自由父ブログ

父親3年目、息子と娘をもつ2児の父なのに、相変わらず自由な男。それが自由父。

ブログ閉鎖のお知らせ

ブログをはじめてから今日で30ヶ月。
「自由父ブログ」をやめることにします。

今まで閲覧していただいた方々、本当にありがとうございました。また、たくさんのコメントをもらい、そういう声に支えられていた面も大きかったです。自分の行動を客観的に見てもらうことの大切さを知りました。

自分の行動を振り返ることで次につながる糧にしたり、反省材料にしたり、判断材料にする。そういう意味ではこのブログを自分を大きく成長させてくれたけど、反対に大切なものを蔑ろにしていることが浮き彫りになった。

人間として、軽い。この30ヶ月のブログで出た結論は、自分自身の行動は誠心誠意が足りないことを自覚させられ、たたきつけられたということ。

表面を上手く繕う技術、人に合わせる対応力、どんな場面でも動じない精神力。それらは武器ではない。うわべの付き合いでその場しのぎをしてるから物事に深い関心を持っていない。

じゃあどうすればいい?

自分の器を理解するしかない。元々それほど軽いノリであちこち広げて浅い付き合いに向いていないのに、広げようとするし掘り下げようとする。広く深い付き合いができるほど自分に余裕も甲斐性もない。まだまだ人間として不十分なのに、大きなことを言う口先と同様に、大きなことをやろうとしても結果が伴わない。

あせるな。オレ。

やり直すしかないじゃないか。このまま落ち込んで終わるのか。ふて腐れていても何も始まらない。自分自身が納得できるようにもう一度がんばるしかない。

家族を失った。自分の命より大切に思っていた子供を失った。自由もない。お金もない。もう「自由父」とは名乗れない。これから新しい家族を持つことも、伴侶に恵まれることもないだろう。一人でいる覚悟を決めて、相応の人生を受け入れるしかない。

それでも新しい自分を創って、心から笑ってすごせる時間を取り戻そう。こんな自分にも残っているものがある。それはこんな自分にも声をかけ、受け入れてくれて、大事にしてくれる仲間。家族や恋人以外で、自分に何かを与えてくれる人たちは他にいない。

色々な形の付き合い、つながり、関わりがあるけど、やっぱりオレは色んな人たちの力になれる存在でいたい。そのためにもっと自分が成長して、人間味が深くならないと。大切にするものは大切に、しっかりと自分を持って一歩づつ焦らず歩いていこう。

今までこのブログを見ていただいた方々に、このブログは何かしらの力になれていたでしょうか?もちろん不快な思いをした方もいるかもしれません。しかし、自分自身はいつでも一生懸命の思いを綴りました。どんなことでも一生懸命やるのが自分の唯一誇れることです。方向が間違ったりいつも正しいことをしているわけではありませんが、何でも本気でぶつかることが人生を歩く上で必要なことだと今でも信じています。

2年半という長そうで短い期間、このブログにお付き合いいただき本当にありがとうございました。もしかしたら違う形で、何かの機会、いつかどこかでまたこのような駄文を見つけた際には、きっと新しい自分が一歩踏み出したということだと思います。そのときはまたお付き合いください。

それでは、またいつかどこかで・・・続きを読む

休止のお知らせ

何度目かの、ブログ休止です。

今回は無期限に休止したいと思います。

元々、最近の更新率はひどいものがあります。

状況を知っている人はわかっていただけるかと思いますが、

継続自体難しいかもしれません。

このブログをやめるときは、自由父をやめるとき。

そのときが近くなってきたと思います。

2年ちょっとやっていたブログ。

いつやめるか考えたこともあったけど、

こんな形にはなると思っていなかった。

ブログを書くことは、結構楽しかった。

ただ、中途半端に丸投げするのは性格上できないので、

終わらせるときや継続するときはそれなりの報告をします。

ほとんど更新していないブログでも、見ていただいている方がいます。

そんな方々には、本当に申し訳ないです。

とりあえず、最低1ヶ月はお休みします。

簡単なご報告は記載するかもしれませんが・・・

それでは、少しお休みします。ごめんなさい。

再々発

火曜日、車から降りたときに腰に電気が走りました。

久々のヘルニア発症です。MRIの結果、そろそろ手術したほうがいいんじゃない?と言われました。

もちろん、手術するつもりなど全くありません。医療機関で勤める人間ですが、手術はできるだけしないというポリシーを貫きます。

何がつらいって、行動一つひとつに制限がかかるし、急な動きをすると痛いし、同じ体制を続けた後に動くときは怖くてしょうがない。コルセットつけて痛みどめ飲んでいても気休めにもなりませんからね。

明日、ミニバレーの大会なんだよな・・・

ま、できる範囲で頑張ろう。。。

愚の骨頂

4年前に一度免停になってから、レーダーつけて気をつけるところは気をつけてたけど…

札幌への日帰り出張の帰り道、疲れから油断してたのかもね・・・

札幌出てすぐの長沼を過ぎたあたり、42kmオーバーで捕まりました。40km以上のスピード違反は一発免停なので、裁判所に出頭です。別件で裁判所にいくとか、どんだけ裁判所に通ってんだよ。。。

また講習がめんどいな・・・と思っていたら、今度は清水の裏道で測定やってて、「ヤバイ」と急ブレーキしたけど79kmまでしか落とせずに1日に2度目の違反となりました。

疲れてたとか急いでたとか色んないいわけあるけど、なんかもう今年は相当やられてる感が強くて…もうどうでもいいような感覚になっちまったな。。。

1995年にヤクザ息子と一悶着あったことから始まり、1997年には足の肉離れと左手の靭帯損傷、1999年に謎の高熱で1週間以上寝込み、2001年は親の離婚、2003年は自分の離婚、2005年は免停、2007年は○○事件と、奇数年には自分によくないことが起こるようです。

普段の行いの積み重ね、日ごろの見逃されている悪癖が表に出てしまうだけなのかもしれないけど、たまに自分の境遇を呪いたくなるのは自分自身の弱さを認めていない証拠なのかなと思ったりもする。

なんて、ちょっと自分の黒歴史を振り返ってみたりもした・・・

朝から肉。これがスタンダード。

最近やせたとよく言われる自由父です。

こう見えても結構な大食漢で、一人で一食に食べる米は3合、一日5.5合炊きのジャーをフル活用してるくらいです。

しかも、食べる速度は常人の2〜3倍くらいです。吉野家に行くと店に入ってから出るまで7〜8分です。頼んでから牛丼が来る時間+会計の時間の方が長い。先にいた客が半分くらい食べ終わってても、後からきたオレの方が早く食べ終えます。

早飯喰らいは胃に悪いし、せわしないのであまりよくありません。しかし、昼休みを与えられない生活をしていると、大食漢で食事にかける時間がないなら早く食べる技術をつける以外にないのです。20歳から5年くらいは昼休みゼロでした。。。

そして、色々な諸事情で食事チャンスを逃していると、食事時間に対する概念が変わってきます。「食えるときに喰う、腹が減っては戦えない」という戦場さながらのお題目で、朝5時だろうと、深夜2時だろうと同じレベル(食事量・食種問わず)の食事ができるようになります。


・・・単純にオレの胃腸の受け入れ幅が広すぎるだけなのか、乱れきった食生活を正当化したいだけなのかはおいといて・・・

何が言いたかったって、今日は朝からジンギスカン一袋+米3合を食べてきたということです。そして、それが本日唯一の食事になる可能性が高いということ…

ダイエット、成功☆

去年の年明けから初めて、2年目の今年も順調に体重を維持してましたが、この2ヶ月で4kgも落ちました。現在71kgで、このままいくと70kgを切るでしょうね。去年の体重MAX時(2008年1月)は78kgあったので、2年目に入って目標達成しそうです。

これをダイエットと言ってしまうのが自由父なんだけど、原因は明らかですね。。。

心労が祟ると体は一気に痩せます。食欲がないというより、腹が減る感覚が無くなるので食べることを忘れます。そうなるとダイエットで一番苦痛な「空腹時の我慢」がないのです。丸一日食べなくても、寝る前に「そういえば今日飯食ってない」と思い出すレベル。一日3食食べることはないですね。

でも、食べるときはまとめて食べるし、酒の量は変わっていない。食べだすと腹減ってることに気づくし、自炊だから不規則なだけって気もするけど。。。

痩せたい時は、精神的なダメージを負うのが一番効果があるようです。どんなダイエットマニュアルにも勝る理論だと思います。痩せたいなら問題を起こす。これが最高のダイエット。

・・・ただ、筋力的には多少落ちたかもしれないですね。体が軽くなった分小回りは前以上に効くけど、単純な腕力は若干落ちたような気がする。本当に若干だけど…

まぁ理由はどうあれ、痩せたモン勝ち。不必要な脂肪が無くなったはずだし、運動は続けてるから身体的に虚弱になったわけではない。落ちたパワーは体重に比例したもの。はじめの一歩で言えば、宮田一郎のように体を絞るほど感覚が研ぎ澄まされていくと捉えていこう。

ということで、痩せたい方にはオレの重たい話を聞かせます。
新ダイエット法として離婚問題という新しいジャンルを生み出しました。

初恋の人からの手紙

自由父、ひさしぶり。
今でもデートのたびに水筒を持っていますか?当時、おばちゃんみたいだった自由父をなつかしく思います。

少し上からものを言う自由父が「スタイルだけは一流だな」などと失言してお別れすることになったあの日から、もう12年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたら自由父からの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのは自由父のほうでしたね。何を言っても言いくるめられたし、いつも夜に電話して泣かされていたから、寂しくて5人ぐらいキープをつくっていたような記憶があります。そういえば何を勘違いしたのか「おまえにはおれがいないとダメなんだよな」なんて言っていましたね。それを伝え聞いた学校の女子全員が爆笑していたのを覚えています。

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、自由父にとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。そうそう、最初のころの自由父は「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

告白のとき、自由父は「おれにはおまえ以外の女はいらない」って言ってくれましたよね。私もあのころ同じ気持ちだったし、とても嬉しい気持ちなりました。その言葉、本当だったらよかったんですけどね。

恋愛を総合的に考えれば、私は自由父と付き合えたことを、とても感謝しています。つらいことをつらいと思わなくなったのも、イライラをうまく忘れられるようになったのも、自由父のおかげです。

いろいろ書きましたが、私は自由父のことがそれでも好きでした。これからも自由父らしくいられるよう、そしてたまにはスーパー以外で洋服を買って(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 愛と恋の違いを熱く語る病気はもう治りましたか?


