フード リヨン 〜fou de Lyon〜

横浜・馬車道で、横浜の姉妹都市で 『食の都』として有名なフランス・リヨンの郷土料理をスペシャリテとした レストラン「リパイユ」を営んでいます。 レストランの裏側やフランス料理、そしてリヨンのことを綴っています。

カテゴリ: 横浜

2005年にスタートした「横浜フランス月間」。
横浜の方に、よりフランスを知ってほしいということから、
リパイユは毎年もこのイベントに参加します。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2018/

今年のテーマは、「食」のトゥール・ド・フランス。

南仏ニースから、ペタン元帥と水で有名なブルボネ地方のヴィシ、
スペイン国境にあるバスク、言わずと知れたブルゴーニュ、
そして、リヨンの隣オヴェルニュ地方のデザート。

フランス各地の郷土料理をコースでお楽しみいただけます。
もちろん、料理に合わせたワインもグラスでご用意しています。


FullSizeRender













オードヴル:ニース風サラダ

FullSizeRender













スープ:ヴィシソワーズ

FullSizeRender













魚料理:鮮魚のソテ バスク風

FullSizeRender













ランチ肉料理:牛ほほのラグー ブルゴーニュ風

IMG_2818













ディナー肉料理:鴨胸肉のロースト ルーアン風ソース

FullSizeRender













デザート:オベルニュ地方のミリヤール

なお、上記の料理写真は、先日行った試食会のときのもの。
皆様にお出しする料理はさらにブラッシュアップされたものとなります。
私たちスタッフは、肉料理を2皿試食するため、量はかなり少なめですが、
お客様にお出しする料理は、皿数に合わせた量となりますので、ご安心を。

フランス旅行には行かれないけれど、行った気分を味わいたい方、
この前行ってきたけれど、もう一度その気分を味わいたい方、
ぜひご賞味下さい。



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ

image




















1859
年に開港してから、西洋文化と日本文化の出会いの街として栄えた「横浜」。

「横浜絵にあるような開港当時の雰囲気を馬車道から発信できたら…」

と思っていたところ、

着物の仕事をしている高校の同級生から素敵な提案をいただきました。

 

着物でリパイユ

 

ここ何年かでリパイユにも着物でいらしてくれるお客様を見るようになり、

「着物でレストランが華やかになるのだから、きっと街も同じだろうなあ」

と思っていたので、定期的に行っている着物でお出かけするの会を

リパイユで開催していただくことに。

 

着物を着て出かける機会のない方、梅屋主催のイベントに参加してみませんか?

詳細&参加申し込みはこちら・・・

 

この企画が決まった後、同級生と一緒に関内エリアを散策したところ、

気に入ってくれたのは、「神奈川県立歴史博物館」と「横浜市開港記念会館」。

 

実はこの2つの施設は、リヨンと横浜の姉妹都市活動もしてきた私にとって、

ちょっと思い入れのある場所。

 

横浜市開港記念会館」は、

横浜開港150周年記念で横浜リヨン姉妹都市提携50周年の節目の年に、

リヨンと横浜の姉妹都市活動として、こちらで講演会「リヨン・荷風・横浜」を開催。

ちなみに横浜開港50周年を記念して建てられ、今年の71日で100歳を迎えます。


image














また「神奈川県立歴史博物館」も、
同じ講演会のテーマとなった永井荷風の勤務先であった元『横浜正金銀行』。

荷風は、正金銀行リヨン支店に転勤。リヨンは「ふらんす物語」の舞台にもなっています。
詳細は、「荷風のリヨン」をお読みください。 


散策中に撮った写真がこちら。

2017-04-13-12-11-44
























2017-04-13-12-08-39























2017-04-13-11-50-28























確かにこの2つの建物は、とても絵になります。

 

着物好きの方、横浜好きの方、ぜひどうぞ。

ちなみに当日、弁天通りで関内フード&ハイカラフェスタも開催します。

 

 

