いつでも笑みを 

CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士 柳澤美由紀のブログです。

自分に満足感を与えてくれるものは何ですか?

こんばんは。+4

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

日曜日のセミナーの準備のためにある本を読んでいます。

そこでこんな文章を発見しました。

「何をするのが好きですか?
 自分に満足感を与えてくれるものは何ですか?」

え?あたし、何が好きだろう?

満足感って・・・

(私って、いつもそうだったんだよな)

心の中で、もうひとりの私がつぶやきはじめました。

(好きなものとか、嫌いなものとか、聞かれると、頭真っ白になってたよね)

そう、そうなんです。私はこの質問大嫌いだったんです。

好きなものが思い浮かばないワタシ。

いつも不満足だったワタシ。

(懐かしいよ)

もうひとりの私がクスっと笑った。

今ならすぐに答えられます。だって・・・

ダメな自分も今の暮らしもまるごと受け入れることができるようになったからです。

エエカッコしいの自分も、他人の影響を受けやすい自分も、
頼られることばかりで頼ったり、甘えたり、意見を言っても
たいがい却下される情けない自分も、
ぜーんぶカワイイなぁ〜と思えるようになってから
いろんな感情がムクムクと湧いてくるようになったんです。

私はいろんな人と会って、お話を聞くのが大好きです。

人見知りで、しゃべりベタだけど、人と触れ合っているのが
何よりも好き。話すことで傷ついたり、ムカついたりすることも
あるけど、それでも人間が大好きです。

いろんな人のいろんな意見を集めて、
一番いい形にアレンジするのが私の持ち味。
そう素直に思えるようになってから、
人と会うことに力みがなくなり、楽しめるようになりました。

自分に満足感を与えてくれるのは、日々の生活です。

大好きなクグロフを頬張るとき、

Back numberの音楽を聴いているとき、

息子や夫のバカ話にツッコミを入れているとき、

「更新するの忘れてたぁ〜!」と、お客様からメールや電話が届いたとき、

・・・いろいろあります。

ただ、自分の弱さを認めただけで、
いろんなことを心から楽しめるようになりました。

あなたが好きなものがわからなかったり、常に不満足な状態であるのなら、
弱気の自分も、強気の自分も、すべて受け入れてみてください。

笑い飛ばしてみてください。

そうすると、きっと、小さな幸せを感じられるようになりますよ。

完全な人間なんて面白くないじゃないですか。

どんくさい自分があって、チャーミングに輝くのです。

ほんとだよ。


始める前に終わりを決める

こんばんは。+3

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

あなたは「サンクコスト効果」をご存知でしょうか?

人が行動し、その際に生じたコストが、
後の意思決定に影響することをいいます。

日本語では埋没費用効果って言うんだって。

なんだか全然印象が違うね(笑)。

まあ、それはさておいて・・・

投資やギャンブル、ビジネスをするとき、
サンクコストを意識することはとても大事です。

たとえば、あなたはパチンコ台の前にいる。

今日はこの台にしようと、打ち始めるけどなかなか出ない。
イライラしながら打っていたら、気付いたときには
1万円スっていた。

ここでやめれば1万円の損。

ああ、今日はついてない。

そうやってここでやめれば1万円の損で終わりですみます。

でも、すでに1万円を突っ込んでいる。

ここで終わるのはもったいない。
あと少し、あと少しで出るような気がする。

そうして、2万円、3万円と持ち金を吸い込まれていくのです。

ポイントは「気付いたときには1万円をスっていた」という事実。

本当は現時点での損失である1万円は考慮せずに
判断すべきなのに、1万円の損に引きずられて
続けるか否かの意思決定をしてしまう。

いわゆる「熱く」なっちゃうわけですが、
こうなっちゃうと、まずうまくいきません。

サンクコスト効果の怖いところは
先に投資したコスト(金と時間)が大きければ大きいほど、
心理的効果が増幅されること。

パチンコは手持ちの資金が尽きればそれで終わりですが、
FXや先物取引、ビジネスの場合、投資金額以上に
損をすることもあります。

最悪の場合、壊滅的な打撃を与えることもあるのです。

サンクコスト効果はどんな人にも
多かれ少なかれ生じることです。

では、どうするか?

そうならないように感情を排除する仕組みを作るのです。

投資をする。ギャンブルをする。ビジネスをする。

これらを始める前に、あらゆる結果を想定して
シミュレーションしておきます。

株式投資を例に説明します。

将来株価が上がると思って投資をしますが、
その際に少なくとも3パターンのシミュレーションを
することで、損切りラインを設定しておくことに
したとします。

読み通りに進んだ場合にいくらになるか。
想定以上に市場が低迷した場合にはいくらになるか。
リーマンショックのような大暴落が起きたときにどうなるか。

これらのシミュレーションの結果、
始めるときに終わりのシナリオを作っておけば、
経済がどんなふうに動いたってびくともしません。

逆指値(損切りラインを自動設定する)を
しておくと、さらに感情に振り回されることなく、
悠々と投資を楽しむことができるでしょう。

始める前に終わりを決める。

投資やギャンブルを行うときの鉄則ですよ。





東洋経済3/8号「認知症を生きる」で書かせていただきました

こんばんは。+2

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

私のライフワークに
「働きながら介護を続けるコツセミナーの開催」と
市民後見人活動、そして「相続・後見マネー塾」の
活動があります。

セミナーは弊社で自主開催というかたちでスタートしました。
母が脳梗塞で倒れたときに不安で不安でしょうがなくて、
必死で調べた「仕事と介護の両立事例」。それを一人でも
多くの人に伝えて、介護のために仕事を手放す人を一人でも
減らしたい。そう思ってやり続けているものです。

今では労働組合や企業研修としてお話をさせていただいていて、
今年に入って自主開催が実施できていないのですが(5月あたりに
開催したいと思っています)、ずっと続けていきたい活動です。

市民後見人活動・・・みなさんはご存知でしょうか?

