久保田は昨期はRBの剛健なるディフェンダー CBも可能な最後尾のアニキ的存在
マンマークではがっちりと人を離さず、ヘッドの最高到達点・カバーリングの意識も高い
RB時はグリップの効いたドリブルで攻め上がり、右足のクロスを上げ攻撃を演出

冨山はLB・RBで見た キックは主に右足で前目・SHでも試されたかな
後方から縦一本のパスを出す事もあれば、アタッキングサード進出もある
守備面でも人に対しては各コースを切りながら向かって行く姿勢で臨む

稲葉はRH・CH・CBで見た 何処の位置でも共通するのは力強さ、ボールを
要求する姿勢、そして中・外問わず強烈な右足のミドルを狙う 五分五分の状況下にて
眼前の相手からボールを奪い取って自らボールを前に運びチームに”喝!”を与える

柄澤はRB・CH・CBでプレーしたガッツマン とにかくサイドをそしてピッチを
走り回り攻撃に守備に絡んで行く 身体を投げ出すように相手の前に出て足を延ばし
クリアした事も 与えれれた役割を忠実にこなすので次のステージでも重宝されるか 

枇本はCH・FWで見た 長短のパス・シュート等左足を使う割合が多いが右足も使う
攻撃も守備も激しい一面を持ち、やや強引気味のドリブル・局地戦での奪い合い
自分はそのような状況下でも慌てずパスカットし、確実に味方にボールを渡す

岩本は高さ・強さといったフィジカル面でまず勝負するCB ハイボール等はヘッドで、
前で止めれる時は躊躇せず前方に出て、時には相手とぶつかり合いつつ最後にカットする
取ったボールはすぐさまビルドアップに移行・縦にロングパス、楔のボールを入れる

浅岡はCH中心にSB・CBでも見た事がある CH時はややDFライン寄りに位置
しながら、ボールホルダーに寄せていったり守備陣のフォロー そしてポゼッション時
では前線の技術が優れているからか縦パス・それも速いグラウンダーのそれが多かった
 
深田は昨期から出場のアタッカーでやや1トップ気味になる事も多かった
重心移動もスムーズに、切り返しも交えて主に左サイドからドリブルで切り崩す
守備面でも身を粉にして追い続けて、ボールを奪う・取り返しに行く、ゴールを奪う

本地は昨期から出場で攻撃に関わるポジションなら何処でも可能なセカンドトップ型
相手に厳しく寄せられて確実にトラップし、柔らかなドリブル・シュートも両足可
守備面でも戻って、CHの位置でパスカットした後そのまま持ち込んで決定機を作れる

小林はCB・CH・SH・FWとGK以外のあらゆる位置で見た まだ適性は
分からないがラガーマンのような力強いプレーで中央を、或いはサイドを突進する
シュートも強烈で、対人守備ではまず相手をしっかり見て戦に向かう

中川はGK 見た目そこまで大きくなかったかな?(違っていたらごめんなさい)
だが鍛え上げられた肉体・筋肉量はポドルスキー並みでフィールドプレイヤーでは
ないがゴール前、特にセットプレー時は文字通り強さを見せガッチリキャッチ

そして元木と菊池のFP 皆様3年間お疲れ様でした!