『セルゲイ・ボンダルチュク』


ィチュ・ボンダルチューク)(1920年9月25日 - 1994年10月20日)は、ソ連、ウクライナ、ロシアの俳優、映画監督、脚本家である。セルゲイボンダルチュク、セルゲイ・ボンダルチュークの表記もある。 セルゲーイ・ボンダルチュークは、ウクライナ・ソヴィエト戦争末期の1920年秋、ウクライナ
12キロバイト (922 語) - 2017年6月7日 (水) 14:51



(出典 livedoor.blogimg.jp)


60~70年代に活躍したロシアを代表する国際的俳優。「戦争と平和」イタリアとの合作「ワーテルロー」等、歴史大作で好演。

コンティ帝国伯爵
@ColonelStechkin

そういやナポレオン戦争関連の映画でフランスやイギリス,ロシアにスポットを当てたものはいくつもあるけど,プロイセンが主役の映画ってあるのかな。サシャ・ギトリの『ナポレオン』とかセルゲイ・ボンダルチュクの『ワーテルロー』ではプロイセン… https://t.co/W8rxoINRSd

2018-01-17 23:32:37

(出典 @ColonelStechkin)

ダハク
@dahak172291

『戦争と平和』(1965-67年、ソ連映画)監督:セルゲイ・ボンダルチュクこれかな 子供の頃見て大変当時の私にはショッキングだったの

2018-01-17 18:56:47

(出典 @dahak172291)