「カマンベール」。 
日本でもほとんどのスーパーでおいてある、この名前のチーズを知らない人はほとんどいないはず。

このカマンベールチーズは、
イギリス海峡を臨むフランスの北西部
ノルマンディ地方で作られ、世界中に広められました。

2017-02-06-12-57-08








2月のチーズクラブでは、
そんなカマンベールチーズの故郷、
ノルマンディー地方のチーズをシードル2種類とともに堪能。

カマンベール、ヌシャテル、ポン・レヴェック、リヴァロ、
そしてカマンベール・オ・カルヴァドスの5種類。
もちろんカマンベールは、
「カマンベール・ド・ノルマンディ」というAOP。
これは、どこでも売っているカマンベールと違い、
ノルマンディ地方の無殺菌乳を使って、決められた地域で、
決められた製法で作られたものなので、
スーパーのものとは、完全に別物です。

ヌシャテルは、ハートの形の白カビチーズ。バレンタインに合わせて。

四角いポン・レヴェックは塩水で表面を洗ながら熟成させるウォッシュタイプのチーズ。

リヴァロも同じくウォッシュタイプですが、
表面がアトナーという植物性の色素でオレンジ色に着色されています。
そのためリヴァロより、個性的な味わい。

2017-02-06-12-57-11
























これらのチーズをじっくり堪能したあとは、チーズ談義に花を咲かせながら、ランチ。

今回は、
じゃがいもとたこのヴェリーヌ
鶏もも肉のソテ ブルーチーズのソース
とチーズを使った料理もご用意しました。

次回は、4月9日日曜日に開催予定。
チーズ好きの方は是非。 

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