ku 料理ダイアリー

肉料理・西洋料理を中心に一料理人が残したい料理レシピや風景を綴るブログ

タグ:料理好きな人と繋がりたい

FullSizeRender


YouTube投稿動画紹介
漬けマグロ丼作成風景

マグロ丼としては新鮮な刺身も良いけど、ヅケにする事でパンチある丼にも出来るのが良い。

パンチのポイントは豆板醤











↓ブログランキング「洋食・洋風カテゴリ」にて1位を頂きました、本当にありがとうございます。
まだまだ精進致しますので、応援して頂ければ幸いでございます。

人気ブログランキング


↓のYoutube(料理風景ばかりで遊んでますが)も良ければチャンネル登録お願い致します。
 


ツイッターはコチラへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

ローストポーク

しっとりした食感に香るハーブの爽やかさ

噛む程に旨味を感じる


ローストビーフなんかも作っています↓







↓ブログランキング「洋食・洋風カテゴリ」にて1位を頂きました、本当にありがとうございます。
まだまだ精進致しますので、応援して頂ければ幸いでございます。

人気ブログランキング


↓のYoutube(料理風景ばかりで遊んでますが)も良ければチャンネル登録お願い致します。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ベビーホタテの炊き込みごはん
大きなホタテは高いけど、比較的手に入れやすいベビーホタテを炊き込みごはんに。

しっかり出汁を取り利用する事で、見事な旨味を感じさせてくれます。

FullSizeRender

材料 5合の場合

  • 米 5合
  • ベビーホタテ 200g
  • 出汁用昆布 10〜15センチ1枚
  • 水 5合の米に合わせた分
  • 酒と醤油 大さじ一杯
  • 塩 ひとつまみ

あれば嬉しい食材

  • 人参や大根等の根菜類
  • しいたけ等のキノコ類


それでは作ってみましょう〜


IMG_3194
まずは下ごしらえ

ベビー帆立と昆布、ひとつまみ塩で出汁を取ります

出汁用の水は米の分量に合わせた量で。

この出汁で炊き上げます。

1時間もあれば十分な出汁が出ます。

IMG_3195

お米を研いで圧力鍋または炊飯器にセットしたら

浸けていた昆布を乗せて、帆立は1/4カットして散らします。

ニンジンやキノコ類も入れるなら、この時に。

IMG_3196
帆立と昆布から出た旨味たっぷりの出汁を静かに注ぎ、醤油と酒を大さじ一杯振れば準備完了

ここで一手間加えるなら「冷蔵庫で2時間程吸水させる」

この吸水は米の炊き上がりをふんわり、また味をしっかり出す事が出来ます。

もちろん、すぐに作り出しても良いですが、、、結構変わるので時間あれば是非試して欲しいところ

炊き込みごはんじゃなくても、普通のお米炊きが吸水で大きく変わります。


IMG_3198

ウチは圧力鍋で。

十分に吸水させておいたものを火にかける、、、前に!

お米の底側からぐるっと下から上に2.3回混ぜておきます

浸水させている間に米のデンプン質が底に溜まっている為、炊く前に均一化させる事で味ムラ無く、底が焦げ付かないようになります。

美味しい範囲のおこげはちゃんと出来ますので安心を。

ぐるっと回したら改めて火をかけて、、、

FullSizeRender

完成!

鍋や炊飯器によって炊く時間は違いますので、合ったやり方で調整を。

開けた瞬間に広がるホタテの香りがたまりません

炊き上がったごはんは、しゃもじで切るように余分な水分を飛ばしてあげると尚良し!

粗熱とれてから小分け冷凍しても良いですね

ベビーホタテを使った炊き込みごはんですが、基本を抑えると様々なバリエーションも豊富。

是非試して欲しい一品です


↓この時、合わせた料理は「特性ポン酢カツオのタタキ」










↓ブログランキング「洋食・洋風カテゴリ」にて1位を頂きました、本当にありがとうございます。
まだまだ精進致しますので、応援して頂ければ幸いでございます。

人気ブログランキング


↓のYoutube(料理風景ばかりで遊んでますが)も良ければチャンネル登録お願いします

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

漬けマグロ丼

特売キハダマグロで十分ご馳走丼に。

タレの工夫でとろっとした食感、深みを出すポイントは「豆板醤

そんなマグロ丼を作ってみましょう




FullSizeRender
材料 1人前辺り

  • マグロ 6〜8切れ (サクでも切り身でも)
  • 醤油 50cc
  • 酒 20cc
  • みりん 20cc
  • すりおろしにんにく1片
  • すりおろし生姜 3〜4g
  • 豆板醤 5g
  • ごま油 2g

あれば嬉しいトッピング

  • 温泉卵
  • 白ネギやみょうが等々


豆板醤を効かせた少しパンチあるマグロ丼、癖になります。

さあ作っていきましょう。

IMG_3315

みりん、酒のアルコールを飛ばしたトコに、、、

IMG_3316
醤油を加えて温める。

軽く混ぜ合わしたら、、、

FullSizeRender

ボウルに移して、すりおろした生姜、にんにく、豆板醤、ごま油を加えてよく混ぜておけばok

マグロを用意していきましょう。

FullSizeRender
FullSizeRender
厚すぎず薄すぎず、お好みの幅で好きなだけ作る。

家で作る最大のメリットです。

FullSizeRender

スライスしたマグロを特製タレに漬けたら、、、

FullSizeRender

乾燥しないようにラップで蓋を作って、冷蔵庫へイン

2時間もあれば十分ですが、6時間くらい漬ければ食感はよりとろとろに。

IMG_3324
食べる前に酢飯を作って、、、

丼によそって、漬けマグロを乗せて、お好みトッピングしていけば、、、

FullSizeRender
FullSizeRender

ハイ!完成!

