【New!】フリーバードスタッフの何でも旅行記Part.3

このブログは、海外航空券予約サイト「フリーバード」を運営するワールドトラベルシステムのスタッフ旅行記です。 マニアックな旅行からのんびり旅行まで、今すぐ海外にでかけたくなるような好奇心をくすぐる海外旅行レポートを随時更新中です! 以前のブログはこちら

2015年12月

トランスアジア航空で行く台北と北海岸 2泊3日の旅

トランスアジア航空・台湾観光協会共催の台湾2泊3日の研修旅行に参加させて頂きました。

トランスアジア航空は2012年6月に関西-台北線等、2013年9月に成田-台北線の運航を開始した、日本路線に関しては比較的歴史が浅い航空会社ですが、実は1951年に"台湾初の民間航空会社"として設立された台湾の航空会社です。
 
お客様からはよくLCC(ローコストキャリア)とよく間違えられますが、所謂FSC(フルサービスキャリア)ですので、機内食・預入荷物(大きさ、重量に制限あり)・機内エンターテインメント・ブランケット等は無料で利用可能です。
 
《一日目》

トランスアジア航空は成田空港の第2ターミナル Jカウンターでチェックインをします。
カウンターの手前では"看板娘"がお待ちしております。

s-IMG-20151203-00942s-IMG-20151203-00940

世界最速の男"ウサイン・ボルト"と、季節柄クリスマスツリーも成田空港でお出迎えです。
 
s-IMG-20151203-00945s-IMG-20151203-00939

研修ということで、一足先に機内に誘導され見学をさせて頂きました。
FSC(フルサービスキャリア)ですので、ビジネスクラスの設定があります。
 
s-IMG-20151203-00946s-IMG-20151203-00947
s-IMG-20151203-00952s-IMG-20151203-00950

往路はエコノミークラス利用でした。シートピッチを紹介する定番の写真を撮ろうと思ったのですが、チェックイン時に「一番前の席」をリクエストしたところ、ありがたいことに非常口席のイグジットロウ(Exit Row)をとってくれましたので、足元広々です。

s-IMG-20151203-00954s-IMG-20151203-00955
s-IMG-20151203-00958s-IMG-20151203-00957
※イグジットロウ(Exit Row)利用に関しては、航空会社毎に利用規定がございます

s-IMG-20151203-00961s-IMG-20151203-00964

雲の下は生憎雨でしたが、当たり前ですが雲の上は別世界です。ラピュタな感じを楽しんでいると機内食の時間です。
今回はポーク or チキンでポークのチョイスです。ポークだけで充分なおかずですが、ポークの下はなんと魯肉飯(ルーローハン)♪ザーサイとタマゴのコンビネーションがグーです。
 
s-IMG-20151203-00962s-IMG-20151203-00963

食後はコーヒーを頂きながら映画鑑賞しながら台北到着を待ちます。
機内エンターテインメントは"龍騰時空 Sky Legend"という強そうなタイトルです。日本語プログラムも充実してますが、見よう見ようと思ってて見逃したテッド2(英語版)をチョイスしてみます。それ程英語が堪能なわけではありませんが、英語字幕を出しながらだったので割と理解出来ました。…多分(笑)
結局残り30分位のいい所で寝オチしてしまいましたが…続きは帰国時の楽しみということで…。

他の到着便と到着が重なったせいか、入国審査が非常に混雑してました。何度か台北から入国した事がありますが、今まで見たこと無い位の混雑っぷりでした。

少々予定より遅れたものの、台北のランドマーク台北101に向かいます。思い返すと夜の101は初めてです。
 
s-IMG-20151203-00967s-IMG-20151203-00965
s-IMG-20151203-00968s-IMG-20151203-00969

夕食は台湾家庭料理の欣葉と聞いてたので、以前行った事ある101の85階に行くのかと思いきや、本店の欣葉台菜創始店へ向かいます。ガイドさん曰く、101の85階よりもローカル色が強く雰囲気が違う、とのことでしたがまさにその通りでした。
それでも有名店だけあって、スーツを着た日本人サラリーマンが会食をしていたり我々外国人が行っても違和感はありませんのでご安心を。
 
s-IMG-20151203-00971s-IMG-20151203-00972
s-IMG-20151203-00973s-IMG-20151203-00974
s-IMG-20151203-00975s-IMG-20151203-00976
s-IMG-20151203-00977s-IMG-20151203-00978
s-IMG-20151203-00979s-IMG-20151203-00981

美味しい台湾料理を堪能したらホテルへ向かいます。

今回宿泊するのは、台北に来たら必ず見たことはある、ランドマーク的ホテルの圓山大飯店です。
圓山大飯店は日本統治時代の台湾神宮の跡地を利用して建設されたホテルで、龍、石獅、梅花等をふんだんに使われている中国的豪華を絵に描いたような豪華なホテルです。
 
s-IMG-20151205-01162s-IMG-20151205-01161

歴史あるホテルだけに、少し前までは「少々設備が古臭い」という評判でしたが、リノベーションをして、TOTOのウォシュレットが設置された現代的なホテルになってますのでご安心を。

s-IMG-20151203-00982s-IMG-20151203-00983
s-IMG-20151203-00984s-IMG-20151203-00987
s-IMG-20151203-00988s-IMG-20151203-00992

