかったのですか?】

もちろんみんな最初は反対していましたね。でも父と当時担任の上杉先生と田口監督だけは賛成してくれました。人生1度きりだし自分の人生なので、夢を本気で叶えたいなら頑張って来いと言われました。でもやるからには最後まで諦めないで責任を持ってやりなさいと父との約束でした。母は猛反対でしたね。最低限、大学を卒業してから行ってくれと言われました。でも短いサッカー選手人生から逆算すると、大学を卒業して22歳で海外に行っても遅いし若い時に行くから意味があるんだと、僕はサッカーの世界で生きていきたいんだと1ヵ月間くらい説得をしました。それで高校は通信制に転校して、母とは高校だけはどんな形でも卒業するとの約束で納得してくれました。
61b5c3_1b7dc10837154c49844c2dde72caf452
不安はまだ16歳で若かったせいか全然なかったです。日本でも柏レイソルで全国大会3位にもなりましたし、ユース日本代表にも選ばれて自信だけはありました。でもここだけの話、中学生の時に柏レイソルのセレクションを受け不合格になったんです。でも悔しくて悔しくて納得が出来ず、当時3歳からの幼馴染だった菅沼実君(現ロアッソ熊本所属)がレイソルに在籍していたので、お願いをして2人でレイソルの事務所に行き、もう1度チャンスをくださいと頭を下げ頼みに行ったんです。そしたら次の日から練習参加してくれと言われて、1ヵ月後には合格しました。その後は個人として半年で全国大会3位になり、ユース日本代表にも選ばれてサッカー人生が180度変わりました。もともと市選抜や県選抜にも選ばれなかった選手だったので。自分にとってはその経験が凄く自信に繋がりました。当時13歳でしたが諦めなければ絶対に夢や目標は叶うと思いました。
15697324_1592807397401468_1975101184768796329_n
—【ブラジルに行きプロになるまでの道のりを教えてください】

まずは代理人を経由して世界大会でも優勝経験のあるサンパウロFCにテスト生として1ヵ月参加しました。最初は言葉、文化、サッカーのレベルが全然違くて凄く苦労しました。日本の同年代では負けていないとは思っていたんですが、ブラジルでは僕が1番下手でした。同年代でこんなにレベルの高い選手がいて、みんなまだ若いのに人生を賭けて命がけでプロサッカー選手になろうとしていたし、練習もみんな試合に出る為に削りあいで毎日のように怪我人も出ていました。最初はチームメイトからも受け入れてもらえなく、パスも出てこないし会話もしてくれなかったです。監督からも最初は日本人は本当にサッカー出来るのか?ブラジルに遊びに来たのか?と馬鹿にされていました。。それが凄く凄く悔しくて練習後はみんなに早く追いつけるように、毎日自主練習と夜はジムで筋トレをして体を鍛えていました。
mongoliaseiji
日常生活でも苦労しました。レストランでご飯食べる時も言葉が理解出来ないし、友達が出来ても会話が出来ないし最初の1年は地獄のような生活でした。正直言うと1週間で日本に帰りたかったです、父に毎晩電話してもう日本に帰りたいと話しましたが、父と母は猛反対でした。「自分が決めた道なんだからプロになるまで日本には帰れない。日本に帰ってきたいなら自分で帰りのチケットを稼いで戻ってきなさい、誰もお前の事は助けてくれない」と言われ電話を切られました。当時は16歳でお金も持っていなかったので、先が真っ暗でしたが、でも後から聞いた話だと母は凄く心配していて泣いていたようです。半年間サンパウロFCで練習生としてテストを受け、ようやく実力が認められて合格できたんです。でもその時は自分の実力より、当時お世話になった代理人のマネージメントが良かったからかもしれません。やはりサンパウロFCは世界でも有名なクラブですし、なかなか試合にも出れませんでした。18歳でプロ契約を結ぶ事が出来て、代理人と相談をして試合経験を積む為にレンタル移籍でブラジル国内の色々なプロチームで5年間プレーさせて頂きました。
seijisaito527

