福岡県立大学硬式野球部

新入生から現役、OBまでみんなで野球部を盛り上げていくためのブログです。

【お知らせ】二次リーグ日程

本日本学の試合はありませんでしたが、本日をもって、一次リーグが終了しました。明日から上位3チーム・下位4チームに別れて順位決定のための二次リーグが始まります。
1474703285122
一次リーグの結果と二次リーグの予定です。

〈一次リーグ結果〉
1位:長崎国際大学(6勝0敗)
2位:折尾愛真短大(5勝1敗)
3位:長崎大学(3勝3敗)
4位:立命館アジア太平洋大学(2勝4敗)
5位:福岡歯科大学(2勝4敗)
6位:福岡県立大学(2勝4敗)
7位:九州歯科大学(1勝5敗)
※4〜6位は勝率が同一のため、総得失点差により決定。

〈二次リーグ日程〉
9月25日(日)14時〜vs福岡歯科大学(平成の森野球場)
10月1日(土)14時〜vsAPU(鳥栖球場)
10月2日(日)9時〜vs九州歯科大学(西日本工大G)

本学は得失点差もあり、一次リーグ6位となりました。下位リーグですので、最終的な最高順位は4位となります。
今できることに全力で取り組み、一丸となって4位をつかみとります‼

応援よろしくお願いいたします‼

【リーグ戦結果】vs福岡歯科大学

※写真は後程追加します。

9月22日(木)、田川市民球場にて、リーグ戦6戦目、福岡歯科大学と対戦しました。

福県大|001|030|000|4
福歯大|000|000|000|0
投手ー捕手:柴田ー柳原

エース柴田の完封勝利!

19日に痛い負けを喫して迎えた本日の試合。負ければ、1次リーグ最下位の可能性すらありました。

1回表、相手投手とタイミングが合わず3者凡退。

1回裏、柴田は本来の持ち味を出せず、3つの四球を与えるも何とか無失点で切り抜ける。

2回表、先頭の4番柳原がライト前ヒットで出塁すると、柴田が送りバント。小畑もセンター前ヒットでチャンスを広げる。
小畑は秋季リーグ戦初ヒット!小畑は感情を前面に出すプレースタイルでがむしゃらにやってきたが、バッティングにおいてはなかなか結果が出ず、悔しい思いをしてきた。嬉しい初ヒット‼だが、あとが続かず。ダブルプレーに倒れ無得点。

2回裏も柴田は苦しいピッチング。
先頭にヒットを許すと進塁打を許し1死2塁。その後三振を奪い2死2塁とする。そして、次打者の打球はセンター前へ。
しかしセンター馬場園がバックホーム。先制は許さん・中継はいらん!とばかりに1人で送球し、見事にアウトを奪う!無失点。

3回も馬場園が魅せる。先頭・園田が四球を選ぶと景山がバントで送り1死2塁。中村が三振に倒れ、2死2塁で、バッターは2番馬場園。センターへのツーベースヒットを放ち1点を先制する。

3回裏以降は柴田が尻上がりに調子を上げ、ピンチを招いても要所を締め得点を許さない。

打線は5回、柳原が四球で出塁すると柴田、小畑が連続ヒットを放ち、追加点を挙げる。小畑は秋季リーグ初タイムリー。景山もセンターへ2点タイムリーを放ち、この回3得点。

結局4対0で試合終了。もう少し点を取りたかったが、タイムリー欠乏症は相変わらず。福歯大の継投の前に後半はチャンスも作れなかった。
その中で1年生馬場園、小畑の活躍で先制、中押しとできたことが大きかった。
この試合で、石川も代打ながら秋季初出場を果たす。

またこの試合はなんと言ってもバッテリーの柴田・柳原。柴田は本来の調子とは程遠かったが、2人で協力し、完封勝利をおさめた。
柴田は9回を133球、被安打7、与四球4、奪三振9。

最低目標に首の皮1枚つながった。
あとは2次リーグの3試合を残すのみ。1戦必勝で頑張ります‼

応援いただきましたご父兄の皆さま、ありがとうございました。差し入れもおいしくいただきました。

2次リーグは25日(日)からとなります。
24日(土)他大学の結果次第で正式に試合時間等が決まりますので、改めて掲示致します。
よろしくお願いいたします。

【リーグ戦結果】vs九州歯科大学(修正)

9月19日(月)、日本文理大学野球場にて、リーグ戦5戦目、九州歯科大学と対戦しました。
写真を追加しています。

九歯大|006|020|0|8
福県大|001|100|4|6
投手ー捕手:中村、柴田ー柳原

見ての通りの結果なので、淡々とゲーム経過を挙げています…

小雨が降り、第三試合ということでグラウンドコンディションもやや不良な中で試合開始。
1474370968195
1回表、ヒットを許すも無失点に切り抜けまずまずの立ち上がり。

