『平成22年度税制改正案より』−定期金に関する権利の評価−メルマガ153号高校生のための大学・短大・専門学校進路イベント(4月20日in宇都宮)

2010年02月26日

『平成22年度税制改正案より』−扶養控除の見直し−メルマガ154号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク! 第154号
      
〜フリーで活動中の中立かつ公正なFPがあなたを応援します〜
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                             
 □■メルマガの内容(はじめての方へ)
 
 このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローンの選び方、年金テクニックや節税術を実務家FPがわかりやすくお伝えします。

 生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを考えるきっかけになれば幸いです。
____________________________

 ●第1週・・・・資産運用
 ●第2週・・・・ローン(主に住宅ローン)
 ●第3週・・・・保険
 ●第4週・・・・ライフプラン他

 ★ 小冊子『民間介護保険』徹底解剖 無料進呈のご案内
___________________________

 今週のテーマは「ライフプラン」です。 
___________________________
  
 『平成22年度税制改正案より』−扶養控除の見直し−

 こども手当の創設に伴って扶養控除について大幅な見直しが行われます。

 ○所得税、住民税を計算する仕組みをおさらいしましょう。

 収入(給与)から給与所得控除(必要経費)を差し引いて所得を求めます。

 この所得からさらに「所得控除」を差し引いて課税所得を求めます。

 扶養控除は「所得控除」です。

 
 ○どのように見直しがされるのか。所得税について見ます。

 ・0歳〜16歳未満:扶養控除(現行38万円)廃止

 ・16歳〜19歳未満:特定扶養控除(現行38万円+25万円)の加算部分25万円を廃止

 ・19歳〜23歳未満:特定扶養控除(63万円)を継続

 ・23歳〜69歳以下:現行(38万円)を維持

 ・70歳以上:現行(48万円又は58万円)を維持

 ○いつから適用?

 所得税は平成23年分から、住民税は24年分から適用されます。

 ○影響は?

 所得控除が減るということは、税金が増えることを意味します。

 扶養する子どもの年齢が0歳〜19歳未満で影響がでます。

 一方、中学生以下のこどもがいる場合は、こども手当てが支給されます。
 
 こども手当が支給されたほうが得なのかはケースバイケースです。


 ★こども手当とは?

 中学生以下の子ども1人あたり月額2万6000円(初年度は月額1万3000円)を支給する制度で、2010年度から実施する方針となっています。

 
 ※正式に決まるのは3月の国会で承認されたときです。
____________________________________

 『フリーター予備軍急増!』

 専門学校・大学卒の就職状況もさることながら高校生の就職状況は壊滅的です。

 高校では危機感を持っていて「就職からの進路変更」ということで、専門学校への進学を勧めているようです。

 そのためか、進路変更を考える生徒や保護者向けの「進学費用を工面する方法」の講演会の依頼が増えています。

 しかし、就職がダメだから取りあえず進学というのは疑問です。

 また、ご家庭によっては、家庭の事情で、進学費用を工面できない場合、進学は最初から断念していますので、「就職からの進路変更」という選択肢はそもそも
 ありません。

 かと言って、子どもをブラブラさせるわけにもいきませんし、新卒フリーターにせるわけにはいきません。

 今の日本では、一度フリーターになるとそこからの脱却が難しい状況です。

 フリーターの生涯年収は約5200万円と言われていますし、収入が低いので、国の保険制度(国民健康保険等)にも加入しない方が多く、様々な面で不利です。

 そこで、考えたいのが「公共職業訓練の活用」です。

 雇用対策として国では、「緊急人材育成・就職支援基金」により、雇用保険を受給できない方(非正規労働者、長期失業者など)等に対するセーフティネット機能を持つ仕組みをつくっています。

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/training/index.html

 職業訓練が無料で受講できるほか、一定の要件を見たせば、月額10万円(扶養家族がいれば12万円)が支給されます。

___________________________

 【編集後記】

 高校生や専門学校、大学生を持つ保護者はお子さんの就職について不安に思われ
 ていると思います。

 それに比べ子どものほうはあまり危機感がないように感じます。

 将来のことに関して真剣に話し合っても良いのではないでしょうか。 

 ところで、最近、外国人地方参政権問題に関心を持っています。

 なぜ今この法案を国会に提出しなければならないのか。

 この不況の時にもっと優先順位が高いものがあるのではないか。

 外国人地方参政権問題は日本の根幹をゆるがす大きな問題と言われていますので、もっと十分時間をかけて審議すべきだと思います。

 マスコミの扱いも小さいのも疑問です。

_____________________________
 
 ★ 医療保険より役立つ!?
  『民間介護保険』徹底解剖 小冊子 を差し上げます。

 詳細 ⇒ http://www.fp-trc.com/cat6/post_193.php

 ○ポイント
 複雑な民間の介護保険を徹底解剖し、比較できるようにまとめてみました。 
______________________________

 ★ 保護者のための「進学マネー講座」 BY CFP新美昌也

 貯金ゼロでも大学に行く方法、失業中でも学費の資金調達はできる・・・など
 経済的な理由で進学を諦めない知恵が満載!

  http://www.fp-trc.com/cat1/post_160.php 

 ○読者の声
 単なる学費工面の方法だけではなく、入試制度など周辺の知識などが書かれており
 保護者の知りたいことがコンパクトに掴める、とても親切な内容だと思いました。
 知り合いにも紹介したいと思います。

 ○読者の声
 ほぼ毎週送られてくるフォローメールがあるので、テキストの内容もアップデートでき助かります。
_____________________________

 以下はCFP新美昌也が企画するセミナー、講座、連載記事などのご案内です。
_____________________________
 
 ★社員研修(好評につき期間延長)《不況時こそ社員教育のチャンス》
 講師を派遣して1日一人あたりたったの1万円〜
 http://www.taiyo-kikaku.net/seminar.html
 
 ★格安貸会議室(東京都池袋)
 50名 3時間 1万5千円〜
 http://www.taiyo-kikaku.net/conference.html
 
-----------------------------------------------------
 ★無料ライフプラン講座  

 7日間で学ぶメールセミナーです。
 詳細 → http://www.fp-trc.com/cat14/index.php
----------------------------------------------------- 
 ★FP無料お試し相談(メール)  

 資産運用、保険、住宅ローン、相続、年金、ライフプランなどお金に関する悩みをご相談ください。相談内容が漠然としていても構いません。お気軽にご相談ください.

 面談の場合は有料です。初回のみ50分5,250円(税込)です。平日夜も可。
 土日祭日は込み合いますので早めにお申込ください。
 面談場所は、新宿駅及び東京駅のすぐ近くです。
 詳細→ http://www.fp-trc.com/cat1/post8.php

-----------------------------------------------------
 ★メール相談会員募集中!   
 お金のホームドクターを持ちませんか。生活資金を防衛しましょう!
 遠方の方に好評です。相談し放題で年間10,500円(税込)!
 http://www.fp-trc.com/cat1/post_68.php  



fptrcniimimasaya at 10:12│Comments(0)TrackBack(0) 平成22年度税制改正 | メルマガバックナンバー(2010)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『平成22年度税制改正案より』−定期金に関する権利の評価−メルマガ153号高校生のための大学・短大・専門学校進路イベント(4月20日in宇都宮)