【New!】フリーバードスタッフの何でも旅行記Part.3

このブログは、海外航空券予約サイト「フリーバード」を運営するワールドトラベルシステムのスタッフ旅行記です。 マニアックな旅行からのんびり旅行まで、今すぐ海外にでかけたくなるような好奇心をくすぐる海外旅行レポートを随時更新中です! 以前のブログはこちら

2013年06月

女子必見!ソウルの旅★①~魅力いっぱいアシアナ航空~

みなさんこんにちは!

先日アシアナ航空主催のファムツアーに参加させて頂きました
アシアナ航空とソウルの街の魅力をたーっぷりお伝えしていきたいと思います

特に女性の皆さま

今回のツアーではカフェの多い街や韓国ドラマのロケ地、
現地の方、おすすめの韓国料理のおいしいお店やエステ店にもいきましたので
ぜひ今後のご参考にして頂けると嬉しいです♪

ちなみに私…恥ずかしながら海外旅行2回目、ソウルは初めてなので初心者目線でご紹介していきます

★1日目★
アシアナ航空121便を利用して名古屋からソウルへ
11:50発→13:50着 の便なので朝もゆっくり支度が出来ます♪
定刻通り11:50に名古屋を出発!

フライト時間は約2時間ですが、機内食が出ます。
ちょうどお腹が空く時間なので嬉しいですよね。
機内食
この日は予定より早く、13:30にはソウルに到着しました!

到着後、アシアナ航空本社教育センターへ
OZ入口OZロビー

教育センターでは客室乗務員研修生の方の教育が行われています。
内容によっては一般職員の方も研修を受けることができます。
アシアナ航空の歴史はもちろん、安全教育やメイク方法、お酒や食べ物の知識などを学び、
プロの客室乗務員になる為の研修が日々行われています。

アシアナ航空歴史に関するブースです
OZ創立者OZ歴史
創立~現在までの歴史や歴代の制服、受賞した数々のトロフィーや表彰状、
アシアナ航空歴代イメージモデルの方の写真等が飾られています。
OZトロフィーOZ制服OZモデル3

アシアナ航空のイメージモデルになると有名になる…と韓国では言われています!
イメージモデルになれたらスターへの道は近いかも?!

続いては、ドアトレーニングルーム
OZドアトレーニングOZ非常口OZドア
飛行機は機材によってドアの種類が違い、開け方もそれぞれ違うので
ドアトレーニングルームではドアの開け方を練習したり、非常時の訓練を行っています。

教育センターの中にはファーストクラスを100%具現化した機内そのままのお部屋があります!
OZ椅子OZFクラス
ファーストクラスに乗った気分で座席に座らせていただきました
足を伸ばしても余裕があり、シートもふかふかです♪
快適な空の旅を過ごせること、間違いなしですね

ドラマで飛行機のシーンがある時、実際に搭乗するのは難しいのでこちらで撮影が行われているそうです。
あの冬ソナの撮影も行われていたとか

他にはワイン・フード、メイクの講座を受ける研修室があります
OZワインOZメイクOZメイク2

ワインバーみたいで素敵な空間です
機内ではお酒の提供もされているので、どんな質問にも答えられるようにこちらで研修が行われています。
客室乗務員の中にはヨーロッパでソムリエの資格を取得し、社内で講師としても活躍されている方もいらっしゃいます

メイクの研修ではアシアナ航空のイメージに合わせたメイク・ヘアメイクの勉強をします

OZPI部屋OZPIOZ色

こちらの写真のパーソナルアイデンティティでは正しい制服の着方を習ったり、
自分のイメージに合った色を探すことができます。
様々な種類の色のワイシャツや色のサンプルが飾られています

客室乗務員の方々の外面と内面の美しさはこの教育センターでつくられていくんだなぁと感じました。
ラッキーな事にちょうど研修風景を見れたり、アシアナ航空の魅力をたくさん学ぶ事が出来ました


教育センター出発後、南大門へ
CIMG0754
韓国で最も古い木造建築であり、韓国の象徴ともされている南大門。
しかし2008年に起きた火災で損傷してしまい、5年間復元工事が行われていました。
2013年4月に工事が終わり、600年以上前の姿がよみがえったと言われ、
火災があったとは思えないほどきれいに復元されています