・・・もちろん、ネタです。。。

以下のサイトでも見れます
            ↓
http://letter.hanihoh.com/r/?k=09060158414a23441bb1924

初裁判所

先日、生まれて初めて裁判所に行ってきました。目的は「離婚(円満解決)調停」を申し込むためです。

調停日は6/17に決まりました。そこで男女1名づつの調停員を交えて、お互いの言い分を確かめ合うようです。

こっちは弁護士もいなく、何の準備もありません。向こうはきっと調停にも弁護士を伴ってくるでしょう。

とりあえず、今のままでは向こうの言うがままになってしまうので、最低限公平に話し合える状況を作れたと思います。


・・・しかし、人生で裁判所行くことなんてないと思ってたけど、何があるかわからないものだね。。。

人付き合い

今の自分に足りてないもの。

普通に流れるように生活していて、なんとなく過ごしていて、目の前で起こることをなんとかやり込めて過ごしてきた。

それじゃ、ダメみたい。

色んな人と上手くやれる自分だと思ってたけど、実際はそうでもない。人のこと考えられているようでそこまで考えられていない。

その原因は、人付き合いの浅さ。

昔から色々やっていて、その中心にいることが多かったせいか、考え方や世界観が自己中心的になる。最近は年上の人と接する機会が増えたからか、自分の浅さを露呈して歯がゆい思いをすることが多い。

こんなに何もできなかったのか。レベルの低いところで満足して、天狗になっていたのか。

人付き合いを一から考え直そう。自分の思うこと、やりたいこと、そういうのをしっかり持って前に進む力がないと、この先また同じ壁にぶつかる気がする。

もう少し広い世界を歩いて、新しい自分の可能性を広げないと・・・

Congratulations on the marriage!5

今日は札幌時代からの親友、悠々の結婚式です。

オレ以上に色々な騒動を巻き起こして、落ち着きがないというより留まることを知らなくて、やんちゃだった彼が結婚するということには何ともいえない思いでいる。

奥さんになる人は、付き合う前「どうやって口説く!?」という作戦会議をしにわざわざ札幌から帯広に来るほど入れ込んでいて、付き合ってからも大事にしているのはすごく伝わってきた。留まることを知らない彼に、落ち着き場所を作ってくれたような人だった。

今まで親しい人たちの結婚式に出たことはあったけど、今回だけは少し感傷的になるかもしれない。初めての友人代表挨拶、初めて札幌に出向いての結婚式、初めてのことが多いのもそうだけど、結婚して落ち着こうとする彼の姿が自分と対照的に見えることに戸惑いそうだから。

そんな自分の感情はさておき、今日は目一杯祝福してやろう。できる限り式をサポートしてやろう。二人の姿をしっかり見ておこう。

ちょっとづつ前に進もうという気持ちになって、色々な思いを振り切れそうな今だから、目の前の親友の晴れ姿に少しでもあやかろう。

悠々、結婚おめでとう。

今日の式で、今のオレが持ってる精一杯の言葉を贈るよ。

Mental disease1

このブログを始めて、今は一番更新していない。書くネタがないというより、書く気力がない。毎日起こることや今あることを受け止められていない。

自分の人生で初めてなくらいネガティブになっている。マイナス思考が大嫌いなのに、プラスに考えられるイメージが湧かない。

多分だけど、うつになってる。

不眠症は輪をかけてひどくなり、一日2〜3時間くらい布団で目をつむっているだけ。スッキリ寝たという感覚はしばらく味わってない。

集中力もなく、記憶力もなく、忍耐力もない。仕事が忙しい時期だが、最低限でなんとか回しているだけの状態。

原因はわかってるけど、解決方法はわからない。

今まで積み重ねた自分が根本から崩れてる。自分のよかったところ、悪かったところがわからず、取りとめのないことを永遠に考え続けているだけ。どうしようもないことに腹を立て、改善しなければいけないことから逃げて、責任の所在を自分以外に擦り付けたい思いしかない。

どういう人生を生きて、どういう人になりたくて、どういう考えをしてるのか。当たり前にやることを当たり前に考えて、当たり前に捉えていたはずなのに結果的には何も動いていない。

うつになると何かしようという気持ちが起こらなくなるというが、本当に何もする気が起こらない。しかし、オレの場合はちょっと違う気もする。やる気持ちが死んでいるというより、ゾンビになって徘徊している感じ。

自分の信じていた部分、つまり「自信」の持ち方を忘れてしまった。信念の強さは頑固さ、融通が利くことは自分の意志の弱さ、すぐに気持ちを切り替えるのは反省して無い証拠・・・

気持ちの面でここまで落ちたことはないから、「落ちるトコまで落ちたらあとは上がるだけ」という感覚すらわからない。どこまでも墜ちていく気がする。

すごく心配かけるような文面で申し訳ないけど、やっぱりしばらくブログ書けないかも。ちょっと何を書いていいのかすらわからない感じだから・・・

出会い、別れ・・・1

この時期は出会いと別れが多くある季節。ある人は新しい世界へ向かい、ある人は違う世界から自分の世界に飛び込んでくる。そんな季節。

お世話になった人、仲のよかった人と離れるときの何とも言えない焦燥感。それが強く残るこの時期に、今度は新たな出会いがあったりする。何気ない出会いが段々と大きくなり、離れなければならないときには大きな存在になっていたりする。

出会いがあるから別れがある。別れの時にどれだけの思いに駆られるか、それがその人とのつながりの深さの証明だと思う。何気なく出会っていつの間にか会わなくなったという人に、「別れ」という感情を抱くことはほとんどないから。

今日から4月。環境が変わって新しい一歩を踏み出す人が多い中、オレは新しい一歩を踏み出しているんだろうか?進んでいるんだろうか?

人と出会うことに抵抗を感じている。新しいことに向かう力が欠けている。今まで歩いてきた勢いが失われている。

別れることを恐れては新しい出会いはない。別れるつらさを最初から考えていては出会いに積極的になれるわけもない。

今年のオレ、やっぱりおかしいな・・・

今を生きないものに明日は無い

昔から、自分の生き方は「明日につながるため」という感じで、常に先のことを考えて先の先をとることを目標にしてやっていた。

でも、先のことを考えるあまり今を目一杯やっていなければ、先のことを心配したって無意味な気がした。そして、今の自分では先のことを考えてるのではなく、ただ現実のつらいことを先延ばしにして凌いでいることもある気がする。

現実を冷静に受け止めて、正しい判断をして、計画的に実行する。それがどんな場面でも必要な行動理念であって、そうすることが間違いの無い選択を生んで、その積み重ねがしっかりとした自分の経験値として刻まれていく。
周りをよく見ず、自分勝手な判断で、思いつきで行動しているうちは常に行き当たりばったりで、同じ間違いを繰り返してしまう要因にもなっていくと思う。

冷静でいられると思ったはずの頭は意外に熱くなりやすくて、正しい判断をしているつもりが完全な自己都合によるもので、せっかくの計画も途中で気分が変われば全く違う方向へ向かってしまう。それが自由父の頭の構造。

そんな自分についてもう一度考えてみた。

・・・別にそれでいいじゃん。

人間は機械じゃない。常に正しい判断ができるわけじゃない。先のことなんてどうなるかわからないからその時々に起こる事に向かっていればいい。早く大人になろうとか、無理して落ち着いた人になりたいとか、そんなことを考えず、ずっと「自由父」のままでいていいじゃない。

今は、全く先の予定を考えないで過ごす時間が多い。先を考えたくないというのが本音だったりするけど、先を考えなくなった分今ある時間をより大事にしようという思いが強くなった。

毎日が全力疾走。それが今の自分が理想とする姿なんだと思う。

大人ってなんだろう2

昔から年上の人とも普通に仲良くなれる気質があるので、最近は自分より年上の人と飲み交わすことが多く、そんな場でいつも感じることがある。

大人って、なんだろうって・・・

落ち着いていて、考え方が成熟してまとまっていて、一般的な常識や理性的な判断を下せれば大人っていうつもりでいた。そして、そういう風にいれる自分は少なくとも周りの同年代よりは大人で、落ち着いている雰囲気を持てることで早く大人になっていた気でいた。

