いつでも笑みを 

CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士 柳澤美由紀のブログです。

嬉しかったこと・気付いたこと

カッコイイおばあちゃん、見っけ!

こんばんは。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今日、いきいき4月号をペラペラ見ていたら、
とっても素敵なおばあちゃんを発見しました。

長岡三重子さんです!

御年99歳。80歳から始めた水泳で世界記録ホルダーをもつ
元気いっぱいの女性です。

20年前、80歳のとき、25mも泳げなかった三重子さん。

痛めた膝のリハビリのために独学で練習を継続していたら
85歳のときには5個の日本記録をもつまでに上達したそうです。

何がすごいって、94歳まで現役の経営者だったこと。
帳簿も自分で暗算でつけていたそうです。

朝5時に位に起きて、2階までのすべての戸を開けて換気をし、
敷地200坪の中庭の草取りをしたり、床を拭いたり、
毎日の家事はすべてひとりでこなすそうです。

基本的に1日3色自分で作り、1時間以上かけてゆっくり残さず食べ切る。

体が欲しがるものを好きな時に好きなだけ食べるのが三重子さん流なのだそうです。

カッコイイなぁ〜。

今日お会いした民生委員の女性は70歳になったとおっしゃっていましたが、
やりたいことは「アイスホッケー」。その一言にぶっとんでいたのですが、
いやはや、カッコイイ先輩女性はいるものです。

お二人に共通しているのは、限界を設けていないこと。

けっして無理はしていないのですが、常に前を向いているカンジ。

(私もこんなふうに生きたいな)

やることが多いとか、頭がまわらんとか、グダグダ言ってないで
常に前向いて人生を楽しむ。

そうそう、そうやった!

私はそんな人間だった。
なのに、なんだか集中できなかったのは
言い訳人間になっていたからだ。

そんなことを思い出させてくれた記事でした。

長岡三重子さんに会いたいな。

やる気を出すには、スゴイ人に会うのがいちばんだね。



解決策は必ずある

こんばんは。+1

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今日は変わった夢を見ました。

いろんな失敗をするのですが、
その度にアイデアが浮かんで解決していく、というものです。

失敗があまりにも幼く、
ここで書くのは恥ずかしい内容ばかりなのですが、
意外と冷静に対処し続ける自分に驚いている自分。

「いつもだったら、キーッ!となって飛び起きるのに」

なんてことまで考えたりして。

ぜーんぶ夢なのに、なぜかめっちゃ勇気をもらいました。

壁にぶち当たると、
ぶち当たったことを認めないで、壁をみないように
生きてきた人間でしたが、ちゃんと乗り越えられる力が
ようやく身についてきたのかもしれない。

-----

今日も1つ、ある事業でグッドアイデアだと思って
実行したことがうまくいきませんでした。

でも、夢を見ていたからでしょうか。

落ち込むことも、自分の読みの甘さを悔いることもなく、
事実を素直に受け止めることができました。

さーて、どうするか。

-----

あの夢を見たことで、クールな頭で考えることができそうです。

ふふふっ・・・ほんと、いい夢だったなぁ〜(笑)

幼い失敗とは、トイレに間に合わず・・・というやつです(真っ赤)。

小2のとき、当時流行っていたサスペンダーのジーンズが
うまく脱げず、一度そそうしてしまったことがあったんです。

それがトラウマになって出てきたのかもしれません。

1つクリアすると、次は違う服装の私が同じ失敗をするんです。

年齢は現年齢の設定なので、とっても不思議な状態なのですが、
夢の中の私はびっくりするほど冴えていました。






市民後見人として生きる

こんばんは。+2

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今日は朝カフェでお金の習慣の話をして、
NPO法人市民後見かわぐちの打ち合わせに行きました。

もうすぐ私は、市民後見人としてある男性の担当者になります。

法定後見の申し立てをすることになったのです。

初めての法人後見の申請なので、
家庭裁判所がどう判断するのかはわかりません。

選ばれないかもしれません。

でも、チャレンジしてみようということになりました。

市民後見人は成年後見制度を利用して
その地域に住む判断能力が十分でない人の
暮らしを支える一般市民のことです。

さあ、どうなることやら。

やってみなければわかりませんからね。

専門職後見人として活動を続けている友人に教えてもらいながら、
みんなであーだこーだと相談しながら、
進んでいこうと思っています。

今年の最大の挑戦になるかも!

小さな小さな力ですが、これも私のプライベート。
今の私にできる精一杯のボランティア活動です。



未熟な自分をまるごと受け止める

こんばんは。+4

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

自分の未熟さがゆえに
心無い対応をしてしまったとき、あなたはどうしますか?