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ

2016-05-09-13-56-31














お休みを利用してシェフと泉区にある「吉田てづくり農園」へ。
リパイユのお隣にある横浜地ビールのお店のテラス(厩テラス)で、
火曜日と金曜日に横浜野菜を売っている仲里さんに案内をしていただきました。

吉田農園では、農薬は一切使用せず、米ぬか、醗酵鶏糞、コーヒー豆かすなどの
有機質肥料だけを遣い、有効微生物を利用した自然と調和した永続可能な栽培をしている

とのこと。年間およそ60品目を栽培しているそうで、
今回も、小松菜、キャベツ、グリンピース、ルッコラ、ブロッコリーなど
様々な野菜を拝見し、味見をさせていただきました。

中でも驚いたのが、グリーンピース。
「採れたてを生で食べると美味しいんですよ」
と食べさせていただいたのが、これ!
2016-05-09-14-12-15













まるで、トウモロコシのような甘み。
お皿の端に残されるグリーンピースとは全くの別物です。

皆様の前にでるお皿の上には、当店のスタッフだけではなく、
生産者の方や配送をしてくれる方など、たくさんの人の思いがつまっていると
改めて感じる一日でした。


馬車道フレンチ リパイユ


にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ



みなとみらい線元町中華街駅またはJR石川町駅から坂を上がると
そこは横浜の山手地区。
7館の異国情緒溢れる西洋館が点在しています。

これらの西洋館は、通常無料で入館でき、
6月の「花と器のハーモニー」や
10月の「ハロウィン
12月の「世界のクリスマス
は大変人気のイベントです。


この西洋館7館のうち6館で、結婚式を挙げられることをご存知ですか?

ウェディングの規模や日程、好みに合わせて館を選ぶことができ、
そこで、お客様のご要望に添ったリパイユの料理をご提供します。

1館でひと月に挙げられるウェディングはたった2組のみ。
ご興味のある方は、お早めにお申し込みください。


歴史的建造物の中で、満足いく料理を召し上がりながらのウェディング。
詳細はこちらをご覧ください。


フランス料理
リパイユ





にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ

10/25〜26に行われた元町フードフェアにブラスリ リパイユも初参加しました。

フードフェアとは、元町仲通り(メイン通りと並行している山側の通り)を中心に、
飲食、食品関連店舗が参加して行うイベントで、
普段は店内で提供している料理等をポーションを小さくするなどして、
低価格で販売。持ち帰りはもちろん、通りに設置してある広場でも食べられます。

初日、どんな様子かとスタート2時間前に仲通りを見に行くと、
老舗フレンチ「霧笛楼」の前には、こんな列が・・・

フードフェア2014-1



















さすがです!

さてさて、バタバタと用意をして17時ごろからブーズの用意をしていると
みるみると通りに人が増えてきます・・・
なんとか用意を終える頃には、ブースの前にはすごい列が!!

フードフェア2014-2



















当店では、

−鶏もも肉のコンフィ
−じゃがいものチーズフォンデュ
−ヴァン・ショ

を販売したのですが、両日とも1時間で上の2つは完売!

来年は、もっとたくさんのみなさんに召し上がっていただけるよう
たくさん用意して参加します!!

今回フードフェアに参加して、町の方々ととても仲良くなれました!
歩いていて、挨拶できる人がたくさんいる町っていいですね。


ぽちっとして応援お願いします!
にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ


ブラスリ リパイユ 元町
http://www.ripaille2002.com/brasserie.html


今週末の2月4日(土)夜9時〜のアド街ック天国はリパイユのある『横浜 馬車道』です。
ぜひ、お見逃しなく!!

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/


馬車道フレンチ
リパイユ

先日、はまれぽ.comの取材を受け、その記事が先日アップされました。
http://hamarepo.com/story.php?story_id=653

財政難という理由で、両市が結んだ姉妹都市を市民の自発的な行動に任せるという横浜市の態度は、
市民の皆さんはどうのように思うのでしょうか?

