『シュザンヌ・クルーチェ』



(出典 image.jimcdn.com)


(1927~?)少し寂しげな美しさがあり、薄幸な女性の役が多い。「忘却の国の貴族の姫君「神々の王国」等。