小林はナショナルトレセンの経験あるCBで昨期から出場したディフェンスの柱
競り合いにおける身体の入れ替え方が上手く、入ってきたボールも前後問わず措置
CHと上手く連動してビルドアップを行いつつも、自ら前へ進む事もある

阿部はナショナルトレセン常連で昨期はCHで出場 LH・CBでも観戦機会の
あるこれぞポリバレントと呼ぶに相応しいプレーヤー 最終的に何処に落ち着くかな
サッカーに必要な要素をほぼほぼ持ち備えているレフティーかつ名脇役

高桑も昨期から何度も出番があったソフトなドリブラーで主にLHで見たが
中盤から前なら何処でも出来るはず アシストだけでなくフィニッシュへ持っていき、
守備面でも相手の目の前に立ちふさがり、ボールを奪う、相手ボールの際は戻る

高橋は主にRB チャンスがあれば右サイドをオーバーラップし、ボール
タッチしリズムを作りつつ、アタッキングサードを伺いクロスを供給する
守備に移った際にはDF・MFの位置を図りつつ、前後共に固く蓋を閉じる

領家は小柄なCH 1タッチ、2タッチ主体でボールを回し、自らもバイタル
近くで厳しく守備に回ったり、ピッチ中を動き回ってボールを貰いに行ったり、
ゴール前に進出して得点機に絡んだりと能動的なプレーが好印象だった

浅田はいわゆるムービングストライカーでサイドに開いてボールを引き出す、
ギャップで受けてのパスも挟みつつ、相手DFラインを見ながら裏への飛び出し
・シュートを放ってゴールを狙う チェイシングなどボールへの執着心高い

塚下は昨期も何度か出場したストライカー 相手DFの厳しいマーク下でも
正確にトラップ出来る、ボールを回せる、無理な体勢からでもセンタリングを
上げれる、シュートも打てる 何より対人で負けないのは攻守において強み

岡本も去年から出ていたかな?主にCHだがFWでのプレーも 他のポジション
もしていた可能性有 少しでも相手がミスパスをしようなら彼の守備網にかかる
その後はゴール前に近づきつつゲームを作る・流れで前線に流れていく

今は屈強かつ高さも兼ね備えたプレーヤーで当初はCFで出場していたが、
後にCBとして公式戦に出場していた ポジションは違えどPA内での競り合い
は無双状態に近く、元々攻撃の選手の血が騒いだのかDFでも攻めあがっていた

酒井は恐らく左利きのCB カバーリング・クロスの対応と動きも機敏で、
左足のキックは出色 良い縦フィードが彼から供給されていた LBもしてた?

竹内は空力バランスの良さを感じさせたRHで右サイドから涼しげな風を送る
かの如くドリブルで前へ進み、守りの際でもボールをカットしたり、DFに戻る

加藤はLBで見た 前方の選手等と協力しつつ左サイドを駆け抜け続けた

西村はCBで見た 文字通り身体に鞭を入れて最終ラインを守り通した

布施はMF 古草はFW GKは安定の伊藤・佐藤 3年間お疲れ様でした!