福岡県立大学硬式野球部

新入生から現役、OBまでみんなで野球部を盛り上げていくためのブログです。

春季リーグ戦vs九州歯科大学

新体制となって初めてのリーグ戦が開幕しました。福岡県立大学は昨秋の成績を受け、2部スタート。1部昇格を目指し、奮闘を誓ってリーグ戦に臨みました。

4月24日が福岡県立大学にとっての開幕戦。
別大興産スタジアムにて九州歯科大学と対戦しました。

_20160424_225356


福県大|100|020|004|7
九歯大|400|000|32×|9

投手ー捕手:柴田ー柳原

結果は7対9で敗戦。



初回、先頭の野中が四球で塁に出ると、続く2番浅野がきっちり送りバントを決め、1死2塁。
ここで3番中村は昨秋のリーグベストナイン。

1461764822645


“根性ヒット”(ポテンヒット…)で1死1・3塁。
すぐさま盗塁を決め、チャンス拡大。1死2・3塁。
続く4番柳原は遊ゴロ。
5番景山の打席で相手のワイルドピッチ。
1点を先制する。5番景山・6番柴田も四球でつなぐが、もらったチャンスを生かせず、1点のみ。

1回裏、この試合に誰よりも意気込んだ投手・柴田。気持ちと体が噛み合わず、思うようなピッチングができない。相手も見逃してくれず、緊張で固まったこちらの守備も手伝って4失点。
以降、ギアを入れ替え、2回以降無失点。
あとは反撃のみであったが、チャンスをいかせない。

1461764764747


終わってみれば、2安打。7得点は全て相手のミスによるもの。
投手の柴田は、球速もMax130キロ台前半と本来の持ち味を出せず。
終盤、相手打線につかまり、合計9失点・・・
依然として覚醒が待たれる。まだまだ成長期とも考えられる。

打者では野中が、ブレーキ。こちらも躍動感のあるプレーを期待したい。

どのタイミングでもあと一本が出ていれば勝てる試合だった。逆にあと少しミスがなければ勝てた試合だった。

何とか勝利しないといけない試合だった。


“準備”を2016年スローガンに掲げているものの、まだまだ準備不足。
自分たちの弱さを受け入れ、前にすすむしかない。

次期中心選手の柴田、野中の活躍はもちろん、今シーズンで引退する4年の奮起を切に願う。


次は4月30日に猪位金球場にて長崎国際大学との試合です。
大分の地でOBの方にご声援いただき、ありがとうございました。敗戦しましたが、次への活力となりました。

リーグ戦は始まったばかり、これからもよろしくお願い致します。

リーグ戦初戦【結果速報】

熊本、大分ではまだまだ余震が続いておりますが、被災された皆様に対して、心よりお見舞い申し上げます。

1週間遅れて、本日平成28年度春季リーグ戦が開幕しました。
本学は別大興産スタジアムにて九州歯科大学と対戦しました。


結果は7対9で敗戦。


詳しい内容は改めてアップさせていただきます。
なお、結果は九州地区大学野球連盟のホームページからもご覧いただけます。

本日はOBの方から差し入れもいただきました。ありがとうございました。

試合中止のお知らせ

本日予定していました、

立命館アジア太平洋大学との

リーグ戦初戦は地震の影響により、

中止・順延となりました。

よろしくお願いいたします。

4月16日予定

明日からリーグ戦開幕です。
初戦は、立命館アジア太平洋大学

佐世保球場にて

8:00開会式

14:30試合開始

まずは初戦に全力を。

応援のほど、よろしくお願いいたします‼

いよいよリーグ開幕

今週末リーグ戦が、佐世保球場にて開幕します。

OBの吉田さんのお力添えもあり、選手権大会オープン参加時代以降、初の大会前泊・初日も宿泊することになっています。
バスのない本学にとって、体調管理を図る上では最良の選択ができました。

オープン戦ではなかなか結果は出ませんでしたが、今週1週間を大切に、いいスタートが切れるよう頑張りたいと思います。

_20160411_220927


応援、よろしくお願いいたします。

オープン戦vs近畿大学産業理工学部(育成)

本日、近畿大学産業理工学部グラウンドにて
近畿大学産業理工学部(育成チーム)と
オープン戦を行いました。
本日がリーグ戦前、最後の試合です。
マネージャーのおかげで写真もあります。

