松下幸之助さんの言葉。

6,削り仕上げ

6,削り仕上げ
5,の工程で、元に復したことを確認して、部分寸法に差異を生じないよう、削りすぎ、目違い、角度、形状などを正しい部品とするための削り仕上げをする面を平滑にし、さか目、かんなまくら、むらなど起こさないように削り仕上げする。研削材は、サンド・ペーパー、やすり、スチール、ウール、などを使用する。

5,水引き

5,水引き
加工中に機械ローラーや、つちや圧締機器によって、木殺しのされた部分を元にもどすために軽く水分を表面に与える。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