豪華で、部屋もリノベーションされて言うこと無いのですが、ちょっと気になるのは立地です。圓山大飯店は剣潭山という山の上にありますので、ちょっと買い物…といっても歩いていくには少々距離があります。
でも、安心してください、シャトルバスがありますよ。MRT(電車)の駅までの無料シャトルバスは勿論士林夜市までのシャトルバスも運行しています。また、市内までそれ程距離はないので気軽にタクシー利用出来ますし、タクシーはホテル前で常に数台待機してます。

s-IMG-20151205-01242

今回はツアーバスで士林夜市まで連れて行って頂きました。スマホの調子が悪く生憎写真が撮れませんでしたが、久しぶりにきた士林夜市は私の思い出とかなり変わってました…。
まず、MRTの駅前にあったフードコートがなくなり工事中です。フードコートは移転したそうで、跡地は台北芸術センターになるそうです。

そして、もう一点。お店というか町の感じが随分と綺麗になった感じがしました。個人的には昔のちょっと小汚い感じも"アジア"な感じがして好きだったのですが、綺麗になって歩きやすい感じになってました。

欣葉でタラフク食べたので買い食いはしませんでしたが、あの独特のにおいに包まれると「あぁ台湾に来たなぁ」と実感します。
帰りはタクシーを拾って帰ります。

《二日目》

朝食はホテルのレストラン松鶴廳でバフェを頂きます。
 
s-IMG-20151205-01158s-IMG-20151205-01157
s-IMG-20151205-01155s-IMG-20151205-01153

おなかが程よく一杯になったところで、ホテルを出発して、台湾のベニスと言われる淡水を目指します。
今回はツアーバスで行きましたがMRTでも台北駅から約40分で行けます。
途中温泉地の北投を車窓から眺めます。北投もMRTで台北市内から簡単にアクセスできます。
北投といえば、日本の石川県にある高級温泉旅館「加賀屋」がある事でも有名です。日本人のみならず、台湾人にも人気だそうです。
日本の温泉地のイメージそのままな町並みの中には無料の足湯等もあるようで、台北に宿泊して日帰りでも充分楽しめそうです。

そして、淡水に到着です。MRT淡水駅の前でバスをおりますが、丁度目の前にはレンタル自転車がありました。
台北市内でもちょこちょこ見かけましたが、台湾のSuica"悠遊カード"で借りる事も出来るそうですので、プラッと散歩するのに便利そうです。
s-IMG-20151204-01019s-IMG-20151204-01020
s-IMG-20151204-01022s-IMG-20151204-01021

少々時間が早い為閉まっているお店も散見されますが、ちょっと奥へ進むと活気溢れる感じのお店が立ち並んでるエリアに辿りつきます。目の前で作っていた、出来立てのアツアツスフレ(?)が非常に美味しかったです。その他食べ物屋、雑貨屋、お土産物屋が立ち並んでますので、食べ歩きも買い物もOKです。

s-IMG-20151204-00999s-IMG-20151204-01000
s-IMG-20151204-01001s-IMG-20151204-01002
s-IMG-20151204-01003s-IMG-20151204-01004
s-IMG-20151204-01005s-IMG-20151204-01008
s-IMG-20151204-01009s-IMG-20151204-01010
s-IMG-20151204-01011s-IMG-20151204-01015
s-IMG-20151204-01016s-IMG-20151204-01017

淡水河沿いに戻ると遊歩道が続いています。遊覧船も運行しているようですが、この日は時間が合わず…残念です。
今回は午前中に訪れましたが、夕日が綺麗だそうですので、夕方にあわせていってみたいものです。

淡水駅からバスに乗ること少々、旧イギリス領事館の紅毛城に到着です。
旧イギリス領事館という事で建物、庭園共に英国の雰囲気です。
旧イギリス領事館内は博物館になっており、当時の様子が再現されています。

s-IMG-20151204-01025s-IMG-20151204-01026
s-IMG-20151204-01028s-IMG-20151204-01029
s-IMG-20151204-01030s-IMG-20151204-01033
s-IMG-20151204-01036s-IMG-20151204-01037
s-IMG-20151204-01038s-IMG-20151204-01039
s-IMG-20151204-01040s-IMG-20151204-01041
s-IMG-20151204-01042s-IMG-20151204-01043

