2019年03月19日

「貸借対照表とは」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回も、「財務諸表と企業分析」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【財務諸表と企業分析】

【問 題1】

貸借対照表とは、一定期間の経営成績を表したものである。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

貸借対照表は、「一定時点(決算日)における企業の財務状態」を
表したものです。

財務状態というのは、資金の調達源泉と資金の使途のことです。



【 問題2 】

貸借対照表には、資産の部、負債の部、純資産の部がある。

1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

貸借対照表には、資産の部、負債の部、純資産の部があります。

資産の部=負債の部+純資産の部

という関係にあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グループで企業経営をしている会社が多くなっています。その場合、
親会社と子会社などの関係になります。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)財務諸表と企業分析 

2019年03月15日

「非支配株主持分とは」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「財務諸表と企業分析」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【財務諸表と企業分析】

【問 題1】

非支配株主持分とは、自己株式以外の株式のことをいう。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

非支配株主持分というのは、子会社の資本の親会社に属さないもの
をいいます。

例えば、親会社の持ち分が60%の子会社は、40%が親会社に属
さない部分ですが、これが非支配株主持分です。


【 問題2 】

連結子会社とは、親会社に支配されている会社で、支配力基準で判
定される。

1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

連結子会社は、親会社に支配されている会社で、支配力基準で判定
されます。

支配力基準というのは、例えば、議決権の50%超を親会社所有し
ているなどです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グループで企業経営をしている会社が多くなっています。その場合、
親会社と子会社などの関係になります。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)財務諸表と企業分析 

2019年03月12日

「日銀短観」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回も、「経済・金融・財政の常識」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【経済・金融・財政の常識】

【問 題1】

日銀短観は、日本銀行が毎月発表している。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

日銀短観は、日本銀行が「3カ月に1回」発表しています。


【 問題2 】

日銀短観は、アンケート調査である。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

日銀短観は、サーベイ調査と言って、アンケート調査です。ですか
ら、統計処理などに時間がかからず素早く発表されるのが特徴です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日銀短観は、正式には「全国企業短期経済観測調査」といいます。
これで出題して、担当官庁を問う問題も出ます。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)経済・金融・財政の常識 

2019年03月08日

「景気動向指数」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「経済・金融・財政の常識」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【経済・金融・財政の常識】

【問 題1】

代表的な景気関連統計として景気動向指数があるが、景気動向指数
は内閣府が毎月公表している。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

景気動向指数は、内閣府が毎月公表しています。試験のポイントは、
どの省庁が担当していて、発表の頻度はどのくらいなのかです。


【 問題2 】

景気動向指数には、先行指数と遅行指数の2つがある。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

景気動向指数には、先行指数と「一致指数」と遅行指数の「3」つ
があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
景気を表す指標の代表が景気動向指数です。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)経済・金融・財政の常識 

2019年03月05日

「株式会社の株主の責任」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回も、「株式会社法概論」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【株式会社法概論】

【問 題1】

株式会社の株主は、会社が対外的な債務を支払えない場合でも債権
者に対して弁済の義務を負わない。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

株式会社の株主は、合名会社などと違い、会社が対外的な債務を支
払えない場合でも債権者に対して弁済の義務を負いません。

だから、安心して株式投資できるわけです。


【 問題2 】

株式会社の株主は、会社が資金を必要とするときは、追加して出資
する義務がある。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

株式会社の株主は、会社に出資することで株主になりますが、会社
がさらに資金を必要とするときに、追加して出資する義務はありま
せん。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社の株主は、出資した範囲だけ責任を負うので追加の出資義
務などはありません。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)株式会社法概論 

2019年03月01日

「合名会社の社員の責任」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「株式会社法概論」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【株式会社法概論】

【問 題1】

合名会社の社員は、会社債権者に無限の責任を負う。



1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

合名会社の社員は、株式会社などと違って、会社が負った債務につ
いて無限の責任があります。



【 問題2 】

合同会社の社員は、会社が負った債務に無限の責任を負う。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

合同会社は、会社法ができたときに規定された新しい会社の形態で
すが、その社員は、自分が出資した額の範囲では責任を負いますが、
無限の責任を負うわけではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社はその形態で、社員(株主)の責任範囲がまるっきり違います。



