2017-06-18-11-45-02










二ヶ月に一度開催しているチーズクラブ
6月18日に無事一周年を迎えることができました。

「料理になったチーズを食べてみたい」とのことで、
フランスビストロ料理の定番とも言えるシェヴル・ショのサラダと
アペリティフに合わせるチーズがテーマ。


2017-06-18-11-44-20











アペリティフチーズには、スプマンテに合わせて、
  • リコッタ・ディ・ブーファラ
  • ペコリーノ・ロマーノ DOP
  • アイリッシュ・ウィスキーチェダー
  • カザッテラ・トレヴィジアーナ
2017-06-18-12-19-20














続いて、シェヴル・ショのサラダ。
今回の山羊のチーズは、「サントモール・ド・トゥーレーヌ」を使用。
とろりとなるまで温めたシェヴルチーズは、そのままとは違った味わい。
ハモンセラーノと一緒に食べるとワインもさらにすすみます。
ワインは、勝沼のルバイヤート・ルージュ。

2017-06-18-12-58-23










メインディッシュは「チキンのフリカセ マスタード風味」。
こちらには、先生が葡萄栽培のお手伝いをしていただいてきた
グレイスワインの白を合わせて。

2017-06-18-13-29-12










〆はアップルパイ&コーヒで。

次回は8月13日(日)ですので、お楽しみに・・・



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