【New!】フリーバードスタッフの何でも旅行記Part.3

このブログは、海外航空券予約サイト「フリーバード」を運営するワールドトラベルシステムのスタッフ旅行記です。 マニアックな旅行からのんびり旅行まで、今すぐ海外にでかけたくなるような好奇心をくすぐる海外旅行レポートを随時更新中です! 以前のブログはこちら

2012年06月

香港グルメと大仏に出会う旅 その1

みなさんこんにちは。
香港政府観光局とキャセイパシフィック航空主催の「香港スタイル研修」
に参加してきました。
3日間の日程はこんな感じです


■1日目
ポーリン寺とゴンピン360乗車、レイユームンにて海鮮料理の夕食、
マッサージ、男人街散策、亀ゼリーとマンゴースイーツ


■2日目
ホテル視察、黄大仙、九龍城公園
ミシュラン星レストラン「唐閣」にて昼食、sky100
ミラマーショッピングセンター内「雲陽閣」にて四川料理の夕食
シンフォニーオブライツ見学、オープントップバス乗車、女人街散策

マッサージ

■3日目
「糖朝」にて朝食
空港内ラウンジ視察


さぁ、では香港スタイル研修ブログスタートです。


~香港スタイル研修 1日目~

 香港到着後、まず向かったのは空港近くにあるポーリン寺。
山の上にある香港最大の仏教寺院です。

以前のガイドブックでは観光案内ページの最後の方に載っていることが多く、
香港にはこんな所もあるんだよ!といったオマケ風に紹介されていましたが、
近年は香港のパワースポットとして注目されているところです。

交通手段はMTR東涌駅からバスを利用するか、ゴンピン360という
ケーブルカーを利用します。
時間さえあれば歩いて行くこともできます。

観光で行くならもちろんゴンピン360で行くのがオススメ。
片道25分の空中遊泳で、その名の通り360度のパノラマが楽しめます。

360度の視界くらいじゃまだまだ刺激が足りないわ~
という方には、底がガラスで透明になっていて、足元からも景色が
楽しめるタイプの、クリスタルキャビンというタイプのゴンドラもあります。
クリスタルキャビンに乗車した際は是非ガラスの底に上立ってみましょう。
ほんとに空中に浮いているみたい~と、きっと盛り上がるはず。。。

料金はノーマルタイプが往復で125香港ドル、クリスタルキャビンが
188香港ドルです。片道づつ利用することも可能ですが、今回は往復
クリスタルキャビンに乗車しました。


2012_05272012_MAY_HKG0362


風があるとけっこうゆれます。
そして海の上にでると風がぬけるため、またいっそうゆれます。
あまりにも風の強い日は運行停止になるので、行くときは当日の天気を
チェックしてから行きましょう。

・・・おそらく、高所恐怖症の方には向いてない乗り物です。

さて360度のパノラマを持つゴンドラ、一体どんな景色が見えるのでしょうか!?
香港国際空港、高層マンション、山の緑に海、目的地のポーリン寺の大仏。
山には野生の牛、猿、ラバもいます。自然豊か~。

2012_05272012_MAY_HKG03592012_05272012_MAY_HKG0386


2012_05272012_MAY_HKG03572012_05272012_MAY_HKG0364


香港というと高層ビルが立ち並ぶ都会のイメージをお持ちの方もいるかと
思いますが、このエリアは都会とは全く異なったのんびりとした雰囲気。
香港は高層ビルが建ち並ぶだけの都会ではないんです。ちなみにこの
ゴンピン360を建設する際、環境保護の観点から資材運搬にはラバが使われ
たそうです。環境への意識の高さがうかがえますね~。そして建設が終わり
役目を終えたラバは山に・・・。


ちょっとずつ近くなる大仏様。

2012_05272012_MAY_HKG03632012_05272012_MAY_HKG03672012_05272012_MAY_HKG03682012_05272012_MAY_HKG0369


そうこうしているうちに目的地に到着。

なんだか立派な門構え。

2012_05272012_MAY_HKG0381


大仏様にだいぶ近づきました

2012_05272012_MAY_HKG0371


大仏様のお名前は「天壇大仏」高さ34メートルで、重さは202トンです。
天壇大仏様、英語ではGiant Buddha。
ジャイアントブッダ。ジャイアントブッダ。ジャイアント・・・。
ありがたみがちょっと薄れた気がするのは私だけでしょうか?
ごめんなさい、ブッダ様。

