FP志摩公式blog

三重県志摩市のルアー船 FP志摩のブログ

ボートエギング・ティップラン・鯛ラバ・ジギング・キャスティングまで、
志摩周辺エリアほか英虞湾での釣りをトータルサポート!

【ご予約・お問合せ先】
090-8952-6646までお電話ください。

2017年12月

アオリ、1kg~7杯。

強風予報でしたが出船してきました。
風は予想より吹かず、朝は風が弱過ぎて潮で船が回る状況でした。
その後はティップランには絶好の風になりましたが、アタリません。
上潮も中層の潮も複雑で速くて、シンカーや太ラインの影響で一日中オマツリの連続でした。
初乗船のお客さんには忍耐と勉強の日だったと思います。
皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1268














アオリ、1kg~8杯。甲イカ1杯。

前半は無風でなんともならずでしたが、後半少しは流れましたがアタリません。
19度台の潮を避けて底潮の効いてる場所まで走りましたが余計に悪くなり・・・
皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1266















この前の日曜日に竹崎さんが、へいみつ丸で仕留めたキハダ(69.5kg)を送ってくれました。
今日早速食べましたが、全身大トロと中トロでした。
包丁が通らないほど脂で、クロと言われても分からないほど美味でした。
ありがとうございます。(あと三日間は食べれる量です。)
DSC_1267














アオリ、1430g~13杯。

悪天候だったり、親戚のお見舞いに行ったり、捨て猫の保護をしてたりで四日間休みました。

今日は三井さん・坂田さんと出船。
朝の風が続いてくれれば好調果だったんですが、「風と共に去りぬ」でアタリもバッタリ止まりました。
坂田さんは今年最終戦でしたが、今シーズンは良く釣りました。
楽しめりゃ良いがモットーで欲が無いので暫定2位ですが、もし欲が有ればチャンピオンになってたかと・・・
お疲れ様でした。

DSC_1265















アオリ、1570g~24杯。甲イカ1杯。

今日は無風予報でしたが船も流れて潮も効き良さそうでしたが、バラシたり昨日に続きシンカー不足で釣りにならなかったりで、数が伸びません。(エギと合わせて計80g迄は用意して下さい。)
皆さん、お疲れ様でした。

伊藤さん、1570g!!
DSC_1262














DSC_1259














DSC_1263















アオリ、1785g~7杯。甲イカ2杯。

今日は初ティップランさん5人を交えて出船。
良型は出ましたが数が・・・
ラインブレーク三回バラシ、タモで掬う寸前に一回逃げられました。
これから大物が出てくるのでノットの確認・ドラグ設定・ロッドの角度に気を使って下さい。
皆さん、お疲れ様でした。

牟田さん、1785g!!(竿頭で4杯)
DSC_1252














DSC_1257















アオリ、1.2kg~8杯。

二日連続の貧果です。
朝一のアタリ方とアオリの活性が良くて粘ってしまい、気付けば取り返しのつかないぐらいの無風と逆潮で・・・
僕の判断ミスでした。
初ティップランのお客さんも掛けたんですが、ラインブレーク・・・
「道に落ちてても拾うな!!」ラインを巻いてきたお客さんは、高切れ4回・・・
皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1251















アオリ、800g~7杯。

今日は大惨敗でした。
初ティップランのお客さんレクチャー後三人のうち二人は船酔いで殆ど竿を出せず、一人頑張った西園さんは初ティップランながら4杯で竿頭。
アタリは何回かありましたが、強烈な二枚潮でアワセが効かず空振りの多い日でした。
皆さん、お疲れ様でした。

写真は8杯ですが、1杯は一昨日からイケスに残っていたようです。
DSC_1277

















PEライン。

今日は休みでした。

少し前までは、ティップランのPEラインと言えばバリバスの緑のラインが定番でした。
年数が経つにつれ、アオリの習性(活性)やタックルは変化・進化し、市場では様々なラインが販売されています。
今でも「道に落ちてても拾うな!!」ってレベルのラインもいくつかありますが、商品名はここでは言いませんので気になる方は直接聞いて下さい。(拾ったり大安売りで得したと思っていたら、太過ぎて釣りにならなかったり、ブチブチ切れてダートマックスTRとエギ王TRシンカーをいくつも無くして大損する。)
クラス最強(メーカーによって1.5倍ぐらい太さが違う)とかは絶対にあてにしてはいけません。
計測値は同じでも、その後のコーティングの厚さなどメーカーさんや商品によって様々です。
強度もMAX強度を表示しているものから、そうでないのまで様々です。(あまりあてになりません。)
一見太そうに見えても編み方や製造法により、潮抜けの良い商品もあります。