忙しいというのは心を亡くすと書きます。

なんだか今、そんな状態になっているようです。

いかん、いかん。

こんなことでは・・・

未熟なのは私。

お仕事を受けたのも私。

今日はもう少し頑張って、
言動に余裕がもてるような状態にもっていこう。

今日のブログはぼやきになってしまいました。

こんなブログはこれっきり。

明日は笑顔でお会いできるように残った仕事を仕上げます。

よぉーし、がんばるぞ!



通行人からお客様に変わる瞬間をつくる

こんばんは。+3

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今、テレビ東京「ガイアの夜明け」を見ています。

東急ハンズが実演販売チームを作って頑張っている姿を
取り上げています。メンバーは40〜50代。

大学で演劇サークルに入っていた加藤さんという男性が
リーダーとしてやっているんですが、見ていてね、
胸が熱くなりました。

50代の女性が頑張っているんですよ。
最初は教えられたことをただやっているだけで、
声も小さくて、お客様に声をかけたり、目を見て話すなんて
とんでもない。そんな彼女が加藤さんの実演を見て
何かをつかみ、6日間という短期間の中で
成長していく姿がありました。

今日は講師の先輩・西條由貴男氏のセミナーの
オブザーバーを務めさせていただいたのですが、
正直、ちょっと落ち込んでいたんです。

西條さんの気配りがすごかったんですよね。

パワーポイントのつくり方、ワークの組み入れ方、
たくさんのポケットを用意して、場の状況に合わせて
足したり、引いたり・・・終わった後に聞いたのですが、
締めの言葉を何パターンか用意して、
残り時間に合わせてネタを変えているそうなんです。

これぞプロ!

まだまだあまちゃんだったと反省しきりだったときに
実演販売の女性が静かに巻き返していく姿を見たんです。

劇的に変わったわけではないけれど、この短期間に
確実に成長されているのがわかって、私も・・・って、
勇気づけられました。

通行人がお客様に変わる瞬間をいかに演出できるか、
伝わる言葉、伝わる声、伝わるボディーランゲージ・・・
研修やセミナーにも通じることですよね。

今日は勉強になったなぁ〜。

執筆で煮詰まっていたところだったので、
いい刺激をいただきました。

まだまだ伸びるよね。私たち!


真央ちゃん、感動をありがとう!

おはようございます。+5

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

ソチ五輪の個人的NO1.目玉競技だった
女子フィギュアスケートが終わりました。

鈴木明子選手、村上佳菜子選手も心のこもった熱い滑りを
見せてくれたけど、小さいときから注目していた浅田真央選手の
自己ベスト更新の演技に胸を打たれました。

天真爛漫でポンポンジャンプを飛んでいたジュニアの頃から
見ていただけに、バンクーバー五輪以降の苦悩、そして
昨日のショートの失敗演技は痛々しかった。
若くしてお母様を病気で亡くし、亡き母の墓前にメダルを・・・
と、余計に力が入っていたのでしょう。

氷上に上がったときから様子がおかしかった。

金メダルの重圧

なんでしょうね。

いつもと違う・・・

という不安をリアルで見ていた誰もが気付いていたはずです。

でも、でも・・・

今日のフリーは違っていました。

感謝の気持ちで滑ったと言っていた通り、
余計なことを何も考えずに集中して演技していたんだとわかる
美しいスケーティングでした。

自分のことのように嬉しかった。

それって、私だけじゃないよね。

見ていた人みんな、真央ちゃんのお母さんになった気分で
見ていたと思います。よかった。ほんと、おめでとう!

レベルの高い試合で、
あの演技でフリー3位というのはびっくりです。

でも、順位じゃないんだ。点数じゃないんだ。

どんなに大きな失敗をしても、次にどう生きるかということで
ベストパフォーマンスを出すことができるということを
身をもって教えてくれた、真央ちゃんに心から

ありがとう!