さぁ夜は楽しみにしていた韓国料理です!
サムギョプサル~
サムギョプサルケジャンチャーハン
食べて飲んで…韓国料理を堪能しました
高級料理の1つケジャンも頂きました(真ん中の写真です)
見た目通り、からいです(笑) でも病みつきになって食べ始めると止まらない味です!
お酒がどんどんすすみますよー
シメにはお店の方がプルコギチャーハンを作って下さいました。


夕食後、宿泊先のベストウェスタンプレミアホテル国都へ
ロビーロビーは白基調でとってもきれいです☆

お部屋はトリプルです。
ベッドお風呂洗面所

トリプルってシングルベッド2つ+簡易ベッドというイメージがありませんか?
このホテルは3台ともシングルベッドでした(^^)/

お風呂とトイレもきれいです。
洗面台もおしゃれで気分があがります♪

歯ブラシは日本では無料ですが、韓国は有料なので持参することをおすすめします★

ベッドも枕もふかふかでぐっすり眠りました…

2日目に続く(^O^)/

女子必見!ソウルの旅★②~1日満喫*グルメ・ショッピング・美容編~


さて、続きましては女性の皆さまが気になっているはずの
グルメ・ショッピング・美容をメインにご紹介していきます(^^)
ホテル情報やデートスポットもありますのでぜひ最後までご覧ください


★2日目★
朝食は地元のサラリーマンに人気のお店、『ムギョンドン(武橋洞)・ブッオクッチブ』へ
朝食店タラエビ塩辛
こちらのお店では干しタラのスープを頂きました

干しタラは消化促進作用があると言われ、特に二日酔いに効くと言われています。
さっぱりしているので食欲のない朝でも食べやすいです
テーブルに出ているエビの塩辛をいれて自分好みの味に調節して食べられます♪
地元の方はここで朝食を食べて仕事に向かう方が多いそうです。
日本で言う…モーニングみたいな感覚ですね


朝食後はチョンゲチョン(清渓川)へ
CIMG0790

昔は自然に流れる河川でしたが、川が汚くなってしまったことから
臭気等がもれないように川に蓋をかける工事が行われました。
人工河川になった為、川は自然に流れないので電気を使って流しています。
写真の滝の所からは自然に流れてます。


続きましては新沙洞へ~
CIMG0803CIMG0796CIMG0811

街路樹に囲まれた通りにおしゃれなカフェやショップが並んでいます
ZARAやH&Mなどのファストブランド店やマリメッコやロクシタンなど日本でも人気のあるお店もあります!

CIMG0808CIMG0805CIMG0810

ノーブランドのお店もかわいいお店がたくさんありました!
開店前だったので店内には入れませんでしたが、
大体どのお店も1着30000~50000ウォン(約3000~5000円)だそうです

お財布にも優しくて、かわいいお店が多いので何時間も滞在できちゃいますね
カフェが同じ通りに何軒もあるので疲れたらすぐに休憩できるのも魅力の一つです☆


少し歩いて小腹が空いてきた頃、Waffle Bantへ
CIMG0819CIMG0821
ソウルで有名なワッフル専門店です♪
ワッフルを食べながら、五穀ラテを飲んでまさに至福の時間…
疲れた体に甘いものは欠かせませんよね

ワッフルとドリンクのセットで4700ウォン(約500円)とお値段もリーズナブルですよ
ソウルに行った際にはぜひお立ち寄りを♪

ワッフルを食べた後、亭子洞(チョンジャドン)を歩きました。
カフェと居酒屋が並ぶ通りです。
CIMG0833CIMG0829

テラス席もあっておっしゃれー♪
こんなにお店があるとどこに入ろうか迷っちゃいます


さぁどんどんいきますよー!
続いてはロッテ免税店に地下鉄で向かいます!