教育テレビにも出演したフランス人フォトグラファーDavid Michaudとの横浜フォト散策。

david

今回のテーマは「夕暮れ時」。

【日 時】2011年10月15日(土)16:00〜21:00
【待ち合わせ場所】氷川丸前広場
【金 額】フォト散策のみ          無料
        交流会パーティ(軽食付き) 1500円
【持ち物】カメラ
【申 込】氏名、(携帯)電話番号、人数、交流パーティへの参加の有無を明記の上、aly@fork.ocn.ne.jp までお申込みください。



ちなみに今日のDavidとの下見で、私が撮った横浜写真。
当日は、赤レンガ倉庫、みなとみらいも撮影予定。

hikawamaru
氷川丸

parc-yamashita
山下公園

osanbashi
大桟橋

[OPEN YOKOHAMA 2011参加事業]


10月2日(日)、まち歩き+ワールドカフェの新しいワークショップが開催されます!

 第一部の「まち歩き」は3コースです。


.茱灰魯泙初めてのひとにも優しい、中華街でのランチつきのポートサイド巡り。
横浜とフランスにスポットを当て、山手〜山下町歩き&姉妹都市リヨンの達人によるレクチャー+ランチのコース。
2金町・伊勢佐木町などディープな横濱歩きに茶話がついた午後からのコース。

そして15時からは関内に全員が集まり、まち歩き&横浜の魅力を語り合うワールドカフェに!
抽選でぷち横浜も当たる贅沢な一日です。

NPO法人リヨン・横浜交流会は、Cafe Mundialと共催で
「歩く・学ぶ・語る横浜とフランス」を実施します。

 まち歩き・レクチャーと昼食・他ルートをまわるツアーと合流してのワールドカフェ風全体セッションを通し、
山手〜山下町とフランスを知り・味わい・語ります。案内は英語でもOKです。

まち歩き(Cafe Mundial担当):予定されるルートは、
元町・中華街駅元町口〜クラフトマンシップ・ストリート〜代官坂〜ジェラール水屋敷跡〜元町公園〜山手西洋館〜港の見える丘公園〜フランス山〜山下町〜サロン・ド・リヨンです。案内は英語でもOK。

横浜の姉妹都市リヨンを中心としたフランスについてのレクチャー:(NPO法人リヨン横浜交流会が担当) サロンでのビュッフェ式ランチもお楽しみください。

 元町・中華街駅元町口で集合、11時開始。定員20名(先着順)。
 参加費:2000円(サロン・ド・リヨンでのレクチャー、ランチ、レクリエーション保険代を含む)

 お問い合わせはY150.cafemundial@gmail.com
 お申し込みはこちらhttp://cafemundial.web.fc2.com/からどうぞ。

*「まち歩きし対話」全体の企画・設計は
team OPEN YOKOHAMAが行います。企画の全貌については
http://d.hatena.ne.jp/teamopenyokohama/
に掲載されています。

*ワールドカフェとは:
カフェ的なくつろいだ雰囲気の中で、メンバーの組み合わせを変えながら少人数での対話を重ねることにより、全体で話しているような効果が得られる会話形式です。

くわしくは
ワールドカフェ・ネット
http://world-cafe.net/
をごらんください。

今年も6月1日より7月15日まで、横浜フランス月間2011が開催されます。

リヨン・横浜交流会では、毎年恒例の横浜散策&リヨン紹介ディナー&ランチ
横浜にジブリ映画の探す」を行います。
今年はリヨン在住の日仏カップル、クルトワご夫妻を迎え、ディナーをお楽しみいただけます。
リヨンからのお土産もみなさまにご試食いただけるので、ぜひご参加ください。

【日  時】6月5日(日)15:00〜20:00
【集合場所】元町中華街駅(元町側改札口)
【料  金】会 員4500円(ガイド代&ディナーコース代込)
      非会員5000円
【講 師】シルヴァン&律子・クルトワ
【主 催】NPO法人 リヨン・横浜交流会
      横浜リヨン友好委員会
【協 力】NPO法人 シティガイド協会

※6月23日(木)10:00〜15:00にも行います。
  その際のリヨン解説は事務局長砂川がいたします。



↑このページのトップヘ