1回裏、先頭馬場園が四球で出塁するも、無得点。

2回表、2つの四死球と内野安打で1死満塁のピンチ。ピッチャーゴロにうちとり、ダブルプレーで何とか切り抜ける。

2回裏、2死後、四死球から満塁のチャンスを得るもあと1本が出ない。

3回表、4つの四死球と3本のヒットを許し、さらに2つエラーも重なり6失点。

3回裏、2つの四死球から1死1・2塁のチャンスを得ると4番柳原が3塁線を破るタイムリーで、1点を返す。

4回表、先頭にヒットを許すも後続を断ち無失点。

4回裏、ヒットや死球で、無死満塁のチャンスを得るも犠牲フライの1点止まり。

5回表、3つの四球で満塁のピンチを招くとエラーにより2失点。

5回裏、三者凡退に倒れ無得点。

6回表、中1日で柴田がマウンドへ。
いきなりヒットを許すも得点は許さない。

6回裏、三者凡退に倒れ無得点。

7回表、1死後四球を与えるも連続三振を奪い、無失点。

7回裏、相手のミスに乗じて4点奪うも、あと2点及ばず…

7回終了後、審判団、九歯大主将、県立大監督にて協議し、降雨コールドとの形で試合終了となる。
7回終了時点での雨はそれまでに比べるとやや弱まっていたが、グラウンドコンディションやボールが滑るためピッチャーは1球ごとにボールを変えなければいけない状況、回復の見込みがない天候、何より選手のケガを考慮し、コールドゲーム適用との判断に至った。
1474370951064
試合終盤のグラウンド。

何ともやりきれない終わり方でしたが、試合途中から7回雨天コールドは視野に勝負していたこと、
同じコンディションの中で、試合が成立する7回終了時点で負けていたこと、
言い訳はできません。

悪条件の中、5回を投げた中村には頑張ったと言いたいが、5回132球、四死球9、8失点ではとても及第点はつけられない。

あと1つエラーがなければ、あと1つ四球を与えていなければ、あと1本ヒットが出ていれば、あと1イニング早く追い上げられたら……
何か1つでもできていれば、結果は違ったかもしれません。ただ、そうするための準備はできていなかったというのが正直なところ。

2016年目標に掲げる「準備」。社会人として当たり前のことを当たり前にできるようにならなければ、野球はできないと思います。

まずは意識、行動を見直し、次の試合に向けて準備したいと思います。

リーグの目標達成はかなわず、Bクラス以外が確定しましたが、その中でも何とかもがき続けたいと思います。

身勝手ですが、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。
1474370979643
悔しさを糧に頑張れ、園田。

【リーグ戦結果】vs立命館アジア太平洋大学

9月17日(土)、日本文理大学野球場にて、リーグ戦4戦目、立命館アジア太平洋大学(APU)と対戦しました。

APU|000|100|000|012 |4
福県大|000|001|000|013x|5
※10回以降タイブレーク
投手ー捕手:柴田ー柳原

苦しみながらも秋季リーグ初勝利!

開幕から3連敗して迎えた第4戦。春季1勝1敗のAPUとの1戦。じゃんけん負けなしのエースで主将の柴田が今日もじゃんけんに勝利し、後攻を選んだところから試合は始まります。
1474191491455
この試合から巻き返しを、と思っているはずのチームの士気はイマイチ。シートノック後に監督から一喝されます。

それでも3連敗の傷心は重く、打線は前半沈黙。
四球でランナーは出すもののあと1本が出ない。

エース柴田も気負いなのか、開幕から本来の調子を出せないまま。ズルズルリーグを終えてしまうとその程度の実力と判断されてしまう厳しい状況。
しかし、ようやく持ち前のピッチングの片鱗を見せる。
ただ、野手は守備でも元気がない。打線が不甲斐ないので、耐え抜くしかないと感じていた矢先の4回、エラーで先制を許してしまう。

6回裏、野中がセンター前ヒットで出塁すると2盗・3盗を決め、2死3塁。5番馬場園がセンター前へタイムリーを放ち、同点に追いつく。
_20160918_184008
3盗を決める野中

その後はピンチを招くも柳原がうまくリード、柴田も丁寧に投げ抜き、二遊間小畑・野中の守備を中心に守り抜く。
1474191378524

10回からはタイブレーク(1死満塁からスタート)。
10回表、ショートゴロとピッチャーライナーに打ち取り、無失点。

10回裏は3番野中から。派手さはないが、堅実な守備が売りの野中。チームをピンチから何度も救い、同点の契機を作った男に懸ける。その野中の打球はセンターへライナー性の当たり。あとはタッチアップで決まり、、と思ったが、3塁走者・代走の高城は打球の良さにタッチアップを敢行できず。4番柳原も倒れ、無得点。