ちなみに高さ34メートルというと、、オフィスビルならだいたい8~9階の高さ。
そんな仏像が山の上にドドドンと造られているのです。
なかなか面白い光景です。


さてこのジャイアントブッダ様。
間近で拝むには268段の階段を上らねばなりません。
暑いし、今回は下から拝むだけにしようかな~なんて怠け心を出してみたものの、
「せっかく来たんですよー」という周りの声に流され結局登ることに。

ヒールのある靴で上ることもできるので、ものすごくきつい、というわけでは
ありませんが笑顔を絶やさず談笑しながらなんていう感じでは無理です。
最初は笑顔でもだいたい後半は無言になり、息もちょっとあがります。


ジャイアントブッダ様、お久しぶりでございます。
実は私、ここへ来るのは2度目です。

2012_05272012_MAY_HKG0378

尚、ジャイアントブッダ様はその歴史はまだ浅く、完成してから
まだ20年ほどしかたっておらず、、私より年下です。
20年・・・青春真っ盛り~。

ケーブルカーを降りたエリアにはゴンピンビレッジという、どこか懐かしい
町並みがあり、カフェや土産物屋が立ち並んでいます。
香港の人気スイーツ店「満記甜品」もありま~す。
満記甜品 のドリアンケーキ、試してみてください

今回は時間がなく行けませんでしたが、ゴンピンビレッジから20分位歩いた
ところに「ハートスートラ」というところがあります。時間があれば是非
こちらにも行ってみてください。般若心経が書かれた38本の木が∞(無限)
を描くように配置されていて、いかにもパワースポットという感じです。
以前行ったとき、かなりガスっていたのでもやもや~っとしていましたが、
それがより荘厳な雰囲気をかもし出していました。


それでは帰りもゴンピン360に乗って下山でーす。
む~帰りの方が揺れた。


さあ続いては・・・グルメの街香港でのお楽しみタイム。夕食です。
レイユームンという海鮮料理のレストランと、魚屋がこれでもか!
と並ぶ、ものすごく活気のあるエリアへ行きました。
魚屋の水槽には、どこのお店もたくさんの種類の魚介類が入れられ、なかには
謎の巨大な貝もあったりして、不思議を通り越して不気味なものも・・・
右の写真の上段・真ん中の水槽の中にいるのが特に・・・。

2012_05272012_MAY_HKG03942012_05272012_MAY_HKG0395


夕飯メニューです。。。
フカヒレ、マテ貝、エビ、カニ、シャコ、ホタテにアワビ、、、中華の定番炒飯~。
2012_05272012_MAY_HKG0424

2012_05272012_MAY_HKG03982012_05272012_MAY_HKG04012012_05272012_MAY_HKG04032012_05272012_MAY_HKG0404
2012_05272012_MAY_HKG04062012_05272012_MAY_HKG0408
2012_05272012_MAY_HKG04102012_05272012_MAY_HKG0412
2012_05272012_MAY_HKG04142012_05272012_MAY_HKG0420


おなかを満たしたら次はマッサージへ。
ガイドさんが常連だという、かなりローカル度の高いお店へ行ってみました。
ちょっと怪しげな入り口ですが、でもローカル度が高いだけあって、
料金はとってもリーズナブル!
足ツボマッサージは60分で130香港ドル(1,400円程度)、全身マッサージは
60分で160香港ドル(1,800円程度)、この金額でどちらもチップ込みです。
もともと、香港のマッサージの料金は日本に比べるとずっと安いですが、
私が香港で毎回行くお店より更に安かったです。。

2012_05272012_MAY_HKG0425


マッサージをして体の表面のメンテナンスを終えたら、次は体内のメンテナンスだ!
ということで向かった先は、香港名物亀ゼリーのお店。
以前から気にはなっていたこの亀ゼリー。
気になってはいるものの、また一度も食べたことはありません。

名前、亀だし。。。見た目、真っ黒だし。。
なんかどっしりしてて迫力あるし。。。
何よりもおいしくなさそうだし。。。

亀ゼリーの原料はもちろん亀。
亀の腹甲等部分を粉にし、水を入れて、
高温で煮ると良質なコラーゲンがとれるそう
でももうこの時点でまったく食欲はそそられない。
そう思うのは私だけでしょうか?