判断能力が不十分な方を成年後見制度を活用して
地域住民が支えていこう、というものです。
こちらも母の病気をきっかけに成年後見制度を学んだことで
市民後見かわぐちに参加し、小さな小さな貢献をしています。
(普段地元にいないので、活動は他のメンバー頼りです)
細く長く続けていこうと思っています。

相続・後見マネー塾は女性士業の勉強会です。
発起人としてまとめ役をさせていただきながら、高齢者の方の
諸問題を解決するための情報交換を行っています。
昨年9月に「認知症マネーまるわかりガイド」(アールズ出版)を
出版できたのは、素晴らしい8名のメンバーのおかげです。




この3つは、高齢者とその家族を支えたいという思いで
続けているのですが、「認知症マネーまるわかりガイド」を
きっかけに、東洋経済で記事を書かせていただくことができました。




日々の活動を応援していただけたようで、
一生懸命書きました。

ただ・・・

他の記事に比べて、文章は稚拙です。
まだまだ、本当にまだまだでした。

でもね、他の記事が秀逸です。

泣けて泣けてしょうがなかった。

「認知症を生きる」

よかったら、読んでください。

すごくいい記事です。よかったら。



第2回経済の本質を学ぶ会、募集開始します!

おはようございます。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

お待たせいたしました!
第2回経済の本質を学ぶ会の募集を開始します。

☆第2回経済の本質を学ぶ会 参加申し込み受付サイト

今回の講師はビジネス数学コンサルタントの深沢真太郎さん。
深沢真太郎氏写真











※深沢さんのブログはこちら


「賢い消費者への近道!
 サクッと数字で判断ができるようになるためのトレーニング」
と題しまして、ビジネスシーンはもちろん、暮らしに役立つ
ワーク満載の講座を予定しています。

数字を活かして、交渉上手、おねだり上手になっちゃって
経済(お金の流れ)を肌で感じられるオトコ(オンナ)を
目指しませんか?

<コンテンツ案>

1.ビジネスマンのたしなみ 3つの数字操作法
・【割勘】清算問題が解けないビジネスマンは仕事もデキません
・【損得】損か得かを判断する方法を、実は多くの方が知らない
・【効率】そういえば、「効率」ってどう数字で表現するものなの?

2.ダマされる人がついしてしまう数字の見方
・テレビCMの効果って、あるの?ないの?
・あなたは見抜ける? 割合のパラドックス
・グラフはまず〇〇を見なさい。

3.賢い消費者になるためのエッセンス
・定番です。ポイント還元と割引はどちらがオトク?
・携帯電話の料金、損をしない人は〇〇〇を見ている
・パートナーにロレックスを気持ちよく買ってもらう方法

※セミナー内容は一部変更になることもございます。


想いを語り、行動する。しかも、堂々と・・・

こんばんは。+3

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

私は今、2つの会社(家計アイデア工房、FPフローリスト)の役員と
4つの団体(WAFP関東、相続・後見マネー塾、市民後見かわぐち、彩志義塾、)
の理事・幹事等を務めています。

正直言って、もういっぱいいっぱいで

「なんで引き受けちゃったかなぁ〜」

なんて、思うこともあるのですが、私の貴重な財産となっています。

特に強く感じるのは、リーダーの資質についてです。

自分自身がリーダーをやっているだけでは見えないことが、
他のリーダーのもとで活動しているときにわかってくるのです。

リーダーに不可欠なもの。それは・・・

想いを伝え、行動できる人であるかどうか。

それも、堂々とやってのける人のところには、
気がつけば多くの人が集まってきます。

お願いします、と、頭を下げなくても、

一緒にやりましょう、と言わなくても、

私はこんな世界をつくりたい、と語り、それに近づくために
行動を続けられる人がトップにいると、その会は
みるみる大きな組織になります。

いつの間にか優秀な人材が集まってきて、
リーダーを盛り上げていくのです。

そんな素晴らしい人々の活動をそばで見守っていれるのは
実に幸福で、エキサイティングです。

----

最初はね、みんな冷ややかなんですよ。

そんな中でもひるまず、ぶれず、自分の想いを語れるかどうか。

そこが勝負の分かれ目なんだよな〜。

----

堂々と想いを伝え、行動する。

笑われたって、手伝う人がいなくったって、泣き言をいわずに
ただ黙々と、理想の未来に近づく努力をする。

時には間違ったってかまやしない。

明日から軌道修正すればいいのさ。

そんな人が世界をつくっていくんだなって、
スゴイ人たちに囲まれていると気づきます。

あなたは想いを伝え、行動することができますか?

堂々と・・・。


Profile

柳澤美由紀

子ども時代にサラ金
の取り立てを経験。

どん底生活の中で
チャンスをつかんだ
習慣とお金を
チャージする仕組み
づくりを発信中

わくわく人生応援
メールマガジン無料登録
家計に役立つマネー情報や柳澤美由紀のコラム、セミナー開催情報などをメールでお送りします(不定期)。

  • ライブドアブログ