福岡県立大学硬式野球部

新入生から現役、OBまでみんなで野球部を盛り上げていくためのブログです。

【お知らせ】8月予定

8月2日から8日の試験のため、7月末より全体練習はテスト休みとなります。しばし、野球は自主トレとなり、勉学に励みます。そして、たぶんちょっと遊びます。
1469448537180
さて、8月の予定です。

連盟主将会議
8月8日(日)日本文理大学にて

決起合宿
8月9日(火)〜8月10日(水)

オープン戦
8月17日(水)vs長崎大学W(10時〜猪位金球場)
8月21日(日)vs折尾愛短W(10時〜猪位金球場)
8月23日(火)vs九州工大S(10時〜猪位金球場)
調整中vsAPU

リーグ戦開幕
9月3日(土)猪位金球場にて
※詳細は8月に更新いたします。

以上。追加・変更等は随時ブログ内にてお知らせいたします。

【オープン戦結果】vs九州大学(S)

7月16日(土)、九州大学Gにて九州大学と対戦しました。

福県大|000|000|000|0
九州大|001|030|20×|6
投手ー捕手:柴田ー柳原

試合は序盤、相手投手の前に3イニングスで6三振、ノーヒットと全く得点の糸口をつかめない。
1468784247570
写真はその中で唯一可能性を示した園田。結果は出ていないが徐々にチーム内での存在感を示し始めている。

3回裏、無死からランナーを出すと1番打者は送りバント。3番打者にレフト前へ運ばれ、あっさり先制を許す。打線が沈黙しているからこそ、投手を始め守備陣が踏ん張りたいところ。1つの課題と言える。
5回裏には1死から四球でランナーを許すと、相手のバントに三塁手が翻弄され、この回3失点。
7回も四球でランナーを許し、エラーも絡み、2失点。

一方攻撃は、7回まで完全に抑え込まれる。
8回、1死後園田が四球で出塁。その後二死となるも、続く森下がこの日2本目のヒットで繋ぎ、ようやく得点圏にランナーをすすめる。
1468785509920
※この場面ではないが、写真はこの日2安打を放った森下
1番打者の馬場園も四球を選び、2死満塁。ようやく反撃を、との期待もむなしく、あと1本が出ず、この日は無得点。

8回裏のピンチは柴田が踏ん張り何とか無失点で切り抜けた。


結果は0対6での敗戦となりました。
得点力不足はさることながら、そこはある意味計算の範囲内。ロースコアのゲーム展開とできていないことが当面の課題と言えます。
二遊間含めたセンターラインがしっかりしてきたことで、大きな崩れはありませんが、ここで満足していてはリーグでは戦えません。
三塁手はリーグまでにあらゆる場面を想定できるよう、練習を重ねる必要があります。またバッテリーは不要なランナーを出すことが、いかに自分たちを苦しめるのか、これまでの試合で理解できたはず。自分たちの野球をするという、大前提は卒業して、「打者と対峙」できるよう、レベルアップすることを期待します。
チームとしては課題ばかりでまだまだですが、目標を達成するため、チームスローガンでもある「準備」の徹底して、頑張っていきます。
これからもよろしくお願いいたします。

復調に期待の中村
1468786847083

【雨天中止】オープン戦vsAPU(W)

本日予定していました、臼杵市民球場でのオープン戦(立命館アジア太平洋大学戦)は雨天中止となりました。

次戦は7月16日(土)、九州大学Gにて九州大学とのオープン戦(S)になります。

よろしくお願いいたします。

【北九州・下関地区インカレ】vs北九州市立大学A

北九州・下関地区インカレの本学1回戦は7月2日の雨天ノーゲームにより、7月3日(日)に改めて九州国際大学若松グラウンドにて行われ、北九州市立大学Aと対戦しました。
1467533758158

北九大|200|012|020|7
福県大|001|000|001|2
投手ー捕手:柴田ー柳原
1467533648477
結果は2対7で敗戦。
スターティングオーダーの5人が1年生、しかも野球未経験者もいる中での結果としては「よくやった」との評価もありますが、リーグに向けて「まだまだ」が実際のところ。

