『マリア・ヤコビニ』


マリアヤコビニ(Maria Jacobini、1892年2月17日 - 1944年11月20日)は、イタリアの女優。 生ける屍(リーザ・プロタソワ) ヴェニスの謝肉祭 アルゼリアの女 紅百合白百合 過去よりの呼声 海に憧れて 硝子の家 愛を求めて 半生の紅涙 さらば青春 復活 真紅の恋 Maria
1キロバイト (60 語) - 2016年5月20日 (金) 02:11



(出典 d17x1wu3749i2y.cloudfront.net)


イタリア最高の女優で、サラ・ベルナールに次いでヨーロッパ映画界の大女優。枢機卿の姪という高貴な家系の令嬢で、気品と高い演技力で1910年代映画界の大スターの地位を築いた。