いつでも笑みを 

CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士 柳澤美由紀のブログです。

9月17日夜 セミナーを開催します

こんばんは。

ファイナンシャルプランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

私が代表を務める家計アイデア工房で経済セミナーを開催します。

「大江英樹氏と金融の仕組みと金融政策を学ぼう!」

講師は日経電子版「投資賢者の心理学」でおなじみの
大江英樹氏です。

大江英樹氏写真









弊社主催セミナー「経済の本質を学ぶ会」の人気講師のコンテンツを一新。

基礎から経済、金融、投資を学びたい!

というお客様の声に応えた内容になっています。

経済学ってなんだか小難しいでしょ?

でも、ビジネスや投資をする上で理解しておきたいもの。

なんとかなりませんかーって大江さんにお願いしたら実現しました。

基礎を学ぶ講座60分、旬の経済ニュース解説40分の1時間40分のセミナーです。

大江さんはコテコテの関西人。

難しいテーマでも「笑い」と「たとえ話」を交えて解説してくれます。

お話が上手なのはこちらの記事を読んでいただけると納得していただけるんじゃないかな?

コラム「長期投資に対する誤解」

コラム「チャートの考察」

経済なんて、私には無理〜と思っている人に参加してほしい講座です。

詳しくはこちらに書いています。

大江英樹氏と金融の仕組みと金融政策を学ぼう!


よかったら☆


七夕の由来

こんばんは。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今日は七夕ですね。

みなさんは七夕の由来をご存知ですか?

なんで7月7日を「たなばた」って言うのかなぁ〜って
思っていたんですけど、京都の地主神社のサイトに
由来が書いてあったんです。ご紹介しますね。

-------

たなばたって、実は「棚機(たなばた)」と書くんですって。

日本の古い禊の行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、
神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、
川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために
心をこめて着物を織ります。

そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として
7月7日の夜に行われるようになりました。だから、
7月7日を七夕と書いて「たなばた」と読むようになったと
言われています。

秋の豊作を祈って、私は今夜何をしようかな?

そんなことを考えると、ワクワクしますね。

今夜は夜更かししちゃいそうです。


NEW働きながら介護セミナー終了しました

おはようございます。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀です。

昨夜、半年ぶりに開催した
「元気なうちに知っておきたい 働きながら介護を続ける3つのコツ」
セミナーを終了しました。

参加してくださったみなさん、ありがとうございます!
参加者のMさんにたくさんの写真を撮っていただきましたので
一部紹介します。みんな熱心に聞いてくださってますね。

介護1(全体)















今回は専門職の方の参加が多く、実際に介護をやってらっしゃる方は
少ないかなぁ〜と思っていたのですが、いやはやみなさんいろんな
思いを背負って来られていました。

受付を手伝ってくれた稲葉さんの実体験からのアドバイスにも
みなさん真剣な表情で聞かれていました。

参加者の方の感想を一部ご紹介します。

-------

「育児・介護休業法についてよくわかりました。仕事と介護の両立のコツ
がわかりやすくて、理解しやすかったです。介護保険制度の利用は
利用者にとってとても複雑な制度なので、その解説を入れていただけ
たことは大変助かりました。」(48歳男性)

「どうサービスを組んでいくかや心構えが聞けて、まだすぐ介護保険を
使わない場合でも参考になりました。何が必要かを明らかにするなど
投資や(生命医療)保険を選ぶ時と何か似ている気がしました。」

「とてもためになりました!参加してよかったです。具体例をあげて
話をしていただいたので、わかりやすかったです。ここでしか聞けない
“コツ”が聞けたので得をしました。ありがとうございました。」
(村田洋一様 49歳男性)

--------

無事終わって、自宅につき、缶ビールで一息ついていたとき、
テレビのニュースで厚労省の介護保険改正案が可決され、
この内容で固まるのではないかと言っていました。

今回の改正はかなりチャレンジングな内容で
最初に案を知った時には憤りを覚えましたが、
調べていくうちに、これはいい意味でも
大きな一歩になるのではないかと
思っています。

ただ・・・

介護にかかる費用負担が重くなる傾向であることは
避けられません。

介護の備え(知恵とマネー)の必要性はますます高まりそうです。

kaigo4pin


あなたは子供に何を残したいですか?