でもこの漢方で作られたゼリーが、とっても体に良いっていうことは
きっとみなさんにもお気づきのはず。


では初トライ!

行ったお店は「海天堂」。香港では有名店です。
2012_05272012_MAY_HKG04332012_05272012_MAY_HKG0427

看板はなんだかカワイイ。あ、、、亀ダーーーー!

2012_05272012_MAY_HKG04282012_05272012_MAY_HKG0432


主役登場。
2012_05272012_MAY_HKG0431

黒い。
そして重い。
さぁ勇気を出してまずはそのまま一口。

!!!!!!!!
!!!?????

あーーーーーあれだ、、いつも飲んでる胃薬の味、、○○漢方胃腸薬・・・。
というか、まさに漢方の味だーーー。苦ッッッ

正直な感想。
おいしくないーーー。

次に甘いシロップをかけて再チャレンジ。
うん、、、シロップかければ食べられなくは・・・ない。
ということで、シロップをがんがんかけて何とか完食。


亀ゼリーはデトックス効果があり、美肌や便秘に効き、
胃腸の調子を整えたり、体の熱をさげる効果もあるのだそう。
まさに良薬口に苦し。なわけです。

そしてこの亀ゼリーを食した後、一緒に研修に参加した女性陣は
その後の研修中もみんな一様に、なんだかトイレがやたら近くなった気がする~。
と言ってました。恐るべし亀ゼリー。
どのくらい頻繁にトイレに行くかっていうと、日中は1時間に1回は行く、
といった感じでした。

香港の夜は長い。
そして亀ゼリーの後味は消えない。
よし、口直しだ。
口直しといえばスイーツ。ここは香港。
香港のスイーツといえば、そうだ、マンゴーだーーーー。

向かった先は香港スイーツの有名店「許留山」
ここは香港市内に40店舗以上をもつ、マンゴーをはじめとしたフルーツ
を使ったスイーツが地元っ子に大人気のお店です。
オーダーしたのはお店の1番&2番人気というメニュー。
どちらもマンゴーをたくさん使っていて、とっても甘く、
さっきまでの苦い後味は一瞬で消えました。白玉だんごもうまい!


2012_05272012_MAY_HKG0437


口の中が幸せなマンゴー味になり、満足した一行はホテルへ。
就寝。




香港行きのキャセイパシフィック航空格安航空券はフリーバードで♪
香港ツアーは時価旅で♪

香港グルメと大仏に出会う旅 その2

~香港スタイル研修 2日目~

最初に向かった観光地は香港観光の定番のひとつ、黄大仙
香港でもっとも有名なお寺です。

お寺の外には線香やお守り?のようなものを売っている売店がずらり。
とにかく赤い!
2012_05272012_MAY_HKG0472


門にはなんだかかわいらしい龍がいました。

2012_05272012_MAY_HKG04702012_05272012_MAY_HKG0469

 
有名なだけあって、いつも多くの人でにぎわっています。
そしてとっても煙いです。
なぜなら参拝客みんなが長~い線香を持ってお参りするから。
ぱっと見花火のようですが 、火花は出ませんよ~。
それでは私もお線香をに火をつけて参拝いってきます。
2012_05272012_MAY_HKG04562012_05272012_MAY_HKG0458


本堂です。とっても色鮮やかですね~。
ちょうちんもなんだか可愛い感じ
日本のお寺とはやっぱり雰囲気がちがいますね。
2012_05272012_MAY_HKG0462
 
そしてこちらは、本堂手前で膝をついてお祈りをしているように見える人たち。。
これはおみくじをやっているのです。
2012_05272012_MAY_HKG0461
 
円筒形の容器に番号が書かれた竹の棒が入っており、
これを占いたいこと、自分の名前、住所を頭の中で言いながら、
ひたすら振って、棒が1本だけ落ちるのを待ちます。

でもこれがなかなか難しく、ぜんぜん出てこなかったり、
やっと出てきたと思ったら複数本一緒にでてきたり

とにかく落とすのは1本だけなので、複数出たらやりなおしです。
ようやく1本だけデターと思ったら、今度はその番号をメモします。
 
このおみくじの結果はインターネットでも調べることができるという
なんともハイテクなシステムですが、あいにく言語は広東語。
ということで、おみくじの結果が知りたい方は占いゾーンへどうぞ!
 