先発は主将の柴田。今日意識したのは「投手有利のカウントからどう打者と対峙するか」
初回無死満塁のピンチを迎えるも、4番打者を投手ゴロに抑える。2死2・3塁とし、無失点に切り抜け勢い付けたかったが、5番打者へタイムリーを許し、2失点。2回から8回は先頭打者を1度も出さず、味方のエラーもありながら最少失点に切り抜けていく。暑さから中盤以降は野手に疲れが見え始め、記録に残らないようなエラーが重なり、5回1失点、6回2失点、8回1失点。
1467533639095
攻撃は3回、久々に先発出場した石川が四球で出塁し、1死1塁とすると続く高城の進塁打で2死2塁。ここで、1番馬場園の打球はサードを強襲し、2死1・3塁。0対2の状況で、是が非でも1点が欲しいチームの期待は中村へ。すると、馬場園、石川が重盗を敢行。見事に1点を奪い取る。石川のヘッドスライディングはいつ練習したのかと全員が驚くほど鮮やか。1対2とする。
そして、1対7で迎えた9回、2番中村、3番野中が四死球をもぎ取り2死1・2塁。4番は今日も柳原。打席に限ってはここまでいいところ無し。暑さも手伝ってやや元気がなかったが、意地を見せ、打球はレフト前へ。何とか1点を返し、2対7で試合を終えた。
1467533630094
チームが未熟な中、北九州市立大学のような強いチームと2試合できたことは本学にとって大きな収穫となりました。
暑くても、少人数でも、1試合を戦い抜く体力を身に付けることが何よりの課題。そこからバットを振る力、グラウンド内を走り回る力、ボールを投げる力等々を習得していかなければいけません。今は結果よりも過程や内容を重視し、ミスをしてでもあらゆる場面を経験してほしいと思います。
投手は2日通して、立ち上がり、中盤、終盤での勝負どころでの内容に課題が残りました。3日に関しては最低限の投球ができたから、何とか試合になったものの、あくまで最低限。課題に向き合って、チーム全体も見ながら自分のことにも取り組めたら、次に繋がるはずです。

次戦は7月10日に臼杵市民球場でのオープン戦を調整できました。APUとの対戦になります。
応援よろしくお願いします。
1467533727050

【雨天ノーゲーム】7/2北九州・下関地区インカレ

7月2日(土)九州国際大学若松グラウンドにて、北九州・下関地区インカレの1回戦が行われました。
本学は北九州市立大学Aと対戦しました。

北九大|520|101
福県大|000|00
6回雨天ノーゲーム
投手ー捕手:中村、柴田ー柳原

中村は初回から制球が定まらず。守備にミスも重なり、5回を投げ7四球、8失点。
攻撃でも相手の投手陣に完全に封じられ、いいところなし。

6回表を終了したところで、本学にとっては恵みの雨。
雨天ノーゲームとなり、7月3日に仕切り直すことになりました。

1467533792718
結果は後程……写真はその様子です。



7月予定

雨が続き、ボールを触れない鬱憤ばかりがたまりますが、体力・筋力のなさを補う絶好の機会と日々汗をかいています。(期待込)

さて、7月の予定です。

北九州・下関地区インカレ
7月2日(土)vs北九州市立大学A(11:30〜九国大若松G)
※勝ち進めば7月9日まで。

オープン戦
7月10日(日)vsAPU(10:30〜臼杵市民球場)
7月16日(土)vs九州大学(10:00〜九州大G)

その他調整中のものもありますので、決まりましたら、都度更新いたします。

ご不明な点などございましたら、コメント欄を活用ください。よろしくお願いいたします。

オープン戦vs久留米工業大学B

本日予定していた、久留米工業大学Bとのオープン戦は、グラウンドコンディションのため、中止となりました。

経験値の少ないメンバーにとってはありがたい機会でしたが、天気ばかりは何ともできませんでした。次戦に備え、気持ちを新たに練習に励みたいと思います。

チームを九州インカレに率いる傍ら、オープン戦の対応等いただきました、監督はじめ久留米工業大学の皆様、ありがとうございました。

オープン戦vs九州歯科大学(W)

6月18日(土)、猪位金球場にて九州歯科大学とオープン戦を実施しました。

新チームとなっての初陣。
大学から野球を始めた者もいるため、初戦は勝利よりもとにかく経験することを優先に、という気持ちで臨みました。

九歯大|001|510|012|10
福県大|000|002|010| 3
投手ー捕手:柴田ー柳原
DSC_0094
初戦は黒星。
得点は、7点差をつけられての6回裏、2死から2番中村が四球で出塁。盗塁を決めると3番馬場園の打球はショートのミスを誘い、1点を返す。馬場園も盗塁を決め、続く4番柳原がタイムリーヒット。
8回は9番DHで出場の石川がセンター前へ大学初ヒットを放つ‼2番中村がライト前ヒットでつなぐと、2死1・2塁で4番柳原。この日2本目のタイムリーヒットで1点を返すが、結局3点止まり。
守りは、野手への守備機会を作るため、柴田は“足枷”をつけての登坂。エラー、エラーのつかない小さなミス、自身のコントロールミス、相手の連打にて大量10失点。
まずは、柴田・柳原の新バッテリーでバッテリーミスをなくすこと、そして細かいコントロールを身につけることで、若い内野を引っ張ってもらいたい。四死球を9回の1つだけにまとめた点だけは及第点。守備でよかったのは、ショートの野中。この試合の約4分の1のアウトをショートで奪った。もちろんミスは0。苦しい展開だったが、見ていて安心できるポジションがあることはピッチャーも心強かったのでは?これからも継続してもらいたい。

