約一年ぶりの訪問となる長野県上高井郡高山村。

開墾した畑に今年から苗木を植え、本格的に葡萄栽培を始動した友達のお手伝いをしに総勢7名で行きました。

メルローの苗木たち。
今は日本全国で苗木が足りてない状態で苗木屋さんはボロ儲けとの噂です(笑)

IMG_4359

作業は朝の6時過ぎからスタート。早朝はまだまだ肌寒い。

IMG_4360

完全なマンパワーによる手作業はなかなか体力のいる仕事。

日が出てくるとかなり暑くなり、半袖でいいぐらい。この寒暖差がいい葡萄を造れる要素の1つとなるのでしょう。

IMG_4366

午前中で予定していた作業も終わり、こんな事もあろうかと持ち込んだワインたちを飲みながらお昼休憩。

作業で汗をかいているせいか、皆さん吸い込みがよいよい(笑)

IMG_4379

隣は林檎畑。

白い花が咲いていていい景色。

IMG_4380
 
 午後は更に標高の高い畑でソーヴィニョンブランを植える作業。

こちらは粘土質土壌なので硬いのなんのって。全体重かけてもなかなかスコップが入っていかないぐらい堅固。土、舐めてました…。

そして午前中やった畑の何倍もある広さ…

IMG_4371

萎えた…(笑)

途中スコップ折れてたもんね…。

地道に穴を掘る男たち。

IMG_4373

結論、重機を使えば楽だよ!と山形の某ワイナリーの方からアドバイスをいただいて、その通りだなと!

畑の中や周りにはたらの芽やこごみがあって山菜って普通に採れる!と感動。

都会育ちには縁遠い。

さて、残りをいつやりに行こうかな。

今月中には終わらせたいなぁ〜