『ノンちゃん雲に乗る」


、当時は「天才少女バイオリニスト」と騒がれた。 1952年、『母子鶴』で映子(配役:若尾文子)の少女時代を演じて映画初出演。 1955年、『ノンちゃん雲に乗る』の主演で本格的に女優活動を開始[要出典]。 「1960年代前半の松竹を代表するスター」として活躍[要出典]し、正統派美人として「原節子の再来」と評された。
18キロバイト (1,757 語) - 2017年7月2日 (日) 14:31



(出典 www.cinenouveau.com)


美少女鰐淵春子のデビュー作。藤田進と原節子と。

しがない三四郎
@shinya_bokudake

【TVガイド/あの時あの表紙あの番組(153)】[65.07.30]鰐淵晴子天才少女ヴァイオリニストとして注目を集めた後、'55年には映画『ノンちゃん雲に乗る』〔監督:倉田文人〕で主演、本格的女優デビュー作として脚光を浴… https://t.co/Rg9QvyJ69L

2017-09-07 18:01:56

(出典 @shinya_bokudake)

井上夢人
@InoueYumehito

雲の中の散歩。霧というより、山裾から見ると、この一帯は雲に覆われているのです。ノンちゃん雲に乗る。。。(って、古すぎる(⌒-⌒; ))

(出典 井上夢人 on Twitter)

2017-09-07 09:40:32

(出典 @InoueYumehito)

ないとう
@l__picnic

「ノンちゃん雲に乗る」「野菊とバイエル」「武蔵丸」の三冊は、キャラクターや筋によらない、あの時の「感覚」をよみがえらせた。

2017-09-06 14:49:10

(出典 @l__picnic)

キョロ
@kyoRokyoRo1234

【芸能】映画『ノンちゃん雲に乗る』新人女優 「鰐淵晴子」 わにぶちはるこ

2017-09-04 18:09:08

(出典 @kyoRokyoRo1234)