福県大|100|000|000| 1
近大産|238|234|00×|22

投手ー捕手:柴田、中村、柳原、柴田ー浅野、柳原、浅野

1回表 先頭打者の野中がヒットで出塁、2番吉田が1球で送りバントを決め1死2塁。3番中村が四球で、1死1・2塁。制球の定まらない状況に乗じて、ダブルスチールし、1死2・3塁。
これは、オープン戦を通して、作ろうとしてきた形。ここを4番柳原が、きっちりレフト前へタイムリーを放ち、1点先制。
しかし相手は昨秋、新福岡リーグを制し、九州地区3位のチーム。それ以上の加点させてもらえず。

_20160410_224335_20160410_224159
_20160410_224124


1回裏 柴田はボールをうまくコントロールできない。内野のまずい守備もあり、2失点。

2回表 チャンスメイクするも相手の継投により加点ならず。以降最後まで継投の前になすすべなく、散発にて無得点。

2回裏も柴田は立ち直れず、2回に2失点。
キャッチャーを代え、組み立て方から立ち直りを図るも3回は8失点。4回からはやや落ち着いたものの、それでも4回2失点。5回3失点。
自己ワーストの18失点。
守備のミスもいつも以上に出たものの、言い訳できないほど、打ち込まれた。

6回裏は肘の違和感から離脱していた中村が、4失点ながら何とか復帰を遂げる。
_20160410_224307


7回裏、不甲斐ない投手陣を見かねて、冬から投手メニューに参加していた柳原がこの試合初となる0をつける。
_20160410_224227



8回裏、エースとしてリーグ前にこのままでは終われないと柴田が志願の再登板。無失点で切り抜ける。
_20160410_224047


結果は1対22。全く笑えない。
これが今の実力。

よかったこととしては、初回に得点する形をようやく作れたこと。
そして、エラーのときに悔しがり、四球でも出塁する度に喜ぶ、という姿をマネージャーが示してくれたことくらいか。物に当たるのは褒められないが、暗いゲーム展開の中でも集中力を切らすことなく、誰よりも感情を表に出してくれた。


チームとしては、これまで目標をどこに置き、プロセスとして何をしてきたのか?

「野球を楽しみたいのか?」
「楽しく野球をしたいのか?」

似た言葉に聞こえるが、社会人のチームからいただいた言葉。
野球を楽しむには苦しい過程も必要。

リーグが新体制となった今季からは、これまで以上に成功体験をおさめ、成長するチャンスが与えられている。

エースの覚醒を待ちたい。

そして、全員の本気が見たい。

今一度チームが一丸となって目標達成に向け、邁進したい。

大差がついた中でも、最後まで手を抜かず、積極的に塁を狙い、いい投球を見せてくださった近畿大学産業理工学部の皆さま、ありがとうございました。

金子くんもありがとうございました。

いよいよ16日からリーグ戦開幕です。
心配してくださるOBの皆さま、
こんなところに入部していいのかとお考えの新入生。

ぜひ、OBは試合を見に来てください。
新入生は飛び込んでみてください。

最近の結果からは想像しづらいですが、

OBには懐かしさとワクワク感を、
新入生には大学生活での満足感とやりがいを
約束します。

必ずリーグ戦では一定の結果を出してみせたいと思います。

応援のほど、よろしくお願い致します。

入学式

平成28年4月4日、入学式が行われました。

経験は不問です。

ぜひ硬式野球部へ‼

新入生の入部を部員一同、

楽しみに待っています。

お知らせ(春季リーグ戦日程)

九州地区大学野球連盟における北部九州地区、
2部リーグ春季リーグ戦日程をお知らせ致します。

予定は本学のみですので、詳細は九州地区大学野球連盟の
ホームページをご参照ください。

日にち、試合時間、対戦校、場所の順です。

〈一次リーグ〉1回戦ずつの総当たりで、順位を仮決定

4月16日(土)14時30分vsAPU、佐世保野球場
4月17日(日)9時vs長崎大学、佐世保野球場
4月23日(土)試合なし
4月24回(日)14時vs九州歯科大学、別大興産スタジアム
4月30日(土)11時30分vs長崎国際大学、猪位金球場
5月1日(日)11時30分vs大分大学、佐賀ブルースタジアム
5月7日(土)9時vs福岡歯科大学、別大興産スタジアム