この黄大仙には100を超える占いブースがあり、少数ですが、
日本語を話す占い師さんもいます。
もちろん有料ですが、この占いブースで先ほどおみくじで出た番号を
伝え、結果を教えてもらうのです。

占いをしなくても、おみくじ体験だけでもローカルの雰囲気が
楽しめますので、地元っこのふりをして、是非一度お試しあれ。

赤い糸でつながっている二人の間に神様。。。
恋愛についてをお祈りするところですね~。
2012_05272012_MAY_HKG0466


続きまして九龍城公園。
2012_05272012_MAY_HKG0474
 
その昔「東洋の魔窟」とも言われた香港のスラム街があった跡地です。
中国大陸からの難民が流入し、人口がふくれあがり、建物の無計画な
増築が繰り返された結果、この一角は迷路化して
「九龍城に1度入ると出られない」と言われていたそうです。
当時の建物の写真や、模型はこんな感じ。建物詰まり過ぎ・・・
まさにカオス。。。ですね。。。
2012_05272012_MAY_HKG04822012_05272012_MAY_HKG0484

でも今はすっかり緑豊かな公園です
2012_05272012_MAY_HKG04772012_05272012_MAY_HKG0475


さて、続きましてはミシュランの星を獲得しているレストラン。
ランガムホテル内「唐閣」でのランチです
メニューはこんな感じです

2012_05272012_MAY_HKG0495

とにかく、どれも美味い!
そしてとっても上品なお味でした。
私が一番感動したのは・・・マンゴープリンかも。。

2012_05272012_MAY_HKG04882012_05272012_MAY_HKG0490
2012_05272012_MAY_HKG04922012_05272012_MAY_HKG0494
2012_05272012_MAY_HKG04972012_05272012_MAY_HKG0501

ランチ後、ちょっとまじめにランガムホテルの視察です。
《時価旅》の香港ツアーでも利用させていただいてますので、じっくり見学せねば。
さすがデラックスホテル、茶系で統一された落ち着いた雰囲気です。
2012_05272012_MAY_HKG05042012_05272012_MAY_HKG0506

そして部屋の片隅にそっと置かれたピンクのハイヒール。
これ何と、全部チョコレートなんです。
あまりにもかわいらしいので、本当にチョコレートなのか、思わず顔を近づけて、
においをかいでしまいました。
ハイ、チョコレートで間違いありません。
このハイヒールチョコレートは、ランガムホテルの宿泊特典で、近々《時価旅》
でも、この特典がついたツアーが登場する予定です!
2012_05272012_MAY_HKG0513

ホテル地下にあるダイニングも視察しました。
 女子心をくすぐるものがココにも
ちなみに・・・右側チーズケーキの大きさはなんと450グラム。
写真でその大きさをお伝えできないのが非常に残念ですが。
このケーキを完食するには、おそらく女子3人くらい必要かも。。。
2012_05272012_MAY_HKG05252012_05272012_MAY_HKG0523


 さてお次は、昨年2011年にオープンした新名所、ICCタワーのスカイ100です。
ICCタワー は高層ビルが建ち並ぶ香港で、 2012年5月現在もっとも高いビル。

118階建てで、展望室のスカイ100は文字通り100階に位置します。
では早速上っちゃいましょう!
100階(393メートル)までは高速エレベーターでなんと60秒です。

ご覧ください!!360度のパノラマです!
香港島、九龍半島の高層ビル群、そして港。
見晴らし最高。
ちなみに・・・曇った日に行くと、まったく景色が見えないこともあるので要注意!
以前、ガスった日に上ったときは、ほんとに何も見えなかったです
天国ってこんな感じ?という位雲の中・・・。晴れて良かった!

