福岡県立大学硬式野球部

新入生から現役、OBまでみんなで野球部を盛り上げていくためのブログです。

【オープン戦結果】vsAPU

8月30日(火)、門司球場にてAPUと対戦しました。

県大|000|001|000|1
APU |000|000|100|1
投手ー捕手:柴田、中村ー柳原

結果は引き分けでした。
1472567932953


今週末よりいよいよリーグ戦です。
まずは初戦に全エネルギーを注ぎます‼

【オープン戦結果】vs九州工業大学

8月23日(火)、猪位金球場にて九州工業大学とオープン戦を実施しました。
諸事情にて簡潔にまとめていますが、ご容赦ください。

九工大|200|004|275|20
福県大|000|000|400| 4
投手ー捕手:中村、柴田ー柴田、中村

数名が参加できず、ギリギリの中でのゲーム。
試合のヘルプをしてくれた小林君どうもありがとう!

後半にミスが続き、また相手投手を攻略できず。終わってみれば大敗。

ロースコアに持ち込みいかにミスを少なくするか、いかに効率よく得点するかが求められる。

リーグ戦まで2週間あまりだが、基本的なところから課題は多い。何とか初戦を万全に迎えるべく、策を練りたい。

次戦は30日(火)門司球場にてAPUと対戦します。

【修正:オープン戦結果】vs折尾愛真短大(W)

第2試合の内容、全体のまとめに不備がありましたので、修正しています。
-------------
8月21日(日)、猪位金球場にて折尾愛真短大とオープン戦を実施しました。
折尾愛真短大さんはリーグ戦初戦の相手。
相手の情報を仕入れながら、本学は余力を残して戦うということができれば理想的でしたが、相手は格上。とにかくがむしゃらに、全力で戦いました。

《第1試合》
折愛短|000|100|000|1
福県大|101|000|000|2
投手ー捕手:柴田ー柳原

念願の勝利‼
1471782878669
※写真は主将の柴田と副将の野中
勝利投手と勝利打点打者です。野中は守備でも7度の守備機会を無難にこなし、勝利に貢献しました。

試合は初回、先発の柴田の制球がやや定まらず、2番打者へ四球、3番打者へはヒットを許し、いきなり1死2・3塁のピンチを招く。
しかし、何とか後続を断ち無失点で切り抜ける。

その裏、本学の攻撃は久々に先頭を務める中村がきっちりヒットで出塁すると続く2番は園田。大学野球では初の上位。ベンチの期待と不安を一心に集め打席へ。
そんなベンチの思いは何のその、中村のヒットが霞む鮮やかなレフト前ヒットでチャンスメイク。バッテリーエラーもあり、無死2・3塁。
3番野中がセンターへの犠飛を放ち、1点を先制する。

3回にはラストバッターの森下がヒットで出塁すると中村がバントで送り、1死2塁。園田の内野ゴロの間にランナーは3塁へすすみ、2死3塁。ここも野中が左中間へタイムリーを放ち2点目を挙げる。

4回表、先頭の3番打者に右中間を破られ無死3塁。連続三振を奪い2死とするも、6番打者にヒットを許し、1点失う。

攻撃は4回以降リリーフピッチャーを打ちあぐね無得点。

一方で柴田も8回こそ1死2・3塁のピンチがあったものの、その他は危なげないピッチングで4回の1失点のみに抑える。
見事に完投勝利をおさめた‼

格上のチームと戦うためには、“これしかない”というゲーム展開。欲を言えば、無失点に抑えられるよう先頭打者は出したくない。また、打線ももう1点は何とか奪いたかった。

