福岡県立大学硬式野球部

新入生から現役、OBまでみんなで野球部を盛り上げていくためのブログです。

【お知らせ】2021秋季リーグ戦 ※無観客試合※

秋季リーグ戦の日程が決定しましたので、お知らせいたします。

【2021年秋季リーグ日程】※本学の予定
一次リーグ
9月19日(日)13:00〜
vs折尾愛真@別府市民球場

9月20日(月)13:00〜
vs佐賀大学@別府市民球場

9月23日(木)10:30〜
vs九州歯科@別府市民球場

9月25日(土)10:30〜
vs長崎大学@みゆき球場

10月3日(日)10:30〜
vsAPU@別府市民球場

二次リーグ(一次リーグの上位3チーム)
10月9日(土)〜10日(日)@猪位金球場

上記となりました。コロナ禍にて、日程の変更の可能性もありますので、詳細は九州地区大学野球連盟のホームページをご参照ください。
(kubu.jp)

なお、今大会も『無観客試合』での開催となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※試合速報もホームページから確認可能です。

現在、緊急事態宣言により、本学は活動自粛を余儀なくされている状況です。何とか秋季リーグ戦に出場できるよう、日々のコロナ対策はもちろん、各個人で『目の前のできること』に取り組んでいきたいと思います。
line_575684568130948

【2021春季リーグ戦終了】

九州歯科大学の棄権に加え、佐賀大学が残りの試合を棄権することが決定したため、二次リーグ進出の可能性がない本学は、4月22日をもって春季リーグ戦の終了が決定しました。

大会そのものは継続中ですので、九州地区大学野球連盟のホームページをご参照ください。


非常に悔しいですが、まだ頭の整理がつきませんが、主将交代など事務的なことから粛々とすすめていきたいと思います。

『4年のための試合』もチームとして検討していければと思います。

悔しい結果となりましたが、引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

line_88587568161384
長崎国際大学戦から得点シーンのシミュレーションだけは完璧でした。この風景が幻となったことも残念です…

【結果:2021春季リーグ戦ぁvs長崎国際大学

4月18日(日)、みどりの森県営球場にて、リーグ戦第4戦、長崎国際大学と対戦しました。

長国大|5 0 11| 3 1|20
福県大|0 0 0 |0 0 |0
大会規定により5回コールド

バッテリー:門田、倉中ー橋口
line_88396926496144

【本学オーダー】
4是枝(3年)
6横林(2年)→吉田
7浅原(3年)
5霤(4年)
DH原永(4年)
3砂場(3年)
2橋口(2年)
9井上(3年)
8小田原(4年)
P門田(4年)→倉中(2年)

初回から苦しい立ち上がり。4つの四球を献上し、いきなり5失点。

2回は0に抑えたものの、コースを狙えば「ボール」の判定、ストライクを取りに行けば打たれる、の悪循環で3回は11失点。

4回途中から倉中がリリーフし、最少失点に切り抜けるも、5回を終えた時点で0対20。

攻撃は初回に是枝が四球で出塁すると盗塁を仕掛けたり(結果は2塁刺殺)、橋口がヒットを放ったりするなどして反撃。2・3・4回は得点圏にランナーを進めたが、この日は3塁すら践ませてもらえず。
line_88386470537658
#26砂場 1四球で2回の好機を演出。

圧倒的な力の差の前に5回コールド負けとなった。

20点差でしたが、もっと点差は縮められたゲームでした。ただし、20点差以上の実力差を感じさせられたゲームでもありました。

個人の思いはそれぞれでしたが、それぞれに収穫もあり、試合後のミーティングでは選手間で時間をかけて討論していました。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、残すところ、あと1戦。ラストゲームになる4年もいるので、全員野球で食らいつきたいと思います!
line_397703614598697
#22小田原

line_88718395383105
#15吉田

line_397750586500346
#10霤

【結果:2021春季リーグ戦】vs大分大学

4月17日(土)、リーグ戦第3戦はみどりの森県営球場にて、大分大学との対戦でした。

大分大|062|032|13
福立大|001|200|3
大会規定により6回コールド

バッテリー:倉中、谷口ー橋口

【本学オーダー】
4是枝(3年)
6横林(2年)
8浅原(3年)
3砂場(3年)
7原永(4年)
5霤(4年)
2橋口(2年)
DH吉田(4年)
9井上(3年)
P倉中(2年)→谷口(1年)