—【ヨーロッパのチームに移籍した道のりを教えてください】

ブラジルで5年間プロとしてプレーしていたんですが、当時お世話になっていた代理人を通じて複数の日本のチームとヨーロッパのチームから移籍のお話を頂いていました。もちろん日本でのチャレンジを考えていたのですが、代理人と相談をして、もしこれから長くプロサッカー選手として生きていきたいならヨーロッパに拠点を置いて海外でプレーした方が良いと言われたんです。僕もマネージメントに関してはあまり詳しくなかったので代理人を信頼してポルトガルのチームに移籍しました。ポルトガルはブラジルと同じ言語であるポルトガル語を使うのでコミュニケーションについては全然問題なかったですが、サッカーのスタイルが南米とヨーロッパでは全然違いますので、その速さに慣れるのが大変でした。その後はポーランド、シンガポール、インド、インドネシア、ラトビア、バーレーンなどの1部プロリーグでプレーさせて頂きました。海外遠征やキャンプ、トライアウトなどを合わせると30ヵ国以上の国でサッカーをしています。もし日本でプレーしていたらもう引退をしていたかもしれません。今は代理人に感謝しています。
61b5c3_9bb7f9d0406f4674bbfc3ce367660d63

—【2016年に中東チームに移籍した道のりを教えてください。現地の新聞記事やネットニュースでは年俸3500万円+2年契約と報道されていますが、中東での外国人に対する契約内容やサッカーのレベルはどうなんですか?】

当時はラトビアのチームに所属をしていたのですが、日本にいる父親が重度の脳梗塞になってしまい手術をする事になったんです。自分はアウェー試合の為に地方に前泊をしていたのですが、日本にいる妹から国際電話がありまして、父が倒れたから今から手術をすると言われ、医師からはとても危ない状況なので最悪の事も考えてくださいとの事でした。試合のメンバーにも選ばれていましたし、チームにも迷惑はかけたくなかったので何も言わずに試合には出場しました。そして試合後にすぐにタクシーを呼んで空港まで行き急遽日本に帰国して、そのまま父のいる病院に向かいました。病院に着くと今まで見た事のない父の弱った姿を見て、涙が止まらなかったですね。母も家族もみんなかなり弱っていましたし、その時に自分も色々と考えさせられ今は日本の家族の近くにいた方が良いと思って、ラトビアチームの社長に直接連絡をして退団したいと伝えたんです。
13006463_1357842744231269_8216366536359934215_n
自分の中ではもうサッカー選手は引退してずっと家族の近くにいようと決めました。これが日本のチームでプレーしていたら話は変わりますが、遠く離れた海外だったし、16歳から親元を離れてずっと海外にいたので、今までも家族との時間があまりなかったんです。でも後悔がないと言ったら嘘になりますが、自分にとってサッカーより家族が1番大事ですし、両親が産んでくれてここまで育ててくれたから、今の自分があると思うんです。日本に帰国してからは毎日のように自宅と病院の往復でした。病院の先生からは、またいつ悪化するか分からないので、覚悟をしといてくださいとも言われてましたし長男である僕が今は家族を支えて、父の近くにいてあげないといけないと思いました。他にも色々と大変でしたが、家族みんなで力を合わせて乗り越えられたとは思います。父も車イス生活ですが少しずつ回復してきていますし、改めて家族の大切さと母の強さを実感しました。
16703_585409191474632_1005277456_n

父と会話が出来るようになってきた頃に最初に言われた事が「お前はなんで日本にいるんだ?父はもう大丈夫だから早くチームに戻ってサッカーをしてきないさい。」との言葉でした。その頃はサッカーの事は思い出したくなかったので関係者とは一切連絡も取っていなかったんですが、心配してくれた代理人が海外から日本まできてくれたんです。そこで色々と説得をされまして、東南アジアにある短期のトーナメント戦に3ヶ月間だけプロ契約を結びプレーしてコンディションを戻しながら夏の移籍に向けて準備をして行きました。代理人からは絶対に夏の移籍マーケットで新しいチームを探すから信じてついて来てほしいと言われました。それで中東にあるチームに移籍したのが今までの道のりになります。
18486205_1755866454428894_8494659214892587347_n