しかし、本当に大人だと思える人と正面から向き合うと、自分の薄っぺらさがよく身に染みる。

「こんな場面ではこうする、こういう風に言う」という対応力は、経験や要領のよさでなんとでもなる。しかし、中身の無い人間が同じ言葉を並べても何の意味も無く、質の軽い言葉で取り繕えば繕うほどスカスカな人間に思えてくる。

それが今の自分。

まだまだ成長したいと思う反面、常に自分の都合のいいものを選びながら進もうとしている自分。何でも受け入れると言いながら、狭い世界しか持っていない自分。
そんなのが目に付きだした時、自分の器がとても小さく思えてきた。

この程度の男なのか、今は停滞期なのか、これから化ける可能性があるのか…

ある人に「(オレは)もったいないよ」と言われた。
その意味はわかりそうでわからない。恐らくオレが持つ頑固さと傲慢さのせいで妨げている何かの要素があるということ。それが今の自分がもう一段階上がらない要因なんだと思う。

全てがいい方向に向くとは限らないけど、出来るだけ多くがいい方向に向いていたい。そうするためにはどうするか、それを謙虚に受け止めるようにならないときっといつまでもこのままなんだろうな・・・

聞いてなかったけど・・・

今日嫁が帰ってきてしまうそうです・・・


束の間の自由、約3週間に渡った独身生活も今日で打ち止めか…
それなりに楽しんだけど、やっぱり自由が一番素晴らしいです。


まぁ、帰ってきたからといって何かが変わるということも無いんですけどね。自分のペース、自分の役割をきっちりやって、不都合な自由を楽しみましょう。


最近思うけど、結婚の理想って週末婚(週に1〜2度だけ会う)とかの方がいい気がしたりしてる。いや、オレの場合のみかもしれないけど…


ま、またそんなくだらないこと考えてるわけですよ。。。

兄妹

下の子の顔が、上の子の赤子の頃とそっくりです。

男・女の違いや、兄妹ということで全然顔が違うことを想像してたけど、今の段階では完全に同じものを見てる気分。

また、泣き方もそっくりだし髪形も似てる気がする…上の子がよく女の子に間違えられることもあるので、それはそれでいいことなのかな。

上の子はお母さんを取られた気分で淋しがって、かなりお母さんにべったりしようという傾向があり、俗に言う「子返り」なのかなって感じです。まぁそれも順調に育っている証なんでしょう。

上の子はそろそろ外の世界に出して、同年代の子と遊んだり色々なことにチャレンジするようになってほしいです。嫁に任せていたらすっかり人見知りが遷ってしまい、家族以外の前では借りてきた猫のようにおとなしい。オレが小さいときはそんなことなかったのに・・・

これがもう少しして、下の子が動く頃には息子はちゃんと「兄貴」してるんだろうか。男兄と女妹って、親からすれば両方の子育てをできる反面、個人的にはやはり兄弟は同性の方がいい気がしてる。まぁ何が一番ということはないだろうけど、自分なりにこの子らを見守っていければそれはそれでいいのかなとも思っております。

ただ、現時点では「ウチの娘は嫁にはやらん!」なんてことを言うような親父にはならないと思います。そこら辺の考え方がドライなのがやっぱり自由父というところなんでしょう。。。

そんな感じで、2児の父はマイペースでやっとりやす。。。

嫁が実家に帰りました。

・・・というタイトルだとびっくりされそうですが、出産を終えて体調が回復するまでしばらく実家でゆっくりするという意味ですから。。。

最近仕事が鬼のような忙しさで、帰りが遅いこともありほとんど二人目の子を抱けてません。というか、まだ3回くらいしか会ってないという状況。ひどいですね。

今日で娘が生まれてから1週間。娘の今のところの印象は、おとなしい・泣かない・マイペースという感じです。完全なB型気質かと思いきや、A型だったのが残念。B型で女の子なら家族全員バラバラの血液型という快挙だったのに…男・女の産み分けはできても血液型まではさすがにどうしようもなかったな・・・

上の息子は泣いてる理由がわからずすごい勢いで泣くことがあったけど、娘は今のところそんなことは無く、オムツ替えて授乳すりゃおとなしく寝るみたいです。やっぱり二人目というのは余裕があるせいか多少のことで動じないのがいいのかな。。。

今は嫁が実家に帰っているのでわりと自由に過ごしておりますが、嫁が帰ってきたらしばらく大変になるんだろうな・・・

とりあえず、わずかな時間ではありますが今しばらく仮初の独身生活を楽しむことにします。。。

ご報告

昨夜午前3:26に娘が誕生しました。

病院について1時間で出てくるという安産で、母子共に健康です。

今回も出産には立ち会ったので、生まれてすぐにわが子を抱くことができました。

男一人、女一人という具合に両方の子を育てることができるのは、親としてとても楽しみです。

これからも「自由父」としての自分、2児の父としての自分、両方を大切にしながら頑張っていきたいと思います。

まずは、皆様へご報告です。

言葉よりも行動

すごく基本的なことだけど、言葉よりも行動が大事。

昔から「その場しのぎ」が上手かったせいで、肝心な行動に誠意をみせられないことがある。それが自分の悪いとこ。

考えるんじゃなくて、感じる。計算じゃなくて、必然。

本当に自分を変えるなら、決めたことは胸に秘めて不言実行。

今年になってからブログの更新が減ったのは、実はそういう意識を自分の中に持つようにしている。

ここに書いて楽になったこと、後から自分の記録が見れて気づけたこと、近況報告等、自分なりにブログを活用して気持ちが楽になっていたことは多かった。誰にも言えない秘密をここに書いて、一時的な避難所を作っていた。

でも、それじゃダメな気がした。

受け止めて飲み込んでおかなきゃいけないこと、後から振り返るのでなくその時に正しい判断をしておかなきゃいけないこと、伝えたいことがあるなら直接伝えること。それらを蔑ろににしておいていいこともない。

それが「大人」なのかなって思う。色んな出来事を抱えていながら、普段と変わらぬ表情で、今ある現実をしっかり受け止めて前に進むこと。

少しづつ、「大人へのなりかた」を感じてきた気がする。

ブログの更新を減らす理由にはならないけど、今は色々と迷走しながら前に進もうとしている段階です。もう少し…頑張っていきます。

ついに買ってしまった・・・

オレが買うことなんてないと思っていた。縁のない代物だと思っていた。

買ったよ。育毛剤。

いや、注文したのはかなり前だったんだけどさ。秋〜冬にかけて、一番脱毛が激しい時にビビって注文したんです。定価5000円を期間限定で半額だったんで…

まだ使ってないし、最近そんなに抜け毛が気にならないから別にいいかな〜とかも思い出してきて…育毛剤とかを使うより生活習慣や食生活を改めた方が効果あるっぽいし、シャンプーの仕方や時間帯を考えるだけでも違うと思うから。。。

とりあえず、朝シャンやめてから大分違う気がする。そして毎日シャンプーを使うのではなく、シャンプーは一日おきでお湯洗い→水洗いをする。それだけで違ってきた気がした。

食生活も脂を控えて…とは思うけど、やっぱり好きなものはやめられないね。健康面からも油モノは控えたいんだけど、やっぱり未だに大好きだから。

あと、よく寝ること。不眠症で眠れないんだけど、眠れなくても横になって体を休めるようにしてる。思えば、年が明けてからゲームは一回もやってないかも。PCも1時くらいでやめるようにしたし。

治さなきゃいけないところは、意外に簡単で身近だけど難しいもの。なんだって足元をしっかりしないといけないってことだね。

この育毛剤、封印しておこう。。。

酒量増えた。。。

去年あたりから酒の量が増え続けてる・・・

晩酌は昔からの習慣とはいえ、ここ半年くらいは毎日飲み続けている。一人で飲んでるだけだからそんな量は飲んでないけど、飲み会に行ってるわけでもないのに一人でこんなに毎日飲むようになったのは無かったかも。

酒自体は好きだし、メチャメチャ強いわけではないが決して弱くはないくらい。バカ飲みしても理性を壊すこともないし、タバコを吸わないで飲んでるときは悪酔いすることも無い。綺麗に酒を飲めるタイプだと思います。

酒の種類も何でも好きだけど、ビールは好きだけど2本くらいで腹が膨れるのでほどほどに、チューハイやカクテル中心に飲み、ワインなんかも嗜み、最近は果実酒にハマっている感じです。

昔は日本酒とか焼酎も飲んでたし、調子に乗ってる頃はブランデーやウイスキーのロック、ウォッカ原液飲みとかもしてたけどね。。。

最近は一度に飲む量は減ったけど、飲んでない日が無いくらい毎日飲んでる。ストレスのせいかとりあえず寝る前に1杯は飲まないと落ち着かないようになってしまった。

体を壊すような量を飲んでないから大丈夫だと思うけど、たまには禁酒デーも作らないとな・・・

「自由」って何だろう?