結果はまたもコールド負けでしたが、是枝の犠牲フライや橋口の2ベースヒットで3点を返し、粘りを見せました。

今回は、写真と紹介を多めに。


この日2人のピッチャーが大学の公式戦で初めての登坂を果たしました。
line_79156187952432
#6倉中 野手からの挑戦。初マウンドは緊張から制球に苦しむも5回1/3を投げ抜く。味方の拙守がなければ、もう少し失点は抑えられたはず…。

line_86120168476127
#3谷口 堂々の大学デビュー。ランナーを背負っての初登板も0回2/3を1失点。まだ入部1週間あまりだが、投手経験もあり期待値はかなり高い。

line_79195258810021
#29橋口 2打数2安打(2本とも2塁打)、2打点、1四球の活躍。盗塁阻止もあり、着実に成長中!

line_79082872857772
#23原永 3打数2安打、1得点。待望の今季初ヒット。この日は肩の痛みを押して守備にもついた。4度の守備機会も難なくこなした。

line_79180976132058
#28浅原 こちらも待望の初ヒット。3打数1安打、1得点。守備では外野から的確な指示を内野に送る。

line_84215864044302
#27是枝 攻守の要。この日はノーヒットながら犠牲フライを放ち、反撃の火付け役に。

line_79167463071073
#15吉田 今季初参戦。吉田がベンチに入ると4年の雰囲気が和らぐ。ちょっとしたエピソードも笑いに転じられるのは周りに愛されてる証拠。

line_79122575608382
#2井上 外野では初先発。無難な守備でユーティリティをアピール。3回の攻撃では犠打を決め、是枝の犠牲フライをアシスト。

line_86292207376166
#26砂場 快音はまだだが、献身的な守備でチームを支える。

line_86141429737057
#8横林 チームの主軸となりつつある。もっと高いレベルで野球ができる選手。


この日は前の試合の補助があったことやその試合が延長になったことも含め、なかなか難しい試合準備でした。しかしこれまで活躍できていなかった選手にヒットが生まれるなど、監督不在の状況ではありましたが、これまでは違う『何か』を感じながら戦ってくれたと思います。

明日は二部最強の長崎国際大学が相手です!頑張ります!!
line_86202972569273


line_85474387630749


line_79065581007727
#10霤 これから反撃…とチームが勢いづいてきた中でのエラー。試合後はゲームの戦犯と猛省していた。しかしキャプテンとして、チームを確実に前進させてくれている。霤弔里燭瓩砲皺燭箸チームとしての結果を残したい。

【結果:2021春季リーグ戦◆vs立命館アジア太平洋大学

春季リーグ戦第2戦、大谷球場にて、立命館アジア太平洋大学と対戦しました。

APU|400|122|0|9
福県大|001|000|0|1
大会規定により7回コールド

バッテリー:門田ー橋口

【本学オーダー】
4是枝(3年)
6横林(2年)
7浅原(3年)
3砂場(3年)
DH原永(4年)
9佐藤(4年)
8小田原(4年)
2橋口(2年)
5霤(4年)
P門田(4年)


初回、門田は立ち上がりを攻められ、連打を浴びる。送球ミスやバッテリーエラーも重なり4失点。
※途中の挟殺プレーはいろんな意味でムムッとなったが、そこも含めこれからの課題としたい。
2回以降は我慢のピッチング。3回、7回は三者凡退に抑えたものの、味方のミスもありながら、何とか最少失点で乗りきる。
line_543850689285472
#18門田

攻撃は3回、橋口が四球で出塁すると霤弔バントで送り1死3塁のチャンス。ここで、是枝の打球は3塁線に。相手の落ち着いたプレーで、ランナーがアウトになり、2死1塁。重苦しい空気だったが、是枝が足でかき回し、さらには横林の目の覚めるような右中間への3ベースヒットで1点を返す。
line_543454990819426
#8横林 チームの今季初打点を記録!

6回には是枝がサードへの強襲ヒットで出塁すると、盗塁を決めるなどして1死3塁。浅原はスクイズ!!と仕掛けたが、相手ピッチャーがワンバウンドのボールでウエストし、失敗に…。

7回も1死1・2塁とまではしたものの、後続が討ち取られ、得点ならず。
line_544295580360094
#1佐藤

line_543960774585951
#22小田原 センター前ヒットを放ち、佐藤とともに最終回の粘りを演出。


結果は1対9で7回コールド負け。連敗でした…

前日のコールド負けから、何とか巻き返したいゲームでしたが、連日悔しい結果になりました。

守備がもう少し粘れたら、積極的な攻撃がもう少しはまれば、違う展開になったと思いますが、ミスはミス。攻撃も三振でアウトの約半分を献上するなど、課題が多く残りました。

