『日比野恵子』


日比野 恵子(ひびの けいこ、1933年7月7日 - )は、日本の女優。初代の山本富士子に続く二代目のミス日本であった。 女舞(茜) 真昼の罠(陽子) 最後の切札(小宮田鶴子) 鑑賞用男性(原理恵) しかも彼等は行く(佐渡先生) 恋の片道切符(田島久子) 痛快なる花婿(和子) わかれ(俊子) ふるさとの風(吉野幸江)
3キロバイト (320 語) - 2016年12月27日 (火) 06:33



(出典 auctions.c.yimg.jp)


読売新聞社選定のミス日本になり、新東宝から「花真珠」の華族令嬢役でデビュー。時代劇・現代劇幅広い役柄で人気を得る。「人形屋佐七捕物帖」シリーズ「背広さんとスカートさん」等。61「女舞」出演後に引退。