11回表はライトへの犠牲フライを許すも、後続を断ち1失点で切り抜ける。攻撃を引きずらず、高城はよくフライを捕ったと評価できる。

11回裏、5番馬場園の犠牲フライで柴田が生還。同点に追いつく。柴田は1人で投げ抜く傍らよく走ってくれた。今度こそ試合を決めたいが、勝つのは容易でなく同点止まり。

12回表、ついに柴田がヒットを打たれ2失点。柴田のショックはベンチからも感じ取れたが、それでも最後まで投げ抜き、12回を154球、被安打3、与四球2、11奪三振。エラーが3つ(記録に残らないエラーを入れるとまだ増える)も出た苦しい展開ながらcrazyな采配に応えてみせた。
じゃんけんに勝ったこともファインプレーだったが、精神的に崩れなかったことが、何よりの成長。

12回裏。1度は引退し、後輩のために現役復帰した4年が試合を決める。先頭は吉田。春は人一倍悔しい思いをした。
1474191345718
吉田の打球はセンター前へ、同点に追いつく2点タイムリー。なお1死1・3塁で8番景山。元主将の景山はプレッシャーから解放され、これまでにないほどリーグを楽しんでいる。そして、景山のものと疑わしいほどクリーンな打球音とともに打球はセンター前へ。見事にサヨナラ勝ちをおさめる‼
1474191176954

待ちに待った、リーグ戦初勝利!
勝つのは難しい、でもこの喜びのためにきつい練習をする価値がある、と実感したゲームでした。
嬉しいことばかりでなく、勝ち試合の中で悔しい思いがいっぱいできたことも収穫でした。

試合後にいただいた梨は最高で、決して忘れられない味となりました。宮崎からはるばるありがとうございました‼

OBの皆さま、ご父兄の皆さま、いつも応援ありがとうございます。この勝利を弾みに連勝できるよう頑張ります。

【リーグ戦結果】vs長崎大学

9月11日(日)、リーグ3戦目、別大興産スタジアムにて長崎大学と対戦しました。

長崎大|300|015|0|9
福県大|000|000|0|0
投手ー捕手:柴田ー柳原
1473598702385

監督不在の中、団結して臨んだ長崎大学戦でしたが、0対9で7回コールド負け。

開幕から3連敗……しかも2戦がコールド負け。

春季リーグのリベンジを意気込んで臨んだ今季でしたが、なかなか結果が出ず悔しい思いをしています。

投手陣の復調、得点力不足の解消が近々での課題。

他力ながらもまだ上位に食い込む可能性は残されています。1週間で立て直しを図り、1次リーグ後半戦は3連勝としたいと思います。

OBの皆さま、ご声援ありがとうございます。苦しい状況が続きますが、必死に前を向いて頑張ります。
1473596865204
復調が責務の柴田。バッティングはそのままに、ピッチングでもチームを引っ張ってくれることを期待。もう一段も二段も上のステージにかけあがってほしい。

1473596952671
守備ではチーム一の安定感を誇るショート野中。しかし、勝つためには野中の打棒も必要。


次戦は17日(土)APU戦です。
他大学の結果や試合速報は連盟ホームページをご参照ください。http://www.kubu.jp

【リーグ戦結果】vs長崎国際大学

9月10日(土)、リーグ戦2戦目、別大興産スタジアムにて長崎国際大学と対戦しました。

長国大|111|27||12
福県大|000|00|| 0
投手ー捕手:中村ー柳原

大会規定により、5回コールド負け。

投手は今季初先発の中村
1473508065325
初回いきなり2つの四球を与え、1本のヒットであっさり先制を許す。

2回以降何とか立て直したかったが、毎回失点し、5回を12失点。

攻撃は相手投手の前に2安打のみ。さらには13三振を喫す。

結果は0対12でコールド負け。
1473508144106
チームにおいて2安打し、1人気をはいた柴田。
1473508054771
塁に出れば相手の脅威となり得る馬場園。
1473508019580
明日こそ期待。フライ以外は完璧な守備を見せてくれた目下売り出し中、小畑。
1473508167231
頼むぞ、4番・柳原ぁ‼

中村は12失点と苦しかったに違いない。しかし、苦しい場面で逃げてはいけない。自分で立て直し切り抜ける精神力をまずは身につけてほしい。と、ベンチは変えることを考えていなかったそう。
次に投げるときのため、今日の悔しさは忘れないでほしい。
1473508191686