と言いたい。素晴らしかった。

きっと眠れなかったと思うので、今日はゆっくり休んでほしいな。

お疲れ様でした。

※こちらで感動の真央ちゃんの写真、見られますよ〜
  →サンスポ.com






ハッピーリーフを育てていると・・・

こんばんは。+31

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

昨年、お裾分けしてもらったハッピーリーフがすくすく育っています。

ときどき水をやるのを忘れてしまうのですが、
それでもしっかり育っています。

わたし、実は植物を育てるのが苦手で、病気になったり、
枯らしたりして、うまくいったことがなかったんです。

そのときは、すごく気をつけて育てたんですよ。

お水だって毎日あげたし、肥料だって定期的に与えた。

でも、いつも途中で失敗していたんです。

ごめんね。やっぱり私には向いていないんだよね。

そう思って、10年以上植物を育てていなかったくらい。

なんでハッピーリーフは育っているのか、不思議だなぁ〜って
思って眺めていたとき、息子がこんなことを言いました。

ほったらかしにしているから、いいんじゃないの。

って。それを聞いて思いました。

自分でなんとかしなくちゃ、生きていけない。

そういう危機感が生命力を与えているのかもしれないって。

でも、それだけじゃ説明にならない。

で、よーくよーく考えたら、
今回はお水をやるタイミングと量を
変えていないことに気付きました。

お水をやり忘れたときには1日やらない。

やるときは決まった時間に決まった量をあげる。そして、
ハッピーリーフが土の成分を吸い取って土が少なくなったら
少なくなった分だけ足す。

そんな育て方をしていたんです。

これって、子育てにも通じることかもしれませんね。

構いすぎると自分で生きていく力が弱くなる。
無関心だと心が不安定になる。

つかず離れずで、でも、見守っていれば
子供は自分のチカラですくすくと育っていく。

そんなふうに思えます。

うちは一人っ子なんで、手とり足取り息子を教育しようと
していた時期があったのですが、そのとき、彼は
自分で考えることを放棄していました。

というか、混乱していたんです。

それを、片目をつぶって見守ることができるようになってから、
一人の人間として話はするけど、指導をする意識を手放したとき
勝手に成長していくようになりました。

子育てと植物を育てるのって似ているんだなぁ〜。

すくすく育っているハッピーリーフを眺めながら、
ふと、そんなことを考えた午後でした。


妊婦さんがピリピリしちゃう原因がわかりました

こんばんは。+26

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

今日は東京海上日動あんしん生命主催の
「増え続ける現在疾患への備えのあり方」セミナーに
参加してきました。

講師は株式会社病診経営代表の村上賢二氏。

その前に同社の新商品説明会があったので、
どちらかといえばその情報を入手するために参加したのですが、
想定外といったら失礼かもしれませんが、いいお話でした。
社会保障の現状、人口動向など、一度は見たことがある
データだったのですが、FPとしてお客様にどんなナビゲートを
していくべきか、そのヒントとなる情報をたくさんいただきました。

そして、個人的に興味深かったのが「女性のうつ病」の話。

女性は男性の2倍うつ病にかかりやすく、
5人に1人が一生のうち1度はうつ病になっている。

そして、その多くは妊娠・出産・産後に起きているのだそうです。

原因は・・・

ホルモン変化による脳の抵抗力の低下。

脳が機能不全状態になるためです。

ただでさえ、体型が変わり、重たいお腹を抱えながら
普通でない状態で暮らしているのに、ストレスに耐える脳の
抵抗力までもが落ちてしまうため、ストレスに敏感になります。

モノの見方が否定的になって
イライラしたり、落ち込んだり、自分を責めたりする
うつ状態になりやすくなるのです。

思い起こせば、私も産後うつ状態になっていました。

ちゃんと病院にかかっていないので、あくまでも自己判断ですが、
どうしようもなく悲しくなってポロポロ泣いていたり、
ダメママだぁ〜と、自分を責めたり、

「なんで私ばっかり育児しなくちゃいけないの」

と、パートナーに対してイライラしたり、していたなぁ〜。

当時は、私がわがままだから、人間が育ってないから、
こんなことになっているんだって思っていたけど、
ホルモン変化によるものだったんですね。

そう思うと、めっちゃ気が楽!(笑)

妊婦のみなさん、自分を責めちゃダメですよ〜。

イライラするのは当たり前。ブルーになるのは当たり前。

子供を産んで、しばらくしたらホルモンバランスがもとに戻って
いつものあなたに戻りますからね〜。

そして、男性諸君!

妊婦さんに心無い言葉を浴びせかけないでくださいね。

普段より敏感になっているんですから、明るく、優しく、
励ましてくださいね。


師匠!ありがとうございやす!!

こんばんは。+17

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

いつもブログに来てくださり、ありがとうございます。

今日は久しぶりにメンターの先生にお会いして、
研修企画のコンサルティングを受けました。

FPという職業柄、2時間セミナーや研修の依頼を受けるのですが、
半日研修、1日研修、複数日研修といったプログラムを
どんなふうに提案すればいいのかわからずに、
ご相談に行ったんです。

2時間研修のレジュメに関しても、このままでいいか迷っていて
ワークを組み込んだりできないかって、そういうアドバイスも
いただこうと馳せ参じました。

すると・・・

「レジュメ、よくできていると思うよ。
2時間でここまでのことが学べたらいいんじゃない?」

と、背中を押してもらいました。

いやぁ〜、めっちゃ嬉しい!

「でも、2時間セミナー止まりで、1日研修とかやりたいんですけど、
 コンテンツが浮かばないんですよ〜。提案の切り口なんかも・・・」

と、相談すると、さまざまなパターンの提案のもって行き方を
レクチャーしていただきました。

やっぱりスゴイや。

ウダウダ考えるより、メンターに相談するのって大事ですね。

提案パターンを3つ教えていただいて、
まとめた企画書を見ていただくようにお願いして帰ってきました。

なんか楽しくなってきた〜(笑)

師匠!ありがとうございます。めっちゃ勉強になりました!



