『民間介護保険加入のポイント』メルマガ133号『債券とは』メルマガ135号

2009年09月07日

『贈与税』メルマガ134号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク! 第134号
      
〜フリーで活動中の中立かつ公正なFPがあなたを応援します〜
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                               
 □■メルマガの内容(はじめての方へ)
 
 このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローンの選び方、年金テクニックや節税術を実務家FPがわかりやすくお伝えします。

 生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを考えるきっかけになれば幸いです。
__________________________

 ◇◇2009年1月よりリニューアルしました◇◆◇

 第1週・・・・資産運用
 第2週・・・・ローン(主に住宅ローン)
 第3週・・・・保険
 第4週・・・・ライフプラン他

 それぞれ、【基本編】【アドバンスト編】【extra編】で構成されています。
【extra編】は注目すべき記事などがあったときに配信します。
__________________________

 今週のテーマは「ライフプラン」です。 
__________________________
  
 【基本編】

 『贈与税』前回のつづき

 今回は『相続時精算課税制度』についてポイントをまとめます。

 この制度を利用すると親の財産を2500万円まで子どもに無税で贈与できます。

 ただし、この贈与財産は親の相続時に相続財産に合算され、相続税額が計算されます。

 【ポイント】

 ・贈与者は「65歳以上の親」、受贈者は「20歳以上の子である将来の相続人」

 ・贈与財産の種類は問いません。

 ・贈与財産が2500万円になるまで、贈与税はかかりません。

 ・2500万円を超えた場合は、超えた部分に税率20%の贈与税が課税されます。

 ・この特例を受けるには最初に贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までに
  税務署に申告する必要があります。

 ・この制度を受けた後に、一般の贈与税(基礎控除110万円)は選択できません。

 ・将来相続財産に合算される贈与財産の価格は「贈与」時の価格です。

 ・相続税の支払いが生じる場合は、贈与税額を控除できます。


 『相続時精算課税制度』の特例として、一定の要件を満たす住宅に関する住宅
 取得資金を贈与する場合、特別控除額が1000万円上乗せされ3500万円になります。

 【ポイント】

 ・贈与者の年齢制限がありません。

 ・平成21年12月末までの特例です。

  
__________________________

 【アドバンスト編】

 『相続時精算課税制度』のしくみを簡単な事例で確認しましょう。

 A(子)さんは、Bさん(親)から平成○年にX株式(1000万円)、平成△年にY株式(2000万円)の贈与を受けました。その後、平成◇年にBさんが亡くなりました。相続時精算制度により贈与されたこれら株式以外の相続財産は5000万円です。相続時のX株式とY株式の時価の合計は1500万円です。なお、年齢要件は満たしています。法定相続人はAさんだけとします。

 ・贈与税

 (1000万円+2000万円−2500万円)×20%=100万円

 ・相続税

 (5000万円+3000万円)−基礎控除(5000万円+1000万円×1人)=2000万円

 2000万円×15%−50万円=250万円

 250万円(相続税)−100万円(贈与税)=150万円(納税額)


__________________________

 【編集後記】

 お盆休みはゆっくりできましたか。

 ところで、今日は衆院選の公示日ですね。

 自民党、民主党、どちらの政党が良いか悩ましいですね。

__________________________
 
 現在【相互紹介】は行っておりません。広告掲載ご希望の方はご連絡ください。
 広告はこの位置に掲載されます。
__________________________

 以下はCFP新美昌也が企画するセミナー、講座、連載記事などのご案内です。
__________________________
 
 ★社員研修(好評につき期間延長)《不況時こそ社員教育のチャンス》
 講師を派遣して1日一人あたりたったの1万円
 詳細 → http://www.fp-trc.com/cat8/post_136.php
----------------------------------------------------
 ★無料ライフプラン講座  

 7日間で学ぶメールセミナーです。
 詳細 → http://www.fp-trc.com/cat14/index.php
----------------------------------------------------- 
 ★FP無料お試し相談(メール)  

 資産運用、保険、住宅ローン、相続、年金、ライフプランなどお金に関する悩みをご相談ください。相談内容が漠然としていても構いません。お気軽にご相談ください.

 面談の場合は有料です。初回のみ50分5,250円(税込)です。平日夜も可。
 土日祭日は込み合いますので早めにお申込ください。
 面談場所は、新宿駅及び東京駅のすぐ近くです。
 詳細→ http://www.fp-trc.com/cat1/post8.php

----------------------------------------------------
 ★メール相談会員募集中!   
 お金のホームドクターを持ちませんか。生活資金を防衛しましょう!
 遠方の方に好評です。相談し放題で年間10,500円(税込)!
 http://www.fp-trc.com/cat1/post_68.php  

__________________________
               
 

【FPの達人からのお知らせ】

ライフプランファイナンシャルプランニングの普及に努めています。


詳細はここをクリックしてくださいね。

応援してね。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ホームページはこちらをご覧下さい。

ブログは
「FPの本棚」
FPの達人
シングルマザーのマネー学
中小企業に活かす生保の知識
FP試験から学ぶお金の学校

メルマガ(まぐまぐ)は読者数5,000名超の
「お金を殖やす、貯める、今日から始める節約テク」  


fptrcniimimasaya at 00:03│Comments(0)TrackBack(0) メルマガバックナンバー(2009) | 税金

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『民間介護保険加入のポイント』メルマガ133号『債券とは』メルマガ135号