汁物を用意しておけば、ご馳走マグロ丼に!

FullSizeRender
FullSizeRender

そこまで難しくは無いと思います、むしろ料理としては簡単!

お好みの方向性が選べるご馳走丼

是非作ってみて下さい!

豆板醤が非常に良い味わいを出してくれます!






↓ブログランキング「洋食・洋風カテゴリ」にて1位を頂きました、本当にありがとうございます。
まだまだ精進致しますので、応援して頂ければ幸いでございます。

人気ブログランキング


↓のYoutube(料理風景ばかりで遊んでますが)も良ければチャンネル登録お願い致します。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

キーマカレー
挽肉を使い肉感たっぷりのカレー

定義は挽肉だったらキーマカレーとなるとか。

FullSizeRender





材料 約4皿分

  • 挽肉 400g
  • 玉ねぎ 1玉
  • 人参 1本
  • ピーマン 2個
  • カレー粉orルー 4皿分
  • ケチャップ 40g
  • ウスターソース 20g
  • バター 10g
  • ニンニク 1片
  • 4皿分のルーに合わせた コンソメキューブ溶かした水
(コンソメ無くてもOK)



ガラムマサラや入れたい野菜はお好みで。

キーマとは挽肉の意味で、挽肉を使っていれば合わせる食材やルーのトロミ加減は多岐に渡るそうです。

本場インドではギー(牛やヤギの乳から作るバターのようなオイル)を使いますが、日本家庭式ではバターや無くてもOK


では作ってみましょ

IMG_0050
今回使った野菜はコチラ

人参は金時人参(正月の余り)

玉ねぎを増やせば甘味が、ピーマン増やせば苦味と使う野菜の比率で味を調整。

IMG_0052
野菜は全て1センチ角くらいでOK

お家カレーと違うのはカレーの具と言うより、調味食材の要素が強いと言ったとこでしょうか?

もちろん、ルールは無いので好きにして良いのです。

IMG_0053
中火フライパンにバターを溶かしつつ、みじん切りにしたニンニクを加え香り出し。

煮込みがあるので、軽く温めるくらいで十分。

ここから、順序よく食材を入れるのがポイント

IMG_0054
まずはタマネギ。

透明に火が入るまで炒めて、、、

IMG_0055
お次はニンジン。

少し火が入るのに時間かかりますが、火の入る頃には最初のタマネギが飴色玉ねぎに近くなるので旨味が出ます。

IMG_0056
そしてピーマン。

こちらは火が入りやすいので、サッと炒め合わせる程度。

油が回るくらいで、フライパン中央を空けて、、、

IMG_0057
塩胡椒をかけた挽肉をドン!

このまま挽肉は余り動かさずに周りの野菜だけ焦がさないように動かしていきます。

挽肉だけど塊で静かに真ん中で焼きながら、野菜は流れるプールみたいに周りを回るイメージ。

IMG_0058
中央で2〜3分もすれば挽肉を返し、裏面も同じように焼き固めて、、、


IMG_0059
一気にほぐし合わせていきます。

挽肉はこうする焼き方で、バラバラにほぐしやすく粒立った?食感が残しやすいのです。

肉感がアップします。

挽肉と野菜が混ざったら、また中央を空けて、、、

IMG_0060
ケチャップとソースを真ん中で軽く炒めます。
(画像の粉っぽいのはガラムマサラ使ってます)

旨味、香りを引き出し水っぽくなりにくいソースを炒めるのは他の料理にも使える技。

焦がすと意味は無いので、沸騰してきたくらいで食材とソースを混ぜ合わせていきましょう。


IMG_0061

ここまでくれば後一息。

このままでも十分美味しいのですが、カレーでは無いのでカレーにします。

IMG_0062
コンソメキューブ1個溶かした、ルーに合わせた分量の水を加えて一煮立ち。

コンソメ無くても大丈夫です。

入れたら味の深みが出ます。

FullSizeRender
一煮立ちしたところで火を切りカレーの素を入れて、溶かしたら再度火を入れます。
カレーの素溶けた後の再加熱は温める程度でOK。

「火を切って、カレーの素を入れて溶かしたら、また火を付ける?」

僅かに違ってくる程度ですが、カレーの素に含まれるスパイスの香りや味わいが火を入れながらだと飛んでしまう、または煮詰まって塩辛くなってしまうのを防ぐ為です。

一手間で僅かな違いではありますが、、、


FullSizeRender
さあ、キーマカレーをライスにでもパンやナンにでも盛り付けて完成です!

肉感たっぷりスパイシーなキーマカレー!

アレンジも無限大、フライパン一つで完結するので作りやすいのも良いですね〜

普通のカレーも良いけど、たまにはこんなのいかがでしょう?






↓ブログランキング「洋食・洋風カテゴリ」にて1位を頂きました、本当にありがとうございます。
まだまだ精進致しますので、応援して頂ければ幸いでございます。

人気ブログランキング


↓のYoutube(料理風景ばかりで遊んでますが)も良ければチャンネル登録お願い致します。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