『横山運平』


横山 運平(よこやま うんぺい、1881年1月1日 - 1967年4月3日)は、日本の俳優。滋賀県犬上郡彦根町(現在の同県彦根市)出身。日本初の劇映画に出演し、日本の俳優第1号として知られる。本名は横山 弥太郎(よこやま やたろう)。 1881年(明治14年)1月1日、滋賀県犬上郡彦根町(現在の同県彦根市)に生れる。
16キロバイト (2,237 語) - 2017年4月19日 (水) 02:21



(出典 upload.wikimedia.org)


日本の劇映画の最初の俳優と言われている。18歳で「稲妻小僧」でデビュー。1899年強盗事件を題材にした「清水貞吉」に刑事役を好演。トーキー後も「明治天皇と大日露戦争」「天皇、皇后の日清戦争」など、晩年まで行き長く活躍した名優。