2007年05月08日

引っ越しました!

引越しました。
新しいブログはこちらです
  ↓↓↓
http://fpap.jugem.jp/

2007年05月03日

チェルフィッチュ「三月の5日間」(イムズホール)

大阪に遊びに行ったときに、隠れた博多名物の鶏卵素麺を持っていきました。
これは、卵黄と砂糖だけで作ったお菓子で、これでもかっていう甘さのお菓子です。茶道のお茶請けに使ったりするようですね。

食べた人からは「うまいんか、うもないんかわからん」とはっきり言われました。しかし、しばらくは興味を持って土産についての話も聞いてくれたし、土産としては立派に仕事を果たしてくれたようです。
ちなみに私はこのお菓子好きです。常食というより、やっぱりお土産ですね。

全国的にも食べられるような平均的なお菓子をお土産にもらうよりは、ちょっと違う土地ならではのものをもらうとうれしいと思っています。

さて、チェルフィッチュの「三月の5日間」。
そんな一ひねりあるお土産のようなお芝居でした。

だらだらと続く会話劇と思いきや、だらだらとした身体もまた一つの表現となっているというもの。だらだらとのっぺりとしそうな舞台を、会話の主体をあちこち移動させることで立体感を感じさせ、刺激のあるものとなっていました。

アメリカがイラクへ侵攻を始めた日からの5日間をラブホテルで過ごしたというカップルについての話です。日本の若者と戦争との距離感を、包み隠さずダイレクトに舞台上に持ってきたという感じです。

一部だけを見ると、不快感を与えるようなだらだらした芝居なのですが、しつこいくらいに徹底されていて、構成も洗練されていたので、却って気持ちよくみることができました。だらだらと流し読みする情報の波にもまれたネットサーフィンの心地よさに似たものがあります。嫌いな人がいるだろうことは想像できます。

作・演出の岡田さんはこれを「反戦がテーマ」と言い切ったらしいです。
おそらく、観劇後に一緒に行った友人と、「あれのどこに反戦のメッセージがあったの?」という一言から会話が発展していって、結局そうやって観客の一人一人が「戦争」について考えて話し合うということを促進するという意味で「反戦」と言えるかと思います。

ただ友人と行ってしまうと、だらだら会話のほうに意識が向かってしまい、真似なんかをしはじめて、戦争はそっちのけという恐れもあります。

2007年05月02日

大学演劇部のための役者ワークショップって、しれーっと2回目だね。

3月に試しにやってみた大学演劇部を対象とした役者ワークショップが好評で、GWを使ってまたやることになった。

最近、大学演劇部間の交流があまりなかったようで、最初は皆緊張の面持ちでしたが、大分打ち解けるようになったようです。

今回は、5日間のワークショップなので、人間関係がどう変わるかも楽しみにしています。カップルが何組誕生するか、なんてことは裏ネタとして楽しんでおきます。

この若い力がばらばらで活動していたことが悔やまれてなりません。きっとこの交流が種になって、大きな実をつけることを願ってやみません。

ぽんプラザで暴れまくってください。(頸の骨とか折らない程度に)

2007年05月01日

残り半分!!!!

連休明けの5月1日。
振込みに行くと、銀行は人がたくさん。

5月10日締め切りの「小松杏里の演出家のためのワークショップ」http://www.fpap.jp/inform/ensyutsuws/
にも早速お申込がありました!

残り2組です。

検討されてる皆さん、お問合せ・お申込はお早めにどうぞ!

2007年04月30日

コントロールとケア

歯医者でプラークコントロールができていないといわれた。
歯周ポケットにばかり気を取られて、歯の表面のブラッシングがおろそかになっていたのだ。

歯周ポケットに執着したのも、クリアクリーンに出合ってから。
細い毛と太い毛がうまい具合に歯と歯茎の隙間を磨いてくれるので、そこばかりに夢中になっていたら、逆に歯茎が後退して、これはこれで危険だと言われた。
歯ブラシは難しい。

謙虚に自分の非を認め、クリアクリーンを使って、磨き方を改めた。

クリアクリーンのすばらしさを書こうと思ったけど、方向が変わってきた。
失敗。

2007年04月29日

観劇マスターになるには(その1)