ブログネタ
「自由」って何だろう? に参加中!
Wikipediaによると、
「自由(じゆう、英: liberty, freedom)とは、他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うことをいう。」

オレが「自由父」というHNを考えたのは、立場や肩書き、世間体などを気にせず、思ったことや起こった事を自由に書いておきたいと思ったから。常識や規定、ルールや制限をいつも気にせず、その時々で自分が必要だと思ったことやしたいことをして、その経験を反芻して自分を形成していった。

人の個性はそれぞれだが、「自由」という点に偏っていた自分を見ると、このブログの謳い文句である『自由な発想と行動力』はただのワガママに過ぎないことに気付かされる。

オレの自由は『言いたいことやしたいことを我慢せず表に出し、我を押し通すことを第一と考える』が一番当てはまっているだろう。その場の空気や周りの状況・バランスを考慮に入れてはいるが、「敵」と見た相手には徹底抗戦の構えを取り、「味方」にしたものには己の全てで守りにいくようなところもそうだろう。いつまで経ってもガキのまんま。

しかし、「自由」が無ければ自分が自分でいられない。束縛や煩わしさを感じるとすぐに何とかしないとやっていられない。何かに押さえつけられたり我慢を強いられる人生を変えたくて選んだ今の道を、今更引き返そうとも思っていない。

自由を得るためには、勝ち取るためにしなければならない面倒なこともある。ずっと自由でいられるわけもなく、その全てが愉しいものでもない。好きで選んだ自由が、実はもの凄く不自由だったりすることだってある。

そうやって色々考えながら生きていくことが「自由」なんだと思う。自分がどんな選択をしていこうと、「自由」を元に選んだことには責任をもって全うする。それが自由父としての生き方なんだと思う。

やめるのも、続けるのも、立ち止まるのも、走り出すのも、自由父としての人生を全うして全ての出来事を受け止めていこう。自分の「自由」を最後まで見届けていこう。

自分の自由が自分の幸せにつながっていると信じて・・・

大人ってなんだろう。

ブログネタ
大人になるってどういうこと? に参加中!
Wikipediaによると"大人(おとな、adult: アダルト)とは、子供に対して、成人した人を意味する。さらには、精神構造が熟成していて目先の感情よりも理性的な判断を優先する人、もしくは自立的に行動し自身の行動に責任の持てる人の事を指す場合もある。
または理性を優先するという点から、妥協や周囲への迎合、事なかれ主義などを、「大人の考え」「大人の都合」「大人の事情」などと揶揄して言う場合がある。"

とのことで、単に"20歳を過ぎる(年をとる)=大人になる"ということではなく、自分の行動にしっかりと責任が持てなければいけないということ。

しかし、責任を果たせば何をしてもいいんだろうか?責任をとるということはどういうことなんだろうか。

多くの場合は、経済的責任、謝罪、精神面…つまり、金を払って(または職を捧げて)、しっかり謝って、よく反省すること。何かあったときに「責任を取る」という行動を示す時、そういうことをすることが責任を取ることとされる。

すると、金を持っていて、言葉が巧みで、しっかりと反省していることを上手く表現できる人なら、あらゆる事項に責任が取れて、強いて言えば何をしても許されるんじゃないだろうか?

多分「大人になる」ということは、そういう事態を未然に起こさず穏便に収拾できて、自分の責任のある範囲において安心と安定感を与える存在だと思う。そして、それを支えるのはその人自身の持つ個性や長所を必要な時に発揮できて、余計なものには極力手を出さず、継続力と我慢ができる人なんだろう。

自分の立場からすれば既にそうなってなければいけないが、中身の伴わない者が無理に繕っても必ず綻びが出てしまう。
責任と自由の境目、我慢と愉しみの共存、ストレス解消の時間とあらゆるコミュニケーションのバランス…

正しいことをすることが大事なのか、個を重んじて自由を貫くか、今年は自由父が自由父であるかどうかを考える年になると思う。

「オレも大人になって丸くなったよ…」なんて話をする時がいつか来るのかな。。。

結婚ラッシュ到来

去年の春あたりに予感してた結婚ラッシュが始まりました。

自由父の周りの人が、今年結婚する人が多いんです。今までは年に1度あるかないかの結婚式が(多くて第一次ラッシュ時に3度あったくらいか)今年は親しいどころがすでに2件予定にあります。水面下で進んでいそうなものも入れたら、4件くらいあるかも…まぁそれは自由父の勝手な想像ですが。。。

20代後半。「結婚は30歳前には…」と考える人が多いからか、27〜29歳の時期にラッシュが来るのは当然でしょう。

ただ面白いと思うのが、最近結婚をしたカップルの付き合った期間がほとんど1年前後だと言うこと。若い頃結婚した人達は3年くらいは付き合っていたけど、このくらいになると1年も付き合えば…というか付き合いを始めた早い段階で結婚する人かどうかわかってしまうんですかね。

それなりの人生経験から、もう軽い気持ちで付き合うことなく、自分のワガママの出し方やどうやったら相手を大切にできるかということがわかってきてるから…つまり、ある程度成長した自分があるから上手い付き合いが出来て結婚を意識してるんだろうなと思う。

そして、仕事面やプライベートも落ち着きを見せ始める時期。気持ちの安定が結婚という決心に後押しして、安心した暮らしを営んでいこうという心情もあるかもしれない。

まぁ、オレの結婚観については以前語ってる(昨年4/7〜)ので省くけど、結婚は恋愛のゴールではなく、これから新しい生活のスタイルなので、結婚する人達には頑張ってもらいたいと思います。オレに言われるまでもないと思うけど・・・

多くの人が、本当に幸せになってほしいと思う。結婚という一大決心をしたからこそ、その決意に応えるだけの幸せを自分達で築いてほしい。

やっぱり今年の目標立てるかな・・・

何となく新しい何かをやるとか、守らなきゃいけないものをしっかり守るという気持ちが薄れているので、やっぱり目標を立てておきます。

まず、二人目の子をしっかり迎えよう。生まれてからは子供の風呂入れ、上の子の食事の世話、オムツ替え…一度経験した余裕で、育児に対する大変さや不安を甘く考えている。できたことがもう一度できるとも限らない。初心に返ってしっかり父親しよう。

仕事の方も、今までのように「いつでも辞めてやるぞ」というスタンスはもうやめることにする。全体のことを考えて、人のミスも自分の責任と捉えて、自分が上手くやることより周りが上手く機能するやり方を提案していく。管理職として、今まで距離を置いていた上司や、避けていた仕事上の会合にも嫌な顔せずに向き合うようにする。やがて今の職場を背負うのはオレしかいない。自分も周りもそう思っているのだから、素直に従おう。

父親…係長…そんな名前から考えれば、上記のことは当たり前のこと。今までの自分は格好だけを取り繕って、辛いことからは逃げてるつもりはなくても、肝心なところを上手くかわして誤魔化しながらやっている。要領のよさと展開を先読みする洞察力は、もっと周りの為に使わなければ…

そして、もっと素直になろう。意見交換や相談事、みんなで何かを決めるときはちゃんと妥協できても、自分自身のことは頑なに自分の意見を曲げなかった。でも、自分の大切にしている人が、本当に自分を思って言ってくれたことは、きちんと受け取ろう。

好きなように過ごして、好きなだけ遊んで、やりたいようにやって、上手くいかないなら捻じ曲げて、最後には開き直ってプラス思考。そんな子供の回路を、少しづつ大人にシフトしていこう。

総合的にまとめると、今年の目標は「落ち着く」かな。あと、表面的な部分ではなく中身に深みを持たせるような人になること。

具体的には見えてこないけど、そういう意識を持って見直していくことで何か変わっていく気がするから・・・

謹賀新年☆

もう年が明けて4日も経ってしまいましたが、あけましておめでとうごさいます。

更新率が低下して早や1ヶ月、更新ペースが上がることは現在の状況ではむずかしいですが、「書きたいときに書けることを書く」というスタンスでやっていきたいと思います。

今年の目標…ですが、考える余裕もなければ今すぐ何かを何とかしたいということもありません。だから目の前のことひとつひとつを大切に、何事にも全力でやるということをやっていくしかないでしょう。つまり、今までどおりですかね。

昨年を振り返れば、成長したところもあれば変わっていないところもある。よかったところと悪かったところをしっかりと自己分析してこれからに繋げていければいい。総合的に考えれば、2008年は自分にとってやりたいと思うことをほとんどやり遂げれた感がある。まだ途中のものやこれから継続していかなければいけないこともあるけど、これほど満足できた年はなかった気もしてる。

燃え尽き症候群ではないけど、今年になって何かやってやろうという気持ちになれていないのが現実。冬に入って以来、宙ぶらりんで浮ついた気持ちでいることは自分でもわかっている。

ブログの更新率が下がっているのもそう。いつもならネタにしていた数々の出来事や思いを表現することに、違和感というかもどかしさを感じる。

言いたいことを言えずににモヤモヤしていたことが、今度は表現することの方に抵抗を感じる。無理に言う必要の無いことは言わなければいいだけなのだが、どうもそれが精神衛生上よくないようだ。

