2017年06月16日

「長期国債と個人向け国債」

みなさん、こんにちは
ファイナンシャルプランナーの森本です。



今回は、「債券業務」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは、問題です。
選択肢の番号でお答えください。

【債券業務】

【問 題1】

債券市場の中心である長期国債の期間は10年である。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

1.○


【解 説】

その通りです。

債券市場で大きなウエートを占める長期国債の期間は10年です。

固定金利で価格競争入札による公募入札方式などで発行されます。


【 問題2 】

個人向け国債の期間は3年と5年の2種類である。


1.○
2.×






答えは・・・

【解 答】

2.×


【解 説】

個人向け国債の期間は3種類です。3年、5年と10年があります。
3年、5年が固定金利で、10年が変動金利です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国債は債券市場の中心的存在で、試験では特に個人向け国債が出題
されます。



本日は、以上です。



めるまが「二種外務員資格取得講座 テキスト解説編」は、二種外務員の
科目をわかりやすく解説しています。
http://www.mag2.com/m/0000204563.html
よろしかったらどうぞ

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


fpmorimoto at 21:10コメント(0)トラックバック(0)債券業務  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
「50歳からはじめる定年前の整理術」という本を書きました
筆者紹介
月別アーカイブ
Recent Comments
Recent TrackBacks
ファイナンシャルプランナーになる! (2級FP技能士/AFP試験対策 合格フルセット)
「日本証券業協会 倫理コード」
  • ライブドアブログ