October 09, 2008

どうなんだ、日本のトイレ…3

 最近、観光庁というものができましたよね。
メディアで、日本に旅行に来ている外国の方に「日本に来て不便なところはどこ?」というアンケートをやっていました。
そこで、欧米の方が「日本のトイレは怖い」とおっしゃってました。
その理由は、「座っていると突然水が流れるから」だそうです。察するに、センサーで人を感知して自動で水が流れるタイプのことだと思います。
確かに、これ必要か?って思うもの結構あります。
手で流せるんだから、わざわざ自動にする必要があるんですかね??
かえって、使いにくかったりしませんか? うまいことセンサーが反応しなかったりとか…

別の欧米の方は、「トイレが汚い」ともおっしゃってました。確かに、地方に行くとトイレ汚いし障害者トイレがなかったり…
へんなところに、税金かけるならそういう公共の設備を整えるとか約に立つ税金の使い方してもらいたいものですね〜
そうすれば、日本を訪れる障害者の方も増えるんじゃないですかね。
カナダは、どこに行っても障害者トイレが必ずと言っていいほどありました。
だから、トイレの心配は一切ありませんでした。
そして、無駄な設備は一切ありません。水を流すところも普通のノブだし変にかっこ付けていません。
一目で、どうやって水を流すか、どうやってドアを開けるか、手を洗うのにどうやれば水が出てくるか、一目瞭然です。しかし、日本のトイレは日本人のおいらでも迷うことがたまにあります。
メーカーさんそれって必要なんですかね?便利にしようとしていることが、かえって不便にしてることもあるのでは??

こんなといれが、ありました。



Washroom1




















これは、トイレットペーパーを交換する方法が書かれたステッカーです。
丁寧に、英語でも交換方法が記載されています。
しかし、こんなに複雑にする必要があるのでしょうか?
昔ながらの物だったら、こんな説明はいらないのでは?カナダやアメリカの空港のトイレには、こんな仕様はないような気がします。

Washroom2




























次にこの写真は、便座を吹く為のシートの説明。
こちらも丁寧に、英語の説明付きです。
Washroom3




























そして、最後の写真はようをたした後に流す為のセンサー。
なぜか、一番大事なこの部分には英語の説明書きがない…
なんで?、ここが一番必要なんじゃないの??
何が、便利で何が不便なのかよくわかりませんねぇ〜

久々にまじめなブログでしたぁ〜

にほんブログ村 介護ブログ 障害者福祉・介護へ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。
皆様、ポチットご協力よろしくお願いします。


freedom1425 at 22:21│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