電車を降りる人を待たずに、乗る人は救いようがないですが、降りる側でも我先を競って降りる人がいますね。

電車を降りるのって1分も2分も変わらないのに、無言で押しのけられたりして不快な思いをすることがあります。

さすがに我先を競って終演後の劇場を出る人はあまりいないですが、こちらは一歩間違えると4,5分待たされることになりますね。カーテンコール中にこっそり出て行くお客さんがいますが、役者さんに対してのマナーとしての議論は別にして、その気持ちはよくわかります。

私は並ぶのが好きではないので、混雑が落ち着くのを客席で待ってたりしますが、そうすると劇場側から「撤収作業がありますので、ロビーへ出てください」などと追い立てられたりする。スマートに退場するのには技術が必要そうです。

これをうまく乗り切れないと、観劇マスターにはなれないですね。

本当の観劇マスターは四の五の言わずに、退場の列に並ぶでしょう・・・。

2007年04月28日

花より男子!

ゴールデンウィーク初日。
先輩の山本さんが、FPAPに到着するなり

「櫛田神社で嵐見ましたよ!!」
「嵐?」
「嵐のえっと。。。誰だっけ??」
「誰???マツジュン!?」
「そうそう!!!!!!!!!!ドラマの撮影みたいです」

仕事終わって、ダッシュしましたよ。。。
でも。。。。。。。撮影終わってました。


あぁ。。。。残念。。。。。。


ま。
いいや。
櫻井くん派だし。


2007年04月27日

Y山さんのコメントに応えて

久々の登場を記念して、Y山さんのコメントに、記事で回答いたします。

旧ダイエーグルメシティ渕上店解体後は、天神VIOROなんかを最近手がけた東京建物という会社がオフィスビルを計画しているよ。

あと、キャナルシティも建て増します。

博多駅も改築中だし、ぽんプラザ周辺はここ数年で大きく様変わりするなぁ。
2011年が目安のようなので、Y山さんが福岡に帰ってくるときも、きっとまだどこも工事中だね。

いやぁ、福岡でオリンピックが開催されるのが待ち遠しい。

2007年04月26日

演出家のためのワークショップ25%埋まる

小松杏里の演出家のためのワークショップというのをゆめアールをメインにして開催予定なのですが、ワークショップの性質上、4ユニットまでの募集としています。

この中途半端に少ない募集の数はひやひやします。

普段はもっとぎりぎりになって応募が立て込むのに、2週間前の時点で1枠応募がありました。

希望する方が受けられるような感じにしたいのですが、如何せん4枠の応募です。

緊張します。

タッチの差で受け入れを断念というのは心苦しいので、早めにばたばたっと4枠埋まって、「締めきりました!」と公表してしまうのが美しい流れだと思うのですが、どうでしょう。

あと1枠埋まるだけで、半分終了してしまいます。

気が楽なようで、気が重いです。

ところで、今日久しぶりに一蘭でラーメンを食べました。
職員の中山さんに究極の酸味を勧められたからです。(キャナルシティ店にしかないようですね)

酸味にスポットを当てる発想がいいですね。私は好きでした。酸味をもっと効かせて、パクチー浮かべて食べたいと思いました。

仕切り板とか好き嫌いあると思いますが(ちなみに私は嫌い)、ユニークな試みは評価に値すると思います。

しかし、一杯780円にはびっくりしたなぁ。財布もびっくりして、帰るまで口をきいてくれませんでした。

2007年04月25日

小泉さ〜ん(>_<)

昨日は残業しました。
急いで発送したいものあったので、封入作業です。

30枚チラシ×27の封筒。
気がつくと、夜9時。

「今日投函しても明日投函しても同じだよねぇ」

郵政改革のあおりで、最近はポストの集荷が1日2回です。

中央郵便局か博多郵便局に行けば、早く届きます。
でも、そこまでするのもなぁ。。。
郵便局に集荷を頼もうとしたら、時間外で留守電でした。

しかも、雨です。
私の帰るルートに、ポストはありません。
あそこかあそこを回って帰るのもなぁ。。。
封筒が濡れたらイヤだし。

仕方がない。

翌日の人に引き継いで帰りました。

「切手ものは100通以上からじゃないと集荷してくれません」
と山本さんのコメント。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜?!
メール便は1通からでも、集荷してくれるんですよぉ!!!!
http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html

山本さん すみません(A^^;)