『市川朝太郎(左)』


市川 太郎(いちかわ あさたろう、1901年6月 - 1949年2月16日)は、日本の俳優である。本名山本 幸三郎(やまもと こうざぶろう)、旧芸名市川 蝠丸(いちかわ ふくまる)、市川 婦久之助(いちかわ ふくのすけ)。伊丹万作のトーキー第1作『忠次売出す』に主演したことで知られる。
15キロバイト (1,571 語) - 2018年2月14日 (水) 03:33



(出典 upload.wikimedia.org)


歌舞伎を志して入門するが、水谷八重子の相手役を努めたことから日活に入社。時代劇俳優として、伊丹万作監督のトーキー第一作「忠治売り出す」で絶賛を浴びるが、戦時中は巡業舞台に立ち活躍しました。