今年の展望は全く読めないし、考えようとする力が欠けている。そんな状態でこれから生まれてくる第2子(恐らく女の子)を迎えて大丈夫だろうか…


・・・なんとかなる。そう、いつだって開き直ってできることをやるだけ。考えるよりも行動。良くも悪くもそれが自分のスタイルだから。

2009年の目標、今年起こることを受け止めるだけの器量を持つこと。もの凄く小さな目標だけど、その積み重ねこそが日々を生きる糧になっていくはず・・・

バレー納め。

28日の日曜日、今年最後のミニバレー大会に出てきました。

今回は助っ人ということで前々日に急遽出ることが決まった上、一度も一緒にやったことのないメンバー。しかも、レベル的にはかなり厳しいメンバーで…

しかし、クジ運に恵まれて午前中は3勝1敗で5チーム中2位、午後からは2位リーグに駒を進める。

・・・午前中の奇跡に酔いしれていたのも束の間、実力不足を露呈して午後は全敗。かなり屈辱的な負け方をして気分はよくなかった。


最近は自分の力がわかってきたし、相手のレベルとこちらを比べてどれくらいの差があるかもわかるようになってきた。格下に取りこぼすこともなくなったし、実力で劣る場合でも上手く流れをつかんで試合をひっくり返すこともある。

しかし、明らかな格上とやる時には完全に押さえ込まれる。一矢報いるとか、相手にダメージを与えるような一太刀を浴びせるということもほとんどない。いくらか取った点数に、相手が嫌がったものがないからだ。

上手い人がサーブを打つとき、トスが回ってきたとき、その瞬間に高まる守備側の警戒力こそがその人の実力だと思う。そういうものがどこへ行っても高まってくるようになることが今の自分の目標かもしれない。

今年の最後に出た2つの試合の後半、格上に飲み込まれてほとんど不完全燃焼だった。しかし、そのおかげで見えたものもある。

本格的にバレーに染まって1年。来年からもの凄く伸びてやろうと思う。

来年に向けて

今年の目標のダイエットは、とりあえずノルマクリアしたかな?と言う感じで終わってしまった。ただ体は前より引き締まったし、体力は無いものの瞬発力とキレは年相応、それなりになってきた。

運動は昨年の週1から週2〜4回になり、体も運動を受け入れるモードになってきた。だからこそ、来年から本格始動したいと思う。

今のペースでは週2〜3回ミニバレーがある。バレーのない日に色んなトレーニングをしようと思う。基本的にバレーに必要な瞬発系・バネの強化と、回復の早い筋肉にするため走りこみやプールに行ったりしたいと思う。

すぐに飽きたりめんどくさくなってやらなくなりそうだけど、気持ち的に今が一番自分を追い込める気がするので、気持ちが続く限り出来るだけやっていきたい。


飽きると言えば、最近ゲームやPCをする時間がめっきり減った。ブログの更新も12月はひどいありさま。飽きてるわけじゃないけど、溜まってきた疲れや目の前のことに追われて余裕がない状態がずっと続いてる。

もっと余裕を持った生活を…と思うけど、こういう慌しい生活の方が自分に合っているし、そういう中で自分の価値を感じたり生きてる実感があるから、きっとこれが自分の理想だったりするんだろうな。

体は疲れていても、精神的な充実や欲求は満たされている感じ。力を出したくても出せる場面がないこともあるなかで、やりたいことを目一杯やれて常に全力投球でいられたことを考えても、自分の中で2008年は充実して満足できる一年だった。

でも、これで満足することなくまた次のステップを目指してまた頑張っていこう。来年も再来年も、ずっと向上してる自分でありますように。

すっかりと。

更新ペースが週1になってきましたね・・・別に飽きてるわけでもネタがないわけでもなく、PCに向かう時間が圧倒的に少なくなってるせいなんですよね。。。

12月の金・土は全部飲み会で、流石にしんどくなってきた。やり繰り上手の自由父でも2000円のタクシー代を浮かすために−7℃の中1時間30分かけて歩いて帰ってきたり、涙ぐましい努力を続けているわけです。

しかし、毎週末に家にいないと流石に嫁に小言を言われる始末。まぁ、言い分はわかるんですがどうしようもないものでもあり…なんとも難しい。

何となく、色々と人生について物思いに耽る時間がほしかったり、気付けば寝る前にそんな回想をしていたり、物足りないと思えば持て余し、持て余していたものがなくなれば淋しかったり…

満たされないものが満たされることは、イコール満足にならないこともある。そこに生まれる新しい欲求は、力にもなり枷にもなる。その枷は直接身動きを縛るものではなく、実現不可能なワガママに到達した瞬間のやり場のないもどかしさと言ったところなのか…

上手くいっていることと上手くいかないこと、どちらが多いと言われれば今は上手くいっていることのほうが少ない。それは、小さいけど多くの成功を得ようとするか、数は少なくても大きな事項を成し遂げるかの違いを選択しているのであって、結局は自分次第のこと。しかし、精神衛生上は失敗が多いほうが気持ちが落ちてきてしまう。自分の器量の悪さ、要領の悪さを責めて無駄な葛藤をしてしまってる。

こんな気分で迎える年末は初めてではない。というか、毎年スッキリ年末を迎えてないし、落ち着きのない気分で過ごすことはオレの人生の大半を占めているから。

オレはいつまで「自由父」をやっているんだろう。そんな他愛もない疑問を胸に、真っ直ぐに歩きながら迷走する感覚で来年を迎える。いつになっても、オレはオレのままなんだろうな・・・

引退か、継続か。

昨日のミニバレーの試合、3位リーグのビリ。午前中が3勝3敗で午後が1勝5敗。

もっと勝てたと思うし、どの試合もボロ負けではない。マッチを取られてから自分のサーブで連続7点くらい取りかえした試合もいくつかあった。

でも、結果は出なかった。それが今の力だと思う。

今の気持ちでやっててもこれ以上は成績は伸びないだろう。レベルの低い大会ならもっと勝てるかもしれないけど、ちょっと強いチームには勝てないだろうな。勝敗を分けるのは技術でなく気持ち。どんなスポーツにも言えることで、相手のチームより必死さや真剣さが足りなかったのが一番の敗因だろう。

だから、今のままではこのくらいが限界なんだろうと思った。小手先の技術や力技で誤魔化していても、緊張感のある試合ではそれほど役に立たないことがよくわかった。

試合に関係ないことで嫌なこともあった。まぁ、混成でやってるから仕方ない部分ではあるけど、周りに迷惑をかけるようなことになるならもう辞めた方がいいとも思った。

今回の試合でしばらくミニバレーを控えようと思ったけど、これで完全に引退か、それとも子供が生まれることに関係なく続けるかにしようと思う。やるならもっと真剣に、今までナメてやっていた部分と慢心をなくして、自分の体を一から作り直してやろうと思う。


とりあえず年末年始を迎えて、時間がなくなりミニバレーから少し距離を置ける。子供が生まれるまでに結論を出そう。

最後…かな?

今週の日曜は年内最後のミニバレー大会です。

最近忙しくてあまり練習できてない上、今大会は強豪揃いだとか。自分のチームのレベルを考えて、相応の大会ではないと思いますが…
来年以降、色々な行動を自粛しなければならないかもしれないので、今回が最後のつもりでやる。少なくとも今のメンバーでやることは恐らくはなくなってしまうので、準備は万全ではありませんが気持ちだけは込めて臨もうと思ってます。

ミニバレーの大会に出るようになって1年。遊び感覚でそれほどスポーツだという意識もなく、競技自体の身体的負担も軽いので楽な気持ちでできる。気付けばそんなぬるま湯にどっぷり浸かって、ちょうどよいストレス発散の場になっていたのかもな。

年が明けてからどれだけ自分の自由が残っているか、どれだけの時間を使えるのかがまったく未知数のため、今後試合の予定を組むのが難しい。普段のサークルにだってどれだけいけるかわからない。しばらく一線から退かなければいけないから、今度いつ戻ってくるかも不透明。

他にもやりたいことがあるけどすぐ始められなかったり、もっと時間があれば違うことをやっていると思うけど、身近でいつでもできる一番簡単なものがミニバレーになってしまったから、時間ができたらまた復活するんだろうな。


とりあえず、次の大会が最後のつもりでやろう。色々な意味で、本当に最後になるかもしれないから・・・

今年を振り返って…表向き編

今年は例年以上に忙しくなってきたので、ネタも時間も無くなる前に少し早いですが今年を振り返っておきます。

昨年末から増えた飲み会が年が明けてからも続き、今年は週末ほとんど家にいることがないくらい飲み会が多くなった。
そんな状況だけど、家族計画で二人目の子供がほしいということ、その感覚は2学年差くらいであることを望んでいた結果、見事計画通りに懐妊した。しかも、まだ確定してないので言っていなかったが女の子である可能性が高い。そうすると、ウチの家族は男2、女2、そして血液型が全員バラバラ(オレO型、嫁AB型、息子A型)になる可能性がある。そうなったらおもしろいと思っていたことが、現実に近づいて何よりだ。

そして、今年になってからダイエット…というより、体のメンテナンスをしっかりやるということを意識した。好きなものを過剰にガマンしないし、脂モノを減らすのではなくヘルシアや黒ウーロン茶等の健康食品を取り入れた、いわば経済力を少し健康にシフトした格好なのだが、おかげで体は結構締まってくれた。変に体調を崩すことなく、未だに「若い」と言われる体を維持できている。少しヌルいルールだが、自分に無理がなく、かつ納得できる成果なのでこれもまたよしとしよう。