本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)株式会社法概論 

2019年02月26日

「キャッシング業務での貸付期間」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回も、「付随業務」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【付随業務】

【問 題1】

キャッシング業務での貸付期間は、解約日から解約日の翌日まであ
る。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

キャッシング業務での貸付期間は、解約日から解約日の「翌営業日」
までです。

金曜日が解約日の場合、翌日だと土曜日までですが、翌営業日だと
月曜日までとなります。もちろん、月曜日以降が祝日があればさら
に伸びます。



【 問題2 】

キャッシング業務での貸付限度額は、一律で500万円である。

1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

キャッシング業務での貸付限度額は、「MRFの残高に基づいて計
算した返済可能額と500万円のうちいずれか少ない金額を基準に
各金融商品取引業者が定める金額」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャッシング業務は、付随業務の出題の中心のひとつです。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)付随業務 

2019年02月22日

「付随業務に含まれるものと含まれないもの」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「付随業務」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【付随業務】

【問 題1】

「有価証券の貸借またはその媒介もしくは代理」は付随業務に含ま
れる。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

「有価証券の貸借またはその媒介もしくは代理」は付随業務に含ま
れます。




【 問題2 】

「有価証券の売買の媒介、取次ぎまたは代理」は付随業務に含まれ
る。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

「有価証券の売買の媒介、取次ぎまたは代理」は、付随業務ではな
く、金融商品取引業の本業の一つです。

このように、付随業務を問う問題では、金融商品取引業の本来の業
務を混ぜてくる問題が多く出題されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
付随業務に含まれない業務を覚えるのもひとつの方法です。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)付随業務 

2019年02月19日

「委託者(投資信託委託会社)の役割」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回も、「投資信託及び投資法人に関する業務」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【投資信託及び投資法人に関する業務】

【問 題1】

投資信託の運用の指図は、委託者(投資信託委託会社)の業務であ
る。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

投資信託の運用の指図は、委託者(投資信託委託会社)の一番重要
な業務です。

運用の指図というのは、受託者に具体的な運用を指示することです。
委託者が直接株式などの売買をするわけではありません。受託者が
売買します。



【 問題2 】

目論見書、運用報告書の作成は、販売会社が行う。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

目論見書、運用報告書は、委託者(投資信託委託会社)が作成しま
す。

お客様に交付するのは、販売会社の役割です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
委託者(投資信託委託会社)が投資信託の仕組みの要です。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)投資信託及び投資法人に関する業務 

2019年02月15日

「委託者指図型投資信託の構成」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「投資信託及び投資法人に関する業務」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【投資信託及び投資法人に関する業務】

【問 題1】

委託者指図型投資信託の運営は、委託者、受託者、販売会社の3者
で構成される。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

委託者指図型投資信託の運営は、委託者、受託者、「受益者」の3
者で構成されます。

受益者は投資家のことです。販売会社は、実務上は大事な投資信託
の役割を担っていますが、法律的な役割としては入りません。




【 問題2 】

委託者(投資信託委託会社)になるには、内閣総理大臣からの登録
を受けなくてはならない。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.〇


【解 説】

その通りです。

委託者(投資信託委託会社)になるには、内閣総理大臣からの登録
を受けなくてはなりません。

登録であって、免許や認可ではありません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
委託者指図型投資信託というのは、通常の投資信託です。




本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/
アメブロ「定年後を豊かに生きる生活設計講座」 https://ameblo.jp/morimoto98/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)投資信託及び投資法人に関する業務 
「50歳からはじめる定年前の整理術」という本を書きました
筆者紹介

森本幸人

Recent Comments
Recent TrackBacks
ファイナンシャルプランナーになる! (2級FP技能士/AFP試験対策 合格フルセット)
「日本証券業協会 倫理コード」
  • ライブドアブログ