2試合目。2敗は避けることを前提とし、この試合は勝つことにも拘ろうと声をかけ臨んだ。
1466343514069

福県大|101|010|100|2|6
九歯大|000|001|201|1|5
※10回はタイブレークを採用
投手ー捕手:中村ー柳原

9回に追いつかれてしまうが、秋を見越しタイブレークを実施。見事新チーム初勝利をおさめた。
初回は3番野中の出塁を足がかりに4番柳原がタイムリー。
3回は9番中村が出塁し、2塁へ進塁後、3番野中がタイムリー。
4回は得点に結び付かなかったものの、小畑に大学初ヒットが出た‼
5回は相手のエラーで出塁した1番馬場園が快速をとばし、牽制ミスやバッテリーミスに乗じて1人で得点を奪う快走を見せつける。
7回は2番柴田のタイムリーツーベース。
10回は、柴田のタイムリーと野中の犠牲フライにて2点を奪う。
守備ではチーム全体の体力の無さから一旦は追いつかれたものの、中村が尻上がりに調子を上げ何とか相手の猛追を振り切った。
この試合は、柴田のチームを鼓舞するキャプテンシーが目を引いた。しかし、柴田についてこれたのが、副キャプテンの野中だけ。終始足で魅せた馬場園や10回を1人で投げ切った中村はずまずだが、チームの体力の無さが浮き彫りになった。野中はこの試合でも9度の守備機会をミス1つと及第点。もちろんノーミスに仕上げてもらいたいが、春からの成長を感じた。
2試合通してタイムリーが出たこともチームの成長と言える。


知人が熊本への被災地支援に1週間行き、その報告から改めて野球ができることに感謝しながら臨んだ新チームの初戦。高城をはじめ全員が多くの学びを得たことと思います。一生懸命ベンチ内のことに気を配った三輪。他愛ない一言がすごく効果的だった鶴崎。いのうえ含め3人の存在にも助けられました。

審判や雑務を文句も言わずにやってくれた4年生、ありがとうございました。そしてオープン戦にも関わらず、第1試合に観戦に来てくれた方へは勝利を届けられず、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、応援ありがとうございました。
気持ちを新たに月曜日からまた頑張ります‼
1466343527126

6月予定

6月の試合予定です。


6月18日(土)オープン戦
vs九州歯科大学@猪位金球場

6月25日(土)オープン戦
vs久留米工業大学@久工大G

6月24日(金)からの九州地区大学体育大会(九州インカレ@鹿児島)は学業を優先し、欠場することとしました。
大会中にも関わらず、久留米工業大学さんに無理をお願いし、25日はオープン戦を組むことができました。ありがとうございます。

オープン戦の結果、7月の予定等々は追ってご報告いたします。

まだまだ課題ばかりが目につくチーム状況ですが、チームとして、個人として、課題解決に取り組んでいるところです。6月12日の練習で言えば、三輪や園田などの様子には目を見張るものがありました。


新チームとして始まって1ヶ月弱。
助走期間は十分とは言えませんが、いよいよ初陣です。応援よろしくお願いします。

新チーム始動‼

本学の所属するリーグは優勝決定戦を残しているものの、本学は22日をもって全日程を終了。
※PCの方はブログの記事(写真)に不具合があったようで、ご迷惑をおかけしました。一応修正しています。

リーグ戦終了に伴い、24日にミーティングを行い、新チームが始動しました。

ミーティングでは、リーグ戦での反省をもとに各自が「チームに足りないものは何か」をまずは、部員のみで出し合い、その後、具体的な方針や体制等を新キャプテンと監督で話し合いました。
_20160525_192458

2016年のチームスローガンは「BE READY」。
秋季リーグ戦に向け、まずは、しっかりと準備をすること、そして「元気のある」野球をモットーに、投手中心にチーム作りをすすめ、目標達成を目指したいと思います。

今週はケガの精査や積極的休養の期間と定め、新チームでの全体練習は6月からとなります。

これからもよろしくお願いいたします。

<新体制>
キャプテン:柴田誠丸(3年)
副キャプテン兼主務:野中康平(3年)
主務補佐:馬場園(1年)、伊藤(2年)、中辻(2年)、(1年)
_20160525_000246


Recent Comments
Recent TrackBacks