そして期間限定イベントのようですが、ちょっと面白い展示がされてました。その名も「100種求愛的方式」。

s-IMG-20151204-01044s-IMG-20151204-01046

恐らく様々な求愛の形をイラストで表現してますが…

IMG-20151204-01054
頭ポンポン式…

IMG-20151204-01055
タイタニック式…
 
IMG-20151204-01049
足ドン式…

IMG-20151204-01056
逆(?)足ドン式… 

IMG-20151204-01050
壁ドン式…

この辺まではいいとして…
 
IMG-20151204-01057
連れ去り式…(犯罪)

IMG-20151204-01052
更なる連れ去り式、女性がグッタリしてます…(犯罪)

IMG-20151204-01053
万国共通式…

…と、いった感じで非常に興味深く見学できました(笑)

バスで漁人碼頭へ移動します。漁人碼頭は観光市場や、330メートルもある大きな橋"情人橋(恋人橋)"等があります。
 
s-IMG-20151204-01067s-IMG-20151204-01068
s-IMG-20151204-01069s-IMG-20151204-01070

漁人碼頭にあるホテル"福容大飯店"を視察させて頂きました。

s-IMG-20151204-01072s-IMG-20151204-01075
s-IMG-20151204-01077s-IMG-20151204-01078
s-IMG-20151204-01079s-IMG-20151204-01080

冬場だからなのかあまり賑わっている感じではありませんでしたが、WORLD CHOCOLATE WONDERLANDというチョコレートのイベントや、回転展望台・ラバーズタワー(情人塔)等もあり、夏にもなると盛り上がりそうな感じです。
 
s-IMG-20151204-01071s-IMG-20151204-01083

ホテルの視察を終えたら、ホテル内のレストラン"阿基師觀海茶樓"でランチを頂きます。
阿基師觀海茶樓は台湾を代表するシェフ阿基師がプロデュースしてるレストランだそうです。
 
s-IMG-20151204-01084s-IMG-20151204-01086
s-IMG-20151204-01088s-IMG-20151204-01089
s-IMG-20151204-01090s-IMG-20151204-01091
s-IMG-20151204-01092s-IMG-20151204-01093
s-IMG-20151204-01094s-IMG-20151204-01095

食後は北海岸へ向かいます。
台湾の北海岸は、風や波で浸食されて不思議な奇岩で有名な野柳があり、夏場はサーフィンやダイビングやグライダー等のアクティビティを楽しめてる観光地です。
野柳に向かう途中で北海岸遊憩探索館に立ち寄ります。

s-IMG-20151204-01098
 
北海岸遊憩探索館は北海岸の生態系、野柳の奇岩等に関する展示がされている博物館です。北海岸では今でも海女さんが活躍している地域で、3Dで海女さんの生活を見る事が出来ます。この3Dが結構クオリティが高く、思わず手を伸ばしちゃう感じで、特に海女さんに興味が無い方も必見(?)です。
館内は日本語で北海岸遊憩探索館ガイドさんが案内してくれました。

さぁ、北海岸遊憩探索館で野柳の奇岩についてシッカリ勉強したので、本物のクイーンズヘッドを見に野柳へと向かいますが、道中テレサテンのお墓に立ち寄ります。お墓自体が立派な事は当たり前ですが、スピーカーから流れるテレサテンの歌声は、流石"アジアの歌姫"。

s-IMG-20151204-01104s-IMG-20151204-01103
s-IMG-20151204-01105s-IMG-20151204-01106

…ただ、今回の研修には若い方もいてテレサテン自体を知らないという…ジェネレーションギャップを感じつつ、野柳へと向かいます。

s-IMG-20151204-01107s-IMG-20151204-01108
s-IMG-20151204-01109s-IMG-20151204-01110

風や波に浸食されて出来たなんとも不思議な光景が広がります。
以前カナダのP.E.I.で見たエレファントロックや、アルバータのバッドランドで見た風景を思い出します。

s-IMG-20151204-01117s-IMG-20151204-01118
s-IMG-20151204-01119s-IMG-20151204-01120
s-IMG-20151204-01121s-IMG-20151204-01122
s-IMG-20151204-01123s-IMG-20151204-01124
s-IMG-20151204-01125s-IMG-20151204-01128

目玉はなんどいってもクイーンズヘッドです。確かに女王様がそこに!すごく神秘的なクイーンズヘッドですが、今も尚侵食は続いているのであと20年くらいでポッキリいってしまうそうです…。台湾国内でも人工的に保護する事も検討はされているようですが賛否両論あるようです。

クイーンズヘッド以外にもミイラ岩、カメ岩、美女のサンダル岩、地球儀岩、象岩、蜂の巣岩、フライドチキン岩、キュートなお姫様岩、アイスクリーム岩、キャンドル岩など自然が作り出した奇岩を見る事が出来ます。
(ここら辺からスマホの調子が悪くなり写真が御座いませぬ…)

ここから一路九分へと向かいます。
何度か九分を訪れたことはありますが、夜は初めてです。ハッキリいって九分行くなら夜がお勧めです。
日中でも雰囲気のある町並みですが、これが、夜となるとそこら中で提灯に灯がともり、更に幻想的な雰囲気になります。
 
s-IMG-20151204-01132s-IMG-20151204-01133
s-IMG-20151204-01134s-IMG-20151204-01135