2012_05272012_MAY_HKG05402012_05272012_MAY_HKG05442012_05272012_MAY_HKG0548

これスカイ100のキャラクターでスカイ100ファミリーです。 
6人兄弟が、グルメやトラムといった香港ならではの特徴をそれぞれ表しています。
左から2番目・・・香港映画を表しているのですが、ある香港スターがモデルに
なっているようです。ずいぶん可愛くアレンジされてますね~。

2012_05272012_MAY_HKG0551

一通り景色を堪能したら、下まで降りて・・・・
同じくICCタワー内、スカイ100の上に位置するリッツカールトンのBAR、
OZONE(118階)で一休み。世界で一番高い場所にあるBARです
右のピンクのカクテルはドラゴンティーニ♪
人気カクテルだそうです。おっしゃれ~
ちなみに118階でもテラス席があり、風が抜けるんですよ~。

このBAR、 OZONE はリッツカールトンの宿泊客でなくても入れます。
なので、360度のパノラマほどではなく、香港1背の高いビルから、
ちょっとだけ景色を見たい、ということであればスカイ100ではなく
ココで1杯飲むだけでもいいかも。
ただしBARですので月~土は17時からの営業です。
また週末の夜はかなり混みますのでご注意ください!

2012_05272012_MAY_HKG0557


さて、1杯飲んだらお次は四川料理の夕食でーす。
尖沙咀エリア、ネイザンロードとキンバリーロードが交差するところにある
ミラマーショッピングセンター内、「雲陽閣」に行きました。
辛い!とにかく辛い!鉄鍋のような容器に入ったスープ。
一口食べるだけで、頭皮から汗が出るのを感じました。
反対に、坦々麺は全く辛くなく甘みを感じるやさしい味でした。
最後に出たデザート。これ、おいしいです。
シュークリームのように見えますが、中にはあんこが入ってます。

ちなみにこのお店も私2度目の来店です。
以前来た時、生まれて初めて食べた蛙のから揚げ、、、おいしかったな~。
今回のメニューにはありませんでしたが、興味のある方、挑戦してみてください♪

2012_05272012_MAY_HKG05602012_05272012_MAY_HKG0563
2012_05272012_MAY_HKG05652012_05272012_MAY_HKG0566
2012_05272012_MAY_HKG05682012_05272012_MAY_HKG0571
2012_05272012_MAY_HKG05732012_05272012_MAY_HKG0575
2012_05272012_MAY_HKG05762012_05272012_MAY_HKG0577

さ~夕飯食べたら次は夜景を見に行きますよ!
香港といえばやっぱり夜景!
こちらもすっかり定番となりましたシンフォニーオブライツへレッツゴー!

シンフォニーオブライツは毎晩20時から行われる光と音のショーです。
ハーバー沿いのビル郡が音にあわせて色とりどりの光を放ち、
サーチライトが夜空を照らします。何度見ても感動です!
2012_05272012_MAY_HKG06002012_05272012_MAY_HKG0601

さて続いても定番、オープントップバスと女人街散策です。
オープントップバスとは、屋根の無い2階建バス。
雨の日は悲惨なことになりますが、晴れた日は最高に気持ちの良い乗り物。
東尖沙咀から出発したバスは、ハーバー沿いを通り九龍半島の
メインストリート、ネイザンロードへ入ります。
手を伸ばせば届きそうなネオン看板に、活気あふれる下町の屋台街を通過。
信号で止まると、隣の車線に停車中している路線バスの乗客と目があったり
歩行者にジッと見られていることもありますが、そんなことは気にせず
とにかくはしゃぎましょう。バスが止まったときはシャッターチャンス。
ここぞとばかりに写真を撮るのです。

2012_05272012_MAY_HKG06122012_05272012_MAY_HKG0626
2012_05272012_MAY_HKG06152012_05272012_MAY_HKG0617

ちなみに雨の日のオープントップバスがどうなるかというと・・・
大雨でなければ決行です。
雨の日はうす~いレインコートが渡されます。
どのくらいうすいかというと、ボタンをとめていったん外そうとすると破れたり、
ちょっと体の大きな人が着て、腰をまるめて座ると、昆虫の脱皮かのように
背中からバリバリっと破れる、、、そんな感じです。
だからバスを降りるころにはびっしょびしょ。
もちろん1階に避難することもできますが、せっかく乗ったんだし~と
だいたい移動せず、みんながんばって雨に耐えます。
なかにはバスに乗ってるのに傘を差してしまう人もいますが、
ほぼ傘の意味をなしません。(危ないので絶対やめましょう!!!)
なぜそんなに知ってるかって?だって経験者だから。しかも2回。
いや~今回は晴れて本当によかった。

一通りバスで走ったら、女人街で降車です。
女人街 は露店がひしめきあう、とにかく活気に満ち溢れた街です。
実際に買いたい物があるかどうかは別として、、、日本では見ることの
できない光景ではないでしょうか?
いかにも中華圏だな~という小物や、怪しげな時計屋、怪しげな店員。
一見の価値アリです♪
そしてスリに注意!

