s_003m


ここ何か月間飲食店全体、前年比90%だとか業界全体の落ち込みが激しいなかで、
なんとか突破口を見出そうと各企業が必死にやっています。


僕たちがお店を診断する中で一つの考え方があります。

「外的要因」と「内的要因」
飲食店を改善するために、外的要因と内的要因にわけて考えると対策を立てやすいです。

(外的要因で考えられる例)
1)競合店が最近増えてきている。
2)ブームが去ってしまった
3)地殻変動があり売上に影響した。
4)メニューの購買価格が落ちてきている

(内的要因で考えられる例)
1)店長が変わりサービスレベルが落ちたのでは?
2)出るメニューが出なくなった。
3)大分お店が汚くなってきた。
4)スタッフ同士仲が悪い。

内的要因で、店舗のサービスレベルが落ちているからロープレやろうとか
外的要因で他のお店が繁盛しているから負けないコース作ろうとか
こんな具合で潰して考えていきます。
それぞれ分けて考えると色々でてきますよ。
つまり、要因の原因がなんなのか「仮説」を立てる

「仮説」を立てて
「対策」を考えて動く。
「検証」対策に対しての検証をする。
  ↓ ↓ ↓
再度、仮設を立てる。

これの繰り返しがお店を繁盛に導きます。

物事は「分ければわかる」です。

ロジカルシンキング(論理的思考)です。ロジカルシンキングの考え方はビジネスに非常に役に立ちます。

(2017年7月3日更新)