ディナーは九分の有名な階段"豎崎路"の目の前の"九戸茶語"で頂きます。ツアー等でよく立ち寄るレストランですが、実際に食事するのは初めてです。
店内もかなりいい感じの雰囲気です。

s-IMG-20151204-01136s-IMG-20151204-01138
s-IMG-20151204-01139s-IMG-20151204-01140
s-IMG-20151204-01141s-IMG-20151204-01142
s-IMG-20151204-01143s-IMG-20151204-01144
s-IMG-20151204-01146s-IMG-20151204-01147

食後はホテルに戻り、二日目終了です…。

《三日目》

台湾最終日です。朝食は昨日と同様ホテルのレストラン松鶴廳でバフェを頂きます。

まずは今年の夏にプレオープンしたマリオットホテルの視察です。
圓山大飯店が中華的豪華ホテルとすると、マリオットは現代的豪華ホテルです。天井が高くかなり開放的なつくりです。

s-IMG-20151205-01186s-IMG-20151205-01182
s-IMG-20151205-01168s-IMG-20151205-01171
s-IMG-20151205-01172s-IMG-20151205-01173
s-IMG-20151205-01174s-IMG-20151205-01176
s-IMG-20151205-01177s-IMG-20151205-01178
s-IMG-20151205-01179s-IMG-20151205-01180
s-IMG-20151205-01181s-IMG-20151205-01184

ホテルのバンケットでは結婚式が行われており、飾られている新郎新婦の写真を拝見すると美男美女で、まるで結婚式場のパンフレットのようです。

マリオットホテルを後に、一路林安泰古暦に向かいます。いうまでもなく台北は高層ビルが立ち並ぶ都会ですが、そんな都会の真ん中にある数百年の歴史を持つ中国式伝統的家屋の一つが林安泰古暦です。
もともと別の場所にあった家屋を移築したそうですが、築数百年とは思えないほど綺麗な状態です。

s-IMG-20151205-01187s-IMG-20151205-01188

建物の中には実際に使用されていた家具等が展示されています。

s-IMG-20151205-01191s-IMG-20151205-01192
s-IMG-20151205-01194s-IMG-20151205-01196
s-IMG-20151205-01195s-IMG-20151205-01197
s-IMG-20151205-01198s-IMG-20151205-01201
s-IMG-20151205-01202s-IMG-20151205-01203
s-IMG-20151205-01204s-IMG-20151205-01205

ちょっとしたタイムスリップを楽しんだ後は、台北観光のド定番忠烈士へと向かいます。
忠烈士は今更いうまでもなく、台湾の英霊が祀られています。有名な衛兵交代は1時間毎に行われ、定位置に着いた衛兵は瞬きもせず、微動だにせず職務を全うします。
そして、門から建物の間は石畳になっており、石畳には薄茶色の線が五本…これは、交代式の時衛兵が通った跡ですが、綺麗に並んでるその足跡だけで、いかに正確な動きをしているのかを実感します。
 
そして、毎回思うのですが、至近距離まで近づけるのにビックリです。たまに近すぎてセキュリティに注意されている人を見かけますので、程ほどに…。
 
s-IMG-20151205-01207s-IMG-20151205-01218
s-IMG-20151205-01213s-IMG-20151205-01214

約20分の衛兵交代式を見終わった後は、圓山大飯店に戻りランチを頂きます。
ホテル内にある中国北方料理圓苑は、蒋介石夫人の宋美齢さんがわざわざニューヨークにいるときにまで取り寄せたという中華風カステラ紅豆鬆糕が有名なレストランです。

s-IMG-20151205-01223s-IMG-20151205-01222
s-IMG-20151205-01224s-IMG-20151205-01225
s-IMG-20151205-01226s-IMG-20151205-01227
s-IMG-20151205-01228s-IMG-20151205-01229
s-IMG-20151205-01230s-IMG-20151205-01231
s-IMG-20151205-01232s-IMG-20151205-01233
s-IMG-20151205-01234s-IMG-20151205-01236

帰国の途につきます。
復路はビジネスクラスを利用させて頂きました。

s-IMG-20151205-01243s-IMG-20151205-01244

ラウンジも利用させて頂きました。

s-IMG-20151205-01245s-IMG-20151205-01252
s-IMG-20151205-01251s-IMG-20151205-01250

ラウンジでは軽食は勿論ヌードルバー、酸素バーなど結構色々と楽しめます。

s-IMG-20151205-01248s-IMG-20151205-01254
s-IMG-20151205-01249s-IMG-20151205-01246

往路と違うA330です。

s-IMG-20151205-01255s-IMG-20151205-01256
s-IMG-20151205-01258s-IMG-20151205-01259
s-IMG-20151205-01260s-IMG-20151205-01261
s-IMG-20151205-01263s-IMG-20151205-01267
s-IMG-20151205-01268s-IMG-20151205-01266

何度か台湾を訪れたことはありましたが、淡水や、北海岸等初めて訪れる場所が多く、台湾の魅力再発見が出来た貴重な研修旅行となりました。


-----台湾の注目SPOT★台東の旅3泊4日-----✈


こんにちわ!