《第2試合》
福県大|000|000|000| 0
折愛短|033|203|220|15
投手ー捕手:中村、柳原ー柳原、柴田

完敗。
1試合目とは対象的に“これでは勝てない”の典型的なゲーム。

ミスもあり、もちろんたくさん打たれ、選手層や体力差等々を見せつけられました。

攻撃は相手の投手リレーに何もできず。
ただ守ること、ゲームをすすめることだけに必死で、勝負できる状態にはありませんでした。

ゲームの様子です。
_20160821_223247

1471786213438

1471786221591

1471786258421

1471786303450

_20160821_223325

リーグ戦で同じように勝つことは今日の何倍も難しいことかもしれません。しかし、何とかロースコアに持ち込み、取り組むべき課題を徹底することができれば活路が開けると選手は感じたはずです。
第2試合の悔しさを忘れないことはもちろん大事なことですが、成功体験をようやくおさめたこともしっかり刻んでもらいたいと思います。

柴田、野中が一定の結果を残し、中村、柳原は状態を上げていくことがチームとして大前提。
その中で小畑、園田の成長がチームを押し上げる鍵を握る。
今日来れていない馬場園はもはやチームの中心核。
高城は人数の少ないチーム状況で、出場機会が減りつつあり、だれよりも悔しい思いをしている。
森下が実習を終え、石川とここに加わり、全員が一丸となることが何より求められる。
あとは4年生の協力も不可欠。

慢心することだけはないように、柴田と野中を軸に改めて必死に頑張っていきたいと思います。

暑い中、応援に来てくださった皆さん、ありがとうございました。

次戦は、23日(火)に対九州工業大学です。

【オープン戦結果】vs長崎大学(W)

8月17日(水)、猪位金球場にて長崎大学とオープン戦を実施しました。と言ってもご報告の通り、本学の都合により中身はゲーム形式での合同練習です。
助っ人には九州歯科大学から石川君、石橋君、後藤君に来ていただきました。本学と九州歯科大学は公立大学という意味で姉妹校ですが、このような形は初めてと思います。
1471471940160
※写真はゲーム後、助っ人3人と本学主将の柴田

《第1ゲーム》
長崎大|100|100|000|2
福県大|000|000|000|0
投手ー捕手:柴田ー柳原、石橋

大物助っ人を3人招いて臨んだゲームでしたが、0ー2で敗戦。
守るべきところで守りきれず、打つべきところで打ちきれず、勝負弱さを露呈したゲームでした。

初回1死後に、三遊間のゴロをサードとショートが譲り合いレフト前へ…
続く打者を三振に打ち取ったものの、4番に四球。そして5番打者に初球を弾き返され先制を許す。
4回には無死からヒットで出したランナーにバッテリーエラーで2塁まで進まれると、次打者にセカンドゴロを打たれ、1死3塁。スクイズを決められ2点目を失う。

初回はサードの消極的姿勢、四球後の入り方等基本的な部分で失点。4回はホームでのタッチプレーの練習不足(新ルール)による失点。2点ともリーグではなくしたい失点と言える。
9回を被安打3、与四球3と好投した柴田を思うといかに効率よく得点されたか…

攻撃では2回(1死2塁)、6回(2死満塁)、7回(1死2塁)、8回(1死後に出塁)とチャンスは作るものの、決定打が出せず、またまずい走塁もあり、結局無得点。

0ー2で敗戦となる。

《第2ゲーム》
福県大|101|100|000|3
長崎大|302|010|00×|6
投手ー捕手:中村、柳原ー石橋
1471471956273

第2ゲームはいろいろあったが、反省ばかりのため割愛。
得点は全て助っ人の打点。後藤君が2打点、石橋君が1打点。本学は柳原の3安打含め、ヒットは出るもののタイムリーには至らず。

投げては中村が5回を6失点。柳原は3回を無失点。
中村の出来がリーグで勝ち上がるための鍵になるので、これからの追い込みに期待。
1471471973972
もちろん柴田の“ピッチングの出来”はいいことが大前提。