こんばんは。+2

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

親から子へ

子から孫へ

人は何らかの爪痕を残してこの世を去る。

私は何を残していけるのだろう。

そう考えたときに、

「教育」

という言葉が脳裏をよぎりました。

------

教育を残すことは貴重なことです。

ゆとり教育とか、心の教育とか叫ばれるようになってからも
あいかわらず学歴社会ですし、高みを目指している級友たちと
学ぶことは意味のあることです。

そのチャンスを親が与えることは正しい。

でも、それよりもはるかに尊く、子供にとって有益なことがあります。

それは・・・

「生きざまを残すこと」

です。

------

お金を稼ぐことが苦手な人や
子育てなどで思いきり働けない人の中には、
親御さんの支援を受けて暮らしている人がいます。

どうしてもそうせざるを得ない状況なのはわかります。

努力していることもわかる。

でも・・・

支援を受けることを当たり前だと思ってほしくないのです。

なんとかして自分たちの手で切り抜ける。

どうしたらいいか今はまだわからないけど、

子供の将来のために毎月○円稼ぐと決める!(またはコストカットする!)

お互いが家事を分担することで、パートナーの収入アップをサポートする。

そう覚悟を決めて、
子供たちに親としての生きざまを見せてほしいな、と
心から願います。

------

きっとまだまだ、できることはある!

親として、子のためにできることは、塾に入れることだけではないはずです。

------

なーんて、自分に喝を入れ直すために書きました。

息子との暮らしは、多分、後2年もありません。

わが家では子供が大学生になったら
一人暮らしを経験させると決めているからです。

残りわずかな期間の中で、息子に伝えられる生きざまは何か。

どこを切られても

「これがあたしの生きざまよ!」

と、胸を張って言える日々を積み重ねていこう。

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよう。

子供には教育とお金を与えればいいってもんじゃないぞ!


手軽にできる健康診断

おはようございます。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

先週の金曜日、アクサ生命の説明会に参加してきました。

7月に正式リリースする予定のようですが、新たなサービスを実施するそうです。

大きく3つのサービスを実施されるようですが、注目なのは

「郵送検査キットの優待サービス」

郵送で健康診断できる検査キット、ありますよね。

アマゾンでも購入できるようですが、これを安価で利用できるようになるそうです。

主婦の方の7割が健康診断を受けていない、

中小企業の経営者や社員に関してもそうだという話を聞いて、納得しました。

協会けんぽからあれこれ送っていただけるんですけど、
つい後回しにしちゃって、しばらく受けていませんでした。

どちらにも当てはまる人間としては、健康診断を考えようと思う機会が増えて、
しかも通常よりも安く利用できるのであれば、いいんじゃない!

・・・なんて、率直に感じました。

保険会社としてのコスト負担もそれほど高くなりそうにないですしね。

このサービス、新規契約だけでなく、既契約も対象になるそうです。

アクサの契約者の方やこれから入ろうかなぁ〜と思っている人には
いいサービスではないでしょうか。

私も郵送検査しようかな〜(笑)

ちょっと気になって検索したら、いろんな種類があるんですね。

☆女性用がん総合検査リスクチェック

☆「生活習慣病検査キット+糖尿病セルフチェック」(生化学12項目検査+HbA1c) 男女兼用

☆早期がんリスクチェッカー

大病とは無縁の生活を送ってきましたが、体の状態が少しずつ
変わってきたのを感じる今日この頃。

グリーンスムージーを飲んだり、
カイロプラクティスで姿勢改善にチャレンジしたり、
おやつの代わりに野菜スティックをぽりぽりつまんでいますが
病気の早期発見、大事ですよね。

検査ってちょっと怖いけど、今年はチャレンジしようかな。


Profile
わくわく人生応援
メールマガジン無料登録
家計に役立つマネー情報や柳澤美由紀のコラム、セミナー開催情報などをメールでお送りします(不定期)。

  • ライブドアブログ