1週間の調整期間を挟み、大分大学、長崎国際大学と対戦予定です。
今日の自分たちを越えられるよう、頑張っていきます。
line_544014241733743
#29橋口 成長を見せるがまだまだ発展途上。さらなる飛躍を期待。

line_544169053629726
#28浅原 今後攻撃のキーマンとなりそう。

line_544463705353363
line_544242293795115
#26砂場、#23原永 2人の復調・活躍が今後の勝負を左右する。

無観客試合になりますが、引き続き、よろしくお願いいたします。

コロナ等々の関係で日程は変更になることがあります。試合結果(速報)につきましては、九州地区大学野球連盟のホームページを適宜参照ください。
line_543947000857102
#10霤

【結果:2021春季リーグ戦 vs折尾愛真短期大学

4月10日(土)、第105回九州地区大学野球選手権(北部九州ブロック大会)が開幕しました。
本学は大谷球場にて開幕戦を迎えました。折尾愛真短期大学と対戦。
line_459282494154145
折愛短|104|044|13
福県大|000|000|0
大会規定により6回コールド

バッテリー:門田ー橋口

【本学オーダー】
4是枝(3年)
7浅原(3年)
6横林(2年)
3砂場(3年)→H霤(4年)
DH原永(4年)
9佐藤(4年)
2橋口(2年)
5井上(3年)
8小田原(4年)
P門田(4年)

初回、先頭打者に四球を与える。2番・3番打者から連続三振を奪ったものの、その間に盗塁で3塁まで進まれ2死3塁。4番にタイムリーを打たれ、先制を許す。

その裏、是枝が四球を選ぶと盗塁、バッテリーエラーで無死3塁のチャンス。3番横林も死球を得たが、この回、相手ピッチャーの前に3つのアウトを全て三振で奪われ、得点できず。
line_438297866377625
#27是枝 2打数1安打1四球2盗塁の活躍。

3回、味方のミスも重なり一挙4失点。

3回裏は、浅原が四球で出塁した後すかさず盗塁。横林も四球で出塁すると相手のボークにより、2死2・3塁とする。しかし、あと1本が遠く、ここも無得点。

5回、6回も被安打やミスなどによりそれぞれ4失点。

5回裏、是枝がこの日チーム唯一のヒットを放ち、盗塁。浅原がエンドランを仕掛けるもホームは遠く3塁残塁。

終わってみれば、0対13のコールド負け。悔しいスタートとなりました。


しかし攻撃は1安打に抑えられながらも、5つの四死球を選び、ランナーを出した4イニングのうち、3イニングは得点圏にランナーを進めるなど、昨秋とは違う攻撃姿勢を見せました。

守備も記録に残らないミスも含めると多くのミスがありましたが、門田の初回の連続三振をはじめ、橋口が盗塁を2つ阻止したり、ショートで初先発の横林が安定した守備をみせたりするなど随所に光るものは感じられました。
line_438275000528884
#18門田 苦しみながらも意地を見せた。

春にオープン戦が全くできず、チームとして経験不足は否めませんが、それでも1試合1試合成長できるよう、目の前の課題に真摯に向き合っていきたいと思います。
line_438253553473684
#1佐藤 昨秋加入の期待の新人。

line_438237295117856
#2井上 是枝とともに三振なし!!

line_438243553688219
#10霤

【お知らせ】2021春季リーグ戦

4月10日(土)より春季リーグ戦が開幕します!

大会は無観客試合となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

詳しい日程、試合速報につきましては、「九州地区大学野球連盟」のホームページをご参照ください。本学の試合は「2部リーグ」に掲載されます。
line_268426401765852

2021祝・卒業!!

17日は卒業式でした。
コロナ禍で、例年とは違う1年でしたが、無事にこの日を迎えました。今年は8名の部員が卒業しました。

line_94663386586531

主将:田口
line_3357094888665
絶大なキャプテンシーで主将として、キャッチャーとして、チームを引っ張ってくれた田口。周りの評価とは裏腹に、自身のことに疑心暗鬼になっていたときもありましたが、最後まで走り抜いてくれました。連盟事業として台湾遠征が行われた際は、九州地区大学野球連盟の選抜メンバーに選出され、結果まで残してくれたのはチームの誇りです。監督間での田口の報告はどれも嬉しい内容ばかりでした。主将になった当初は、飽き性な面や自分から先頭に立って物事を押し進めることに苦手さを持っていましたが、持ち前の真面目さと人望で自ら殻を破ってくれたことはさすがの一言。このご時世でも、難なく就活をクリアできたように見せる姿も主将としてチームの鏡でした。これからも着実に自分の道を進んでもらえたらと思います。