まだまだ課題が多く、チームは発展途上。
リーグ戦に向け、一歩一歩前進していきたいと思います。

助っ人に来てくれた石川君、石橋君、後藤君、ゲームを組んでくださった長崎大学さん、ありがとうございました。

気付かれた方もいるかと思いますが、この日よりユニフォームのデザインをマイナーチェンジしています‼

【お知らせ】明日のオープン戦

明日予定しておりました、長崎大学とのオープン戦につきまして変更の報告です。

場所:猪位金球場
時間:8月17(水)10時〜
試合数:2試合

という主だったスケジュールは予定通りです。

が、本学にとっては内容が大きく変更となります。
夏季の福祉実習、就職内定者事前研修、講義等々が重なり、まさかの人数が足りない状況が発生しました。。

予定外のハプニングにて、急遽大物助っ人を学外へ呼びかけました‼
試合形式の合同練習となることを快諾いただいた長崎大学さん、助っ人要請にお応えいただいた3名の方々、ご無理を聞いていただきありがとうございました‼

助っ人が誰なのかは、明日のご報告の際、ご紹介したいと思います。

明日から秋季リーグ戦に向け最終調整となります。
“調整”というより“追い込み”をしてリーグ戦の準備を徹底したいと思います。
お時間のある方は、ぜひ応援にお越し下さい。

【お知らせ】秋季リーグ戦予定

ようやく試験期間を終え、補講や集中講義はあるものの、リーグ戦に向け準備をすすめています。

さて、リーグ戦の日程をお知らせします。
※直前に再掲したいと思いますが、取り急ぎ。

9/3(土)9時〜猪位金球場vs折尾愛真短大
9/4(日)14時〜猪位金球場vs九歯大
9/10(土)11時30分〜別大興産vs長国大
9/11(日)11時30分〜別大興産vs長崎大
9/17(土)14時〜さくらボールパークvsAPU
9/18(日)試合なし
9/19(月)予備日
9/22(木)9時〜田川市民球場vs福歯大
9/24(土)二次リーグ(平成の森(宇佐市))
9/25(日)二次リーグ(平成の森)
10/1(土)二次リーグ(鳥栖)
10/2(日)・8日(土)・9日(日)予備日

春の雪辱を果たしたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

【お知らせ】8月予定

8月2日から8日の試験のため、7月末より全体練習はテスト休みとなります。しばし、野球は自主トレとなり、勉学に励みます。そして、たぶんちょっと遊びます。
1469448537180
さて、8月の予定です。

連盟主将会議
8月8日(日)日本文理大学にて

決起合宿
8月9日(火)〜8月10日(水)

オープン戦
8月17日(水)vs長崎大学W(10時〜猪位金球場)
8月21日(日)vs折尾愛短W(10時〜猪位金球場)
8月23日(火)vs九州工大S(10時〜猪位金球場)
調整中vsAPU

リーグ戦開幕
9月3日(土)猪位金球場にて
※詳細は8月に更新いたします。

以上。追加・変更等は随時ブログ内にてお知らせいたします。

【オープン戦結果】vs九州大学(S)

7月16日(土)、九州大学Gにて九州大学と対戦しました。

福県大|000|000|000|0
九州大|001|030|20×|6
投手ー捕手:柴田ー柳原

試合は序盤、相手投手の前に3イニングスで6三振、ノーヒットと全く得点の糸口をつかめない。
1468784247570
写真はその中で唯一可能性を示した園田。結果は出ていないが徐々にチーム内での存在感を示し始めている。

3回裏、無死からランナーを出すと1番打者は送りバント。3番打者にレフト前へ運ばれ、あっさり先制を許す。打線が沈黙しているからこそ、投手を始め守備陣が踏ん張りたいところ。1つの課題と言える。
5回裏には1死から四球でランナーを許すと、相手のバントに三塁手が翻弄され、この回3失点。
7回も四球でランナーを許し、エラーも絡み、2失点。

一方攻撃は、7回まで完全に抑え込まれる。
8回、1死後園田が四球で出塁。その後二死となるも、続く森下がこの日2本目のヒットで繋ぎ、ようやく得点圏にランナーをすすめる。
1468785509920
※この場面ではないが、写真はこの日2安打を放った森下
1番打者の馬場園も四球を選び、2死満塁。ようやく反撃を、との期待もむなしく、あと1本が出ず、この日は無得点。