まず切符を購入。
CIMG0843CIMG0844CIMG0845

CIMG0846CIMG0847

日本語を選択できるので一安心です。
駅コード、または駅名で行き先を検索し、購入します。
韓国の地下鉄は運賃と保証金500ウォンの合計を支払いますが、
この保証金は目的地に着くと返金してもらえるのでちょっと得した気分になります♪

ロッテ免税店ではパックのまとめ買いやブランド品を購入するのがお得です


そしてお昼ごはん♪
お昼ごはんも地元の方、おすすめのお店へ行きました

カムジャタン専門店のハルメチップへ
CIMG0858CIMG0860

カムジャタンとは、じゃがいもと背骨つきの豚肉を煮込んだ料理です。


どーん!!!!
CIMG0861

迫力満点、ワイルドすぎなカムジャタン。
骨つきなので食べにくいかと思いましたが、箸でさわるとすぐほぐれるので食べやすいです
ピリ辛でからだが温まり、おなかもいっぱいになりました♪


その後、ホテル視察へ
コリアナホテルでございます。
スタンダードルームとビジネスルームを見せて頂きました

*スタンダード
CIMG0871CIMG0872CIMG0873

*ビジネス
CIMG0878CIMG0879CIMG0877

ビジネスルームはベッドがキングサイズです!(ツインのお部屋もあります)
そしてガラス張りのシャワールームもついています♪
壁が黒く、さらに高級感が増していました。
少しリッチな気分を味わいたいときにはビジネスがお勧めです


続きまして、明洞へ~

韓国といったら。。エステ!マッサージ!あかすり!というイメージがありますよね
ガイドさんおすすめの明洞にあるASIAへ行ってきました
CIMG0885CIMG0886CIMG0887

まずソファ席でカウンセリングを受け、メニューを決めます。
肩こりがひどいなど具体的に話すとおすすめのプランを教えて下さいます♪
フェイシャル・ボディ・足マッサージがあり、内容や時間によって料金が決まります。
私はフェイシャルエステ35分のコースを選択☆

個室へ移動してエステ開始

フェイシャルの前にヘッドマッサージもやってくれます!
気持ちよすぎて爆睡寸前。。
デコルテや肩もマッサージしてくれるのでかなり疲れがとれます
CIMG0888BlogPaintCIMG0892

エステ後はパック
ひんやりしていて最高ですパック中は夢の中でした
最後にBBクリームを塗って終了です!
肌ツヤツヤでからだも軽くなりました♪

エステ後は化粧品を借りることができます韓国のコスメ商品・TONYMOLYの商品が多かったです


そして明洞の街中を散策~♪
CIMG0903CIMG0897CIMG0898

雨でしたが、天気は関係なく賑わっていました。
日本人観光客が多いからか、呼び込みが激しいです(笑)

「お姉さん! いつこれ買うの? 今でしょ?!」

…日本でもブームの言葉は海を越えても流行しております。



そして最後にデートスポットのソウルタワーへ
ゴンドラで登っていきます
CIMG0929CIMG0932

ソウルタワーに到着!
デッキソウルタワーベンチ鍵

デッキ周りのフェンスにはメッセージを書いた南京錠がぎっしり!
ベンチにも愛のメッセージがたくさん書かれています

ハートソウルタワーカフェ

I LOVE YOUと書かれたハートの周りは多くのカップルが幸せそうに過ごしてます
どんなふうに過ごしているかはご想像におまかせします(笑)

夜景もタワーもきれいでカップルの皆さまにはかなりおすすめです

最後には霧がはれてソウルタワーを見ることができました♪

閉館前にはソウルタワーデジタルショーが見れるので最後の最後まで楽しめますよー!
カフェで休憩してホテルへ戻りました。


食べて、観光して、買い物して、エステもして。。1日でこんなに楽しめてしまいます
あっ…21時以降はタクシーの料金が跳ね上がりますのでご注意ください


次はついに最終日です!韓屋村や空港以外でのチェックイン方法をご紹介します♪
3日目に続く(^O^)/

女子必見!ソウルの旅★③~韓屋村散策・ちょっと変わったチェックイン~


あっとゆーまに最終日です!

最終日は韓国の歴史的な建物が並ぶ韓屋村と空港に行かなくてもスムーズにできちゃう
少し変わったチェックイン方法をご紹介していきます(^v^)


★3日目★
朝食はホテルの中にあるPATIOというレストランのビュッフェです♪
韓国料理はもちろん洋食もあります。
CIMG0959CIMG0958

もりもり食べて力をつけ、韓屋村へしゅっぱーつ♪

CIMG0978CIMG0981

韓国ドラマ等でよく目にする家ですよね。
民家だけではなく、同じ造りのカフェや病院もあります
(よーくみるとTHE CAFE, Dental Clinicと書いてあります)
CIMG0994CIMG0993

ひたすら坂道をのぼって後ろを振り向くと…

CIMG0988

韓屋村とソウルの街がよく見えます 朝日や夜景もここから見たらきれいでしょうね(^^)
急な坂道が多いので運動靴やヒールのない靴で行くことをお勧めします!