2012_05272012_MAY_HKG06302012_05272012_MAY_HKG0632

またこの女人 街 のあるエリア、旺角にはナイキやアディダスなどの
メーカーがずらりと並ぶスニーカーストリートや、ランガムプレスの
ショッピングモール、レストランなども多く、観光客に地元っこがごった返し
週末の夜ともなるとかなり賑やかです。
謎のストリートパフォーマーもいました。 目だけ時々動いてました。
2012_05272012_MAY_HKG0633

あまりにも人が多く、疲れたので一休み~。
昨日も行った「許留山」の旺角店へ。
疲れたらやっぱり甘いものよね~。
スイカジュースと、マンゴージュース。そしてマンゴスイーツ3点盛り。
乾いた喉に冷たい喉ごし、くーッッ生き返る~~~ッッッ。
2012_05272012_MAY_HKG06412012_05272012_MAY_HKG0635

ふ~。
一息ついたところで、この日も昨夜と同じマッサージ店へ。
でも相変わらず雰囲気は怪しい。

マッサージ後、香港最後の夜は宿泊ホテルのBARで一杯。
研修参加の女子の皆さんとしばしの語らい。。。
2012_05272012_MAY_HKG0644

就寝。。。



香港行きのキャセイパシフィック航空格安航空券はフリーバードで♪
香港ツアーは時価旅で♪


香港グルメと大仏に出会う旅 その3

~香港スタイル研修 3日目~

帰国日です。

朝食は日本にも店舗があり、マンゴープリンで有名な「糖朝」へ。
マンゴープリンは食べてませんが、こちらにはスイーツ以外にも
写真のような飲茶のメニューがあるのです。

頼んだものはどれも私が好きな香港の定番メニュー。
香港で食べるお粥って日本のものとは違い、具が入っているだけではなく、
ダシが効いたしっかりとした味がついていてすごく美味しいんですよね~。
あと左下の写真は腸粉。もっちりつるんとした食感で、いくらでも食べられます。
見た目がちょっと不気味な感じがしなくもないですが、お試しあれ!
あ~思い出すだけでまた香港に行きたくなってきた(´∀`*)

2012_05272012_MAY_HKG06562012_05272012_MAY_HKG06542012_05272012_MAY_HKG06572012_05272012_MAY_HKG0660


さて旅も大詰め。
私が香港で最後に食べたものは・・・
ワンタンメンとタンタンメン。

今回は特別に香港国際空港にある、キャセイパシフィック航空のラウンジを
利用させていただいたのですが、出発フロア内に3つあるラウンジのひとつ、
「The WING」のヌードルバーでランチを食べることに。
街中のローカル度満点のお店で食べるワンタンメンも大好きですが、
たまにはこんな特別な空間で食べるワンタンメンもいいな~と実感。
もちろん味もおいしかったです♪

2012_05272012_MAY_HKG06652012_05272012_MAY_HKG0668

食後は同ラウンジ内のロングバーでカクテルを1杯。
カクテルの名前はCathay Delight。ミントの効いたすっきり味。
そしてカウンターの向こうには駐機しているたくさんの Cathay。
2012_05272012_MAY_HKG06722012_05272012_MAY_HKG0670

さぁ、日本に向けて出発です。
2012_05272012_MAY_HKG06752012_05272012_MAY_HKG0673

お疲れ様でした!



香港行きのキャセイパシフィック航空格安航空券はフリーバードで♪
香港ツアーは時価旅で♪

記事検索
livedoor プロフィール
おすすめ情報
スイス航空  チューリッヒ行き航空券キャンペーン
カタール航空  ドーハ行き航空券キャンペーン
エミレーツ航空  ドバイ行き航空券キャンペーン
デルタ航空  アメリカ行き航空券キャンペーン
キャセイパシフィック航空 香港行き航空券キャンペーン
チャイナエアライン  台湾行き航空券キャンペーン
アシアナ航空  韓国行き航空券キャンペーン
ユナイテッド航空  グアム行き航空券キャンペーン

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