東京フリーバードのNです。


チャイナエアラインで行く、台湾政府観光局主催の台湾東部研修旅行へ参加してきました。


また台湾?と思った方もいらっしゃるかもしれません。



ちょっと待ってください。

台湾と言えば台北のイメージですが、
台北の都会とは一味違った台湾の自然を満喫できるのが台東の魅力です。

今話題のドラマ 孤独のグルメや、虹色ジーンなど多くのテレビでも取り上げられてる台東。
今後絶対にきます☆

台湾は小さな国ですが、紹介しきれない魅力がたくさんあります!
ぜひ、流行先取りしちゃいましょう!!!



台湾は一年中あたたかい国。
今回行った台東地区は湿度がとても高く、雪もめったに降りません。
台湾の中でも 台北よりも台東のほうが気温が高く、
22度を上回る月が8カ月以上あります。
私も旅のほとんどを半袖で過ごしていました。



そんな台東の旅は宜蘭・礁渓温泉からスタートします。



今回チャイナエアラインさんのご厚意で、往路はビジネスクラスでした。。。


まずチェックイン後、ラウンジで一休み。。

写真 143


写真 146


写真 144



機内食は、和食・洋食が選べましたが、私は洋食のテンダーロインステーキを・・・


写真 147


洋食の前菜のサーモンのサラダが品切れとのことで、和食の前菜と洋食のメインのMIXです。
贅沢です。

また抹茶のパンナコッタがおいし~い

写真 148




桃園空港までの飛行時間はおよそ3時間10分。

あっという間に到着です!




桃園空港へ到着してからは、宜蘭の町へはバスで移動します。


バスから街の風景を眺めていると、とにかく原付がたくさんとまっていることにびっくり!


写真 150



原付が町を埋め尽くしています。。。

原付のための道路まであるほど。。。


写真 159


そんな街並みを楽しむことおよそ1時間、

宜蘭最初の観光スポット宜蘭酒工場に到着です。


写真 151


写真 152


台湾でもっとも古いとされている酒工場。

こちらでは紅麹を使ったお酒を製造しています。


写真 153


工場といっても、見学できる場所は博物館のような感じです。
お酒ができるまでの工程が、詳しく再現・展示されています。


写真 155


製造されたお酒は、二階の倉庫で保存されます。

昔は大きな甕に積んだお酒を、人の手で引いて運んでいました。


BlogPaint


写真 156


試飲もできます。味は紹興酒に似ています。。




酒工場見学のあとは、宜蘭設治記念館へ。


写真 162



宜蘭設治記念館とは、日本が台湾を統治していた1906年から、
当時の行政長官「西郷菊次郎」(初代宜蘭県長)の官邸として建設されました。
西郷菊次郎とは西郷隆盛の息子です!



写真 164


写真 166


入場料は30元(約120円)。

日本伝統の木造建築、和室もきれいに保存されており、
お庭もとても手入れが行き届いていて、素敵でした。




宜蘭の歴史に触れた後は、礁渓温泉地にあるホテル「和風礁渓館」で温泉と台湾の夕食を楽しみました。


写真 190


写真 191


なんと!各お部屋のお風呂から温泉が出るのです。
大浴場もありますが、別途追加代金が発生するホテルが多いので、
お部屋のお風呂で温泉が楽しめるのは嬉しい限りです。

本当に気持ちいいです。

夕食は台湾観光局の方々から、台湾のおいしい料理の数々をおもてなしいただきました。


写真 210


丸いテーブルの上にくるくる回るテーブルがついてます。
中華料理屋さんのテーブルです。

台湾や中国のおもてなしとは、お客様が食べきれないほどの料理を出すんだそう。
お客も、食べきってしまうと「足りなかった」ということになってしまうので
失礼にあたるようです。

台湾ビールはオリオンビールに味が似ていて、とてもおいしかったです!




そんな感じで1日目が終了。

2日目は陸路で更に東へ移動します。



***********************



2日目はウイスキー工場見学からスタートです。お酒三昧です。
お酒好きの方にはうってつけな旅ですね!