超独断と偏見ですが、お勧めのPEラインを紹介します。

現在一番のお気に入りは、HOTSさんから販売されているスロースタイルです。
製造はモモイさんが作っています。(お馴染みのメーカーさんではありませんが、トローリング関係のラインでは海外で有名です。)
8本撚りで、あのファイヤーラインより低伸度を目指して作られたラインです。
編んでいるのが分からないくらいツルツルです。
MAX強度8lb(3.6kg)ですが、それ以上の強さを感じます。(ナノフィルカラードの8lbと比べ物になりません。)
超低伸度で細く感度も潮抜けもフォール速度も強度も耐久性(発売されて間もないので二ヶ月程ですが)も全てが良いラインです。
価格も200mで6000円台と、安くはないけど高くもありません。
この性能でこの値段なら安いと思います。
写真は600m巻ですが、現在は200m巻も発売されているみたいです。
1号はタイラバやライトジギング用に買いました。

DSC_1267














DSC_1268















次がラインシステムのPEです。
0.4号と0.5号を使い分けています。
スロースタイルを使うまでは、このラインが一番でしたが、スロースタイルと比べると価格も少し高く、個人的にはスロースタイルの方が良いと思います。
低伸度ラインが好きじゃない人にはお勧めです。
勿論8本撚りで標準より細く、色分けもされています。
DSC_1266














DSC_1269















次がスーパーファイヤーラインです。ナノフィルカラードの旧モデルですが、今も販売されています。
一番の魅力は値段が安い(3000円前半)のと感度です。
ナノフィルカラードより一段性能は劣りますが、強度と耐久性はあります。
スーパーファイヤーラインとナノフィルカラードは自船でも使っている人が多いんですが、スーパーファイヤーラインは評価も高いです。太く感じますが潮抜けと感度で補います。
ナノフィルカラードは製品にバラツキがあるのか、最高と言う人とブチブチで挫折した人の両極端です。
僕は一週間は最高でしたが、それ以降はメンテナンスが面倒過ぎるのとドラグをいつもより緩めに設定するのが嫌になりやめました。
DSC_1275














DSC_1276















最後にバリバスのティップラン用PEですが、昔はこれが一番良かったので使ってましたが、今は性能的にも価格的にも他に色々と発売されています。
0.4号で6000円近くするのなら、スロースタイルやラインシステムのPEを使った方が・・・
4本撚りで10m色分けが無く、コーティングが厚いので少し太く感じます。(モモイ・ラインシステム・よつあみに比べ)
バリバスさんも新しいラインを発売予定らしいので次のに期待しています。
DSC_1273















パッケージを捨ててしまい写真はありませんが、究極のPEとして発売された(値段も究極です)、よつあみさんのリアル デシテックスも0.3号と0.4号を発売当初に使いましたが、ライン自体が軽過ぎてキャスティングには合いませんでした。海面に這わせても風で舞い上がる時があるぐらい軽かったです。
細さはピカイチで編み込みや強度はよつあみさんなので間違いはありませんでした。
ラグゼスタッフ永田君は0.5号をティップランに使う時もあるようです。

PEラインには拘って下さい。ダートマックスTRとシンカー計1700~1800円を何個も切ったり、時合いにノットばっかり組んでるようじゃ釣果もあがりません。(今日は書きませんがティップランに簡単最強のノットが分かりました。直接聞いて下さい。)
良く釣る人は皆さんラインの事を大事だと思い拘っています。

今現在の独断と偏見でした。




アオリ、1350g~36杯。

今日はラッシュ日でした。
ラッシュ間が長いので数は出てませんが、単発は殆ど無くダブルやトリプルの多い日でした。
良型は少なかったんですが(キロアップ5杯)ティップランらしい日になりました。
竿頭は山内君で11杯でした。
皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1265
















アオリ、1230g~32杯。

今日も良い日ではありませんでしたねー。
一つ大収穫があったのが、よく来てくれるグループのお客さんが、向上心もあり真面目にやってますが、イマイチ釣果が伸びませんでした。
教えていた僕自身もビックリするような事が・・・
でも原因が分かったので次回からは、この子らはグンと伸びてくるでしょう。
皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1264















QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