中東のレベルはヨーロッパや南米に比べると低いですが1チームに外国人が契約できる人数が4人までなので、その4枠を世界の選手達と争わないといけません。リーグのレベルが低くても外国人枠は凄くレベルが高いと思います。元代表選手やヨーロッパ、南米の強豪国でプレーしていた選手も多いです。契約の内容はチームや各外国人選手によって全然違うと思います。ですが給料の他にも往復航空券+車+マンション+食事+家政婦さんなども提供されるので、生活するには凄く魅力的な環境だと思います。
11853971_1198512130164332_1748669976_n
—【斉藤選手は3年前から副業でブラジルで子供達に向けたサッカースクールとチームを立ち上げたそうですが詳しく教えてください。講演会もしているようですが、子供達にどんな事を伝えているんですか?】

副業だとは考えていません。。選手と同じくらい本気で考えていますし、副業でやっていたら子供達に失礼だと思います。ブラジルにも8年間くらいいましたし、その中で色々な人脈も出来たのが大きく、色々な人が協力してくれました。引退してからでも遅くはなかったのですが、現役選手の時だからこそ、子供達に教えられる事、伝えられる事があると思うんです。
thumbnail_FullSizeRender
オフ期間の時は講演会も日本やブラジルの子供達に向けてしていますが、周りからはそのような活動は引退してからしたら?と良く言われるんですが、でも先程お話しをしたように現役選手の時だからこそ子供達に伝えられる事がたくさんあると思うんです。講演会の時はあまりサッカーのお話はしないですね。僕も海外生活が今年で15年目になり色々な国にも行き、たくさんの子供達と触れ合ってきました。海外だと日本のように恵まれた国は少なく、毎日生活するのに必死ですし、仕事をしたくても仕事がなかったり、給料が未払いになったり、他にも大変な事がたくさんあります。
38056
子供達もボロボロの洋服を着て、好きな食べ物も食べれなかったり、好きな物を買えなかったり、寝る場所がなかったり、親がいなかったり、サッカーをしたくてもスパイクが買えなくて裸足で子供達がサッカーをする光景もたくさん見てきました。それでもみんな笑顔で幸せそうな顔でサッカーをしていましたし、みんな夢や希望を持って生きていました。自分の父も病気になり車イス生活で大変ですが、病気になっても夢や希望を持ち毎日必死でリハビリを頑張っています。周りの患者さん達とも仲良くして頂きお話をする機会がたくさんありましたが、父と同じく病気になっても夢と希望を持ち必死でリハビリや治療をしていました。
12239874_1250873901594821_777487768796415725_n
僕も若く海外に来てからは楽しい事より、辛い大変だった事が多かったです。膝の大怪我をして手術をしてサッカーが出来ない期間もありましたし、何度も挫折をして日本に帰ろうと思いましたし自信もなくなりました。イジメや差別にもたくさんあってきましたが、でもそんな人生どん底の中でも夢や希望があったからこそ乗り越えられてきたと思います。だから、これからも子供達には「夢の大切さ」を伝えていきたいです。もし夢が叶わなくても、夢や希望を持つ事によって乗り越えられる事がたくさんあると思うんです。夢を叶えるより、どんな時でも夢や希望を持つ事、その夢と目標までの流れの期間をどれだけ自分の事を信じてあげられる事の方が凄く大事だと思うんです。
IMG_0496_4ae345d73d41ba87376792a89afda6fe

—【今年で海外に拠点を移してから17年目になり、プロサッカー選手現役生活も15年目になりますが、今後の目標を聞かせてください】

残りのサッカー選手としての人生は決して長くないと思いますが、自分の身体とメンタルが持つ限り頑張って行きたいと思います。ですがサッカー選手としての引退はいつかはあると思いますが、これから先の人生を生きていく中で人間としての「人生の引退」はないと思うので、どんな時も諦めず「自分はどう生きたいのか?どんな人間になりたいのか?」自分と日々向き合いながらサッカーの世界で頑張って行きたいと思います。そして今まで応援してくれ支えてくれた家族やサッカー関係者様、仲間達には本当に感謝しています。
10seiji