その前に、足湯のご案内。


写真 193


これは宜蘭のホテルの裏にあった足湯です。

街の公園の中にふつーに設置されていました。

24時間利用可能です。

日本と少し違うところは、温度が表示されているところ。


BlogPaint


この日はちょっとぬるめの足湯でした。

でもこれ無料なんです。

無料で24時間好きな時に足湯に入れたら最高ですね。

朝8時ころでしたが、さっそく利用されてる街の人がいらっしゃいました。

image


写真はありませんが近くに大浴場もあり、そこは温度表示だけでなく、
入口に入場者数のカウンターボードが設置されていて、混雑具合をお知らせしてくれます。

カウント繋がりでいくと、
信号も赤になるまであと何秒かのカウントダウンをしてくれます。

とにかく何かしら数をかぞえてることが多かったです。

これは日本でも取り入れてくれると、信号待ちのストレスが減って
いいなぁと思いました。




さて、KAVALANウイスキー工場へ。

写真 195


KAVALANとは、宜蘭で有名なウイスキーのブランドです。

最近では世界的な酒類品評会「インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)」で
2015年アジア太平洋地域の「年間最優秀蒸留所」に認定されるなど、
その他様々な賞を獲得している、世界的にも評価の高いウイスキーです。

写真 194


写真 197


台湾の亜熱帯気候が、ウイスキーを作るのに最適な環境だそう。
スコッチはスコットランド、マッサンは小樽のように、寒い地域の特産かと思っていましたが、
それだけではないようです。。。
なぜ暑いと最適なのかは謎です。


BlogPaint


よく見かける貯蔵樽は横向きですが、台湾は地震が非常に多いので
立てて貯蔵するのだそう。


写真 196


この琥珀色が特徴のKAVALANウィスキー。

もちろん試飲も楽しめちゃいます。


image



そしてそして、こちらのウイスキーを製造している「金車股份有限公司」では
MR. BROWN という台湾で人気のコーヒーも製造しているんです!


BlogPaint


朝からウイスキーはちょっと・・・という方は夕方以降に行くのがおすすめ。
朝行く方はコーヒーで目を覚ましましょう。


ウイスキーとコーヒーを堪能した後は、
国立伝統芸術センターへ行きました。


写真 201


写真 202


こちらでは台湾の伝統芸能や工芸のすべてを一ヶ所で楽しめちゃうんです。

写真 205


舞台では演劇を、


写真 204


左右の店先では職人が作った玩具や民芸品が販売されています。


写真 207


神社もあって、お土産屋さんも充実していたり、
池の前のオープンテラスでゆっくりもできるので、
ぜひおすすめの観光スポットの1つです!




この後台東県までバスで7時間移動(車中爆睡)し、無事ホテルへ到着。

写真 025

鹿鳴温泉酒店(ルミナス Hot Spring Resort & Spa


3日目は、台東でリゾートを満喫します。。。


***********************


3日目は、ホテル周辺を散策しました。



今回2、3日目に宿泊した鹿鳴温泉酒店ホテルは、台東の山頂に位置します。


写真 022


写真 023


image


image




ホテル周辺はのどかな風景、豊かな自然に囲まれ、
宿泊者はサイクリングや、ホテル主催の体験コーナーを楽しんだり、
また、SPAやプールもありますので、ホテルでゆっくりとリゾート気分を味わうこともできます。

早朝と夕方に、気球に乗る体験もできますよ。


image


おすすめはやはり、早朝だそうです。

朝日を浴びて気持ち良さそうですよねぇ。



私はホテルの裏にある茶畑で、茶摘みの体験をしました。

写真 002


写真 003


完全無農薬にこだわった茶畑で茶摘み体験ができます。

近くに農薬使用の畑があると、農薬が風に乗って流れてきてしまうので、
周りに農薬散布の恐れのある畑のない、独立した場所で栽培することで
完璧な無農薬畑を確立できているそう。



茶摘み体験の後は、ホテル貸出の自転車で日本移民村を散策しました。

写真 004


鹿野神社


写真 007


写真 008


日本校長宿舎


写真 009


写真 010


鹿野区役場


写真 011



写真 012


移民村は鹿鳴温泉酒店ホテルから1時間程度で回ることができます。

また途中の広大な自然で、とてもリフレッシュできました。
 

image




image


あとびっくりしたことは、道路の真ん中でゆっくりくつろぐ犬たち!


image


台湾では犬は放し飼いなんですね。。

コンビニの中に勝手に入っていく子も。笑

ただみんなおとなしくていい子たちでした。

image


こんな感じで台東の自然を満喫して3日目も終了です!



4日目はほぼ移動でしたが、旅の締めくくりに飲んじゃいました。

image


タピオカミルクティー。



台湾ではスタンドバーが流行しているようで、
街の至る所にスタンドバーがあります。

これMサイズなんです!スタバのベンテくらいあります。

かなりのビックサイズです。

飲み歩きには結構なサイズですが笑、おいしかったです!


こんな感じで私の4日間の研修旅行は終了しました。




**********************




台湾は日本と密接な関係にあり、良好な関係を築けていることを今回の研修旅行で学びました。

日本との歴史上の深いつながりを、台東で学ぶことができます。

台湾の人々のあたたかさに触れることができます。

都会に疲れた方々にはぜひ行っていただきたいと思いました。

台北ももちろん素晴らしいところですが、

台湾に行ったことがある人もない人も、楽しめる台東。

ぜひ足を運んでください。




**********************


また、今回往路で利用させていただいたビジネスクラス。
実はチャイナエアラインではそこまで高額な金額ではありません。

なんと!時期によってはエコノミーと同じか、下回る金額で購入できちゃいます!!
金額は下記URLに詳細がのっているので、ぜひHPでご確認ください。

ぜひぜひ台湾へ行く際はチャイナエアラインで!-----✈

チャイナエアラインとフリーバードをよろしくお願いいたします!