そしてだいぶ上の方まで歩いて行くと…
CIMG1009CIMG1006
ユジンの家というお店が!
このお店の隣の民家(右の写真です)は冬のソナタのロケ地だったんです!
ユジンの家では韓流スターのグッズがたくさん売っていますのでファンの方はぜひお立ち寄りを♪

ここからは下っていきます。
韓屋村を抜けるとまたまたカフェやおしゃれなお店が並ぶ通りにでました♪
CIMG1010CIMG1012CIMG1013

ほとんどのお店が11時からオープンなのでまだ開店はしてませんが
おしゃれな建物が多いので歩いているだけで楽しめます

CIMG1014
そしてそのまま仁寺洞(インサドン)を通り、ホテルへ戻りました。


チェックアウトをすませ、ソウル駅へ~
CIMG1015CIMG1016

あとは帰るだけなのになぜソウル駅に来たのか…?


実は空港にいかなくてもソウル駅で出国手続きが出来てしまうんです!!!!


空港だと混んでいるのでどうしても手続きに時間がかかります。
その時間を省くためにソウル駅で手続きが出来るようになったそうです
ここで手続きをした後、観光したり一般の電車に乗ることもできます
朝の5時20分からソウル駅ではチェックインが可能です


流れは空港と同じなのでカウンターでチェックインを済ませ、
隣にある出国審査の部屋で搭乗券とパスポートを渡して出国手続きをします。
CIMG1023CIMG1028CIMG1029

手続きが終わると仁川空港での入場の仕方が書かれたメモをもらうんですが見て下さい!
CIMG1051
ソウル駅で手続きをすると外交官や乗務員専用の入り口から入れるんですよー!
特別感、たっぷりです


ソウル駅~仁川空港まではA-REXという鉄道を利用します
地下7階におりて電車の中へ
CIMG1038CIMG1048CIMG1045

二人並びの席でとてもきれいです全席指定席で43分で空港まで行けちゃいます♪


空港に到着!
CIMG1055CIMG1060

外交官・乗務員の方専用の入口です
CIMG1070

こちらの入り口から中へ入りました(^^)
その後、アシアナ航空ビジネスクラスのラウンジを見学させて頂きました
CIMG1073

撮影禁止だったので中の様子はお見せできませんが、
バイキング形式の食事、ワイン等のお酒、パソコンルームがありました

仁川空港内にはお店がたくさんあるので時間までお買い物も楽しめます

そしてもう出発の時間…


帰りはアシアナ航空124便を利用してソウルから名古屋へ
15:00発→16:50着の便です

機内食はプルコギサンドとパスタサラダでした
CIMG1076

帰りも予定より早く名古屋に着きました。ファムツアー終了です


いかがでしたでしょうか?アシアナ航空・ソウルの魅力、伝わりましたでしょうか?
皆さまがソウルへ行く際に少しでも参考にして頂けたら…と思います


今回研修に参加させて頂き、ガイドブックだけではわからない情報もたくさん入手でき、
とても貴重な経験をさせて頂きました
地域によって街並みがガラリと変わるので昔ながらの趣があるソウルも
ビルやショップがが立ち並ぶ現代的なソウルも両方楽しめて充実していました

朝ゆっくり準備をして出発し、帰りは存分に楽しんで夕方帰国できるアシアナ航空の便も
ソウルへ行く方にはとってもお勧めです

長くなりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました



韓国行きのアシアナ航空格安航空券はフリーバードで♪
韓国ツアーは時価旅で♪


台湾周遊記~その1~高雄

こんにちは。
先日チャイナエアラインと台湾観光局主催の研修に参加させて頂き、人生初!台湾に行ってきました。

同じアジア圏内・近場・島ということで、日本とそんなに変わりないのかなーと思っていたのですが、
いやーー・・・やはりぜんぜん違いましたね(笑)
台湾1    タカオ             タイトウ カレン タイペイ ペイトウ
南の高雄からスタートし→台東・花蓮→台北・北投と台湾の右側を北上していき、4日間で島を約半周しました。

場所によって全く雰囲気が違うのでいろいろな台湾が楽しめました。
今回はそんないろいろな顔をもつ台湾の魅力をたっぷりお伝えします!!

