2006年10月25日

ついつい、分かっちゃいるものの・・・・5

『ついつい、分かっちゃいるものの・・・・』

最近よくあるお問い合わせですが・・・・


『最近、為替が円安にふれたことにより、ユーロ建債券や
株式ではアジア株式が好調なので、売ったほうが良いですか?』
という質問が数件ありました。



答えは 『×』 です。



『国際分散投資』をやっている私たちにとって
現在程度の相場の動きは『リバランス』(市場調整)しなくては
いけないほどの動きはありません。


そして、基本に戻ってください。


成績が決まる『約90%』の要因はなんだったでしょうか?



『アセットアロケーション(資産の配分率)』でしたよね!


もし、現在がユーロ高だからといってユーロを売った場合、
少しの利益を確保することは出来ます。


しかし、売ったそのお金はどの市場に投資するのでしょうか?


まさか、売りたくなるほど割高に感じたユーロ市場に再投資は
しませんよね。


そしたら、ドルに投資をするんでしょうか?・・・・・・・・


また、ユーロ安に戻るまで待つのでしょうか?・・・・・


それはいつ戻るのでしょうか? ・・・・・・


その間の債券の金利収入を放棄してもいいんでしょうか・・・・・



そうやって、『アセットアロケーション』が崩れ始めるのです。
崩れた『アセットアロケーション』で運用すると、約90%の確率で
当初予定していた成績が崩れ始めるのです。



市場の状況が良くなると『利益を確定したい』という気持ちから
売りたくなります。


市場が悪くなると『これ以上損したくない』という気持ちから
不安になり、絶好のチャンスに追加投資できなくなります。



私たち『長期投資家』は、単に10%や20%の利益を目標に
しているのではないはずです。


10年・15年・20年の時間をかけて、資産を2倍、3倍にすることが
目的なのです。




市場が良いときも、悪いときも繰り返し同じメッセージをお伝えします。



『ついつい、分かっちゃいるものの・・・・』


そんな声が聞こえてきそうです。


さあ、一緒に頑張っていきましょう!!






fp555 at 23:07│Comments(0)TrackBack(0) 体験談 | 体験談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
モミー隊長
マネースクールdoの講師。日本経済新聞ニュースサービス日経会、日本経済新聞福岡中央日経会共催でマネースクールdoのセミナーを開催している。独立系FPとして資産管理、相談業務、保険の無料相談会を実施中。
訪問者数