プチ一人旅

こんばんは。+14

ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀(やなきち)です。

いつも私のブログを気にかけてくださり、ありがとうございます。

広島での出張セミナーが前泊指定だったこともあり、
早めに広島について、

広島駅→お好み焼き→原爆ドーム→宮島→牡蠣そば→ホテル

・・・と、ぷち一人旅を楽しんできました。

宮島のお店が5時〜5時30分には8割方店じまいすることを
知らなくて食べ損ねた牡蠣料理がありましたが、
一人だったことも幸いして、いろんな気付きがありました。

原爆ドーム、原爆投下から68年以上経っているのに、いまだに
生々しい死者とその家族の想いがそこにありました。
慰霊碑に手を合わせていたら、ふわーっと悲しくなって
目頭を押さえて立ち去ろうとしたとき、涙をハンカチでぬぐいながら
ドームの写真をとる男性がいました。時代を超えた悲しみが
そこにありました。

原爆ドーム
















宮島は厳島神社を見に行ったのですが、宮島に向かう船の中で
パンフレットを読むと、弥山という山からの眺めが格別だと
伊藤博文が言ったと書いてあったのです。

「黄砂がひどいから、ちょっとキビシイかもしれないよ〜」

と、船場のおじさんから教えていただいたのですが、ダメ元で
行ってみると動いているという。今から山頂を目指すと、帰りが
ロープウェイの最終時間ぎりぎりではあったのですが、
即効でチケットを買い、向かったのです。

ロープウェイを乗り継ぎして、山頂まで1kmの乗り場に付いたのが
15時40分。往復1時間と書いてあるから登り始めたのですが、
下山してくる人たちの表情がぐったりしている。

「パンフレットどおり、ここから1時間で帰ってこられますか?」

勇気を出して聞いてみると、

「めっちゃくたびれるけど、だ、大丈夫だと、お、思う」

一抹の不安を感じながら登っていくと、最初に遭った女性が
言っていたことと笑顔の理由がわかいました。

まあ、急勾配なんです。

心臓破りの坂がずっと続きます。

「なんでこんな山道を歩いているんだろう?」

そう思いながらも、すれ違う人に笑顔で挨拶していると、

「長く感じるかもしれないけど、もう少しですよ」

「ちょっとそこで休んでいったらいいですよ。私もそうしました。」

なんて、アドバイスをもらったり。

道の途中にいろんなポーズをとったお地蔵さんが出迎えてくれたりして、
めっちゃきつかったけど、時間ぎりぎりだったけど、山頂まで
登ることができました。

なんでこんな想いをしてまで、昔の人はこの山の頂に登ろうとしたのか。

下山しながら、そればっかり考えていました。

お地蔵様はふつう、そこで亡くなった方などを供養するために建てられます。

それが頂上に近づくにつれ何体も出てくるのです。

別に山に登る必要ってないじゃないですか。

生きるために必要なこととは思えない。

でも、きっと先人は、山の頂から
もっと先にある何かを見たかったから登ったんじゃないか。

そう思えてきたのです。

そのためい何度も何度も登り、
足場を固めて、多くの人が登りやすいように
石を積み、草木を刈る。

そうやって、この道はできたのではないだろうか。

そう想いいたったとき、先人たちへの感謝の気持ちが湧いてきて、
自分もそうやって生きようと、覚悟を決めることができました。

山に登る意味なんてない。

ただ、登りたい。それでいいじゃん!

登ると決めたら、しんどくても、時間がかかっても、
コツコツ歩いていこう。寄り道しても、休憩しても、
おしゃべりしたっていいんだから。

一人ぼっちで歩いていたって、自分から声をかければ
応援してくれる人や笑顔で返してくれる人はいる。

どんなふうに思われるか・・・なんて考えずにさ。

弥山に登って、足はがくがく、
汗で化粧がぐちゃぐちゃになってしまましたが、
行ってすごくよかったです。

出張のときは、仕事してとんぼ返りばっかりだったけど
前泊でぷち旅行するのもいいですね。

さあ、お風呂に入って、明日の準備をして寝ようっと。

__ 2






__ 1












Profile

柳澤美由紀

子ども時代にサラ金
の取り立てを経験。

どん底生活の中で
チャンスをつかんだ
習慣とお金を
チャージする仕組み
づくりを発信中

わくわく人生応援
メールマガジン無料登録
家計に役立つマネー情報や柳澤美由紀のコラム、セミナー開催情報などをメールでお送りします(不定期)。

  • ライブドアブログ