★★台湾へのチケット購入はこちらから★★

海外ツアーのオンラインサイト「時価旅」へ
http://www.jika-tabi.jp/

海外航空券・格安航空券のオンライン予約サイト「フリーバード」へ
http://www.free-bird.co.jp/




台湾は台北だけじゃない!!! 2泊3日高雄・台南の旅①

こんにちは

初めまして、東京フリーバードのAです。

今回、エバー航空主催の「エバー航空で行く 2泊3日高雄・台南研修旅行」に参加させて頂きました。
台湾と言えば、グルメやマッサージ、観光などTVや雑誌でただ今話題沸騰中〜
老若男女関係なく、楽しめる場所です。

今回は高雄・台南にスポットを当ててご紹介いたします!

台湾に興味のある方、ご旅行に行かれる予定の方、海外旅行に行きたいが行き先が決められていない方など、ぜひご参考にしていただければと思います。

台湾は日本との時差−1時間
台湾の気候は、北部が亜熱帯気候、南部は熱帯気候となっています。
一年中温暖で、明確な四季はなく、長い夏と短い冬が特徴です。

今回の旅行は11月半ばでしたが、なんと最高気温30℃越え💦
例年以上の気温だそうです。
でも、お店やバスの中はしっかり冷房が効いているので、女性の方などは羽織るものがあるとよいかも・・です。


因みに通貨はニュー台湾ドル(NT$)です。
現地の方の情報によると$200札と$2,000札はあまり流通していないので、使用頻度も少ないとの事です
日本の2,000円札を想像して頂ければと思います

まずは、今回搭乗したエバー航空をご紹介させて頂きます
余談ですが、エバー航空は漢字で「長栄航空」と書く航空会社です。
台湾に本拠を置く航空会社で日本には成田だけではなく、羽田・関西などの9都市・10空港へ乗り入れており、全国各地から台湾へアクセス可能です
又、2015年6月にはスカイトラックス社の「ワールド・トップ・テン・ベスト・エアライン」にも選ばれ、総合9位に輝いています。加えて、各部門賞のうち客室の清潔感を評価する部門、
ベスト・エアライン・キャビン・クリーンリネス」で初めて世界1位に選出されました

-----------------------------------------------------------------------------------------

では、2泊3日高雄・台南の旅へ参りましょう

11/12

成田空港第1旅客ターミナル南ウィングIカウンターに11:30集合。

この日も空港内は混雑していましたが、出発当日は時間に余裕を持って2時間前には空港へ行かれた方が安心です

搭乗までの流れは、
搭乗手続き(荷物のお預けなど)→保安検査→出国審査→搭乗の順になります。
各航空会社や路線、利用クラスによって無料受託手荷物の許容範囲が異なりますのでご注意下さい。

ちなみに私は自宅にある体重計を利用して、事前に手荷物の重量を量りました


本日は特別に出発前に成田のANA LOUNGEを見学
ANA LOUNGEスターアライアンスに加盟している航空会社およびエバー航空、エティハド航空、カタール航空などANAと提携している航空会社のビジネスクラス、ファーストクラスのお客様が利用可能なラウンジです。
IMG_1740IMG_1738
こちらが、ANA LOUNGEの入り口です
初めてのラウンジで、ちょっと緊張
IMG_1741
落ちついた大人の雰囲気で大きな窓からは待機中の飛行機を見る事ができます
IMG_1754IMG_1769
NOODLE BAR」もあります。


IMG_1756IMG_1771
最新式のビールサーバーもあります
搭乗前にお酒を呑んで機内でぐっすりお休みになりたい方には最適??

IMG_1761IMG_1752

さらに揚げパン、サンドイッチ、サラダなど軽食があり、種類が豊富

BlogPaint
旅の醍醐味の一つ、機内食が待っているので、食べ過ぎないように注意したのですが
ANAオリジナルチキンカレーを注文
スパイスが効いていて、とても美味でした

IMG_1772

食事を済ませた後、期待を胸に、BR 107便 成田(12:25分発)に搭乗し高雄へ出発進行〜


因みに、エバー航空の成田~高雄線は毎日1往復運行しております。
便名出発地・時間到着地・時間使用機材運航日
BR107成田12:25高雄 15:45A321(ビジネス:8 席:エコノミー:176席)毎日
BR108 高雄07:00成田 11:25A321(ビジネス:8 席:エコノミー:176席)毎日