FOURFOURTWO BRAZIL株式会社です。第2回目は斉藤誠司選手の物語【後編】についてインタビューしていきたいと思います。

12928342_1353658737983003_5273800751496981489_n
【—ブラジルでのプロデビュー戦について聞かせてください】

当時僕がプロ1年目(18歳)の時で初めてプロ選手としてのデビュー戦だったんですが、後半途中からの出場で自分の調子も悪く、僕のミスからの失点でチームも逆転負けをしてしまったんです。カップ戦のダービーマッチだったので、スタジアムにはたくさんの観客がいました。チームは2連敗中だったので次の試合も負ければ監督はクビになるとも報道されていて、その状況で僕を信頼してくれ試合に使ってくれましたが、僕のミスで負けてしまい、監督も次の日にクビになりました。
z7
監督には家族がいて2人の小さい子供達もいたのですが、僕のせいで監督と家族の人生を狂わせてしまいました。僕も試合後には観客席から「日本人のサッカー下手くそ?早く日本に帰れ?給料泥棒?日本人もクビにしろ?寿司でも握ってろ?」などかなりの人数から大声で言われましたが、何よりその時は監督に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。最後に監督から言われた言葉が「プロの世界は結果が全て。今日の試合で理解できただろ?だからお前はこの世界で最後まで生き残れ」と。。。この時に監督、選手それぞれ色々な物を背負ってサッカー(仕事)をしている、もっと自分に責任を持って毎日生きていかないと肌で感じ経験しました。
koronaseiji2

【—ブラジルでの恩人とは誰の事ですか?】

僕が18歳の時に出会った日系ブラジル人の「スミエさん」と言う女性の方です。もう10年以上のお付き合いになりますが本当に尊敬する女性(母)です。話は戻りますが、監督交代で新しい監督が来てからは、なかなか試合に出るチャンスがなく、正直自分の実力に限界を感じていました。チームのサポーター、チームメイト、スタッフからも信頼をなくして、自分の居場所がなかったです。チームの社長からも、このままだと次の契約更新は難しいから、日本に帰国する準備をしといてくれと言われていました。全部自分の実力と結果の責任なんですが当時まだ18歳だった僕は毎日現実から逃げる事しか考えていませんでした。
12346515_1269647636384114_4537554044982626878_n
そんな時に知人の紹介で日系ブラジル人の交流会に行ったんですが、そこでスミエさんとの出会いがありました。少しお話をしたんですが、次の日から毎日のように夕食に誘ってくれて話を聞いてくれて、本当の家族のように接してくれました。当時僕は一人暮らしをしていましたが、まだ若かったせいか色々と心配をしてくれていたようで、家に部屋が1つ空いてるから明日から住みに来れば?家族もたくさんいるから楽しいと思うよ!って声をかけてくれたんです。
12788275_1314902808525263_1647698216_n
それから3ヶ月間くらいは一緒にスミエさん家族と住ませて頂き、みんなと一緒にご飯を食べて色々な会話をして、日系ブラジル人についての歴史なども教えて頂きそこから練習場に毎日通っていました。ブラジルの母からは人生について色々な事を教えてくれました。ブラジルでは大きな会社を経営して活躍されていますが、それまでの道のりは苦労と挫折の連続だったけど、でも自分には夢と目標があったからどんな時でも応援してくれる家族と仲間がいたから乗り越えてこれたと言われました。だから「誠司も諦めず日本には帰らないでブラジルでもっと頑張りなさい。人生は1度しかないんだから絶対に後悔はしないこと。人は夢がなくなったら人生は終わってしまう。だからどんなに小さい事でも良いから夢と希望を持ち続け生きなさい」と言われました。まずはサッカー選手と言うよりも人間として成長していかないといけないと実感しました。
14232415_912292548875837_6019946449225001473_n