初戦で敗戦し、負けられないと状況の中で、悔しいコールド負けとなりました。
折尾愛真短期大学、長崎国際大学にリベンジするためには、明日からは1敗もできません。

明日は監督不在で臨む長崎戦です。
一層結束して、初勝利をおさめたいと思います‼

今日も応援、差し入れありがとうございました。
大分で試合する方がギャラリーがいるという不思議な光景に感謝しつつ、明日も頑張ります。

【リーグ戦結果】vs折尾愛真短大

9月3日(土)、猪位金球場にて九州地区大学野球選手権北部九州ブロック大会二部リーグが開幕しました。

本学はリーグのオープニングゲーム。折尾愛真短大と対戦しました。

折愛短|000|010|023|6
福県大|100|000|000|1
投手ー捕手:柴田ー柳原

1対6で敗戦…

1回裏、本学の攻撃は、先頭の中村がライト前ヒットで出塁する。続く2番馬場園、3番野中は右方向へ転がし2死3塁のチャンス。
4番は柳原。一塁線を破るライト前ヒット‼1点を先制する。

以降、ほぼ毎回(2回、5回以外)ランナーは出すものの得点には至らず7残塁。チャンスを作ったという点では改善傾向だが、打力のなさ拙攻は相変わらずの課題。

守りは柴田が粘りのピッチング。
1472909464191
5回に積極性が裏目に出た失点はあったものの、7回を1失点に抑える。
8回、この試合初めて先頭に出塁を許すと、続く打者に四球。バントを決められ1死2・3塁のピンチ。4番から三振を奪うも5番にタイムリーを浴び2失点。
9回にも3失点を喫し、結果的には6失点。

1対6の敗戦となる。

絶対に負けられない試合と位置付け、リーグ開幕前から意識してきた初戦でしたが、敗戦を喫してしまいました。
“悔しさ”を晴らすため何とか立て直し、二次リーグでの再戦の機会を作るしかありません。
柴田のピッチング、安定してきた内野の守備、柳原のタイムリーヒットといいプレーもありましたが、勝つためにはまだまだ足りないものが多く、一人一人がさらに力を発揮することを期待します。

悔しい結果になりましたが、リーグ戦は次があるので、前を向いて頑張りたいと思います。
1472909469528
応援に来てくださった父兄の皆さま、ありがとうございました。

【お知らせ】秋季リーグ戦予定(再掲)

いよいよ秋季リーグ戦が開幕します。
改めて、日程をお知らせいたします。

9/3(土)9時〜猪位金球場vs折尾愛真短大
9/4(日)14時〜猪位金球場vs九歯大
9/10(土)11時30分〜別大興産vs長国大
9/11(日)11時30分〜別大興産vs長崎大
9/17(土)14時〜さくらボールパークvsAPU
9/18(日)試合なし
9/19(月)予備日
9/22(木)9時〜田川市民球場vs福歯大
9/24(土)二次リーグ(平成の森(宇佐市))
9/25(日)二次リーグ(平成の森)
10/1(土)二次リーグ(鳥栖)
10/2(日)・8日(土)・9日(日)予備日

リーグ戦前最後のオープン戦2試合(vs九工大、vsAPU)は監督不在の中、選手だけで戦い、ある種の手応えも感じました。
1472649060253
今季ほど初戦を意識しながら迎えるリーグ戦はありません。開幕は球場管理と兼務しながらの条件ではありますが、選手・スタッフが一丸となり一戦必勝でリーグ戦に臨みたいと思います。

もう負けは十分経験したので、とにかく相手より一点でも失点を防ぎ、一点でも多く得点する。タフなゲームばかりと思いますが、一つのプレーにこだわって精一杯戦いたいと思います。

今季も福岡、大分、佐賀と九州を横断してのリーグ戦となります。お時間の許す方はぜひ球場に足を運んでください。応援よろしくお願いいたします‼

【オープン戦結果】vsAPU

8月30日(火)、門司球場にてAPUと対戦しました。

県大|000|001|000|1
APU |000|000|100|1
投手ー捕手:柴田、中村ー柳原

結果は引き分けでした。
1472567932953


今週末よりいよいよリーグ戦です。
まずは初戦に全エネルギーを注ぎます‼

【オープン戦結果】vs九州工業大学

8月23日(火)、猪位金球場にて九州工業大学とオープン戦を実施しました。
諸事情にて簡潔にまとめていますが、ご容赦ください。

九工大|200|004|275|20
福県大|000|000|400| 4
投手ー捕手:中村、柴田ー柴田、中村

数名が参加できず、ギリギリの中でのゲーム。
試合のヘルプをしてくれた小林君どうもありがとう!

後半にミスが続き、また相手投手を攻略できず。終わってみれば大敗。

ロースコアに持ち込みいかにミスを少なくするか、いかに効率よく得点するかが求められる。

リーグ戦まで2週間あまりだが、基本的なところから課題は多い。何とか初戦を万全に迎えるべく、策を練りたい。

次戦は30日(火)門司球場にてAPUと対戦します。
Recent Comments
Recent TrackBacks