副主将:入江
line_2757451788319
チームに爆発力を与えてくれた入江。副主将として、田口と一緒にチームを盛り上げてくれました。短気で、周りが見えなくなることもありましたが、それも魅力の1つ。『彼のようなショートがいるとチームが締まる』と言わしめた入江の守備は年々周囲の評価を高めていました。練習では多くのアイデアをチームに取り入れ、最後はピッチャーとしてもチームを支えてくれました。長崎国際大戦でのベストピッチは素晴らしかった。ラストゲームは一生懸命に取り組んできた入江のために用意されたような舞台で、バースデー勝利等は考えさせられるものがありました。教職課程でも県立大の歴史を変えてくれた入江。これからたくさんの人材を育成してくれると期待しています。そして、県大野球部にどんどんその人材を送り込んでください。

副務:吉浦 (※主務は下の学年)
line_3346553501429
陰ながらチームを支えてくれた吉浦。途中加入ながら、最後はチームにとって不可欠な存在でした。自身のプレー1つ、体の状態の細部にまで気を配り、目標に向け、どのようにアプローチすればいいのかを冷静に見極めることができる選手でした。さらにはその行動を継続できるといった強さを持っていました。吉浦のような選手が増えてくれるとチームは強くなるだろうと感じました。あまり多くを語らず主張しない性格に反し、『痛み』だけは訴えるので『痛がり』と見られがちなお茶目な部分もありましたが、自身の体のケアにも人一倍気を使っていた証拠と思います。最後の打席のホームラン、本当に嬉しかった。コロナ禍でなければ抱きついていたでしょう。社会人になっても一歩ずつ確実に前に進んでもらえたらと思います。

小川
line_94451783411664
小川は非常に興味深い選手で、チームにとって貴重な存在でした。大学から野球をはじめたからこその発言は多くの気付きも与えてくれました。『野球の野次は嫌い。不要だ』等と野球界では当たり前のようなことも小川がいたので、改めて振り返ることができました。また『攻撃と守備は別のスポーツみたい』『ランナーも別物みたいたからバッティングだけでいい』と自身の興味をそのままぶつけてくれたことも彼の面白いところでした。部活中の事故には肝を冷やしましたが、最悪の事態にならずに本当によかった。西工大戦の打率の高さと、ここぞの場面でのヒットは忘れません。後輩マネと仲良く話す姿も印象に残っています(笑)地元出身で、就職も近場なので、今後も野球部に携わってくれることに期待しています。

永山
line_3197781860548
永山はチームの雰囲気を、球場の空気を、変えることのできる選手でした。それは他の大学の監督からもコメントをもらえるほどのものでした。様々な事情から退部も考えた時期もありましたが、監督のわがままで退部を断られ、最後まで活動させられる羽目に…。それでも、試合に参加したときの大きな声でチームを鼓舞する姿や永山がゲームに入ることで周りが自然と明るくなる様子からは、『野球部』として残ってもらって正解だったと思っています。引退シリーズでも存在感をはっきりと示し、最後までやり遂げてくれてよかった。永山が他の部員と一緒に引退してもらえたことに感慨深さを覚えます。大学生活で多くの苦労もしたと思いますが、そのことも今後に活きるはず。これからの活動を楽しみにしています。

line_3404421639845
入部当初はバッターとしてだけでなく、ピッチャーとしても活躍した靄棔8を痛めてから、また看護実習で思うような練習ができなくなってからは、打者に専念しましたが、靄椶離丱奪箸鵬薪戮皀繊璽爐狼澆錣譴泙靴拭そして、靄椶打席に入ると『何とかしてくれる』というチームとしての絶対的な信頼感がありました。誰よりも野球センスを持ちながら、ついつい大学生をしてしまい、靄楴身が『ヒヤリ』としたことも何度かありました。それでも、ゲーム中、常に全力疾走している姿には根っこの真面目さを疑いませんでした。晴れて4月から社会人。環境も責任感も一変します。遊び心は忘れずに、でも先を見越して、自分のことも周りのこともしっかりと考えながら行動できる大人になってもらえたらと思います。