仕事の方も今年4月から係長となり、「管理職」という立場で悪戦苦闘の毎日だった。意思疎通がなくバツの悪い部長、自分の担当外のクレーム対応、度重なる会議の連続…今まで自分の周り仕事での見えない恐怖で精神的に辛かったこともあったが、プレッシャーの質が変わり、見えているものの恐怖というのを味わった。多くの失敗の責任を取らされる形で成績面の評価は上がることはなかったが、自分の経験値や責任の持ち方の意識が高まったと思う。そういう意味でも、仕事でも成果があっただろう。

「今年どうだった?」と言われれば、上記のように答えるだろう。大まかにまとめて聞こえのいいことを集めればそれなりに形になるのが自分の人生だからね。

自分自身、この一年は本当にいい一年だった。それは、表向きの事項以外に大きな心境の変化があったから。それがあるから、きっとオレは来年も、その先もずっと頑張っていける。

忘年会開始。

今週から、自由父の忘年が始まります。

何度も何度も飲んで徹底的に年を忘れる12月ですが、今年は過去最多の忘年会数になりそうです。なにせ、12月の金・土は全て飲み会がある勢い。先日も触れたけど、やはり金が厳しい・・・

まぁ、11月はおとなしくしてたのでそれなりに蓄えて準備してましたが、それでもあっという間に無くなっていくんだろうな・・・

5日は職場の忘年会、翌日はミニバレーサークルの打ち上げ、翌週は親戚の結婚式と忘年会がバッティングしてしまったのでダブルヘッダー。翌々週からは友人達との年忘れ・・・

実は、11/29〜11/30に高熱を出して倒れていたんです。どうしても替われない仕事があったんで強行出勤しましたが、その影響で流石に体力不足ですぐ疲れるし、体重も落ちて体がフラフラしてます。

11月の後半の連休でしっかり休んだはずが、まだ12月が始まったばかりのこのタイミングで体力末期。今年は厳しい年末を迎えることになりそうだ。

どこかで一度、一息ついて休む日を作りたいところだけど、どう考えてもそんなことできるタイミングがないのが12月。今年も気合で乗り切るか。

今年は一年を振り返ってる余裕はなく、忙しい中忘れ去っていくのかな…今年は去年より充実していた反面、振り返って大切に噛み締めなきゃいけないこともあったのに…

そのうち時間が取れたらしっかり反省しよう。

さぁ、年末です!

最近のブログ更新ペースの落ち具合ときたら…簡単に済ますmixi日記にはちょいちょい日記つけてんですけどね。ブログの方は何となく書くのに時間と労力が必要になってくるので…

明日から12月です。度重なる忘年会に追われ、年内にまとめなければいけない仕事に追われ、一年で一番忙しい時期である12月。自由父の12月予定も金・土はほぼ埋まっております。

何が厳しいって、やはりマネーが厳しいですね。体調は毎年のことだから体が慣れてきてるけど、金の方がそうもいかない。今年はボーナスカットではなく、年度内の時間外手当の制限という荒業を出されたからさぁ大変。残業のある部署なんてオレの部くらい。それなら、全体のボーナスを数%下げてくれた方が削減になるのに、完全な標的にされて割を食う形になっちゃった。

なんとか12月は乗り切れるんだけど、3月までの月々の節制がきつい・・・子供生まれたらもっと厳しいだろうに。。。

そろそろ本気で一攫千金狙うかな。宝くじでも買って・・・

あぁ、そんなこと言い出すようじゃオレも末期だな。。。

久々に自己分析してみた。。。

ある占いサイトの結果ですが…

あなたは自分に自信とプライドをもっている人。それは未熟さ故の裏付けのないものではなく、これまでの経験や努力から得たもの。そのせいか、恋愛に関しても理想は高め。例えば、女性なら「3高はもちろん、結婚後は家事や育児もシェアしてくれる男性」、男性なら「容姿はもちろん、料理も上手で仕事に理解のある経済的にも自立した女性」といったような、誰にとっても理想といえる恋人像。しかし、出会いが少なかったわけではないのに、理想にピッタリどころか近い相手にさえなかなか巡り会えないと感じている。
あなたの描いている理想の恋人は本当にあなたが望む相手なのでしょうか? 他人の羨むような条件の人との恋愛が、必ずしも幸せな関係を生むとは言えません。あなたは、自分だけでなく他人から見ても満足度の高い恋愛しかしたくないと考えているようです。こうしてみると、あなたは精神面では充分オトナなのに、恋愛面では未成熟な面を持った人のよう。もし結婚につながる恋愛をしたいと望んでいるなら、つまらない虚栄心を捨てることです。あらためて周りを見渡せば、幸せの青い鳥は案外近くにいるかも・・?

だって。

今のオレに、モロだったね。。。

自分の理想は本当の理想ではなく、他人が理想にしそうなことを理想とする。
つまり、本当の理想が何かよくわかっていなかったんだよね。

どこまで理想を求めればいいのか、どこかで妥協しなきゃいけないのか、そもそも目指しているものは何か。

何となく、最近やっと自分の性格がわかってきた、というか波が落ち着いてきた気がする。そして、その正体は結局全然落ち着かない男だということ。

・・・まだまだ…だね。。。

もう6回目になるんです。

去年始めたミニバレーも1年半が経った。そして初めて大会に出てからちょいちょい大会に出てきたけど、今回で6回目。そして、最初に出ていたメンバー(オレの友達と)と出ないのは今回が初。

色んなサークルに顔出して知り合いの輪が広がった結果だけど、まぁ今はあんまりいい意味は為さないかもしれない。

それはそうと、今回のメンバーは今まで組んだ中で一番レベルが高いかもしれない。そこまで足を引っ張られることもないだろうし、気を使わなきゃいけない人もいない。純粋に試合に集中できる環境かも。

実際練習では負け知らずだし、相当余裕こいててもなんとかなるし、試合で変な気持ちを起こさなければいいところまでいける気がする。

できれば今回は過去最高の成績を残したいな。色んな意味で。

今回と12/14の大会で、きっとしばらく大会には出れなくなる。そして、いつが最後になるかわからない。

年明け2月の大会もオファーを受けているけど、ちょうど二人目が生まれるタイミングと重なるわけだし…

いつもそうだけど、目の前の物事ひとつひとつを大事にして、思いっきり自分を出して、完全燃焼したい。今回大事なのはそこだろう。

1年で6回ってことは、2ヶ月に1回は試合に出るくらいやってる。始めた当初はこんなにやるつもりはなかったし、今もどのくらいの思い入れでやっているか自分でもわからないけど、少なくとも自分の意思でやっているのは間違いない。

慢心にならずに、やるからには全力でぶつかる。そのスタイルを忘れないように…

息子、2歳。

今日で息子が2歳。順調にすくすくと育ってくれてます。

特に問題もなく、毎日おおはしゃぎしてるし、親の言うことが大分わかるようになって「コレをお母さんに持ってって」とかもできるようになった。

ただ、如何せん人見知り。嫁は気にしてないようだが、オレは結構焦ってる。どこに行っても親にベッタリというのは2歳児であってもいただけない。オレの個人的な考えでは。

そこで、最近は子育て方針で嫁と対立しております。外に連れ出して人付き合いに慣れさせたいオレと、できるだけ息子と一緒にいたい嫁。性格の違いそのものなのだが、それが子供の性格や対人関係の基礎になると思うと、内向的な嫁に似られては困るのだ。

かといって、昼間ほとんど家にいないオレが何かできるわけもなく、たまに休日に連れ出す程度。男が子育てに貢献できることは非常に限られていて、できることは少ないものだ。

父親歴3年目。自分自身も親らしくなったと思う反面、自分らしさが失われることへの抵抗や自由が失われる淋しさみたいなものがある。その反動からか、あまり家にいることを好まなくなっているかもしれない。

まだ色々やりたいことがあるうちは、結婚して子育てに専念するなどしない方がいいってことか。

そうはいいつつ、現実を見つめてやらなきゃいけないことはやっている。その辺が少し大人になれたところなのかな。うまく説明できないストレスみたいなものはどんどんたまっていってるけどね。。。

・・・と、息子の誕生日なのに自分のことばかりになっちまったな。まぁ、親も色々悩みながらやっていくものだし、すべてが上手くいくほど世の中簡単なものではないことは重々承知してるけどさ。

仕事ばかり、家族ばかり、遊びばかりになることなく、全部上手くやってやろう。それが難しいことであっても、それが自分の理想なら上手くできるよう頑張るしかない。

息子よ、お前も早く大きくなるんだぞ・・・

なんだか。

急に寒くなったせいか、行動を起こすことがすごく面倒になっている。

頭のキレが悪い、体も重い、気分もパっとしない…色々やらなきゃいけないこともあって、そんな中でも自分がやりたいことをやって、上手くいってない事もなくそれなりに楽しんでいるはずだけど、何が煮え切らないのか。

人生を上手く回すことだけでは成功とは言えない。何かを成し遂げればそれで終わりじゃない。

じゃあ何をすれば満足できる?自分はどういうものをの望んでいるのか?