【—ブラジル時代はたくさんの日系ブラジル人に応援され斉藤選手のファンクラブや応援団があると言われていますが詳しく聞かせてください】

僕の人生の中でブラジルの母との出会いは大きかったです。その関係でブラジルに住むたくさんの日系人の方が応援してくれ、僕のファンクラブや応援団なども作ってくれました。僕の誕生日やシーズンオフには、いつもフェスタを開いてくれ100名以上の日系人の方がきてくれました。最初は国も人種も言葉も文化も違く全然僕の事を知らなかった人達ですが、頑張っていればサッカー1つでこんなにたくさんの人達との出会いがあり、応援してくれる人がいる。スポーツの力と魅力は本当に凄いと思いました。人間は決して1人だけじゃ生きていけないんだと実感しました。
15589854_1592807394068135_5338196466277907473_n

【—海外での1日の練習スケジュールは?オフの過ごし方など教えてください】

基本は午前10時から12時までチーム全体練習がありまして、土曜日が試合で日曜日がオフとなります。1日2時間しか練習がないので、暇の時間がありますが、友人とカフェやご飯を食べに行ったり、ブラジルにあるスクール生達の練習メニューを現地スタッフと連絡を取りながら考えて子供達の練習風景のビデオチェックをしたり、あとは選手生活に支障が出ない程度に、各国のサッカー代理人と情報交換をしてコーチングやマネージメントなどの勉強もしています。去年からはユース世代の選手を集め社会人チームを作り、国内のプロチームと練習試合をして選手の売り込みをしています。もちろんブラジル国内で、そのような活動する為には色々な資格が必要なので、一緒に仕事をしているスタッフ仲間協力の元に活動しています。サッカー選手としても同じ夢や目標を持った仲間達とする仕事は最高に楽しいです。
a8

【—インドリーグから高額年俸でオファーがありましたが「なぜ」移籍したんですか?】

ポーランド1部リーグでプレーをしていたんですが、夏の移籍期間で代理人にインドからオファーが届いてると言われたんです。契約内容も当時プレーしていたチームより2倍以上良かったですし、最初のイメージとは違いインドチームの環境も良く立派なスタジアムと練習場がありました。ですがまだ26歳でしたので30歳まではヨーロッパでチャレンジしたい気持ちではありました。でも当時夏の移籍期間でヨーロッパチームから良い条件でオファーがなかったので代理人と相談して1年間だけアジアで実績を作って、またヨーロッパに戻ってくれば良いと言われたんです。無理にヨーロッパに残るより、チームが自分を必要としてくれる場所に行って試合に出た方が今後の為になると言われたんです。
61b5c3_474dcf938de546c7898df871d6444f26
インドも1チームに4人の外国人枠があり、元スコットランド代表選手とナイジェリア代表の選手がいたので外国人選手のレベルは凄く高かったです。アジアもレベルは低いと言われますが1チームに契約できる外国人枠が4人までなので、その中には各国の代表選手や1部リーグでプレーしてきた選手ばかりなので、外国人枠は凄くレベルが高いと思います。インドでも外国人選手達は凄く意識が高く真面目にトレーニングをしていたし外国人として海外チームで生き残る為には、ただサッカーが上手でも駄目で精神的な部分やその他にも色々と彼らから学ぶ事はたくさんありました。もちろんサッカー選手として上を目指すのは当たり前な事ですが色々な国でプレーする事によって人間として成長できる環境であるとは思います。
4seiji saitoSalgaocar FC 100

