『投資信託』メルマガ139号『住宅瑕疵担保責任保険』メルマガ141号

2009年12月02日

『民主党INDEX2009』メルマガ140号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク! 第140号
      
〜フリーで活動中の中立かつ公正なFPがあなたを応援します〜
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                               
 □■メルマガの内容(はじめての方へ)
 
 このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローン
 の選び方、年金テクニックや節税術を実務家FPがわかりやすくお伝えします。

 生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを
 考えるきっかけになれば幸いです。
____________________________________

 ◇◇2009年1月よりリニューアルしました◇◆◇

 第1週・・・・資産運用
 第2週・・・・ローン(主に住宅ローン)
 第3週・・・・保険
 第4週・・・・ライフプラン他

 それぞれ、【基本編】【アドバンスト編】【extra編】で構成されています。
【extra編】は注目すべき記事などがあったときに配信します。
__________________________

 今週のテーマは「ローン」です。 
__________________________
  
 【基本編】

 『民主党INDEX2009』(政策集)を読む

 自民党から民主党に政権が交代しました。

 歴史的な交代ですね。

 日本が大転換を迎えました。

 この歴史的な大事件を目にできたことは本当にラッキーです。

 ところで、民主党がこれからの日本をどう考え、どうしようと考えているのか、『民主党INDEX2009』(政策集)を読むと見えてきます。

 この政策集は以下のURLで詳しくみることができますので、ぜひ、ご覧になってください。

 http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

 この中から、本日は「住宅ローン減税等」を取り上げたいと思います。


 ■住宅ローン減税等

 住宅ローン減税については、いたずらに最大控除可能額を拡大するのではなく、バリアフリー化や省エネなどの社会ニーズの高い分野に対して重点的な負担軽減策を講じます。

 また、自らの資金で住宅を新改築・購入した場合でも、住宅ローン減税と同程度の負担軽減を受けることができる制度(投資減税)を創設し、団塊世代などの建て替えやリフォームのニーズに応えます。

 生損保など民間保険会社の保険料控除については、社会保障制度を補完する遺族・医療・介護・老後(年金)といった保険商品に対応した、新しい保険料控除制度を創設した上で、所得控除限度額を所得税において15万円程度に引き上げます。

 以上

いかがでしたでしょうか。

超高齢化社会に日本は向かっていますので、これから高齢者の医療や介護の負担が高くなることが予想されます。

そこで、自助努力を促進するために、民間の保険商品への加入への援助として、新たな保険料控除制度の創設や、自己資金によりリフォームをした場合の減税制度を考えています。

ストックリッチな高齢者がお金を使えば経済対策にもなるというわけです。

いろいろな見方ができると思います。

皆さんも考えてみてくださいね。
__________________________

 【アドバンスト編】

『2009年度税制改正』を読む

 では、自民党時代に決まった住宅関連の税制改正のポイントをについてまとめてみましょう。

 ■住宅ローン減税
 
 過去最大規模の住宅ローン減税は皆さんもよくご存じかと思います。

 控除率(年末ローン残高に掛ける率)は1%で、10年間税額控除が受けられます。

 居住年2009年では、最大控除累計可能額は500万円、2013年では200万円です。

 「認定長期優良住宅」に該当すればさらに優遇されます。

 ■リフォーム減税

 自己資金でリフォームした場合に減税が受けられるものです。
 
 省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震リフォームがあり、工事に要した費用(上限200万円)の10%が所得税額から控除されます。

 ■改修促進税制(適用期限5年延長)

 ローンを組み、省エネリフォームやバリアフリーリフォーム工事を行った場合、ローン年末残高(限度200万円)の2%を5年間控除できます。これ以外のリフォームは限度1000万円の1%の控除が可能です。


 ■住宅資金の援助

 非課税額500万円拡大されました。

 ・暦年贈与の非課税額660万円(基礎控除110万円+500万円)

 ・相続時精算課税の贈与税非課税額4000万円(3500万円+500万円)


 以上、実際の適用にあたっては、適用要件など税理士に必ず確認してくださいね。
 

__________________________

 【編集後記】

 オリンピックの東京招致は残念でした。

 でも、プレゼンで日本の存在感をアピールできたのは良かったと思います。

 これから新型インフルエンザが流行る時期です。

 お互い気をつけましょう!
 
___________________________

 以下はCFP新美昌也が企画するセミナー、講座、連載記事などのご案内です。
__________________________
 
 ★社員研修(好評につき期間延長)《不況時こそ社員教育のチャンス》
 講師を派遣して1日一人あたりたったの1万円
 詳細 → http://www.fp-trc.com/cat8/post_136.php
-----------------------------------------------------
 ★無料ライフプラン講座  

 7日間で学ぶメールセミナーです。
 詳細 → http://www.fp-trc.com/cat14/index.php
------------------------------------------------------ 
 ★FP無料お試し相談(メール)  

 資産運用、保険、住宅ローン、相続、年金、ライフプランなどお金に関する悩みをご相談ください。相談内容が漠然としていても構いません。お気軽にご相談ください.

 面談の場合は有料です。初回のみ50分5,250円(税込)です。平日夜も可。
 土日祭日は込み合いますので早めにお申込ください。
 面談場所は、新宿駅及び東京駅のすぐ近くです。
 詳細→ http://www.fp-trc.com/cat1/post8.php

----------------------------------------------------
 ★メール相談会員募集中!   
 お金のホームドクターを持ちませんか。生活資金を防衛しましょう!
 遠方の方に好評です。相談し放題で年間10,500円(税込)!
 http://www.fp-trc.com/cat1/post_68.php  

__________________________
               
 

fptrcniimimasaya at 11:38│Comments(0)TrackBack(0) メルマガバックナンバー(2009) | 住宅ローン

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『投資信託』メルマガ139号『住宅瑕疵担保責任保険』メルマガ141号