もちろんそんなものの答えもない。何かをしたいという具体的な欲求がないのだから、満たせるわけもない。一定の周期でオレの頭に淀む正体不明の欲求不満。自分の持つ欲のほとんどが満たされている状態でなるのだから、解決のしようがない。

昔からたまになるんだよな。気分障害というのが一番近い表現なのか、表には出さないし誰かに気づかれるようなことはないんだけど、「なんか調子悪い」という言葉がよく出てくるような感じ。

遊んでても、スポーツしてても何かスッキリせず、かといって休んでいてもぐっすり眠れるわけでもない。疲れているはずでも、それほど疲れも感じない。腹が立つことがあっても、怒ることが面倒になることもある。

まぁ…時間が経ってくれば次第に立ち直っていくだろうし、何かのきっかけで急に元気になることもあるから…

こういうときこそ、思い切った気分転換が必要なのかな・・・

また実習生のお世話です。

今日から実習生が来てます。去年もやったけど、何ていうか…子供が来たって感じ。。。

見た目やしゃべり方やもそうだけど、本当に子守りしてるみたいで、なんか煮え切らない一日だったな。

教えることそのものは嫌いじゃないけど、なんとなく時間を食った気がするのは気持ちが乗らなかったからなのかな…

今年は去年より放置プレイという感じで、2回目の変な余裕が出てしまってます。まぁ、慣れというのはいい面も悪い面もありますからね。。。

去年は実習生がいると自分の仕事は全部後回しにしてたけど、今年は普通に…とはいかないけど、割と自分の仕事中心にしちゃってます。他にやることがあるから去年ほど残業してられないんだよね。・・・やることって言ってもミニバレーetcだけど。

なんとなく、最近は自分のやりたいことを譲れなくなってきてるので、色んな物事の中心を自分の都合にシフトしてる傾向があるかな。。。

ということで、しばらく忙しい日々が続きそうです。忙しいということは充実しているということ。面倒くさいといわずに頑張っていきましょう。

久々のデザイン変更☆

携帯版ではなんの変化もありませんが…

PC版のデザインを変更してみました。大好きな24です。ジャックバウアーがカッコいい!

たまにイメチェンするのも新鮮でよくないですか?

携帯版も近いうちに変えてみよっと。

見辛くなったら教えてください。。。

盛者必衰

昨日の朝からずっとやっていたニュース。

小室哲哉逮捕。

一時期の勢いからは考えられないほどの転落。90年代中盤の音楽シーンの頂点にいて、自分の青春時代の象徴である音楽をたくさん提供してくれた男。前に書いたブログでも、小室サウンドについて触れたことがあった。

音楽をやっている人は、自分が大好きで自分のカッコいい姿を常に想像している人が多い。そして、自分の「ピーク」というのを認めたがらず、勢いが落ちた後でもピーク時と変わらぬ勢いがあると信じて疑わないもの。

常に自分自身の本質を見極め、冷静に周りが見えて、理想と現実の差を感じていればこんなことにはならなかっただろう。

ここ数年の小室は明らかに衰退していて、失われた行動力とインパクトのなさ、常について回る黒い噂、何より本業である「音楽」に対しての情熱や思いのこもった曲をみることがなくなっていた。

しかし、今となっては高すぎた理想と虚像は行動の原動力になっていたことも事実。
欲に囚われた結果で、謙虚さを忘れた者が過剰な浪費に走った典型的な転落図だが、小室の功績全てが失われたわけではない。

著作権のほとんどはもう小室のものではないようだが、生み出したのは小室。今でも多くの人の頭の中に焼きついているメロディは、それだけ影響力をもった存在感がある。

常にトップでいるということは本当に難しい。

一時の勢いで脚光を浴びて転落していくのは何も音楽に限った話ではない。頂点を極めるということは時の人なることではなく、高水準を保ち進化し続けることで初めてそのスタートに立てるものであり、一時の栄光に酔ってはいけないのだ。

そういう意味で、常に音楽界のトップに居続けるミスチル、サザン、B'zといったところは本当にすごいと思う。一時の人気という面ではGLAYやオレンジレンジなどに注目を奪われることがあっても、流行に負けることなく未だに成長を続けてトップアーティストとして長年君臨している。CDを出せば、必ず首位戦線にいるのだから。

見習うべきはその信念の強さ、新しいものへの挑戦、時代を受け入れる謙虚さ…つまり、成長する心なんだと思う。

ダイエット宣言撤回

さっき温泉行ってきて、久々に体重計に乗ってみたら恐ろしい数字が・・・

75kg

おい!3kg太ってますけど!いつからだよ!!

最近体が締まってきてるし、一時期は72kgくらいでちょうど良かったのに、油断して酒が増えたとたんにコレだよ。

そういえば、酒も増えたけどそれに伴ってつまみ(しかもスナック菓子)も増えた気が・・・

でも、なんとなく今年の最初ほどの焦りは感じてない。

5月に体調を崩したのは、忙しいのが重なったせいもあるけどそれを乗り切る体力が不足してた気がする。最近だってかなりしんどい時期があったけど、わりと体調が安定してるのは体に力が残っているからだと思う。

そして、最近「ヘルシア」をよく飲むようにしたら、腹の周りは少し締まってきた。内臓脂肪が軽くなった気がするし、今の自分の体でなんとかしたいようなとこは特にない。

今の体重が自分のベスト。そう考えたら体重が気にならなくなってきた。

何よりも、一番自信になるのが何となくモテてる気がするから。見た目ってやっぱり重要ではないんだね。

ということで、目標としていた体重にはなりませんでしたがノルマはクリアしたし、何よりもう必要性を感じてないので無理にダイエットを意識しないと思います。

体調とボディバランスにだけ気をつけて、無理のない生活と自分の好きな食生活が何よりの楽しみということがよくわかったというトコですかね。。。

11月です。

もう今年も11月です。あと2ヶ月で今年も終わってしまうんですね。

振り返るにはまだ早い。まだまだ走り続けなきゃいけない。まだやり残してることやできることがあるし、その時間はたくさん残っている。

とはいえ、今日から3連休。これからゆっくり体を休める機会は少ないし、ここらで力を蓄えたり疲れを抜いておくことも大事。仕事モードに入るのは連休明けからにしよう。

そういえば最近ロクな家族サービスをしてない。妊娠中だからどこに行くにも不便というのもあるけど、家にすらほとんどいない。用事を作りすぎて家族より他の人といる時間の方が多いというのはさすがに問題でしょうな。

なんていうか、やっぱりこのくらいの年齢が一番自由で色々できて、「ピーク」という言葉が似合う気がする。オレ自身、一昨年よりも去年、去年よりも今年の方が充実してる。次々に何か追われるものがあるということは、それだけ色々なものをこなして、受け止めて、また新しく何かを始めてという最中にいるからだろう。

家族はもっと落ち着いた生活が望んでるんだろうけど、これが自分自身の望むスタイルであり、これが許されないのならオレではない。バランスは考えつつも、自由であり続けることで自分のアイデンティティが確立する。だから、ついてきてもらうしかないんだよね。


ま…今回の連休は家族サービスを入れておかないとさすがにマズいけどね。。。

年末を前に一息いれつつ、残りの2ヶ月も自由父として走り続けよう。間違った方向には行かないようにね。。。

久々に月間コンプリート☆

今月は長編を書いたおかげで9月中に半月分が埋まりました。おかげで3月以来の久々月間コンプです。何かの賞がもらえるわけではないんですけど、こうやって1ヶ月きっちり埋まると気持ちいいものですな。

と言っても、夏の思い出に頼り切った内容。たくさんのことが書けるのがいつも恋愛系のネタというのもどうかと思うんだけど、それが自由父クオリティなんでしょう。話の中身は置いといて、文章力には高い評価をいただきました。言い回しはやらしいですが、いつも出来るだけ現実に忠実な表現と、自己中心的にはならない客観視点を持つように心掛けてます。

そして、そんな自伝のおかげで落ちかけてた閲覧数が上昇傾向に。やっぱり閲覧数が増えるとやる気が出てくる。また長編を書きたいけど、そのためのネタ作りに新しい恋愛をするとまた×ゲームが増えるし、もしかしたら本当の×が増える事態にもなりかねないからそんな危険も侵せないので。。。

さて、明日から11月。

また仕事が忙しくなるよ。来週1週間はびっちり残業して、その次の週から2週間実習生が来る。去年も色々世話が大変だったから、今年もあっちこっち走り回らなきゃいけないかな。

今年度中にやらなきゃいけない大きなプロジェクトもどうやらオレに託された様子。切羽詰ると最後に呼ばれて丸投げにされるのが特命係長の宿命。また忙しい年末に突入だな。

色々と落ち着かなかった夏〜秋を終え、これから仕事モードに切り替え。いっぱい遊んだらその分働く。それが社会人でしょう。

今度は仕事を中心にして、また新しい方向に走り出そう。続きを読む

今日から。

ということで、今日から普通の生活に戻ります。

体内時計が狂いまくって感覚がおかしいけど、休むともっとダラけるのでもう普通にしないとね。

たまった仕事を片付けて、夜はミニバレー行って、また週末は飲みに出るのかな。。。

いや、少し家にいようか(汗)

相変わらず色々なことがあるし、いつも慌ただしく忙しいけど、やっぱりもっと人生ゆっくり生きていきたいなぁなんて思った。ちょっと走りすぎかな。

自分で自分を追い込まず、余裕を持ち、抱え込まない。年末に向けての心構えは少しゆとりを持つことが大事だな。

・・・といっても、既に法事や祝い事が重なってる上、今年の忘年会は去年より増えそうなのでゆとりもクソもないんだけど・・・


あちこちから「そんなに出て大丈夫?とか「最近出すぎじゃない?」なんて小言を言われる始末だし、なんとかしなきゃ。誘われたら断れないんだけど、年々増え続けてるから何とかしないと・・・