それでは出発です




①南エリア ~高雄~

台湾と言えば、北の台北市のイメージが強いかもしれませんが、南の高雄市は台湾で第2の都市で、台湾工業の中心地である港町です。多くの日系企業が進出しています。

現在、関西空港ー高雄線の直行便があるのはチャイナエアラインのみです。しかもこの直行便、2013年7月1日より週2→週5便へ増便となります!リゾート地へのアクセスがかなり便利になるので、今後ますます台湾へ足を運ばれる方増えそうですね

夕方CI167便で関空を出発し、高雄まで3時間程のフライトでした。
機内の座席についているモニターはゲーム・音楽・映画・短編番組・フライト情報などコンテンツが満載なので、夢中になっていたらあっという間に到着しました
デジカメ 094デジカメ 092









機内食はお肉とシーフードからシーフードを選びました。えびチリでした。程よい辛さでおいしかったです

そして高雄空港に到着した瞬間、一気に漢字だらけの世界になりました
が・・何となく読めちゃいます!英語もあるので何とかなります。空港内も分かりやすいので迷うことなく手続きを済ませ、早速、高雄市内へ向かいました。
デジカメ 099









バスで最初に向かったのは海鮮料理のレストラン「河邊海鮮餐廳
デジカメ 107デジカメ 104








デジカメ 100デジカメ 101









魚!えび!イカ!カニ!ホタテ!どれもとにかく大きいです!海の幸が大好きな私にとって1日目から天国でした。味付けも全く違和感なく、どれも日本人にも好まれる味だったと思います。

緑の瓶の台湾ビール。これがすごく飲みやすいビール特有のあの苦味がそれほどきつくなく、ビールが飲めない私でもさらっと飲めてしまいました。気がついたら4日間飲んでいました。ビール苦手な方も台湾に来たらぜひぜひ飲んでみて下さい!

しかしここで早速、日本と大きく違う点、1つみつけました
お茶が・・・甘い。そう、砂糖入りなのです。よく見るとこちらのお茶のパッケージには有糖・微糖・無糖といった記載があります。台北など北の方では微糖や無糖が多いようですが、南の高雄・台南など暑い地方では有糖が好まれるんだそうです。あ、冷たいお茶に限ってですけどね。

大満足の夕食を済ませ23:00頃から「六合夜市」へ行きました。
デジカメ 118デジカメ 116









人であふれかえっていてとても賑わっています!食だけでなく衣服・おもちゃ・足つぼマッサージ店など通り沿いに何でもそろっていて見ているだけでも飽きませんでした。日本語を話せる方が多くて「イラッシャイマセ」「コレ、オイシイー」と気さくに話しかけて下さいます。一足早く夏祭りにきた気分でした。

そんな感じで1日目からたっぷり堪能し、この日は愛河沿いにある「アンバサダーホテル高雄(高雄國賓大飯店)」に宿泊しました。今回利用したのはExecutive Double(エグゼクティブダブル)というお部屋。
デジカメ 143デジカメ 129









シンプルで落ちついた感じのつくりになっていて、とても静かだったのでゆっくりと寝られました。


2日目は市内観光をしました。
高雄にはたくさんの観光スポットがあります。

中でもぜひ行って頂きたいのは「蓮池潭(リェンチータン)」名前の通り蓮の花が湖面に咲いていて、湖畔には鮮やかな色の塔や廊がたたずんでいます。その中で特に有名で、高雄のシンボルと言われているのが七重の塔「龍虎塔」です。
デジカメ 178デジカメ 181









2つの塔が一対となっていて片方の入り口には鮮やかな緑色の大きな龍が、もう一方にはこれまた鮮やかな黄色の大きな虎がそれぞれ口をあけています。台湾の考え方では、龍はもっとも善良な動物、虎は最も凶暴な動物とされていて、この龍の口から入り虎の口から出てくることにより、自分のこれまでの悪行が清められ、災いも消えてなくなるとされています。