山塚
line_3204011318150
安定した一塁守備で、多くの送球ミスをアウトにしてくれたのが山塚でした。『ふうとがファーストじゃないと』との意見を多く耳にしました。山塚の声も山塚の魅力の1つでした。プレーとは別の話ですが、部員間の話し合いで、主務を任されそうになったとき『主務をするなら野球部を辞める』と言ったことに衝撃を受け、その後に『監督からの指名だったら引き受けたし、部も辞めなかった』との発言にさらなる衝撃を受けました。このときほど自分のことを主張したのも珍しかったように思います。途中、欠席が続いたときは心配しましたが、最後は帳尻を合わせてくれてホッとしています。朗らかな性格で、マイペースな部分もありますが、『これ』と決めたことに突き進むことができるので、ぜひその力を今後も発揮してもらえたらと思います。

澤田
line_94526197832834
卒業生唯一のマネージャーの澤田。入部当初は1人じゃなかったので、1人になること、1人でやっていくことの苦労も味わったと思います。時に『辞めたい』と思ったこともあるのでしょうが、誰よりも野球部に対する思いが強かったのも澤田でした。だから最後まで支えてくれると信じていました。選手が不甲斐ないプレーをすれば真っ先に叱咤してくれ、素晴らしいプレーをすれば跳び跳ねて喜ぶ姿は気持ちのいいものでした。選手に自分たちの試合のアナウンスをしてほしいとリクエストされるマネージャーも最近では澤田くらいだったと思います。後輩には厳しい面もありましたが、それも愛情がゆえ。コロナ禍で今は難しいと思いますが、卒業して、後輩と現役時代の話で盛り上がる姿を早く見たいと感じています。

田口・入江世代にとっては、リーグ戦が中止になるなど、コロナ禍でイレギュラーなことが多くあった最終年でしたが、この学年だからこそ乗り越えられた部分も多くあるように思います。
line_2871639666505
4年間、本当にありがとうございました!新天地での活躍を祈っています!
line_111644829335522

2021 球春到来・活動再開

緊急事態宣言に伴い、活動を自粛しておりましたが、本日(3月8日)夕方より活動を再開いたします。

何とか昨年11月のオープン戦までは行うことができましたが、その後はまともな全体練習ができず、2021年の年明けとともに仕切り直しを、と考えていましたが、その矢先の緊急事態宣言でした。

春休みなのにグラウンドを昼間から使用できない等、まだまだ不自由なところはありますが、それでも今は野球ができることに喜びを感じ、4月10日のリーグ戦開幕に向け全力を尽くしたいとの思いです。


※コロナ対策は今後も徹底していきます。
※リーグ戦につきましては、九州地区大学野球連盟のホームページをご覧ください。ただし、コロナの感染拡大状況により変更の可能性もあります。

適宜ブログでも情報発信したいと思います。よろしくお願いいたします。
line_71310132163419
なお、チームスローガンと体制は下記通りです。
●2021年チームスローガン『水滴石穿』
●2021年春季リーグのチーム体制
主 将:霤
副主将:門田、原永
主 務:浅原

【2020年オープン戦】vs九州歯科大学

2020年11月22日、北九州市民球場にて、九州歯科大学とオープン戦をおこないました。
交流戦を実習で欠場していた入江も揃い、改めて4年生の引退試合、そして新体制への完全移行となりました。
line_885145098024696

九歯大|000|210|00|3
福県大|001|001|11×|4
※時間制限にて8回コールド

バッテリー:門田、入江ー橋口

〈スターティングオーダー〉
6入江
5田口
8吉浦
DH靄
7浅原
9小川
4永山
3山塚
2橋口
P門田

〈ゲーム展開〉
3回小川のタイムリーヒットで先制。1対0

しかし、4回に逆転を許す。5回にも追加点を許す。1対3

6回に田口のセンターへのタイムリーヒットで1点返すも、進塁を阻まれる。2対3

7回、吉浦がライトスタンド(右中間後方)にホームランを放ち、ついに同点!3対3

8回、田口の犠牲フライでサヨナラ勝ち!!
line_888520095244187

投げては、門田が粘りのピッチング。最後は入江が締めて勝ち星もおさめた。


天気が少し心配な空模様でしたが、無事に試合ができ、また2020年のラストゲームを勝利で飾ることもできました。

入江のバースデー勝利やチーム功労者の元主将・田口が試合を決めたことは感慨深いものがありました。そして、「ホームランを打ちたい」と実直に努力し続けた吉浦が大学生活の最終戦・最終打席でホームランを放ったこともグッとくるものがありました。ご指導いただいた森山氏には感謝ばかりです。
line_74189000871072

1〜3年にとっては、物足りなさを感じたゲームだったと思いますが、コロナ禍の冬を乗り切り、2021年に思い切り暴れてくれることを期待しています。

※写真は3枚とも本ゲームのものではありません。ご容赦ください。
Recent Comments