〈二次リーグ〉
仮決定した順位で、上位3チームと下位4チームに分かれ、
再度1回戦総当たり。◯の中は順位。

5月8日(日)vs、vsА↓vsΑ∧迷膓住坤好織献▲
5月14日(土)vsァ↓vs◆↓vsぁ筑豊緑地球場
5月15日(日)vsА↓vsァ↓vs 筑豊緑地球場

〈予備日〉
5月21日(土)〜5月22日(日)、猪位金球場

〈開会式〉
4月16日8時〜佐世保野球場にて
〈閉会式〉
全日程終了後

以上となります。

応援のほど、よろしくお願い致します。

お知らせ(九州地区大学野球選手権大会開催方式変更)

本学の所属する九州地区大学野球連盟の
開催方式が今春から変更になりましたので、
お知らせ致します。
※九州地区大学野球連盟のうち、本学の所属する
北部九州地区に限った形でのお知らせになります。

「第65回全日本大学野球選手権記念大会」(H28.6月)から、
九州地区大学野球連盟より代表校が2校出場することになりました。
それに伴い、「九州地区大学野球選手権大会」の開催方式が
下記通り変更になります。

■ 全日本大学野球選手権代表校選出方法
九州地区大学大学野球連盟の地区を北部九州ブロック大会、南部九州ブロック大会とし、各ブロックでリーグ戦を開催し、各優勝校が全日本大学野球選手権大会へ出場する。

■ 明治神宮野球大会 九州地区大学野球連盟代表校選出方法
北部九州ブロック大会、南部九州ブロック大会それぞれにおいて大会を開催し、各優勝校・準優勝校同士が順位決定戦を実施し、上位3チームがユニバーシアード大会記念九州大学野球選手権大会へ出場する。

■ 開催方式
九州地区大学野球選手権 北部九州ブロック大会
□大会方式:リーグ戦方式(1部=6大学、2部=7大学)
*1部リーグ=春季・秋季大会ともに各カード2回戦の勝率制
*2部リーグ=春季・秋季大会ともに2次リーグ制
(1次リーグで総当たり1回戦を行う。2次リーグでは上位大学、下位大学で1回戦を行う。1次、2次リーグの総合勝敗にて順位を決定する)
□入 替 戦:自動入替(1部6位と2部1位の自動入替)
□DH制採用

<秋季大会>
□大会方式:予選リーグ・決勝トーナメント方式
*予選リーグ=勝点制(2試合先勝で勝点1)
各地区予選リーグ1位大学・2位大学が決勝トーナメント進出
*決勝トーナメント=各地区代表校によるトーナメント戦
□DH制採用

■ 地区の振り分け
<北部九州地区>(福岡県、長崎県、大分県の13校)
(1部リーグ)
折尾愛真短期大学、近畿大学産業理工学部、久留米工業大学、西日本工業大学
別府大学、日本文理大学
(2部リーグ)
大分大学、九州歯科大学、長崎大学、長崎国際大学、福岡県立大学、福岡歯科大学、立命館アジア太平洋大学

以上となります。南部九州地区も今春より方式が変更になっておりますが、
その点は九州地区大学野球連盟のホームページをご参照ください。

リーグ戦の組み合わせ・日程につきましては、
改めてご案内致します。

よろしくお願い致します。

オープン戦vs九州共立大B(W)

平成28年3月26日、九州共立大学Bとのオープン戦第二試合です。
第一試合は一つ前の記事にアップしています。

<第二試合>
九共大|101|360|017|19
福県大|000|000|001| 1

投手ー捕手:柳原、浅野、柴田ー浅野、藤井(九共大)

image3



9回裏、中村の安打から、吉田、野中が内野ゴロでつなぎ、
2死3塁。柴田のセンター前タイムリーで一矢報いる。


リーグ戦での緊急事態に備え、
柳原、浅野に登板機会を設けた。
柳原は、失点しながらも5イニングを投げきり、
浅野も無事に初登板を終えた。

遠山の積極的プレーには頭が下がる。
感謝。周りも見習ってほしい。


この試合では、負傷退場があったため、早急な回復を祈るばかり。


試合の準備、運営等々、本日は九州共立大学のみなさん、ありがとうございました。

また、本日は2010年卒の仲上OBに観戦、差し入れまでいただいた。ありがとうございました。
もっといい試合を見せられるよう、チーム一丸となってがんばります。


次回オープン戦は、4月10日近畿大学産業理工学部Bです。よろしくお願いします。

image2
Recent Comments
Recent TrackBacks