【—小学生の頃にイジメにあっていたのは本当ですか?】

小学6年生の時ですね。今考えれば16歳で1人でブラジルに行った時の方が10倍辛かったですけど(笑)。オフの時に日本でサッカー教室や学校で講演会など子供達と触れ合う事がありますが、校長先生からもイジメられた経験を話してくださいとお願いされます。ですがあくまで自分の経験した事を話してるだけなので、自分の考え方が全て正しいとは思っていません。でも自分はイジメられた事によって自分の弱さを知る事ができましたし、人の気持ちや、助けてくれた人達の優しさを知る事が出来ました。でも自分には夢や目標があったから乗り越えられたと思います。
sa27
イジメられても挫折してもどんなに弱い人間だったとしても人生は何処からでも自分次第でやり直せると思いますし、その経験は無駄にはならないと思います。それは自分が大人になった今でも同じ事ですし、人生は良い時もあれば悪い時もありますし逃げようと思えば逃げ道はたくさんあると思います。だからこそ悪い時にどれだけ自分を信じて頑張れるかだと思います。
61b5c3_0f2f51194f28447a8e6a2f82ab6eab49

【—海外では試合に負けると外国人選手や監督が急にクビになる事は本当ですか?】

はい、本当です。チームが3試合連続で負けると外国人選手を1人クビにして新戦力として新しい外国人選手を呼びますね。試合に勝てば天国ですが試合に負けると地獄です。試合に負けた次の日は新聞記事でも色々と批判されますし、オフの日に外出をしていると道やお店の中でサポーターに会うと文句を言われたりする時もあります。酷い時は「遊んでないで練習しろ!給料泥棒!日本に早く帰れ!」とか怒鳴られます。逆に試合に勝つと新聞には良い事を書かれますし、道を歩いていても応援してくれたりレストランやカフェ店で食事をしているとお店側がご馳走してくれたりもします。でもブラジル時代の時が1番酷かったです。ブラジル社会では日系人や日本人に対しては凄くリスペクトされていて尊敬されています。ですがサッカーになると逆で日本人選手にに対する批判や差別が凄くあります。でも若い時にブラジルでプレーしていたからこそ、選手としても人間としても強く成長はできたのかもしれません。
a4

【—これから海外にチャレンジする若い人達にアドバイスはありますか?】

サッカーに限らず夢や目標があれば失敗を恐れずに若い時にチャレンジするべきだと思います。僕も16歳で海外のチームに移籍して成功か?失敗か?は正直には分かりません。その時に反対した人達の方が多かったです。でも自分で決めた道なので後悔はしていませんし、だからこそ責任を持って最後まで頑張る事が必要だと思います。人生1度しかないので、夢や目標があるなら失敗を恐れずチャレンジするべきだと思います。チャレンジしない後悔よりもチャレンジして失敗した後悔の方が良いと思いますし、そのチャレンジによって自分を知る事や学べる事もたくさんあり人間としても成長できると思います。僕も言葉で伝えるのは苦手な方ですが、人それぞれ価値観や考え方や生き方が違うので、何が成功で?失敗か?は人によって違うと思います。だからこそ自分の道を進んで自分らしく生きていけば良いと思います。今は「過去の自分が今の自分」を応援してくれてるので、どんな時も頑張っていけてるんだと思います。
p1

—【今年で海外に拠点を移してから17年目になり、プロサッカー選手現役生活も15年目になりますが、今後の目標を聞かせてください】

残りのサッカー選手としての人生は決して長くないと思いますが、自分の身体とメンタルが持つ限り頑張って行きたいと思います。ですがサッカー選手としての引退はいつかはあると思いますが、これから先の人生を生きていく中で人間としての「人生の引退」はないと思うので、どんな時も諦めず「自分はどう生きたいのか?どんな人間になりたいのか?」自分と日々向き合いながらサッカーの世界で頑張って行きたいと思います。そして今まで応援してくれ支えてくれた家族やサッカー関係者様、仲間達には本当に感謝しています。
10seiji

~FOURFOURTWO BRAZIL~斉藤選手の海外でのプロサッカー生活15年間はサッカーを通して常に自分と向き合ってきた結果です。これからも斉藤誠司選手の活躍を応援しています。
今回はインタビューに答えて頂きありがとうございました。
今回のインタビュー記事はスポナビ記事からの引用です(スポナビ記事終了の為)

斉藤誠司オフィシャルブログ