残念ながら工事中のため中に入ることができなかったので、塔へと続く橋の入り口から拝みました。
この橋ジグザグになっていて何でだろう?と思ってガイドさんに聞いてみたら、中華圏では魔物はまっすぐにしか進めないとされているので魔物が入ってこないよう設計されたのだそう

そしてもう一つのおすすめ観光スポットは「寿山」です。
ここには寿山動物園や寿山公園があります。公園の傍には忠烈祠があり、日本統治時代に戦死した中華民国軍の英雄たちが祀られています。

この山頂から見下ろす景色が絶景でした高雄港や高雄市内を展望することができ、夜景が美しいので地元の方々の有名なデートスポットなんだそうです。
iPhone 053iPhone 052









おサルさんたちまでいいムードです・・
                                                        その2へ続く→  
                                                    

台湾周遊記~その2~台東・花蓮

②東エリア ~台東・花蓮~

2日目午後からは台湾鉄道にゆられて3時間40分、台東に移動しました。

到着してすぐ向かったのは「関山親水公園
え?公園?ただの公園ではありません。自然景色・田舎景色・畑景色の中をさっそうと駆け抜けることができる全長12キロの自転車ロードなんですえ?台湾に来て自転車?と思ったそこのあなた(私も思いましたが)これを見て下さい!
iPhone 061
・4人乗りです
・ペダルは一切こぎません
・2時間もつバッテリーを積み込みます
・左席ハンドルにアクセル、ブレーキ有
・右席ハンドルはただの飾りです

自転車というか、もはやバイクです・・


好奇心旺盛な私は、3人の命を預かって人生初の左ハンドル(台湾は右側走行です)の得体の知れない乗り物を1時間乗りまわしました。これがもう・・・最高に・・・楽しかったーーーー噴水・モニュメントなどがある立派な公園から徐々に一般道へ出て田んぼ、畑、林道と景色が次々と変わって行く中を駆け抜けます。途中雨が降ってきてびしょぬれになりましたが、そんなことお構いなくはしゃいでいました。台湾に何度も来られたことのある方々も、みなさん初体験でとても気に入ってらっしゃいました。大自然を満喫でき、本当にすばらしいところでした。

また台東には台湾原住民の方が多く住まれていて、その文化や歴史に触れられる場所がいくつかあります。
この日の夕食は「米巴奈山地美食坊」で郷土料理を頂きました。iPhone 086iPhone 085












そして宿泊したのは「Formosan Naruwan Hotel & Resort Taitung
Naruwanとは原住民の言語で「こんにちは」「いらっしゃいませ」の意味があるんだそうです。
iPhone 082iPhone 074










iPhone 108iPhone 100









ホテル外観やロビー部分は南国ムード漂うつくりになっていて、部屋は落ち着いた民族調のつくりになっています。これはもう・・・特に女子の好きな要素が濃縮されたホテルではないでしょうか(笑)

台湾への女子旅は大自然の中のんびり台東で!というのもいいですね。新鮮ですね。
楽しい楽しい台湾式自転車?も待ってますよ~~


3日目は朝7時半に台東を出てバスで4時間程北上し、大理石・翡翠・玉の産地花蓮に向かいました。

車窓から見えるのは台湾東海岸!どこまでも続くコバルトブルーの太平洋
本当に綺麗で、台湾にこのような場所があったなんて知りませんでした。ハイビスカス、やしの木が多く見られるようになり一気に南国ムード満載です。

途中「三仙台」という景勝地に立ち寄りました。アーチ型の長い橋を渡ると、昔3人の仙人がここにある3つの岩で休んだとされている離れ小島に到着します。炎天下の中1時間程かけて往復したので、もうへとへとでしたが、景色が本当に綺麗で癒されました。
デジカメ 223デジカメ 228










天国にきてしまったのでしょうか・・・(笑)

花蓮に到着してから、2つ目の景勝地タロコ渓谷に行きました。
デジカメ 237
写真ではなかなかこの雄大さをお伝えすることができなくて残念ですが、なんとこれ・・長ーーーい年月をかけ、花蓮圏を流れる立霧渓が大理石を侵食してできた大渓谷なのです!