うん、とりあえず今日目の前のことをやっつけていこう。先のことばっか考えても、できるのはそれしかないからね。

葬儀終了

先ほど葬儀の全予定を終了して帰ってきました。

とりあえず、眠いです。金曜から通算で5時間くらいしか寝てないってことは・・・一日1時間の睡眠です。

ウチは親戚が少ないので、孫といえど社会人であって割と動けるのなら色々走り回らなければならないのです。

葬儀といっても、自分の中ではほとんど仕事。あちこちで予定のやりくりに追われて故人を送り出す雰囲気はほとんどなかったです。

ただ、今日の告別式。コレだけは別。

「最後のお別れです」という言葉を聞き、この棺を閉じた数時間後にじいちゃんが骨になっていると思うと、中々蓋を閉めようとしない自分がいた。

今回亡くなったじいちゃんは母方の祖父だけど、去年くらいから体調が悪く、受け入れ先病院がなく、本来なら療養介護目的で1年もいさせれる病院はないんだけど、自宅療養だったところを無理言ってオレの勤めてる病院に入れてもらった。

そんな経緯から、結構自分があちこち世話をしてなんとか元気になってくれたじいちゃんを見て、少しは孝行できたかなと思っていた矢先、在院日数が限界になってやむなく転院させた先の病院での急な訃報。

じいちゃんを火葬場で見送る時に、「もう少しウチの病院にいさせられれば…」と考えてしまう自分もいた。

割とドライな考えだった自分が、何となく色々なことに感傷的になるのは、年のせいか、環境が変わったせいか、親になったせいか・・・

上手く言えないけど、何かもう少ししてやりたかったとかではなく、やはり「できることをする」というのは大事なことだと思う。やれることは、実際にやってこそ意味があり、そこにある思いは言葉でなく行動で伝えるものが一番だという気がする。

今は寝不足で頭が働かないせいもあるけど、もう少し考えたい気持ちがあるのは自分にどこか不完全燃焼があるからなんだろうな・・・

もっと成長しないと。

立場が変われば考え方も変わる。役割が変わればやることが変わる。その柔軟な姿勢こそが自身の幅を広げ、成長する要素になったりする。

いつも安定した継続力を発揮しなければならないリーダータイプ。普段手を抜いているように見せて、いざという時の決定力で流れを引き寄せるエースタイプ。

停滞した雰囲気を打破したり、まとめるのではなく時には強引に引っ張っていかなければならないときがある。以前もそんな話をしたが、自分はリーダータイプであり、そういうエース的な働きは自分にはないと思っていた。しかし、そうも言っていられない状況になれば必然とそうしなければならない。

最近は追い込まれる状況に置かれることが多く、みんなで協力したり足並みを揃えさせる余裕がない。かといって、一人で全部をこなせるほどの力もない。そんなときは、鋭く急所に切れ込むような一発で状況を変える強引な突破をしなければいけなかったりする。

周りに気を使ってしまう自分は、そういう手法は極力避けていた。今の自分のレベルは「その場凌ぎ」でしかないし、状況を大きく変えてしまうようなものでもない。それでも、「なんとかしよう」という意識が今まで自分になかった積極性を生んでいることがある。

できることは常に全力でやる。更に、困難な状況であればいつも以上の力を発揮しようというチャレンジをする。自分の意識をもうひとつ上げることで、成長の余地がまだあることを実感した。

同時に、手の抜き方も上手くなった。今まで全力でやっていたことが80%でできるようになり、要領もよくなった。慣れというのも関係あるが、やはり経験こそが自分の一番の糧になる実感がある。今は厳しい状況でも、後で必ず自分の力になってくれる。

だから、まだまだ立ち向かわなきゃいけないんだ・・・

告白の成功率を上げるポイント

今までの事項を注意して、関係を良好に保てたならいよいよ告白。その際の事前チェックです。

□ 1. 相手のメルアドまたは電話番号を知っているか?
相手の連絡先も知らない状態での告白では、勝ち目がありません。まずは、連絡先をゲットして十分にコミュニケーションを取ることから始めましょう。

□ 2. デートしたことがあるか?
当然ながら、告白前にデートすることは必須です。デートを通して、相手の性格や考え方を知り、これからも恋人として同じ時間を共有できる相手なのか見極める必要があります。

□ 3. 玉砕覚悟で告白しようとしていないか?
「告白」は、入学試験ではなく、入学式です。入学資格を獲得したと確信できたタイミングで告白してください。言うなれば告白は、「勝ち目が見えてから」です。もちろん、入学するためには、合格するための入学試験が必要となります。ここで言う入学試験は、女の子とデートすることを意味します。複数回のデートを重ね、圧倒的な好印象(高得点)を獲得し、入学資格をゲットするようにしてください。

□ 4. 2日連続でデートしたことはあるか?
2日連続で会うということは、女の子にとって居心地の良い相手でなければ、実現することはできません。2日連続でのデートの実現は、ふたりの親密度を測る上で大切なバロメーターとなります。

□ 5. 返信メールは24時間以内に返ってくるか?
女の子から軽視されている場合、メールの返信は遅れたり、返信がなかったります。逆に、脈があれば、即座に返信メールが返ってきます。遅れた場合も「ゴメン」というフレーズが入ってくるはずです。

□ 6. 好きな子の女友達の名前を2人以上言えるか?
女友達の名前を2人以上言えない場合は、圧倒的に女の子に関する情報のヒアリング不足です。具体的な女友達の名前を聞けてない場合は、まだ心理的な距離感がある可能性が高いです。また、その友達からの信頼が高いほど女の子の評価が高いと判断できます。

□ 7. 今までの恋人との別れの原因を知っているか?
「どんな人が好きか?」という未来の話より、「いままでどんな別れ方をしたのか?」という過去の話の方が心理的なハードル高い話題となります。従って、女の子との心理的な距離を見定める上で大変重要な項目となります。また、女の子の恋愛に関する過去について聞いておくことで、付き合った後に気を付けるべき教訓を知ることができるので非常に有効です。


・・・これは、かなり当たってると思います。4.5があればガチだし、7もオレが過去に付き合った人はみんな付き合う前に知ってたことだし・・・

これがあれば無意味な告白で玉砕することはないですよ。3を見たら今までの自分が恥ずかしい・・・

以上、恋愛シリーズモノでしたが参考になりましたでしょうか?

あまりこういうところに書くのもなんですが・・・

祖父が先ほど亡くなりましたので、

しばらく喪に服してます。

日記は既存で書いてある分はアップされていきます。

結構書き溜めたので。

コメントの更新はしばらく滞るかもしれませんが、

ここを読んでくれている皆様には報告しておきます。

ということで、今年は喪中になります。

そういうわけで、よろしくお願いします。

NG返答集

女の子と話をしたとき、話が噛み合わなくて気まずい空気になった経験はありませんか? 

そのような経験がある方は、女の子に「言ってはいけない言葉」をしっかり理解していない恐れがあります。実は、女の子とデートで会話を楽しむとき注意すべき、「言ってはいけない言葉」があります。この言葉は女の子を不機嫌にさせてしまう恐ろしい言葉です。今回は、「話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉」をご紹介致します。

1. 「○○すればよかったじゃん。」

解決策を提示する言葉です。女の子の話を聞いた上で、「○○すればよかったじゃん。」と勝手に解決策を提示する男性が多くいるようです。しかし、女の子は「解決策の提示」は求めていません。このような解決策の提示によって、女の子の会話における満足度は著しく低下します。女の子から、「どうすれば良かったと思う?」と解決策を問われたときだけ、解決策を考えるようにしましょう。いきなり否定するのではなく、まずは理解を示すようにしましょう。

2. 「それって、よくある話だよね。」「それって、一般的な話だよね。」

女の子の話を一方的に一般化する言葉です。女の子が発信するメッセージに「よくある話」や「一般的な話」はないと思ってください。すべてのエピソードは、当事者の女の子にとっては特別な出来事です。女の子が話す内容が、些細な出来事であっても、「それって、よくある話だよね。」「それって、一般的な話だよね。」と勝手に判断してはいけません。「どのような点でその女の子のエピソードが特別なのか?」という視点で話を聞いてあげる必要があります。

3. 「俺なんかね...」

自分の話に展開する言葉です。残念ながら、女の子が話をしているときは、あなた自身のエピソードは求められておりません。求めているのは、女の子自身が話したことを受け止めてもらうことです。自分自身のエピソードは、女の子が求めてきたときだけ答えるようにしましょう。人は話したいことを話し、聞きたいことのみを聞く生き物です。いくらあなたが自分の話を話したくても、女の子に聞く意思がなければ、聞き入れてもらえません。

といった感じ。まとめると、相手の話を聞くときは「しっかり相手を受け止める」こと。突っ込みたいことや意見したいことは一旦押さえ込み、まずは全てを吐き出させることが大切。黙って聞いてあげるだけでスッキリする人もいるし、話し終わって落ち着いてからゆっくり自分の意見を言ってあげればいい。

女の子との会話が上手くいかなかった人、思い当たるフシはないですか?
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