8回裏のピンチは柴田が踏ん張り何とか無失点で切り抜けた。


結果は0対6での敗戦となりました。
得点力不足はさることながら、そこはある意味計算の範囲内。ロースコアのゲーム展開とできていないことが当面の課題と言えます。
二遊間含めたセンターラインがしっかりしてきたことで、大きな崩れはありませんが、ここで満足していてはリーグでは戦えません。
三塁手はリーグまでにあらゆる場面を想定できるよう、練習を重ねる必要があります。またバッテリーは不要なランナーを出すことが、いかに自分たちを苦しめるのか、これまでの試合で理解できたはず。自分たちの野球をするという、大前提は卒業して、「打者と対峙」できるよう、レベルアップすることを期待します。
チームとしては課題ばかりでまだまだですが、目標を達成するため、チームスローガンでもある「準備」の徹底して、頑張っていきます。
これからもよろしくお願いいたします。

復調に期待の中村
1468786847083

【雨天中止】オープン戦vsAPU(W)

本日予定していました、臼杵市民球場でのオープン戦(立命館アジア太平洋大学戦)は雨天中止となりました。

次戦は7月16日(土)、九州大学Gにて九州大学とのオープン戦(S)になります。

よろしくお願いいたします。

【北九州・下関地区インカレ】vs北九州市立大学A

北九州・下関地区インカレの本学1回戦は7月2日の雨天ノーゲームにより、7月3日(日)に改めて九州国際大学若松グラウンドにて行われ、北九州市立大学Aと対戦しました。
1467533758158

北九大|200|012|020|7
福県大|001|000|001|2
投手ー捕手:柴田ー柳原
1467533648477
結果は2対7で敗戦。
スターティングオーダーの5人が1年生、しかも野球未経験者もいる中での結果としては「よくやった」との評価もありますが、リーグに向けて「まだまだ」が実際のところ。

先発は主将の柴田。今日意識したのは「投手有利のカウントからどう打者と対峙するか」
初回無死満塁のピンチを迎えるも、4番打者を投手ゴロに抑える。2死2・3塁とし、無失点に切り抜け勢い付けたかったが、5番打者へタイムリーを許し、2失点。2回から8回は先頭打者を1度も出さず、味方のエラーもありながら最少失点に切り抜けていく。暑さから中盤以降は野手に疲れが見え始め、記録に残らないようなエラーが重なり、5回1失点、6回2失点、8回1失点。
1467533639095
攻撃は3回、久々に先発出場した石川が四球で出塁し、1死1塁とすると続く高城の進塁打で2死2塁。ここで、1番馬場園の打球はサードを強襲し、2死1・3塁。0対2の状況で、是が非でも1点が欲しいチームの期待は中村へ。すると、馬場園、石川が重盗を敢行。見事に1点を奪い取る。石川のヘッドスライディングはいつ練習したのかと全員が驚くほど鮮やか。1対2とする。
そして、1対7で迎えた9回、2番中村、3番野中が四死球をもぎ取り2死1・2塁。4番は今日も柳原。打席に限ってはここまでいいところ無し。暑さも手伝ってやや元気がなかったが、意地を見せ、打球はレフト前へ。何とか1点を返し、2対7で試合を終えた。
1467533630094
チームが未熟な中、北九州市立大学のような強いチームと2試合できたことは本学にとって大きな収穫となりました。
暑くても、少人数でも、1試合を戦い抜く体力を身に付けることが何よりの課題。そこからバットを振る力、グラウンド内を走り回る力、ボールを投げる力等々を習得していかなければいけません。今は結果よりも過程や内容を重視し、ミスをしてでもあらゆる場面を経験してほしいと思います。
投手は2日通して、立ち上がり、中盤、終盤での勝負どころでの内容に課題が残りました。3日に関しては最低限の投球ができたから、何とか試合になったものの、あくまで最低限。課題に向き合って、チーム全体も見ながら自分のことにも取り組めたら、次に繋がるはずです。

次戦は7月10日に臼杵市民球場でのオープン戦を調整できました。APUとの対戦になります。
応援よろしくお願いします。
1467533727050
Recent Comments
Recent TrackBacks