断崖絶壁、目を疑うような絶景がひろがっています。トンネルを抜けて奥まで散策したかったのですが、あいにく工事中だったため入ることができませんでした



台湾八景の一つとして知られ、また台湾のグランドキャニオンとも言われているそうです。
これは一生に一度は見てみたい絶景ではないでしょうか。
                                                        その3へ続く→

台湾周遊記~その3~台北・北投

③北エリア ~台北・北投~

花蓮で大自然に圧倒された私たちは3日目の午後、いよいよ旅の終盤、台北・北投へと向かいました。
花蓮から台北へはタロコ列車で2時間半程で着きます。

iPhone 058あっ!みなさん、ここでもう一つ台湾と日本の文化の違いをお話します。
海外へ行ったときのトイレ事情って、意外と気になったりしませんか?
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、台湾でまず紙は流してはいけません。詰まります。駅でもお店でも列車の中でもレストランでも、必ず隅に見慣れない大きなゴミ箱が置かれています。そこに捨てます。初めは戸惑いますが、すぐに慣れます。
また、ポケットティッシュは多めに持っていってください。設置されていない場合も多々ありました。。


そんな話をしているうちに、はい、台北に到着しました(笑)
やはり大都会です高級ブランドのお店や、高層ビル、タクシーやバイクの数が一気に増えました。

まず向かったのは最後の宿泊先「Regent Taipei」今回はデラックスルームを利用しました。
台北トップクラスの大型ホテルで、日本人の宿泊率がおよそ60%ということで、バスタブ・ウォシュレットが完備されていて、また部屋の電話には24時間日本語対応してくれるカスタマーサービスへつながるボタンがあります。館内の説明も日本語表記だったりするので安心できます。
iPhone 213iPhone 205










iPhone 189iPhone 190









すごい・・・という言葉しか出てきませんでした。。

夜は市内へ出かけ、寧夏夜市・足つぼマッサージの滋和堂に行き、台湾最後の夜を楽しみました。


最終日の4日目、のんびりとチェックアウトして北投へ行きました。

この辺りは風情ある温泉街になっていて、公園図書館北投文物館北投温泉博物館北投温泉などがあり、日本統治時代に発展した歴史や文化を感じることができます。あの有名な旅館・加賀屋さんも発見しました。
デジカメ 276デジカメ 282
                                        









デジカメ 283iPhone 241










台北での最後の食事は・・ここ↓ 鼎泰豐(ディンタイフォン)本店
さすが!世界の人気レストラン10店のうちの1つとして選ばれただけのことはあります!
平日にも関わらずお店の前にはすごすぎる人だかりが・・・
デジカメ 297iPhone 243
 









点心ももちろんおいしかったのですが、ガイドさんおすすめの炒飯がとにかくおいしかった!!


帰りのフライトは桃園国際空港から関空へ、CI158便ビジネスを利用しました。
iPhone 264iPhone 267











iPhone 278iPhone 279



 





直行便なので乗継ぎのことを一切考えることなく、ゆったりとした空間でのんびりと最後の時を過ごすことができました。



いかがでしたでしょうか?台湾の魅力存分に伝わりましたでしょうか?
まだまだ台湾には今回紹介しきれなかった魅力満載のスポットがたくさんあります!

・・・いつ行くの?



今でしょーーーー!!!!



今回このような研修に参加させて頂き、ガイドブックやインターネットだけではなかなか知ることのできない情報を、実際に自分の肌で感じてつかんでくることができ、大変貴重な体験をすることができました。本当にありがとうございました。

特に、著しく経済発展を続ける高雄は、今後ますます日本にとって欠かすことのできない存在になっていくのだと思います。台湾の魅力、またチャイナエアラインで台湾へ行く利便性を、このブログを通じて1人でも多くの方に知って頂けたらと思います。



香港行きのチャイナエアライン航空格安航空券はフリーバードで♪
台湾ツアーは時価旅で

                                            
記事検索
livedoor プロフィール
おすすめ情報
スイス航空  チューリッヒ行き航空券キャンペーン
カタール航空  ドーハ行き航空券キャンペーン
エミレーツ航空  ドバイ行き航空券キャンペーン
デルタ航空  アメリカ行き航空券キャンペーン
キャセイパシフィック航空 香港行き航空券キャンペーン
チャイナエアライン  台湾行き航空券キャンペーン
アシアナ航空  韓国行き航空券キャンペーン
ユナイテッド航空  グアム行き航空券キャンペーン

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