~機内紹介~

今回はエコノミークラスに搭乗しました。身長180㎝の私には少々窮屈かなと思っていたのですが、座席に腰を掛けてみると全然問題ナッシング。超快適

IMG_1778

足元もゆとりがあり、素敵な空の旅を満喫できました

IMG_1776IMG_1777

搭乗時には必ず安全のしおりをご覧下さいませ。
事前に読んでいれば、気持ちにも余裕が持てますよ。

IMG_1787

アメニティにはヘッドフォン・枕・膝掛けがあり、こちらも
快適に過ごすポイントです。

IMG_1791

今回の機内食は玉子チャーハン。
デザートのチョコレートケーキは甘くてふんわりしていてとても美味でした

IMG_1799

約3時間のフライトもあっという間、高雄国際空港に到着~

実際に搭乗してみて感じました。機内は隅々まで清掃されていて清潔感があり、
優しいCAが温かい飲み物やお菓子を提供して下さり、そのサービスは最高でした
日本語を話せるCAもいるので安心して搭乗できます。
IMG_1802

IMG_1806
到着後の高雄国際空港は成田空港ほど大きくはなく、迷う心配はありません
入国手続きもスムーズに行えました。
荷物をpick upしていざ空港の外へ

今回の旅はバス移動がメインです。さっそくバスに乗車し
最初の観光スポットであるへ「龍虎塔」GO

IMG_1825IMG_1829

高雄国際空港から「龍虎塔」までバスで約30分
龍虎塔は高雄で有名な観光スポットであり、開運スポットでもあります

なぜ龍と虎なのでしょう❓

台湾では十二支の中で」が善良な動物、」が最も凶暴な動物とされており
龍の口から入り、虎の口から出る事により、自分のこれまでの悪戯が清められ、さらには災いも消えてなくなると考えられているのです。

IMG_1831
間違えても、「」から入らないように…(決してフリではありませんよ笑)
IMG_1838
龍から入るとすぐに螺旋階段があるので、体力のある方はぜひ登ってみてください 
IMG_1837
道がジグザグになっているのは…
悪魔は真っ直ぐには歩けても、このように道を曲がりくねるように進む事ができないと言われていた事から
悪魔が入って来れないように、ジグザグになっているのだそうですIMG_1835
最後に虎の口から出る頃には清々しい気持ちになっていますよ〜

観光後、2日間お世話になります
シャングリ・ラ ファーイースタン プラザホテル 台南」へ


ホテルや旅行の口コミ・価格比較を中心とするウェブサイトを運営するトリップアドバイザーが選ぶ
ホテル台湾のトップ25ホテル、「トリップアドバイザートラベラーズチョイス」を5年連続受賞
IMG_1946


高雄国際空港から車で約1時間30分
台南の中心部にあり、台南駅から徒歩3分の好立地です
台南で最も高い38階建てのホテルで最上階からは台南市内を一望できます

↓今回宿泊したデラックスタイプのお部屋
IMG_2062
キングサイズのベット
寝心地は最高〜
IMG_1862
IMG_1858
IMG_1857
浴槽が大きいので、BGMを流しながらゆっくりお湯に浸かる事ができます
IMG_1940
IMG_1941
リゾートな気分にさせてくれるプール
すぐにでも飛び込みたい…笑
IMG_1937BlogPaint
女性には嬉しいSHISEIDOのSPAやスポーツジムもあり、ホテルの中で一日中楽しく過ごす事もできます

ホテル到着後、最上階の
38階にあるレストラン醉月樓(SHANGHAI PAVILION)で夕食
このレストランでは中国華南地方の淮陽料理がいただけます
夜景を眺めながらの夕食は最高〜
IMG_1866
IMG_1868
人気のレストランのため、いつも座席が満席。行かれる際は要予約。
今回はたまたま、夕食の時間がかなり遅かった為、利用できました
IMG_1876
お豆腐の上に蒸した鱸を乗せた料理
IMG_1874
鴨のスープ鴨がさっぱりしていて上品な味でした
IMG_1875
豚バラ肉を重ねた角煮のような料理。
長い一枚の豚バラ肉を使用してピラミッドみたいな形状にしているとの事
これぞ、まさに芸術
味がしっかり付いているので、白いバンズのような食材に挟んで食べるととても美味〜
パラパラ本格的なチャーハンもあってどの料理も最高でした。
お腹も満たされ、心も体も癒されたところで初日は終了
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾は台北だけじゃない!!! 2泊3日高雄・台南の旅②へ
記事検索
livedoor プロフィール
おすすめ情報
スイス航空  チューリッヒ行き航空券キャンペーン
カタール航空  ドーハ行き航空券キャンペーン
エミレーツ航空  ドバイ行き航空券キャンペーン
デルタ航空  アメリカ行き航空券キャンペーン
キャセイパシフィック航空 香港行き航空券キャンペーン
チャイナエアライン  台湾行き航空券キャンペーン
アシアナ航空  韓国行き航空券キャンペーン
ユナイテッド航空  グアム行き航空券キャンペーン

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